Xperia 1 IIの小型兄弟モデルとして秋ごろの発表・リリースが期待されているXperia 5の後継機、仮称Xperia 5 II。SD865(もしくはSD865+)を搭載した2020年フラッグシップとしては2機種目の... ソニーモバイルの最新フラッグシップ、と言えばXperia 5 IIですが、今回、この兄貴分であるXperia 1 IIの「ストレージ性能」について興味深い事実が判明した模様です。 以下はYoutube上に掲載されていた動画の一部。 ... ソニーモバイルの新型フラッグシップXperiaと言えば、Xperia 5 II。 国内ではソフトバンク版が10月17日に発売と最速となりそうですが、このXperia 5 II、120Hz駆動や240Hz相当の残像低減技術、さ... 9月17日に正式発表予定の新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 5 II。 国内でも少なくともドコモおよびauからリリースされることは確実だと思われますが、ここ1週間くらいで外観からカラーバリエーション、大まかなスペックが一... ソニーモバイルの新型Xperiaフラッグシップ、Xperia 5 II。 すでにau版SOG02は発表済みとなっていましたが、本日、ソフトバンク版も正式に発表されました。 端末の一括価格は税込みで115,200円。海外... ソニーモバイルの2020年後半フラッグシップ、Xperia 5 II。 この新型Xperiaの海外版モデルと思われる型番のベンチマークスコアがGeekbenchにて発見されました。 XQ-AS62という型番です... ソニーモバイルの新型コンパクトフラッグシップ、Xperia 5 II。 今年前半のフラッグシップ、Xperia 1 IIと比較してもバッテリー持ちが大幅に向上、120Hz駆動対応など、一応の上位機種?と比較しても総合的には決... 新型Pixelの「謎」解明、Pixel 4aには5G版存在、Pixel 5と同じSD765Gを搭載へ, ASUS Zenfone 7新情報!「Pro」が存在、フリップ・カメラを踏襲、リリースはROG Phone3の「すぐ後」, 【アンケート】一番不具合が多い・少ないAndroidスマホは?Xperia、AQUOS、arrows、Pixelなど, 次世代 iPhone 13はAndroid並みのバッテリー容量に?新技術「ソフトボードバッテリー」を採用へ, XperiaのAndroid 11アプデ対象、国内版と海外版で差?SD630搭載機も対象の可能性, Galaxy Note 20 Ultra/S20 Ultraで広範囲のワイヤレス充電不具合、最新アプデが原因か, 次世代Xperia 1 IIIは例年より早くリリース、ソニーなどにSD875を優先供給か?, Xiaomi Mi 10/Xiaomi Mi 10 Pro/Xiaomi Mi 10 Lite. 便利なグッズのレビュー記事等も書いてます。 運営者情報はこちら, 26歳会社員ブロガー兼YouTuber。想像力(イマジネーション)溢れるガジェット製品が大好き。カメラやApple製品をメインにガジェット、格安SIMの情報をお届け中です。 最新モデル Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)で、あなたの「好き」がもっと深まる。ソニーならではの先進技術と、次世代の移動通信5Gが出会うことで、カメラや音楽、ゲームなどのエンタメは、驚きを超えた感動の世界へ。 やはり日本に住んでいる以上、ソニーのAndroidスマホXperiaは気になりますよね。, 以前は他のスマホと比べて見劣りしていましたが、最近は独自路線の機能がありかなり評価が高くなっています。, そんなXperiaで悩むのがハイスペックモデルの「Xperia 1 Ⅱ」とミドルレンジスマホの「Xperia 5」どちらを買うかではないでしょうか。, 手数料が完全無料(ドコモ)で分割支払い時の頭金がないので料金が安く、24時間いつでも注文することができ、待ち時間もありません。, オンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるのでぜひチェックしてみてください。, 左:Xperia 1 Ⅱ、右:Xperia 5 引用:https://www.sonymobile.co.jp/xperia/, Xperia 1 ⅡとXperia 5はどちらも似たデザインとなっており、質感に関しても大きな差はありませんが、フレームに違いがあります。