0 / クリップ 開発ツールとしてのVB6はすでにサポートが終了しています。 エラーがでなければ、レジストリにocxファイルが登録されて、どこからでもアクセスできるようになります。この状態でアプリを実行すれば、うまく行くかもしれません。, 自分なりに調査していった結果、今回質問させていただいた問題は、 そのくらいは、自身でやってみましょう。, 「Win10のVBは何を購入すればいいでしょうか?」とありますが、Windows 10で開発するということでしょうか?それとも、単に完成したものを動かすだけでしょうか?, Win10でコンパイルし直さないといけないかと思いますので。 WinXPでVB6で作成したプログラムをWin10で動かしたいのですが、 30日にリリースされたWindows 10累積アップデート適用後にCPU使用率が急上昇する不具合, 配信が始まったWindows 10 May 2019 Update、いくつかの不具合が確認される, Windows向けの「令和」元号対応に向けた更新プログラム、一部アプリで不具合が確認される, Windows 10 バージョン1903で9月の月例更新適用後に発生していたスタートメニューと検索の問題、修正されないまま解決済みとマーク, https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/gg983508(v=msdn.10), その問題は一般的なものであるか。一般的なものである場合、問題に極めて迅速に対処する必要があるため、修正プログラムをテストする時間は短くなります。セキュリティの脆弱性が見つかったときに、セキュリティの専門担当者がベンダと共に作業することがありますが、これは修正プログラムの品質を改善するためです。, 修正プログラムによってどの機能が影響を受けるか。脆弱性に対処する修正プログラムがオペレーティング システムのコア機能に影響を与える場合は、システムの独立した 1 か所にのみ影響を与える修正プログラムに比べ、より慎重にテストする必要があります。, 修正プログラムによってどのサードパーティ製品が影響を受けるか。サードパーティ製品と マイクロソフト製品の連携方法を変更するような修正プログラムでは、より多くのテストが必要になります。. 2020年9月9日、マイクロソフトが9月の月例セキュリティパッチ/ Windows Update の配信を開始しました。今月も“緊急”を含む様々な脆弱性が修正されているので速やかにアップデートを適用しておきましょう。一部不具合情報が入ってきているのでご注意を。 teratailを一緒に作りたいエンジニア, .ocx自体はレジストリに登録されるので、どこからでも参照可能になりますが、.ocx自体が参照しているDLL等はocxが配置された場所か、環境変数PATHなどでアクセス可能となっている場所に配置されていないと、読み込むことができません。そのあたりの設定を確認してみてはいかがでしょうか。, すでにトラブルシュートの方向性は示していると思いますので、コメントもこれで控えさせていただこうと思います。私自身すでに自分の知識でコメントしているのではなく、ネットで検索した内容をもとにアドバイスしているような状態ですので。, https://www.softantenna.com/wp/windows/api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0-dll/. しかし、VB6のランタイム以外を使用するような物の場合はWindows10で動作するものなのかそれぞれメーカー等に問い合わせてください。, '*': この間接指定を型 'System::String' で使用できませんというエラー, Windows2008にアップグレードしたらPHPで特定のコードが実行できなくなった.   Key changes include:・Addresses an issue that may cause the following to stop responding: VB6/VBA/VBScript. 2019年8月Windows Update後、VB関連死亡の件まとめ 修正の更新 [microsoft.com]があったようですね。Improvements and fixes Windows 基本操作 20; Windows10 Update(アップデート)不具合 31; Windows10なんでも大辞典 30; Windows10アップグレード問題 23; Windows7を使いたい 12; Windowsの記事 46; その他 32; インターネット、社内LAN 37; サーバ、NAS 22. 2 / クリップ 1, 回答 実行できない場合は、コンパイル&リンクをやればいいだけの話です, 実行ファイルでは実行できませんでした。 従来のVB/VBA/VBSと同じ作法で空のSafeArrayを複製した場合にセキュリティによって「緩和」されてしまうのは変わらないように見えるので、何が悪い事とされたのかは知りたかったところですけどね。, Excelでスキーマ、テーブル設計してるトコはVBAでDDL吐いてたりするからなぁ…そういうとこは基本汚い構造(時折少しでも正規化しようと抗った痕跡有るのが涙)だし、使う道具が違うっちゃそれまでだけどね。, https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/gg983508(v=msdn.10) [microsoft.com], セキュリティ修正プログラムを開発する場合には、迅速さが最優先事項になります。セキュリティ修正プログラムは、顧客への明確な危険に対応するために作成されるものだからです。その結果、テストを徹底的に行うことと、修正プログラムをできるだけ早く配信することとのバランスをとらなければならなくなります。テストをどの程度行うかは、次のような複数の要因から決定されます。, 修正プログラムは、与えられた時間的制約の中で、できる限り徹底的にテストするようにしています。しかし、結局のところ修正プログラムにエラーが含まれる可能性は、サービス パックの場合よりも高いということになります。