テキストボックスをダブルクリックすることで、メッセージボックスに「ジョセフ」が表示されるようにしています。 DblClickイベントのテキストボックス1,2,3 全部同じ内容です。同じなのであれば共通化したいですよね。 コマンドボタンの誤クリックを防ぐ. B, “ü—Í‚µ‚½”Žš‚ª¶‘µ‚¦‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚é‚Ì‚ð‰E‘µ‚¦‚É‚µ‚½‚¢ê‡‚Í. ©Copyright2020 E-VBA.All Rights Reserved. スピンボタンは単体で使用せずにテキストボックスなどのコントロールと併せて使用します。 ユーザーフォームにテキストボックス(TextBox)を追加する方法と詳細設定の方法をご説明します。, テキストボックスは文字列や数値を入力、表示する場合に使用します。また、入力、表示されている値の取得や変更が可能です。, 追加するにはツールボックスから追加する方法と、VBAから追加する方法がありますので、順にご説明します。, また、サンプルコードではループを使用して複数のコントロールの追加や、設置済みのテキストボックスを取得して詳細設定するサンプルコードも記載したいと思います。, ユーザーフォームの作成がまだの方は、VBE→挿入タブ→ユーザーフォームを選択してUserFormを作成してください。, ツールボックスが表示されていない方は、メニューの実行ボタンや停止ボタンの並びにあるツールボックスボタンをクリックしてください。, 選択したら、ユーザーフォーム上の設置したい位置でユーザーフォームをクリックします。, テキストボックスを大まかな位置に設置したら、次はプロパティウィンドウで詳細設定をします。, 「fmEnterFieldBehaviorSelectAll」が既定値となります。, コントロールの種類とコントロールの名前、オブジェクトの表示をTrue、Falseで指定します。, また、テキストボックスを追加する際にオブジェクト名に、テキストコントロールと判定できるような名前に指定する事をおすすめします。, 追加には「For Next」を使用していますが、取得には「For Each In Next」のループでコントロールを取得しています。, その場合はテキストボックスを取得するには「Controls(“コントロール名”)」で指定します。, せっかくなので、Sample3で使用したループで5個のテキストボックスを追加するコードを使用して、それぞれのテキストボックスにSample1~5の文字列を入力したいと思います。. 氏名テキストボックスのテキストをシートの1列目1行目に入力するというコード(Worksheets("Sheet1").Cells(1, 1).Value = 氏名テキストボックス.Text)を見ていただくと分かるのですが、 「=」の右のデータを左データに転記するというのが決まりになっています。 Copyright - ShingyouryuZ, 2018-2020 All Rights Reserved. VBAでユーザーフォーム上にある3つ以上の複数のコンボボックスに、連動するリストを登録する方法をご説明します。 VBA覚えたての頃の私は、恐らくこんな感じ。, 今見ても、別に駄目だとは思わない。全て空欄の場合、一つ埋めるごとに後出しで次のメッセージが出てくるが、それもまたよし。, 前よりも随分スッキリしている。テキストボックス数に増減があれば「5」の部分に改修を要するが、これでも充分用をなしている。, 今だったら、どうするだろう。面倒くさがりな私は、とにかく空欄があることだけを伝えるかもしれない。, 昔より長いコードになってしまった。でも、テキストボックスの増減に自動で追従する分だけ、変化に強いコードになったと思う。, 思い付きで作ったので、「凝りすぎ」「この使い方はNG」と言われるかもしれない。でも正直、1ヵ月前ならこの発想は生まれなかったと思う(この1ヵ月で、前より少し成長したと思われ)。ということは更に1ヵ月後、全く違うコードを書いているかもしれない。その点については、少し楽しみでもある。, Infomentさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ユーザーフォームにテキストボックス(TextBox)を追加する方法と詳細設定の方法をご説明します。 テキストボックスは文字列や数値を入力、表示する場合に使用します。また、入力、表示されている値の取得や変更が可能です。 そのため使用頻度の高いコントロールかと思います。 エラー防止になる簡単なvbaコードなので、忘れずに入れておきましょう。 