(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 Buzz Fixer.All Rights Reserved. 著作権侵害を巡るユーチューバー同士の訴訟は全国的に珍しいという。, ことの発端は、被告(訴えられた側)が原告(訴えた側)に対して著作権侵害の申し立てをYouTubeに行ったことでした。, つまり、この裁判では「著作権侵害がどこにあったのか?」という部分が最大の争点になると思われます。, でもね〜訴えられてる側は皆さんが思っている以上にぶっ飛んだ思考の持ち主なんですよね…, 著作権侵害に当たるかどうか不明であるのにも関わらず、 YouTube上に公開された動画の削除問題をめぐり、 ユーチューバー同士で法廷闘争 が勃発しました。 著作権侵害によって動画を削除された編み物系ユーチューバーが、そも申し立てたを行った同じく編み物系ユーチューバーに対して損害賠償を求める訴えを起こしたというのです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 Buzz Fixer.All Rights Reserved. かぎ針編みメランジで簡単ジレ(ロングカーディガン)ベスト Easy Crochet Tutorial Sage Stitch Long Cardigan Gilet スザンナのホビー かぎ針編み簡単ポップコーンのがま口(小銭入れ) お花 DAISOカラフルボーダー スザンナのホビー かぎ針編みメランジで簡単三角ショール (2020年8月19日配信) 上記の通り、裁判沙汰の理由は”編み物”を巡る著作権問題でした。 ことの発端は、被告(訴えられた側)が原告(訴えた側)に対して著作権侵害の申し立てをYouTubeに行ったこと … YouTube側が動いて焦ったSが火消ししたのかなと予測 他の著作権動画ではスザンナ ビーの名前を出しているのに話し合いなどはない。ということは、、、k氏の動画によってYouTubeがアクションを起こしたのか? 115名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! YouTube上に公開された動画の削除問題をめぐり、ユーチューバー同士で法廷闘争が勃発しました。, 著作権侵害によって動画を削除された編み物系ユーチューバーが、そも申し立てたを行った同じく編み物系ユーチューバーに対して損害賠償を求める訴えを起こしたというのです。, ここでは、京都新聞などでも報じられている当該事件について、詳しく取り上げていきます。, 動画削除巡りユーチューバーがユーチューバー提訴 編み物動画「どこが著作権侵害か」 https://t.co/ytKixvvOxN #47NEWS #地域ニュース, — 47NEWS (@47news_official) August 20, 2020, 動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した動画が、著作権侵害との指摘を受けて削除され精神的苦痛を負ったとして、富山県のユーチューバーの40代女性が19日までに、京都市東山区の40代女性ユーチューバーら2人に計110万円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に起こした。同日、地裁(久留島群一裁判長)で第1回口頭弁論が開かれ、被告側は請求棄却を求めた。, 訴状によると、原告は編み物を編む場面や作品を動画で公開している。同じく編み物の動画を公開している被告が今年2月、ユーチューブ側に著作権侵害を通知し、原告の動画2本を削除させた。過去の判例では編み物に著作性は認められておらず、被告に、どの部分が著作権侵害に当たるのか問い合わせたが、回答がなかったと主張している。, 被告側代理人は「原告は通知に対し、ユーチューブの仕組みで異議申し立てできた」と反論している。, この報道によれば、原告は『富山県在住の40代ユーチューバー』で、被告は『京都市東山区の40代ユーチューバー2人』とのこと。, 利用者が急増しているYoutubeでは、著作権の侵害が横行していると言われていますが、法廷闘争まで行くのは稀です。, 『Elizabeth Hour 01 / Ely』という方が、当該著作権問題について解説している動画です。, これによれば、編み物系ユーチューバーS氏が、2020年2月に同じ編み物ユーチューバーL氏の動画に対して著作権侵害を申し立てたとのこと。, つまり、動画を削除されたのはL氏ということなので、この構図で行くと今回の裁判は原告=L氏、被告=S氏ということになるのでしょう。, この事件については多くのメディアが実名での報道を避けていますが、実は20日の日刊スポーツでは実名報道が行われています。, 訴状によると、原告は「yukigoya」名義で編み物の制作過程を公開するチャンネルを開設。一方、被告は「Susanna’s Hobbies」名義で編み物の動画を投稿。2月に原告の動画2本について「著作権侵害に関する通知」をユーチューブ側に送信し、2本とも削除させた。原告は動画のどの部分が著作権侵害に当たるのかなどを被告に問い合わせたが、応じなかったとしている。, 原告側は「ユーチューブには膨大な数の著作権侵害通知が寄せられるため、動画を機械的に削除している」と指摘。代理人は「通知があればすぐに消してしまうユーチューブ側にも問題がある」と主張している。, この日刊スポーツの報道によれば、原告は『yukigoya』であり、被告は『Susanna’s Hobbies』とのこと。, 被告側が散々著作権侵害されてる被害者だって主張して弁護士の存在や法的措置をチラつかせて動画を削除させたり、半ば脅しとも取れる文章や動画をあげてたのに こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。 YouTube上に公開された動画の削除問題をめぐり、 ユーチューバー同士で法廷闘争 が勃発しました。 著作権侵害によって動画を削除された編み物系ユーチューバーが、そも申し立てたを行った同じく編み物系ユーチューバーに対して損害賠償を求める … 新たにコメントを付けることはできません。. L氏の意義申し立てがYouTube側に受理され、 →https://susannashobbies.blogspot.com/2020/03/susannas-hobbies.html, 184名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!2020/05/28(木) 18:29:11.19 youtube側がしっかりとした仕組みを作るべきかと思います. →https://www.youtube.com/watch?v=uYryd3siOD0, さらに、ご自身のブログでも著作権に関する規定を明文化しています。