, 文章の内容とは関係ないけど、何で伸ばし棒(長音記号、音引き)だけ半角になってるのだろう?, オペレーティング・・・オペレハイフンティングサードパーティ・・・サハイフンドパハイフンティエラー・・・エラハイフンサービス・・・サハイフンビス, 必ず発生するわけでも無いから。確かに問題だけど、テストを責めるのはちょっと可哀そうかな。影響をまぬがれた一技術者より。, ParamArray とか Array() とか空の配列を作れば必ず発生するからVBの観点では「テストしてんのか」とも言いたくなる症状だけど、セキュリティ更新の影響をどこまでテストするかは難しいですね。, ことセキュリティ対策は「悲鳴あげたらそいつが悪い」って風潮も往々にあるし次からはMS製のOLEアプリぐらいは検証するのかな。, 一部のOSモジュールの一部の変な仕様が変更されてて、それはそのモジュールだけを見ると改善・修正なんだけど、VBの挙動がたまたまそれに依存しててはい死亡、みたいなことはありそう。, 4日かかるテストなら3日テストしてゆっくり翌週ですよ。それくらい余裕を持ってもらなわないとマイクロソフトの人が休めないでしょ。, 大昔に作ったものが動かないという報告があったけどMSが葬ったと思ったから、諦めてくださいって返しちゃったよ。, AdobeアプリでVBスクリプトを、使用している会社が有ると聞いた。Javaスクリプトだと、サーバーのファイル操作できないとか。MacのAppleスクリプトだと、OSごと再作成する必要があるゴミと聞いた。Win環境でVBスクリプト死滅だと大変そうだな。また聞き記載ですまん。, 自己修正誤:OSごと再作成する必要があるゴミと聞いた。正:OSが変わるたびに、再作成する必要があるゴミと聞いた, そういえば、ジャバScriptとかブイビーScriptって書く人はそうそういませんね。, 以前、言語をPythonに変える話の布石でしょwもう使うなとしばらく使えない状況にして誰も使えないようにして出すとこれは悪意のあるアップデートだ, いくらMSへの悪意があるからってあまりにもアホ過ぎることを書いている自覚を持てよコミュニティがもたらすメリットを最大限に活用しているのがMSなのにコミュニティを切り捨てる?, そっちはもうなくなって、新しいjavascript APIがでているはず。2016以降じゃないと機能少なかった気がするけど。というかそっちでも発生するのかな?, より多くのコメントがこの議論にあるかもしれませんが、JavaScriptが有効ではない環境を使用している場合、クラシックなコメントシステム(D1)に設定を変更する必要があります。, 「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」, この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 0, 【募集】 4 / クリップ 1, 回答 Comments owned by the poster. 2 / クリップ 2 / クリップ EXT-MS-WIN-GDI-****-l1-1-0.DLL, これらの DLL ファイルも、c:\Windows\SysWOW64\downlevel フォルダに存在しています。 リンクを試みましたができませんでした。, むしろ、今のVBではコンパイルし直すことが不可能です。VBは、VB6以前とVB .net以降では別言語に生まれ変わっていますので、VB6で書かれたものを現代のVBで動かすには大掛かりな移植作業が必要となります。, Support Statement for Visual Basic 6.0 on Windows 0, 回答 あるなら、実行してみては? 本記事は2020年5月に配信されたWindows 10 バージョン2004の不具合について記載したものです。2020年7月17日現在の情報となっております。Windows 10 バージョン2004の情報についてはこちらをご参照ください。, アップデート後、一度に複数のBluetoothデバイスと接続したりペアリングすることができない可能性があります。本障害のあるRealtek Bluetoothドライバーがインストールされている Windows 10 デバイスはWindows 10, version 2004配信が停止されています。, デバイスマネージャのサウンド、ビデオ、ゲームコントローラの下にあるConexant ISST AudioまたはConexant HDAudio Driverという名前で、ファイル名はuci64a96.dllからuci64a231.dll、ファイルバージョンは7.231.3.0よりも低いものが対象です。Conexant ISST オーディオドライバを搭載した Windows 10は、アップデートのインストール中やデバイスのアップデート後にエラーが発生します。, lsass.exe が、”重要なシステム プロセス C:\WINDOWS\system32\lsass.exe” というエラー メッセージが表示されたデバイスで失敗する場合があります。コンピュータを再起動する必要があります。この問題はKB4565503で解決されました。, デバイスマネージャのサウンド、ビデオ、ゲームコントローラの下にあるConexant HDAudio Driverという名前で、chdrt64.sysまたはchdrt32.sysのバージョンは8.65.47.53、8.65.56.51、または8.66.0.0~8.66.89.00となります。オーディオドライバーを搭載したデバイスがブルースクリーンエラーで停止することがあります。, DISMコマンドにて「/restorehealth」オプションを使用してシステムの破損を検出して修正した後、破損がまだ存在すると誤って記載されることがあります。完全にDISMコマンドにて修復された場合でも発生する可能性があります。, 2020年6月10日現在、軽減されたとの記載はありますが、ソースなどはありません。DISMコマンドは、KB4557957にて修正されたとのことです。