スポンサーリンク. この記事では”デジタルDIY”ということで、エクセルの「VBAプログラミングをやってみたい人向け」に、実用的な自動化ツールの作り方を説明しています。, 「プログラミング」というと、文字がたくさん並んでいるイメージの人が多いと思いますが、この文字は「命令文」です。, 今回作成する自動入力ツールでは『入力フォームに入力されたデータを、ボタンが押された場合に各セルに転記する』という命令文のコードを書いていきます。, 入力フォームのオブジェクトの種類は4種類使っていますが、同じ種類のものが複数あるので1つ1つ認識できるようにそれぞれに名前を決めていくわけです。, 前回の”オブジェクト編“でやってもいい作業なのですが、コードとオブジェクト名は関係が深いので今回の作業に組み込みました。, 手順はキャプションを変更するときと同様に「オブジェクト名」を変更するだけ。(下画像), 具体的には「TextBox1」となっているオブジェクト名を「氏名テキストボックス」に変更します(氏名ラベルのテキストボックスであれば)。, 基本的に名前は何でもアリなのですが、後でわかりやすい名前を付けておくと作業効率がよくなります。, 変更作業が終わったら編集画面の上部にある再生ボタンみたいな「Sub/ユーザーフォームの実行」を押してみましょう。(下画面)。, エクセルシート画面にユーザーフォームが表示されるはず(下画像)。今はボタンを押しても何もできませんけどね。, いよいよコードを入力していきます。コードを入力する場所は『モジュール』というコードを入れる箱です。, モジュールは必須知識で『サンプルコードってどうやって使うの?』にて説明をしています。今は飛ばしていただいても構いません。, コード入力画面が出てきますので左のコンボボックスを「UserForm」、右のコンボボックスを「Initialize」にします。, コードの間に一行スペースがあると思うのですが、ここに初期化の際のコードを入力します。, コンボボックスをクリックした時に「男」か「女」を選べるようにしたいので「オブジェクト名.AddItem”単語”」という感じでコードを入れます。コピペでOK。, これで実行してフォームのコンボボックスをクリックしてみると、下の画像のように選べるようになっています。, 初期化の時と同様にコード入力画面の上、左のコンボボックスを「登録ボタン」、右のコンボボックスを「Click」にします。, これは登録ボタンが押されたときに各テキストボックス・コンボボックスのテキストを”Sheet1″のシートの一番上の行に入力するというプログラムです。, 氏名テキストボックスのテキストをシートの1列目1行目に入力するというコード(Worksheets("Sheet1").Cells(1, 1).Value = 氏名テキストボックス.Text)を見ていただくと分かるのですが、「=」の右のデータを左データに転記するというのが決まりになっています。, また『.Cells(行, 列)』という決まりになっていて、『.Cells(1, 1)』が1列目1行目という意味。, しかし、これだけだと入力されたときにテキストボックス内にそのままデータが残ってしまい、次々に入力できない・・・。, なので、登録ボタンを押した後には、テキストボックス内のデータを空欄にする必要があります。そのコードを入れたのが下記です。, 編集画面の上部にある再生ボタンみたいな「Sub/ユーザーフォームの実行」を押し、表示されたユーザーボックスにテキトーな文字を入力します。, 問題なく動作するはず。エラーが起きた人はコードの間違いがないかチェックしてみましょう。, 現状だとシートの1行目にしか入力出来ないです。続けて登録しても、先に登録した人を上書きしてしまう・・・。, ここでは「変数」という数学的な用語を使っていきますが、あまり深く考えなくて平気です。, 変数は「最終セル = Worksheets("Sheet1").Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row + 1」です。, 慣れないと分かりづらいのですが、これは『Sheet1というシートの一番下に行き、1列目の一番上のデータがある行の”1つ下の行”』という意味です。変数としてはこれを「最終セル」と置き換えますという感じ。, コードをみると同じ文字がたくさん並んでますよね。見た目をシンプルにするために、コードを省略する方法もあります。, シンプルにした方が膨大なコードになった時にメンテナンスしやすいですが、今回は省略はしていません。, どんな機能が作れるのかは、僕の作った名簿管理ツールを見ていただくとわかりやすいと思います。, エクセルVBAで「名簿作成・管理」のプログラムを作りました。ビジネスや日常的にも使えるシンプルな作りです。