, Xperia 5はフレーム部分が少し丸みを帯びているのに対して、Xperia 1 Ⅱは四角い角ばったフレームになっています。, 個人的には四角いフレームの方が指の引っ掛かりがあり、持ちやすく、デザイン的にもカッコいいので好きです。, サイズを表にまとめました。比較するとXperia 1 Ⅱの方がサイズが多く重くなっています。, ディスプレイサイズが違うのサイズが異なりますが両方使った感じだと横幅が4mmしか変わらないので、持ちやすさが大きく変わるという感じではないです。, サイズで選ぶ必要はありませんが、少しでもコンパクトなスマホが良いという方はXperia 5がおすすめです。, 縦横比も同じ21:9のシネマワイドディスプレイですが、Xperia 1 Ⅱは4Kに対応、Xperia 5はフルHD+となっています。, スマホは縦で使うことが多いので、縦長のディスプレイだと表示される情報量が多く、2つのアプリを同時に使えるマルチウィンドウも快適です。, マルチウィンドウや映画をより快適に楽しみたい方はXperia 1 Ⅱの方が画面サイズが大きいのでおすすめ。, Xperia 1 ⅡとXperia 5の大きな違いはディスプレイサイズとカメラです。, Xperia 1 Ⅱはデジカメと同じ使い方ができるようになっており、シャッターボタンが搭載されています。, Xperia 1 Ⅱで使えるカメラアプリ「Photo Pro」があまりにも楽しすぎて、スマホのカメラで撮っているとは思えなくなってくるんですよね。, この違いは本当に大きいのでXperia 1 ⅡとXperia 5のカメラは歴然とした差があります。, レンズが違うとこんなに違うのかって言うレベルで、Xperia 1 Ⅱの画質はクリアで光の反射もありません。, Xperia 1 Ⅱならカメラにとって難しいシーンでもクリアな写真を撮ることができます。, スマホカメラならではの不自然な色合いにもならずに、スマホカメラを超えたデジカメと同じ品質の写真を撮ることが可能。, スマホは毎日使う物なので少しの待ち時間でも積み重ねると大きな時間になりますよね。処理性能を比較すると以下の通りです。, CPUは1世代違うのでスコアで比較するとXperia 1 Ⅱが随分上に感じてしまいますが、実際に動作速度はそこまでの差はありません。, めちゃくちゃ重たいゲームを最高パフォーマンスでプレイする場合は別ですが、普通の使い方や少し重たいゲームをするぐらいであればほとんど差はないので、CPUスペックについては過度に気にする必要はないですね。, 5GもWi-Fi 6も通信速度が劇的に速くなりますが、現在のところ普及はしていないので当分の間はあまり意味がないですね。, 続いてバッテリー性能と防水性能に関してですが、防水性能はどちらも同じで、水没にも耐えることができます。, バッテリーはXperia 1 Ⅱの方がサイズが大きいということもあり、大容量となっていますが、電池持ちはXperia 5が上です。, バッテリー関係での大きな違いはXperia 1 Ⅱはワイヤレス充電に対応していますが、Xperia 5はワイヤレス充電に対応していません。, その他の違いとしてはXperia 1 Ⅱはイヤホンジャックを搭載していますが、Xperia 5にはイヤホンジャックがありません。, 価格差は35,640円です。CPU性能は大きく変わりませんがカメラが大きく変わるので、差額はカメラ代と考えるのが良いですね。, カメラに興味がない方はXperia 5がおすすめですが、スマホでもデジカメのような写真撮影を楽しみたい方はXperia 1 Ⅱがおすすめ。, また、Xperia 1 Ⅱは5Gにも対応しているので、5Gエリアが普及が速い都市部に住んでいる方や、スマホを長く使いたいと考えている方もXperia 1 Ⅱが良いかもしれないですね。, 上位モデル「Xperia 1 Ⅱ」中間モデル「Xperia 5」下位モデル「Xperia 10 Ⅱ」, Xperiaは使い方に合わせた機種の選び方ができるので、ぜひ自分の使い方に合う機種を選んでください。, 最後にXperia 1 ⅡとXperia 5のスペックの違いを表にまとめるとこんな感じです。, 以上。「どっちを買うべき?Xperia 1 ⅡとXperia 5の違いを比較。カメラ好きなら1 Ⅱがおすすめ」でした。, AQUOS zero5G basic DXスペックレビュー!Mi 10 Lite 5Gと比較してみた, Xperia 1 IIとAQUOS R5Gの違いを比較!おすすめの5Gスマホはどれ?, Xperia 1 Ⅱ レビュー!