WindowsXPの初期化方法を解説します!WindowsXPのリカバリーディスクなしで初期... Windows10のOSを搭載したパソコンでは、他のツールを使うことなく、ISOファイルを簡... 皆さんはMacでWindowsを使う方法をご存じでしょうか?実はMacをお使いの方も仮想デス... Windows7のパソコンを使っていても、XP Modeを使ってWindows7では使えない... 困ったときに役に立つ情報、今気になっている情報をピックアップして分かりやすく解説していきます。, Windows10にWindows XPモードをインストールして仮想環境で作業する方法を解説!, 「Hyper-V」はWindows10 Pro(64ビット版)以上のグレードでないと利用できません, Windows10にWindowsXPの互換性を持たせて、過去のデータを有効に利用しましょう。. Windows XP はコンピュータにログオンする際に、ライセンス認証された時と同一または類似のハードウェアで実行されているかチェックします。ハードウェアが "かなり相違している" と検出されると、ライセンスの再認証が必要になります。 Windows xpの利用には、利用ライセンスの許諾が必要です。 Windows 7のxp modeの仮想xpの利用権はWindows 7 Pro, Ultimate, Enterpriseに付属していましたが、それ以外の環境でWindows xpの仮想マシンを利用するなら、当然別途適切な利用権を調達する必要があります。 基本的には、OSが新しくなるほど使い勝手は良くなるものだとは思います。ただ、古いOSでないと動かないソフトなどがあったりするのも事実です。, 僕も、利用しているソフトが、Windows XPでしか正常動作しないので、VMware Playerという仮想環境構築ソフトを使って、そのソフトを利用しています。, というわけで今回は、そんな「Windows XPでしか正常動作しないソフトを動かしたい」なんて場合のために、XP仮想マシンを作成する方法の紹介です。, 今回の仮想マシンを構築する前に、Windows XPは用意しておく必要があります。, 僕は、大昔に購入したパソコンに付属していて、現在は使用していないXPを利用しています。, まず、仮想環境を構築するには、仮想マシン構築ソフトをインストールする必要があります。, 仮想マシン構築ソフトはいろいろありますが、かなり簡単に利用できる、VMware Playerが個人的にはおすすめです。, 以下に、VMware Playerのインストール方法が書かれているので、手順に従ってインストールしてください。, 次にインストールしたVMware Playerに「新規仮想マシン」を構築してそこにWindowsXPをインストールします。, 「仮想マシン」とかいう言葉を聞くと、かなり面倒くさそうな印象を受けるのですが、実際にやってみると結構簡単です。, まずは、Windows XPのCD-ROMをROMドライブに挿入しておいてください。, まずは、VMware Playerを起動して「新規仮想マシンの作成」をクリックしてください。, 次に、「インストーラーディスク」を選択してWindows XPを挿入したROMドライブを選択してください。, すると、「Windows XP Professionalが検出されました。」と表示されるはずです。そしたら、「次へ」ボタンを押してください。, すると、「Windowsプロダクトキー」入力エリアが表示されるので、Windowsのパッケージなどに記載されているプロダクトキーを入力してください。加えて、「フルネーム」の箇所に適当な名前を入力してください。, 次に、「仮想マシン名」と「ファイルの保存場所」を設定します。名前も場所も、自由に設定してください。通常は、デフォルトのままでもOKです。, 次に、仮想マシンのディスク容量の変更画面が表示されます。よくわからない場合は、デフォルトの推奨サイズのままでOKです。, 仮想マシン内で大きなファイルを扱ったりする場合は、ハードディスク容量が許すなら「ディスク最大サイズ」を大きめに設定すればよいかと思います。, すると、仮想マシンを作成する構成の確認画面が表示されます。良い場合は「完了」を押してください。, 基本的には、VMwareがデフォルトで設定する値でOKかと思いますが、メモリサイズなどを変更したい場合は、「ハードウェアをカスタマイズ」ボタンから、ある程度変更することもできます。, 基本的に、全て自動でVMwareが設定を行ってくれるので、ひたすらインストールが終了するまで待つだけです。, 途中こんな画面にもなりますが、ただひたすら待ちます。SSD環境でも十数分かかるので、放置しておいてOKだと思います。, デスクトップが表示されたら、VMware Toolsのインストールが自動的に開始されます。, ここまで全てVMwareが自動で行ってくれるので、十数分~数十分間放置しておいてOKです。, しばらく触っていると、タスクからポップアップでライセンス認証が促されると思うので、タスクボタンか、ポップアップをクリックしてください。, すると以下のような「Windowsのライセンス認証の手続きを行いましょう」というダイアログが表示されるので、「はい、今すぐにインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います」にチェックを入れ「次へ」ボタンを押します。