・4月から:月間上限500本, ●「日経バイオ年鑑ONLINE版」アクセス権拡大 ・4月から:3年分(日経バイオ年鑑2018年版~2020年版), ■日経バイオテクONLINE 目指せSassマスター!デザイナーがすぐ実践出来る基本テクニック12連発, IE、Chrome、Safariなどの各ブラウザに加え、iOS、Androidなどのモバイル端末やタブレットが登場してきたことでブラウザチェックの必要性はより一層増してきたと思います。「あぁ〜これ崩れてるわ。あぁ〜こっちも崩れてる!」と対応にイライラすることもあると思いますが、Web制作もいよいよ終盤です。最後のひと押しをがんばりましょう!, Webサイトの作り方のまとめ!ブラウザチェック Copyright Nikkei Business Publications, Inc. 高分子バイオマーカーのSingle-Plex, Muiti-Plex 分析−【東レリサーチセンター】, 11月25日(水)16時開催 無料WEBセミナー:スケールアップに伴う遠心条件設定変更のポイント. ・4月から:月間上限150本, ●サイトデザイン刷新 サイトの様々な確認作業に使うチェックツール達!レスポンシブ、パフォーマンス、クロスブラウザ対応等全部! レスポンシブWebデザイン制作時必見のブラウザチェックツール10選, 「Webサイトは作ったらもうおしまーい!」って思っていませんか? Webサイトは作ってからが本番です。作りっぱなしで何もしないサイトは今の時代すぐに死んでしまいます。子供と同じで気持ちを込めて育てていくことによってWebサイトは輝きを増すのです。, Google Analyticsを用いた定期的な解析、お知らせ情報の更新など、ブログだけではなく一般のサイトでも日々のチェック・更新・改善は欠かせません。丹精込めてあなたのサイトを育てていきましょう!, 知っておいて良かった!サイト制作後も助かる保守方法まとめ 企業Webサイトのリニューアルにおいて、よりよいWebサイトを作るために大切な7ステップと、個々の顧客に適したコミュニケーションを取る方法を紹介。, 「Web担当者Forumミーティング 2018 春」に、NECマネジメントパートナーの山方氏が登壇。「企業Webサイトリニューアル、まずは、要件定義の進め方をしっかり押さえよう!<中級編>」と題し、トラブルなくWebサイトリニューアルを完遂するための手法を、主にワークショップを活用した社内体制・合意形成の面から解説した。, Webサイトは、あらゆるデジタルマーケティングを推進する上での基本にして、最も重要なプラットフォームである。MA、CRM、DMP、ソーシャルメディア連携などを実施しようにも、自社Webサイトが充実していなければ、その効果は半減してしまう。, とはいえ、Webサイトを日々運用するだけでも大変なのに、さらに「リニューアルする」となると、頭を抱えてしまうWeb担当者は多いだろう。そこで、専門家として数多くのWebサイト構築に携わってきた山方氏は下記のようにアドバイスする。, リニューアルによって自社のWebサイトが顧客により役立つものになり、自社の成長にも役立つものになると考えるのはとても楽しいこと。そのためには、(リニューアルで特に重要となる)「要件定義」をまずしっかり理解してほしい。, NECマネジメントパートナーが企業サイトリニューアルをサポートするにあたっては、下記の全7段階のプロセスを踏んでいく。, このうち最初の3つであるヒアリング、課題設定、仮説立案が「要件定義フェーズ」にあたる。残り4つの設計、デザイン、ページ制作、確認が「制作・開発フェーズ」だ。, 山方氏によれば、サイトリニューアルでトラブルが発生しやすいのは、制作・開発フェーズだという。, 基本的に、開発の方向性などは要件定義フェーズで最終決定しているはずだ。しかし実際には、制作・開発フェーズになってリニューアル後の姿が具体的に見えてくると、各所から異論が噴出するものだ。最悪の場合、リニューアル作業が停まる。, NECマネジメントパートナーでは、Webサイトで、「誰」に、「何」を、「どう」してもらうのか、そのためにどんなリニューアルを行うのかを決定することを「要件定義」としている。ターゲット層、訴求する商品・サービス、ゴール(理解してもらう、資料請求してもらう、お問い合わせをしてもらう、共感してもらう)などを決め、そのためにどんなWebサイトにするのかを考えるこのフェーズが、もっとも重要となってくる。