ソニーが本気で作るスマホ。カメラの代わりになるのか考えてみた, iPhone 11とGoogle Pixel 4の価格・スペックを比較!コスパが良いおすすめはどっち?, Google Pixel 5スペックレビュー!Xperia 5 Ⅱとどっちが良いか比較, 26歳会社員ブロガー兼YouTuber。想像力(イマジネーション)溢れるガジェット製品が大好き。カメラやApple製品をメインにガジェット、格安SIMの情報をお届け中です。 となるとXperia 7よりもXperia 5よりも小さい数字、Xperia 2、Xperia 3、Xperia 4のいずれかの方がしっくりくるような気もします。 次期Xperia 5 IIの開発は予定通り、リリース時期はXperia 1 II同様に日本版からとの情報. Xperia 1は6.5インチの大画面を搭載しながら横幅は72ミリと、最新iPhoneのコンパクトモデル「iPhone 11」の75.7ミリよりも狭い。Xperia 5はディスプレイサイズがiPhone 11と同じ6.1インチだが、横幅は68ミリと70ミリを切っているのだ。 レビュー依頼や質問はお気軽にお問い合わせください。. Xperia 5とほぼ同じ大きさのXperia 10 Ⅱと比較するとこんな感じ。 左がXperia 1 Ⅱで右がXperia 10 Ⅱです。 ディスプレイサイズが違うのサイズが異なりますが両方使った感じだと横幅が4mmしか変わらないので、持ちやすさが大きく変わるという感じではないです。 Androidを使用していると日々目にする待ち受けやロック画面などの壁紙。上手く設定できずにお悩みの方もいることでしょう。今回はより愛着あるAndroidにする為「Androidの壁紙サイズの調べ方とロック画面と待ち受けでのサイズの違い」についてご紹介します。 コンパクトながら大画面の投影ができるプロジェクター「LED PROJECTOR 2」, Xperia 1 II 用 G10(ジーテン)バンパー サイドセンス対応「CLEAVE G10 Bumper CHRONO for Xperia 1 II」, ©KADOKAWA ASCII Research Laboratories, Inc. 2020. どっちを買う?Xperia 1 IIとGalaxy S20の違いをわかりやすく比較, iPhoneは高い!代わりになるおすすめAndroidスマホとコスパの良いiPhone紹介, どっちを買う?Xperia 1 IIとXperia 10 IIの違いをわかりやすく比較, 【2020年最新】Androidスマホおすすめランキング!性能と価格をわかりやすく比較, 【2020年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較. ソニーモバイルの次期Xperiaフラッグシップ、と言えばXperia 1 IIの小型モデル、そしてXperia 5の後継となる仮称「Xperia 5 II」。, このXperia 5 IIについてはすでに該当すると思われる機種がすでにソニーのサーバー上でOEM IDの存在も確認されています。, 一方、これ以外の次期Xperiaについてはまだどれも信ぴょう性に乏しい情報ばかり、というのが現状です。, そんな中、Xperia 5 IIよりも小型となる2020年後半の新型コンパクトXperiaについての噂情報が浮上しました。, 当サイトでもお伝えした謎のSD865+搭載Xperia「Sony 7Y6DU1I 」を覚えていますでしょうか?, 今回の情報はGIZMOCHINAの同モデルについての記事のコメント欄に投稿されていたもので、要はこのSony 7Y6DU1IはXperia 5 IIでなく、ソニーがリリース予定の別の新型Xperia(Xperia 7?)のもの。そして同モデルはSD865+搭載の5.2インチコンパクトモデルになる、とのこと。, 一方、このモデルについてはグローバル展開されるかは不明でアジアもしくは日本限定モデルになる可能性もあるとのことです。, ただ、このモデルについては以前、Xperia 5 IIではなくフォルダブルのもの、という情報もでてきており、これはある意味今回の情報とは「正反対」の矛盾するもの。, どちらが正しいのか、あるいはどちらも正しくないのかもしれませんが、非常に気になる情報です。, なお、SD865+についてですが、これはサムスンがGalaxy Note 20シリーズやFold 2など今年後半にリリースするハイエンドモデルのほぼすべて、そしてZenfone 7やROG Phone 3などに搭載されることもほぼ確実となっており、どうやら今年後半のハイエンドモデルには標準的に採用されそうな感じとなっています。