https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4557957/windows-10-update-kb4557957, インテル統合グラフィックス処理装置 (iGPU) ディスプレイ・アダプターを使用したデバイスにて接続された可変リフレッシュレート (VRR) を使用する場合、影響を受けるデバイスで VRR を有効にしても、Direct X 9 を使用するゲームの VRR は有効になりません。更新プログラムのエクスペリエンスを保護するために、影響を受けるドライバーを含む Windows 10に、提供されないようにしています。, この問題はKB4568831で解決されました。本障害にて、windowsバージョン2004の更新プログラム配信対象外になっていた端末に対し、8月中旬には、バージョン2004の更新プログラムが自動配信対象端末になります。, 一部のアプリで、ImeMode プロパティを使用して、IME(入力方式エディター)モードを利用すると、自動的に漢字またはひらがなに切り替わります。この問題はKB4565503で解決されました。, Microsoft Surface Pro 7 や Microsoft Surface ラップトップ 3 など、Always On、Always Connected 対応のデバイスにて、エラーや予期しないシャットダウンまたは再起動が発生する可能性があります。, 古いNvidiaディスプレイドライバのバージョン358.00は、Windows 10、バージョン2004にアップデートをインストール中またはインストール後にブルースクリーンまたはその他の問題で停止エラーを受ける可能性があります。, 2020年8月中に改善プログラム配信予定だそうです。KB4568831にて、解決されました。, 印刷を行おうとすると、プリントスプーラーが停止し、印刷ができなくなる可能性があります。対象KBは、KB4557957。改善される更新プログラムが配信されました。KB4567523にて、印刷できなくなる障害が改善されます。, KB4557957を適用後、Officeアプリケーションをインストールし、起動すると一部PCでは起動ができなくなるそうです。本障害については、AVGの特定のバージョンらしく、更新を行うことで解決するそうです。, 予期せず終了するか、アプリを開こうとするとエラーが表示される場合があります。エラー内容は、「Outlook を前回起動できませんでした。」と出ます。回避方法としては、WebベースのOutlook(OWA)を利用してください。ただし、先日、本障害は解消されたとのことです。別のWindows Updateを適用するなど特別な作業は必要ありません。, スリープ、休止状態から起動した後、LTEは通知領域のネットワーク接続においてインターネットを表示できず、インターネットに接続できない場合があります。問題が解決されるまで、Windows 10 バージョン 2004でLTE ドライバーを持つ Windows 10 デバイスには、バージョン2004の更新プログラムは配信されません。回避策についてはこちらを参考にしてください。, 本障害は、KB4577063にて解消されました。詳しくはこちらを参考にしてください。, 日本語、中国語を利用する Microsoft IME のユーザーは、特定の場合に問題が発生する可能性があります。入力、予期しない変換結果が表示される、テキストを入力できないなどです。回避策については、こちらを参考にしてください。, Windows 10 バージョン2004について、障害まとめを改めて行った記事も投稿しています。コンサルタントとして、なぜ社内SEはWindows Updateを好きになれないのか?という議題の元、検討しましたので是非ご覧ください。, Thunderbolt社の NVMe SSD を使用している環境にて、Windows 10 バージョン 2004、20H2 にて問題が発生しました。影響を受けるデバイスで Thunderbolt NVMe SSD を接続すると、ブルー スクリーンで停止エラーが発生し、「DRIVER_VERIFIER_DMA_VIOLATION (e6) ドライバーが検証を行って、不正な DMA 操作を試みました。」とのメッセージが出るそうです。, 本SSDを導入した端末は、手動で機能更新プログラム適用することをMicrosoft 社は推奨していません。, Windows 10 バージョン 20H2 にアップグレードした後、ユーザーが一覧表示されるダイアログ ウィンドウを操作するときに、エラーが発生します。この問題は、ローカルのビルトイン アカウント(AdministratorやGuestなど) の名前が変更されたデバイスにのみ影響します。ドメインには影響しません。, 本対象システムはセーフガードになる可能性があります。セーフガードを受けないようにするには、Windows 10、Windows 10 バージョン 20H2 に更新する前に、組み込みユーザー数をすべて既定の名前に戻す必要があります。この問題はKB4565503で解決されました。, Windows 10のバージョン1809以降のデバイスを、機能更新プログラム適用し、バージョンアップすると、システム証明書やユーザー証明書が失われることがあります。対象端末は、2020年10月の月例更新プログラムを適用していない、Windows 10のバージョン1809をバージョンアップする場合です。WSUS環境やSCCM(MECM)環境でも発生します。※Windows Updateを自動で適用している環境は、問題ありません。, 以前のバージョンに戻す(リストア)必要があります。しかし、アップグレードの10日~30日までで、リストア日の期間変更は以下のコマンドで設定することができます。, 2020年5月29日 初版作成2020年6月10日 不具合緩和部分を修正2020年6月15日 追加のエラーを追記2020年6月21日 印刷の障害を追記2020年7月13日 DISMの修正が行われたことについて追記2020年7月13日 追加のエラーと修正を追記2020年8月11日 修正を追記2020年9月3日  新たな不具合と修正を追記2020年10月6日 LTEモデルの不具合修正を追記2020年11月11日 2つの不具合を追記, 目次 1.