サイドバーにあるウェブカメラのアイコンをクリック 3. ウェブカメラからライブ配信の設定を記入 3. タイトルの入力と子ども向けかそうじゃないかにチェックを入れて次へをクリック 4. 1. 5.1 使用しているエンコーダを最新バージョンにする; 5.2 映像と音声が正しく再生されるか確認する; 6 ライブ配信エラーメッセージ; 7 インターネット設定を確認する. YouTubeライブ配信のやり方2. 上記が準備できたらもうライブ配信をすることが可能です。 ここからはパソコンでのライブ配信手順を詳しく解説していきますね。 まずYouTubeアカウントにログインして、右上のメニューから「クリエイターツール」をクリック。 左側のメニューの「ライブストリーミング」をクリック。 今回は今すぐ配信のやり方を説明していきますが、まずは「基本情報」からライブ配信のタイトル、説明、カテゴリ、公開設定を決めます。 限定公開にすると視聴URLを知っている人のみに公開。 非公開は自分しか見ら … Google アカウントでログイン後 YouTubeライブを起動 2. まとめ 3.右上の「ライブ配信をスケジュール設定」をクリック。 4.配信時刻になったら、管理画面のサムネイルをクリック。 5.OBSから配信を開始。 6.YouTube右上の「ライブ配信を開始」ボタンをクリック。 7.手動クリックがめんどうならば、YouTubeの「自動スタートを YouTube Liveで配信を終了すると、 ライブ配信のアーカイブが配信者のチャンネルに自動アップロード されます。つまり、 ライブ配信終了後は、通常の動画と同じように視聴者に再生され続ける わけです。しかも、 保存期間は無期限 です。 YouTube のトップ画面から+カメラのアイコンをクリック後、ライブ配信を開始をクリック 2. YouTube でライブ配信を行うには、ウェブカメラ、モバイル デバイス、エンコーダ(ストリーミング ソフトウェアまたはハードウェア エンコーダ)の 3.エンコーダ配信の設定. エンコーダソフトウェアをダウンロード. YouTubeのライブ配信はPCやスマホさえあれば いつでも誰でも見ることが可能です。 配信側とは違って視聴するだけならアカウントも必要ありません。 YouTubeにアップロードされている動画と同じような感覚で ライブ配信を楽しむことができます。 ライブ配信のスケジュール設定 ・ 事前告知方法 ライブ配信オプション 1. 2. YouTubeの動画配信の申請※申請は24時間かかるので早めにしておきましょう!YouTubeのクリエイターツール>ライブストリーミング>今すぐ配信から始めるボタンを押す。待ちます。YouTubeのライブ動画配信の設定情報を取得ライブ配信はエンコーダ(OBS)を通して配信します。 BBTV日本ブログ | YouTuberお役立ち情報を発信中! + YouTubeに限らずですが、今ライブ配信が盛り上がっています! Googleトレンドによれば、「ライブ配信」とGoogleで検索される数は、1年前の2016年5月末と比べ、現在は2倍〜3倍の数があるんだそうです。ここ1年の急成長、勢いがすごいです。 ライブストリーミング有効化したら、早速配信準備・設定を進めます。 ライブ配信を行う時は、 アイコン横の「作成」から「ライブ配信を開始」を選ぶ; そのままライブ配信を開始するアイコンをクリック; で始めることができます。 YouTubeでライブ配信しようとして、このような状態になっていませんか? YouTubeの画面がずっとクルクルしている 配信できない対処法について順に見ていきましょう。このページの解説は、「エンコーダ配信」を前提にしています。絶対 3.エンコーダ配信の設定. 5 エンコーダの設定を確認する. Youtubeでライブ配信する方法(パソコンの場合) 3.1. 細かい設定などをした上でYoutubeライブ配信をしたい場合; 4. 編集をクリックし概要欄などの情報を記載し保存 5. お手軽にYoutubeでライブ配信をしたい場合(エンコーダーを使わない方法) 3.2. Youtubeでライブ配信する方法(スマホの場合) 3. ライブ配信を開始 2. 1. ライブストリーミング有効化したら、早速配信準備・設定を進めます。 ライブ配信を行う時は、 アイコン横の「作成」から「ライブ配信を開始」を選ぶ; そのままライブ配信を開始するアイコンをクリック; で始めることができます。 7.1 Wi-Fiを利用している場合は、ルーターの確認を行う エンコーダ配信 ライブ配信に慣れている方、ゲーム実況や複数のカメラから映像を配信したい方は、より高度な配信方法であるエンコーダ配信がおすすめです。 エンコーダ配信の手順. エンコーダ配信からライブ配信の設定を記入 3. PCやエンコーダーが不要で、カメラ単体で簡単にライブ配信を行うことが出来るネットワークカメラです。設定済で出荷するため、LANケーブルを差すだけで自動的に予め用意したYoutubeチャンネルでライブ配信が開始されます。屋外への設置にも対応した高耐久性のライブ配信カメラです。