(そのためか、このチップは「SD865+」ではなくあくまでクロックアップされた「SD865」という説も), そういった意味で、2020年後半のXperiaにも同チップが採用されるのは不自然ではなく、以前より、Xperia 5 IIにもこのアップグレード版SD865が搭載されると言われていました。, ちなみに一応昨年からの新ネーミングではXperia 1~10で数字が上がるほどスペックは下がる、というのが一応のルールの模様。, 一方、この5.2インチのコンパクトXperiaが実在、SD865+を搭載するとなるとXperia 5 IIよりサイズは小さいがスペックは同等、ということになりそう。, となるとXperia 7よりもXperia 5よりも小さい数字、Xperia 2、Xperia 3、Xperia 4のいずれかの方がしっくりくるような気もします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, アンドロイドネクストの編集者、Ryoです。 読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。, Xperia 5 II?SD865+搭載の謎の新型Xperia「7Y6DU1I」のベンチマークスコアが発見. 今回使ってみたSIMフリースマートフォンは、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 5(J9260)」だ。大手3キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)が販売しているXperia 5のSIMフリー版で、2020年8月に発売された。 充電式電動DIYマルチツール, 【11月中旬】2500ルーメンの明るさを実現! Android 7.0からの新機能で、画面の表示サイズ(dpi)を変更することができます。これを使うと画面を拡大したり、より広い範囲を表示したりできます。機能としては標準でも普通に使うことができますが、開発者向けオプションをオンにすると… Xperia 5(エクスペリア ファイブ)は、21:9シネマワイドの感動体験をハンドフィットサイズに凝縮。あらゆるシーンを美しく描き出す、トリプルレンズカメラを搭載しています。 ソニーモバイルのスマートフォン「Xperia」シリーズは今年になってから従来モデルとは大きく異なる外観を持つ製品を次々と出している。それはディスプレイ形状の変更だ。すでに日本で発売されているXperia 1を見ればわかるが、ディスプレイが縦に長くなったことで本体も細長い形状となっている。Xperia 5もXperia 1同様の形状であり、Xperia 1を一回り小さくしたサイズになっているのだ。, スマートフォンのディスプレイは数年前までは縦横比が16:9が標準だったが、最近では18:9、19:9のように縦方向に長いディスプレイを採用したモデルが増えている。ところが今年頭に発表された「Xperia 1」は21:9と他社よりもさらにワイドなディスプレイを採用しているのだ。このサイズは横方向に向ければちょうど映画のサイズとなることからシネスコープサイズともいわれる。映画館で放映される映画の迫力ある映像をXperia 1ならそのままフル画面に表示して楽しむことができるのだ。, シネスコープサイズディスプレイの利点はディスプレイサイズを大きくしたまま、本体の横幅を狭くできることだ。Xperia 1は6.5インチの大画面を搭載しながら横幅は72ミリと、最新iPhoneのコンパクトモデル「iPhone 11」の75.7ミリよりも狭い。Xperia 5はディスプレイサイズがiPhone 11と同じ6.1インチだが、横幅は68ミリと70ミリを切っているのだ。スマートフォンを片手で自在に使いたい人なら涙を流して喜ぶかもしれないほどXperia 5は手軽に持ち運べるスマートフォンなのだ。, ところでXperia 1を買った人やお店で見た人は、ディスプレイが6.5インチとはいうものの思ったほど画面サイズが大きく感じられず、動画を再生した時は他社のスマートフォンのほうが迫力を感じられる、なんて思った人もいるかもしれない。21:9のディスプレイは確かに映画を再生するのには向いているが、同じ画面サイズで他社のスマートフォンと比べると横幅が狭い。つまり6.5インチの大きさはシネスコープサイズでは他社の6インチくらいの体感サイズとなってしまうのだ。