, すると、以下のようにユーザー登録をするかどうかの画面が表示されるので、「いいえ、Windowsのライセンス認証の手続きを行い、ユーザー登録は行いません」を選択して「次へ」ボタンを押します。, ライセンス認証が完了すると「これでWindowsのライセンス認証の手続きが完了しました。」と表示されるので「OK」ボタンを押します。, 基本的な設定は、全てVMware Playerが行ってくれるので、基本的にデフォルトの設定状態でマウスをポチポチ進めていくと、ほとんど自動的にインストールが完了されます。, インストールに時間はかかりますが、作業時間となると5分もかからないのではないかと思います。, というわけで、「Windows XPでしか動かないソフトを、何とかして動かしたい」なんて場合や「Windows XPで動作確認したいソフトがある」なんて場合は、VMware Playerを使った仮想マシン構築は簡単で、結構おすすめです。, Pickup! まずは、VMware Playerを起動して「新規仮想マシンの作成」をクリックしてください。 次に、「インストーラーディスク」を選択してWindows XPを挿入したROMドライブを選択してください。 すると、「Windows XP Professionalが検出されました。」と表示されるはずです。 「Windows XP Mode base.vhd」を任意の場所に保存しておき、次にVirtualBoxで仮想マシンの設定を行います。VirtualBoxのメイン画面の左上にある「新規」アイコンをクリックすると新規仮想マシンを作成できます。「仮想マシン名」「メモリ」等の設定は任意で行います。 無料で使える会計ソフト「MFクラウド確定申告」は零細個人事業主にとっては神ツールなのではないか. @MrYhiraさんをフォロー !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 古い富士通のXP-PCの調子が悪くなってきたので、ESXi6.5に VMware vCenter Converterを使って仮想PCを作成。 仮想化した環境を起動、ログイン後に「Winodows 製品のライセンス認証」 画面が表示され、「ログインする前に、このWindowsのライセンス認証の ・Windows 8.1および10の一定Ver.に搭載のHyper-V環境においてXPを稼働させたい, ・XPモードがいまだ多用されている現状があるが、いつまでも続けられるわけではない。Win7機が故障したら手に入らないのである。これに代わる手段として前項の方法を計画中である。, *勝手に解釈するに(笑)、やってみてできればそれでOK、ライセンスも問題にしてない、という感じだった。, 国内多数のIT弱小企業がこれでもって救われる(一時的にでしょうが)ことと思います(^^, 編集前タイトル : クライアントHyper-VにインストールしたWindows XPのライセンス問題?, Windows8.1のHyper-Vに仮想化のクライアントのライセンスは持っていないので, もちろん、インストールの際にプロダクトキーも聞いてくるし、その後ライセンス認証も必要になります。, フィードバックをお送りいただきありがとうございます。今後のサイト改善に役立てて参ります。, 何年後かの最終的には認証が求められるが入力しても進めない、状態で終わると思います。, ちょっと前にも数件類似のご質問があったので、検索してそちらもご覧になると参考になるかと存じます。 Windows10にWindowsXPの互換モードを持たせる方法を解説します。Windows10にWindowsXPの互換モードを持たせられれば過去の大事なデータを再利用できます。Windows10とWindowsXPとの互換性を構築する方法は2つあります。, Windows10でXPモードを使いたいと思ったことはありませんか?WindowsXPは歴代のWindowsOSの中でも評判の良かったOSです。今でも根強い人気があり、使い勝手の良さに定評がありました。一度WindowsXPの操作に慣れてしまったユーザーの中には、なかなか新しいWindowsOSに移行したがらないユーザーも多かったようです。, ビジネスシーンでは、Windows10がWindowsOSのスタンダードになりつつある昨今、WindowsXP環境で利用していたアプリなどをWindows10で再現したいと考えるならば、XPモードを利用する方法があります。, XPモードとはWindowsXPの上位WindowsOSで、WindowsXPの仮想環境(バーチャルモード)を作ることでWindowsXPを再現する方法です。, 上位WindowsOSで、WindowsXPの仮想環境(バーチャルモード)を作れば、WindowsXPで利用していたアプリやブラウザ、ファイルなどをWindowsXP上で行っていた操作で同様に利用可能です。別のWindowsOS上に、WindowsXPがそのまま再現されます。, XPモードとは、元々はアプリ互換性問題に対処する一時的な対策として用意された方法でした。サービス提供が始まった当初も、永続的なサポートは予定されていなかったと考えられます。, では、Windows10で直接、XPモードを利用できるのでしょうか?Windows10でXPモードを利用できれば、旧WindowsXPユーザーにとって望ましい環境です。結論から言うと、Windows10で直接、XPモードを利用することはできません。XPモードの利用はWindows7に限られています。, WindowsXPの2世代後のOSであるWindows7ではXPモードが利用可能です。