, では、成果を出すWebサイトリニューアルを進めるには、どんな点を意識すべきなのだろうか?, まず、「誰が、何のために、いつまでに、何をやるかを明確にする」ことだ。具体的にはプロジェクト計画書で大枠を提示。そして、リニューアルプロジェクトを進める最中にどんな成果物(書類)を作りエビデンスとして残していくかもリスト化しておく。, この他には、リニューアルプロジェクトのスケジュールや、会議体(出席者や開催ペース)を決めておき、日程や責任範囲を明確化する。また、リニューアルは広告代理店やシステム開発会社など、複数の企業が同時に参加するケースも多い。したがって体制図を作り、最終責任者・責任範囲をわかりやすくしておくことも大切だ。, これらが決まったら、リニューアルに向けた調査・課題整理を進めることになる。ここで意識すべきは「経営課題」だという。, 企業の場合、Webだけで完結する施策はほとんどない。経営層が掲げる目標に向けて、Webがどう貢献できるかを考える(山方氏), 「スマホ対応が遅れていたので改善したい」「PVを増やしたい」といった“Web課題”の解消は、あくまで後から付いてくるものだ。順番としては、下記のように課題を絞り込んでいく。, 洗い出された課題を具体的な施策へ落とし込むためには「仮説立案」が必要。いわゆる「ペルソナ」「カスタマージャーニーマップ」「ユーザーシナリオ」の作成も、この段階での作業だ。仮説はまずざっくり立てて、調査結果やツールを使って磨いていく。この時、「お客様視点」を意識することが重要だ。, 日常的に実施されるサイト改善とは異なり、サイトリニューアルは非常に大規模なものだ。前述の「経営課題ありき」となると、リニューアル作業は決してWeb担当者だけで進められるものではなくなる。そのため、営業部門やマーケティング部門などとの共創──つまり「合意形成」が欠かせない。, ワークショップは、合意形成手段として近年よく使われる手法で、山方氏自身もサイトリニューアルにあたって頻繁に開催しているという。なぜだろうか?, 規模の大小に関わらず、現在多くの企業は基本的に縦割り組織。同じグループ内でも意見がバラバラなケースは多い。サイトリニューアルの責任者は真剣で切実でも、その他の関係者はどこか他人事で協力的ではないケースも多い。そんな状況で意見をまとめるのは大変。それがワークショップだと、目標達成に向けた“一体感”を醸成できるのが大きい(山方氏), とはいえ、事前の準備をきちんと行わなければワークショップもただの雑談に終わってしまう。それを防ぐためには「ワークショップのゴールを決めておく、つまり何を合意形成するのかを決めておく」のがポイントだという。ワークショップは1回3~4時間程度かかる。それだけの時間を使う以上、必ずキチンとした成果を出せるようにワークショップのシナリオを設計するのだ。, 難しい課題を出す必要はない。社員の多くは自社サイト全体をこまめによく見ていないことが多いので「競合他社のサイトと比較しながら見ておく」といったことでも十分。簡単な課題を考えてもらうことで、「自分もリニューアルに参加している」と感じてもらうことが重要(山方氏), このほか、ワークショップ当日、参加者全員が活発に発言できるよう、ファシリテーターがうまく「場回し」することも重要。また、ワークショップ前に進行表などを用意して参加者に渡しておき、当日は時間配分を定め、きっちりと運営することも重要だ。, 山方氏は「関係者は多いけれど意見を1つにまとめたいときにはワークショップが良い。参加者の本音を引き出しやすく参加者の“納得感=腹落ち感”も高まる」と述べている。, 仮説立案、合意形成を経て、サイトリニューアルの方針がいよいよまとまってきた。これらの内容は最終的に要件定義書へ盛り込んでいく。, 要件定義書には、作業範囲・予算・期間などに関する見通しを記載することになるが、同様に「コンセプト」を決めて記載しておくことも重要だ。ワークショップなどを通じて、Webサイトリニューアルで目指すべきゴールや、それに対してどのような施策を打つかは明確化している。これを分かりやすい言葉にすることで、リニューアル関係者の間でより深く価値観を共有する効果が期待される。