それでは6.1インチのXperia 5はより小さいディスプレイを搭載していることから、小ささが目立ってより不利に感じられるのだろうか?, 実際にXperia 5を手にしてみると、本体が小さいのにディスプレイが横に長いことから、コンパクトモデルなのにかなり大きいディスプレイを搭載しているな、と感じられるから不思議だ。このあたりは人間工学とも関係しているのだろう。Xperia 1は7インチくらいの大画面を搭載してこそ迫力を感じさせてくれると思われる。一方Xperia 5はすでに十分小さい本体サイズなので、同じ横幅サイズの他社スマートフォンよりディスプレイが横方向に長いというメリットを体感するのである。アプリを2つ起動してみると、21:9の画面なら正方形に2つのアプリを表示できる。この小さいサイズで2つのアプリを見やすく表示できるのはXperia 5だけなのだ。, Xperia 5の本体カラーは「ブラック」「グレー」「ブルー」「レッド」の4色。色の名前そのものは最近の他社スマートフォンの派手な色名称と比べると地味に感じてしまうが、実際にブラックとグレーはベーシックな色合いだ。シルバーはホワイトに近い色合いで、とりあえず無難な色が欲しいというユーザー向けなのかもしれない。, 一方ブルーとレッドは他社にはない色合いだ。特にレッドは鮮やかさの中に落ち着きを秘めている、漆のような仕上げを感じさせてくれる。同じ赤でも中国メーカーや韓国メーカー、そしてiPhone 11とは色味が大きく異なっている。和のテイストを感じさせてくれるこの色を、ソニーはただのレッドと表現しているのだ。「わかる人にわかってほしい」という静かなメッセージが込められているのかもしれない。またブルーも渋みを利かせた色合いで、こちらも「青」と表現できない色だ。Xperia 5はこのように「無難な2色」と「他社にはない日本メーカーならではの2色」というカラバリ展開を行っているのである。, IFA2019のソニーブースではこのXperia 5を目当てに多くの来場者が詰めかけていたが、コンパクトサイズは特に女性にも受けがいいようだった。特に赤ボディーのモデルは人を引き付けやすい。だが展示されている他のモデルを見て「あれ?」という顔をする来場者もいた。ここまで鮮やかな色の製品がおいてあるのだから、他にも様々なカラバリがあると思ったのかもしれない。ソニー側とすればこの4色ですべての消費者の興味を惹くことができると考えたのかもしれないが、もう少しがんばって6色、あるいは8色展開くらいしてほしいところだ。なにせiPhone 11は6色も用意されているのだから。, Xperia 5の売れ行きが好調で今後色展開が増えることを期待したいが、Xperia 5と同じサイズ感を持ったスマートフォンが他にないことから、日本以外でも人気が出る可能性は十分にある。フラッグシップのXperia 1は他社の上位モデルと熾烈な戦いを勝ち抜かなくてはならない。カメラの性能だけではなくデザインでも攻めるiPhone 11シリーズ、2サイズ展開となったサムスンGalaxy Note10シリーズ、新色が追加されたファーウェイP30シリーズと、大手メーカーの秋冬陣営は鉄壁だ。Xpeia 1はこれらに真っ向から対抗しなくてはならないのである。, 一方Xperia 5のライバルは、同様にコンパクトサイズとして出てくる「Galaxy Note10」程度だろう。スペックを落としたコンパクトモデルは同じソニーの「Xperia 10」などもあるが、Xperia 5はCPUにSnapdragon 855を採用、カメラも1200万画素が3個というハイスペックな製品だ。年々巨大化するスマートフォンに対し、そろそろ手のひらサイズの製品が欲しいと考えるユーザーも増えてくるだろう。そして繰り返しになるがXperia 5の21:9のディスプレイは決して小さくはないのだ。, ところでXperia 5のディスプレイを見て気が付くことは無いだろうか?最近のスマートフォンが採用しているディスプレイ上部の欠き取り、いわゆる「ノッチ」が無いのだ。iPhoneが採用する横幅のあるノッチは今や少数派で、フロントカメラ部分だけをディスプレイに食い込ませた「水滴型」や、カメラ部分に穴をあけたような「パンチホールノッチ」が最近のスマートフォンでは主流となっている。しかしXperia 5はXperia 1同様に、ノッチは採用せずにディスプレイの上部にカメラを配置する従来型のデザインとなっている。そのため21:9のディスプレイがさらに長く見えるが、逆に本体のワイドサイズ感を強めており好結果をもたらしている。