, 次回は「入力フォームにデータが無い場合の警告メッセージ」と「エクセルを開いたときに自動で入力フォームを表示するコード」を紹介したいと思っています。, デジタルDIYの3回目です。簡単にプログラミングっぽい事ができるコードの紹介です。少し専門的なコードもあるのですが超基礎です。, 家族と1台のジープと一緒に、山暮らしをしながら自然を感じつつ、生きています。当ブログでは僕が学んだことや経験をアウトプットしています。|群馬|キャンプ|ケトジェニック|ExcelVBA|登山|釣り|. コントロールのコンボボックスの追加やリ... ユーザーフォームにチェックボックスを追加する方法と詳細設定の方法をご説明します。 ブログを報告する, Power Point(パワーポイント)VBAで、交差するコネクタの片方をアーチ型に自動編集する(マ…. 2 excel vba テキストボックスに入力された値がある特定のセルの値と同じかどうか 3 エクセルVBAで、テキストボックスにセルの値を入れる(2) 4 【Excel VBA】フォーム上のテキストボックスに入力された複数の文字列を別々のセルに表示したい。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 今回はExcelVBAのユーザーフォームでテキストボックスが大量使用する場合になった時に役立つ対処法をご紹介します(^^)/, VBAでユーザーフォームを使う場合、テキストボックスはよく使うコントロールですので10や20使うこともあるかと思います。, そのテキストボックスを一つずつ全て操作するのは大変ですし、大変な手間もかかってしまいます(;^ω^), たとえばですが、ユーザーフォーム上にテキストボックスが5個設置されている場合、コマンドボタンを押すとテキストボックスの内容がAからEまで反映されるとします、この場合のコードは, ですが、上記のように書いていくにしても5個のテキストボックスならまだいいですが、10個のテキストボックスだったら?20個のテキストボックスだったらどうでしょう? 作業量はかなり増えてしまうと思います(;^ω^), そしてセルへの書き込み以外でも使う場合はまた同じ作業をしなければいけませんし、コード数は増え、可読性も失われてしまい、これはどの処理なのか?. コントロールのコンボボックスの追加やリストの生成... ユーザーフォームにスピンボタンを追加する方法と詳細設定の方法をご説明します。 チェックボックスは複数の項目を選択してもらう場合や、有/無などの切り替えなどにも使用します。 1つのテキストボックスが空欄の時; 複数のテキストボックスが空欄の時; コマンドボタンの誤クリックを防ぐ. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ExcelVBAとアウトドアとゴルフが趣味の30代のおじさんです。 あることがキッカケでVBAを独学で勉強しました、今ではブログを通してVBAでできることを解説しつつ、VBAや他の言語の勉強、ブログ運営の勉強をしています(^^♪. VBA初心者です。宜しくお願いします。複数のテキストファイルを一括でエクセルの同一Bookにシート毎に取り込みたいと考えております。ネットを色々調べてみて取り込みまでは出来たのですが、テキスト内容は空白によって区切られているの エクセルVBAで、TextFrameオブジェクトやcharactersオブジェクトを使って、ワークシート上のテキストボックスを操作する方法をご紹介しています。複数のテキストボックスを更新したい時などに便利で … 注目はControlsコレクションです、上記にはControls(“TextBox” & i).Valueと書いてあります、ControlsコレクションによってTextBoxのオブジェクトに変数を付けることが可能になります。※もちろんTextBoxの部分をcomboboxなどにすることも可能です. 先日、ユーザーフォームで作成した登録用フォームについて、複数あるテキストボックスの入力漏れを確認する事案があった。, 一か所でも登録漏れがあれば、未登録をお知らせして処理を中断させる。 今回はテキストボックスのみ使用して、Changeイベント... VBAでユーザーフォーム上にある複数のコンボボックスに、連動するリストを登録する方法をご説明します。 先日、ユーザーフォームで作成した登録用フォームについて、複数あるテキストボックスの入力漏れを確認する事案があった。 一か所でも登録漏れがあれば、未登録をお知らせして処理を中断させる。 VBA覚えたての頃の私は、恐らくこんな感じ。 Private Sub CommandButton1_Click() If TextBox…