, 例えば、物流会社である住化ロジスティクスのサイトリニューアルに山方氏が携わった際には、「物流」という言葉にしばられず、顧客の課題解決により顧客の事業貢献に役立ちたいという想いから“流れ”という言葉を活かしたコンセプトを立案した。, そして、要件定義書の完成をもって、要件定義フェーズは完了。制作・開発フェーズへ移行する。, 制作・開発フェーズは、外部のコンテンツ制作会社やシステム開発会社に発注するケースも少なくない。サイトリニューアルにまつわるトラブルの大半、つまり「制作・開発フェーズから要件定義フェーズへの差し戻し」を防ぐために、「要件定義書」が非常に重要となる。, 山方氏は、「Webサイトのリニューアルは、企業によって向き合い方がそれぞれで、違う課題を抱えられていると思う」と語り、サイトリニューアルはWeb担当者だけで実行するものではなく、多くの関係者と協力しながら、自社に貢献するWebサイトを作るためのポジティブな業務であると語り、講演を終えた。, 最近(過去90日間)の記事で、Facebookの「いいね!」が多かった記事をお見逃し無く。, デジタルマーケティングの即戦力を2日間で育てます! 第17期「企業Web担当者 初級講座」11/12~11/13【2020年11月度】   2,617 いいね!, 【11/9~11オンラインlive】サッポロビール、スシロー、ダイキンなど登壇全60講演   777 いいね!, 加速する時代の変化に対応するための「これからのマーケティング」とは?   478 いいね!, キャリアの軸はPR。軸からスキルを広げてパラレルキャリアを見据えた働き方をしたい   448 いいね!, 「第3回 SNS運用担当者育成 実践ワークショップ」 ~公式アカウント“中の人”が身につけるべきSNSマー ケティング知識とノウハウ~ 12/23(水)オンライン開催   445 いいね!, 「Webなんて仕事にならないよ!」そんな時代に生田さんを支えた本とは?   381 いいね!, 「読まなきゃ」からの脱却を! 生田さんが提案する「本を読む習慣の身に付け方」とは?   364 いいね!, 高校生がなりたい職業、学年が上がるにつれ明確に? 高校1年・2年・3年で1位はすべてバラバラ【LINEリサーチ調べ】   323 いいね!, BtoBオウンドメディアで、月間200万PV超を実現したカオナビの手法   295 いいね!, Facebookいいね!の多い記事Twitterで言及の多い記事はてなブックマーク人気記事, 経営課題・目標を確認し、それをどうWebで実現するか落とし込んでいく。Webの改善・構築案だけを決めるのがリニューアルではない. 今回は自分のブログをリニューアルしたときの手順と、そのときに参考にしたいサイトをご紹介したいと思います。みなさんのサイト制作時の参考になればうれしいです!, 「そもそもなぜサイトをリニューアルする必要があるのか?」まずはこれを考えることがスタートだと思います。ただ単に「かっこ良く見せたいだけ」や「要望があって仕方なく」などの理由であれば、わざわざするべきではないでしょう。リニューアルする主な理由としては以下のようなことが挙げられると思います。, 目的を達成させるための最適なWebサイトのタイプ 午前中と午後からとで変わりますので. web デザインが一新 されて、驚かれるかもしれません (笑). SEO対策としてこれだけはやっておきたいこと 被リンク構築法と注意点|5ヶ月で月間50万PVを達成したSEO攻略法, 今回はサイト制作の流れをご紹介させていただきましたが、サイト制作は経験を積むことが何よりも大事だと思っています。繰り返すことで一連の流れがスムーズになり、もっと効率的な方法などが見つかっていくのです。, 最後に、今回自分のブログリニューアルにあたってここでご紹介した多くのサイトを大いに参考にさせていただきました。どれもすごく有益な情報でとても助かりました。ありがてぇ〜!!, わたしたちは年間150を超えるWebサイトをリリースしている、東京上野のWeb制作会社です。多数の制作実績も!Webサイト制作のご相談はこちらより、お気軽にお問い合わせください。, わたしたちは年間150を超えるWebサイトをリリースしている、東京上野のWeb制作会社です。もちろん、サイトのフルリニューアル制作実績も!Webサイト制作のご相談はこちらより、お気軽にお問い合わせください。, 頂いたご意見への回答は行っておりません。