ディスプレイ面に一切邪魔するものが無いのでコンテンツを見るときも没入感が高い。ノッチ無しの道を行く今年のハイエンドXperiaは他社品との差別化に十分成功していると言えるだろう。, ソニーの21:9ディスプレイ採用モデルはグローバルモデルも入れるとXperia 1、Xperia 5、Xperia 10、Xperia 10 Plusそして日本で発表されたばかりのXperia 8を加え、5モデルも出そろうことになる。海外での評価はやはりディスプレイサイズに対して本体がコンパクトである点が受けているようで、同じ大画面モデルでも低価格なXperia 10 Plusの売れ行きが台湾などでは好調だという。この動きを見てか、モトローラも「One Vision」を発表。ディスプレイサイズは6.3インチ21:9で、Xperia 1とXperia 5の中間という絶妙なサイズだ。縦方向に持てばSNSのタイムラインも多く表示でき、横方向にすれば動画をシネマサイズで楽しめる。来年以降他社からも同じ形状のディスプレイを採用するスマートフォンが出てきそうだ。, カメラは最近のスマートフォンでは必須ともいえるウルトラワイドレンズも搭載。標準(ワイド)は26mmでF1.6と明るいレンズを採用。望遠は2倍の52mm F2.4、そしてウルトラワイドは16mm F2.4という組み合わせだ。この3眼カメラはXperia 1と同じだが、本体背面の左上に立てに配置するという、他社と同じデザインになっている。ちなみにXperia 1は本体中央にカメラを並べていたが、カメラの数が多くなると片隅に寄せたほうが使いやすい。これはサムスンもGalaxy Note10で同じカメラ配置の変更をしている。, Xperia 5の本体サイズはカメラを使うときにも操作がしやすく、片手で横持ちしても握りやすい。シャッターボタンが届きにくいということもなく、本体も小さいので手振れもしにくい。長時間の動画を手で保持しながら撮影するときも苦にならないだろう。なおXperia 1にあったスーパースロー動画機能は削除されたが、一般的なシーンで使うことはまれだろうからスペックダウンとは感じられない。スーパースローはカメラ機能としてではなく、それを活用できるカメラアプリが出てこなければなかなか普及しないのではないだろうか。, モバイルゲームユーザーにうれしい機能も追加された。PlayStation 4用ゲームパッド「DUALSHOCK 4」で、Xperia 5のゲームが楽しめるようになったのである。専用ゲームタイトルのみの対応だが、DUALSHOCK 4を装着して電車の中などでも快適操作でゲームがプレイできるわけだ。今まではXperiaをDUALSHOCK 4に装着しても、PlayStation 4のゲームコントローラーとしてしか使えなかった。これからはDUALSHOCK 4そのものがXperiaの周辺機器として使えるのである。, Xperiaシリーズは日本での販売は好調だが、それは日本メーカーであること、ソニーというブランドの強さ、さらにはキャリア経由で販売される、といった特殊な事情がある。海外ではソニーのブランドは強くともXperiaというブランドが知られてない国もあるのだ。筆者が最近訪問したドバイの巨大なショッピングモール、ドバイモールにはソニーの大型店舗があったが、Xperiaの取り扱いは無かった。日本ではXperia新機種が出るたびに多くの記事も出るが、海外ではプレスリリースすら流されない国もあるのだ。, だが今年に入ってからXperiaは大きく変わった。他社にはないディスプレイを搭載したことで、スマートフォンそのものの使いやすさ、すなわち「大画面なのに持ちやすい」製品を次々と送り出しているのだ。今後より大画面なモデルや5G対応製品、さらに定期的なアップデートを進めていけば、Xperiaの販売国は徐々に広がっていくと思われる。Xperia 5はそんなソニーの海外市場復活のカギを握る製品になると筆者は感じた。世界中の消費者にぜひこの絶妙なサイズの製品を送り届けてほしいものだ。, IFA2019でソニーモバイルが発表した「Xperia 5」はウルトラワイドディスプレイを採用した小型のスマートフォンだ。カメラ性能はフラッグシップモデルの「Xperia 1」相当、ハイスペックなCPUも搭載しており普段使いにはもったいないくらいの性能を有している。しかもあざやかなカラバリが用意されており、日本のみならず海外市場でも大きな話題となっている。本体は片手で十分持てる横幅サイズ。小型スマートフォン、たとえばiPhone SEの後継モデルを探している人にも気になる存在になりそうだ。.