ただ、すべてのWindows7で利用可能ではなく、Windows7 Professional以上のグレードでなくてはいけません。, WindowsXPの次世代OSであるWindowsVistaが思ったほど評価を得られなかったため、Windows7発表当初、人気のあったWindowsXPからWindows7へアップグレードを促すべく、XPモードによる互換性を打ち出して、WindowsXPユーザーの取り込みを行ったという経緯があります。, Windows10でXPモードを利用する場合は、「Hyper-V」というモードを使います。「Hyper-V」はWindows10 Pro(64ビット版)以上のグレードでないと利用できません(Windows 10 Homeでは利用できません)。, Windows10で「Hyper-V」の機能を使って、Windows10上に仮想マシンを作ることによって、WindowsXPを再現できます。「Hyper-V」とは1台のPC内に複数の仮想マシンを構築するシステムです。, Windows10でWindowsXPを再現する流れは、Windows10にはXPモードはないので、まず「Hyper-V」の機能を使ってWindows10上にWindows7をインストールし、そのWindows7でXPモードを利用することになります。, Windows10の「Hyper-V」の機能を使用する際は、まず、「Hyper-V」の設定を有効にする必要があります。Windows10のスタートメニューから「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を開きます。, 「コントロールパネル」の画面が開いたら、「プログラムのアンインストール」をクリックします。, 画面が開いたら、左メニュー一覧の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックし、表示されたポップアップ内の「Hyper-V」「Hyper-Vプラットフォーム」「Hyper-V管理ツール」にチェックを入れます。最後に「OK」をクリックすると「Hyper-V」が有効化されます。, 「Hyper-V」が有効化されると、再起動を促す画面が表示されるので、「今すぐ再起動」をクリックします。, Windows7のOSをインストールには、Windows7のインストールDVDもしくはISOイメージファイルが必要です。また、Windows7の正式ライセンスも用意する必要があります。また大事な点は、今回XPモードを利用するため、Windows7 Professional以上のグレードのOSを用意しなければいけません。, Windows7のインストールISOイメージファイルはMicrosoft社のホームページ(microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7)でも提供されています。, 「Hyper-V」を有効化設定してWindows10を再起動した後に、「スタートメニュー」→「Windows管理ツール」→「Hyper-Vマネージャー」をクリックします。, 「Hyper-Vマネージャー」が立ち上がったら、画面右側のメニューの「操作」の項目にある「新規」をクリックし、開いたメニュイーウインドウから「仮想マシン」を選択します。, 「名前と場所の指定」の設定画面で新規作成する仮想マシンの名前を入力します。今回は例で「WIN7」とします。名前を入力したら「次へ」をクリックします。, 次の「世代の指定」の設定画面では、Windows7用として「[第1世代」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。, 「メモリの割り当て」の設定画面で新規作成する仮想マシンのメモリを設定します。2000MB程あればとりあえずは良いでしょう。, 次に「ネットワークの構成」の設定画面が表示されます。「既定のスイッチ」を選んで「次へ」をクリックします。, 次に「仮想ハードディスクの接続」の設定画面が表示されます。この画面の設定はデフォルト設定で「次へ」をクリックします。, 次に「インストールオプション」の設定画面が表示されます。Windows7のインストールDVDを使用する場合は「物理CD/DVDドライブ」を、ISOイメージファイルを使用する場合は「イメージファイル」を選択します。「イメージファイル」を選択した際は、右隣にある「参照」からISOイメージファイルの保存場所を指定します。, 次に設定完了の画面が表示されるので、設定内容に間違いがないか確認して「完了」をクリックします。, 新規仮想マシンの設定が終わると、画面中央の「仮想マシン」の欄に作成した仮想マシンの名前が表示されます。この後、画面右側のメニュー一覧から、仮想マシンの名前の下にある「接続」をクリックします。, 画面が暗転して、仮想マシンを接続する画面に切り替わるので「起動」をクリックします。, Windows7のインストールが開始されます。手順に従って通常のWindows7のインストールを行ってください。, 仮想マシンでXPモードを起動されるためには、新規構築した仮想マシン(Windows7)内に2つのプログラムをインストールする必要があります。, まず初めに「XPモード」のプログラムをインストールします。Microsoft社のホームページ(microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8002)から「XPモード」のインストーラーをダウンロードできます。