やたら多いと言う動画チャンネルがありますが、 初心者レベルのチャンネル登録者と収入の目安. 日本と世界のYouTuberのチャンネル登録者数別の人数と、再生回数の比率が掲載されていました。, 引用させていただいたデータは、UUUMの取締役の渡辺崇さんのブログ渡辺崇の動画市場最前線からの情報です。(2016年3月), 10万人といえば銀のプレートがYouTubeから贈られてくることで有名です。また他にも、確認バッジをチャンネルに付ける申請ができ、YouTubeの担当者が付くとも言われています。, http://cfo.blog.uuum.jp/entry/2016/03/17/071643, あなたは登録10万人以上が457人という、この人数をどう思われますか。私は「結構多いんだな」と感じます。, 2017年12月の株式会社サイバーエージェントのCA Young Lab調べによると, チャンネル登録者数が10万人以上のチャンネルは 1,371チャンネルあるようです。(調査時期:2017 年10 月から 2017 年12 月), たったの1年9ヶ月でここまでチャンネルが成長しているとは驚きました。せっかくなので横に並べて比べてみましょう。, 確認バッジをもらうとYouTubeの容赦ない削除などがあっても、過去のシバターさんのようにしっかり復活することができるそうなので、ここまで行きたい気持ちになりますね。, トップユーチューバーのはじめしゃちょーは500万人を超えましたが、米国ではすでに500万人超えは110人以上いて、その中で1000万人超えは28人いるとか…, 英語圏の国の人たちが視聴できるので、これだけ多いんだよと言われればそうかもしれないですが、YouTubeの可能性は日本でもまだまだ大きいことが、この数字から見て取れるんじゃないでしょうか。, 私の予想では今登録100万人を超えている現役ユーチューバーは全員やり続ければ、500万人以上は行くと思います。, そして現在10万人超えのユーチューバーも今後100万人に到達する人がどんどん増えて行くでしょうから、今の米国くらいの規模に、日本のYouTubeもなって行くのではと予想します。, ただ、その頃にはアメリカはもっととんでもないことになっているのは間違い無いでしょうwこの差はずっと埋まらないはずです。, ようやく日本のテレビなどでもユーチューバーを取り上げることが多くなってきて、CMに起用したり目覚ましテレビでじゃんけんしてみたりと露出が増えて出きたので、その認知度も少しずず大きくなってきています。, ですがまだまだYouTubeの視聴者の平均年齢は若者が大多数です。(特にユーチューバー), ですが、今の子供世代や中高生が今後大人になっていけばテレビを見ない人はますます増えます。そして、YouTubeでお気に入りのユーチューバーを毎日チェックするなんてことは当たり前になり、そこに企業もますますお金を落としていくことでしょう。, YouTubeで稼ぐ仕組みと始め方がわかるスタート完全マニュアルを無料プレゼントしています。, 会社に副業がバレない方法の解説動画もプレゼント中です。一緒にYouTubeで稼いで行きましょう。. Youtubeを始めて1年でチャンネル登録者数10000人を超えました。顔を出さずに、人のコンテンツをぱくるとか著作権にふれるものではなく、オリジナルの動画制作をコツコツ続けた結果、10000人に到達出来たので、1年間で行った事を書いていきます。 「継続は力」なりという言葉がありますが,YouTubeはまさにそれだと思います.チャンネル登録者1,000人を問題にしているようではどうにもならないようになってきているんでしょうね.実際,特定の主題を持ったチャンネルでなければ飽和状態ですし., そうですね。趣味の動画で収益を得るなら、続けられるかどうかはかなり重要になりそうに思います。, 時折、再生回数が少ないのにチャンネル登録者数が、 日本と米国のこれだけの差. 登録者数30万人クラスのYouTuberでも勢いと尋常ではない更新頻度によっては年間で億に届く可能性もあるという事です。まさにYouTubeバブルですね。, 最後に本題の10万人クラスのYouTuberデータ。登録者数10万人でもYouTuber全体で見ると最上位なのは間違いないのですが、再生回数はどれぐらい何でしょうか? 巷では「登録者数10万人を超えたら食べていけるぐらいにはなる」と言われていますが、今回は半年分のデータを元に色々な角度から検証してみました。, YouTubeの規約上、確定収益額そのものを公表する事に問題はありませんが(収益の詳細の公表は禁止)、一概に1再生=何円と明確に決まっているわけではありません。 Copyright© ※余談になりますがとあるYouTuberの方(登録者数33万人)が動画内で収益を公表していました。, このYouTuberは1日に3~5本もの動画を投稿し1日の総再生回数が200万回~250万回あるのですが、. 30万人クラスのYouTuberはトップYouTuberに比べると人数がかなり多い、そしてまだまだ伸び代が残されているという両面によってかなりバラつきがある事が分かります。 これは作る側もそう, また、そういう動画じゃないとチャンネル登録をしないといった人が明らかに多いし、そういう風潮にあるのは、真面目に視聴者を多く獲得できる良い動画を作っても、結局グレーな動画の方にチャンネル登録者に向くというまじめにやっているYOUTUBERの努力が報われないという結果を生んでいる, どう考えても、こんなくだらない動画にどうしてチャンネル登録が数千数万数十万というチャンネル登録者が多いのか疑問に思うチャンネルも多い, ゲーム実況にしたって、ただその場、その状況を言っているだけで、雑談の話など一切ないつまらない実況動画も多い [更新:2020/7/26] 最後に本題の10万人クラスのYouTuberデータ。登録者数10万人でもYouTuber全体で見る … 引用させていただいたデータは、 UUUMの取締役の渡辺崇さんのブログ 渡辺崇の動画市場最前線からの情報です。 (2016年3月) 後でチャネル登録10万人以上の 日 … 今回は動画の投稿頻度が違うA、B、CのYouTuberのデータで比較しました。, 30万人クラスでも勢いのあるYouTuberは月の再生回数1000万回を超えている事が分かります。 ツイ○ターなんかの比じゃない © 2020 ひまつぶしぶろぐ All rights reserved. 100万人クラスのYouTuberでも多少のバラつきはありますが、安定して非常に高い再生数を稼いでいる事が分かります。, 次は登録者数30万人前後のYouTuberのデータ。中堅YouTuberと言われている層です。 ?舞妓がかねこあやにインタビュー」を公開しました。 マホトは、てんちむとの暴露合戦で炎上し、8日にYouTube活動を再開した「かねこあや […] 2020.11.10 15:11. 逆に半年間1本も動画更新をしていないE氏の場合、登録者数が激減しており再生数も月平均で13万回しかされていません。ジャンルによっては総再生数が落ちにくいケースもありますが、動画を全く更新しない事はデメリットだらけなのは間違いありません。