, インストーラーをダウンロードしたら、ダブルクリックしてインストールウイザードを立ち上げ、指示に従ってインストールします。インストールウイザードの工程で特に難しい手順はありません。, 次に、「Windows Virtual PC」をダウンロードします。こちらもMicrosoft社のホームページ(microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3702)からインストーラーをダウンロードできます。, インストーラーをダウンロードすると「32ビット版」と「64ビット版」があるので、OS環境に合わせて選び、ダブルクリックしてインストールウイザードを立ち上げ、指示に従ってインストールします。こちらもインストールウイザードの工程で特に難しい手順はありません。インストールが終わるとOSの再起動を促されるので、Windows7を再起動します。, Windows7が再起動したら、「スタートメニュー」をクリックして「すべてのプログラム」を選択します。メニューの中から「Windows Virtual PC」を選び「Windows XP Mode」をクリックすると、XPモードのセットアップが開始されます。, 指示通りにセットアップを進め、設定が完了すると、仮想マシンのデスクトップに「Virtual PC」のウインドが表示され、ウインドウ内にWindows XPの画面が現れます。, Windows10でXPモードを利用する方法として「Virtual Box」という仮想マシンアプリを使って直接XPモードを立ち上げる方法があります。, VirtualBoxは、現在のアメリカのオラクル社が開発している無料仮想マシンアプリです。まず、このVirtualBoxをインストールします。公式ホームページ(virtualbox.org)からインストーラーをダウンロードできます。インストーラーをダブルクリックするとインストールウイザードが立ち上がります。, インストールウイザードの指示通りに進めれば、特に難しい過程はありません。無事にインストールできるとVirtualBoxの画面が立ち上がります。, 次に「XPモード」をダウンロードして、「XPモード」のプログラムファイルの中からWindowsXPの仮想ハードディスクのファイルを取り出す必要があります。まず、前述のダウンロードページから「XPモード」のインストーラーをダウンロードしてダブルクリックします。, ポップアップが表示されて、ファイルが展開されます(保存されます)。このとき、このポップアップに表示されている「展開先のディレクトリ」(ファイル保存場所)を控えておきます。, ファイルが展開(保存)された後、インストールウイザードが立ち上がりますが、この先には進めず、この状態で先ほど控えた保存場所のフォルダをコピーして別の場所に保存します(インストールウイザードを「キャンセル」するとファイルが消去されるため、インストールウイザードは放置したまま作業を進めます)。, 保存したフォルダ内の「sources」フォルダを開き、「sources」フォルダ内でテキストファイルを1つ作成し、「msiexec.exe /a "xpminstl32.msi" targetdir="(保存フォルダのパス)\sources\XPMode" /qn」と記入します(32ビットの例)。その後、そのテキストファイルのファイル名と拡張子を「xpminst.bat」と変更します。, BATファイル「xpminst.bat」を実行すると、同フォルダ内に「XPMode」というフォルダが生成されるので、そのフォルダを開き、「Program Files」→「Windows XP Mode」内の「Windows XP Mode base.vhd」というファイルを見つけてコピーします。この「Windows XP Mode base.vhd」がWindows XP用の仮想ハードディスクファイルです。, 「Windows XP Mode base.vhd」を任意の場所に保存しておき、次にVirtualBoxで仮想マシンの設定を行います。VirtualBoxのメイン画面の左上にある「新規」アイコンをクリックすると新規仮想マシンを作成できます。「仮想マシン名」「メモリ」等の設定は任意で行います。, 「OSタイプ」の設定は「オペレーション システム:Microsoft Windows」「バージョン:Windows XP」とします。最後の「仮想ハードディスク」の設定画面で、「既存のハードディスクを使用」を選択して、先ほど「Windows XP Mode base.vhd」を保存した場所を指定すれば、Windows XPの仮想マシンが構築されます。, VirtualBoxのメイン画面に表示されたWindows XPの仮想マシンを選択した状態で、画面上にある「起動」アイコンをクリックするとWindows XPの仮想マシンが起動します。起動後はWindows XPのインストールが始まるので通常の手順でWindows XPのインストールを進めます。, 上記の手順はメーカーのサポート対象外になるので、あくまでも自己責任で行うという認識が必要です。, Windows10でXPモードを使ってみましょう。Windows10にWindowsXPの互換性を持たせられれば、WindowsXPで慣れ親しんだアプリやファイルを再び活用できます。Windows10にWindowsXPの互換性を持たせて、過去のデータを有効に利用しましょう。.