オブジェクト.AutoFilter(Field[抽出条件の列],Criteria1[抽出条件を指定①],Operator[定数],Criteria2[抽出条件を指定②]), 記述例:Range(“A1″).AutoFilter Field:=2,Criteria1:=”>100″,Operator:=xlAnd,Criteria2:=<200″, 説明 :A1の行にオートフィルタを設定し、Field=2とは、A1から2列目 B2列を意味します。B列の内容でCriteria1と2は、抽出条件100以上かつ(xlAnd)200以下のデータを抽出します。. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". ここでは、EXCELでお馴染みのオートフィル(AutoFill)をEXCEL VBAでの使い方を説明いたします。EXCELでオーフィルを利用する場合、月・火・水・木・金・土・日や連測した数字を作成する場合に利用する便利な機能ですが、EXCEL VBAでもAutoFillが利用できます。 ★エクセルVBA オートフィルの複数列のやりかたを教えてほしいです★ VBA勉強中のものです。 今日も教えてください(T_T) ★やりたいこととして、a~hの8行目に入っている数式をオートフィルで最終行ま … ●次に、AutoFillの定数の種類を説明します。下記に一覧表を作成しましたので、参照してください。. EXCELでデータを抽出することは、通常のEXCELでもオートフィルタ機能で簡単にデータを抽出させる事が出来ますが、VBAを使ってオートフィルタを使う場合は、プログラムに組み込む事ができるので、ある処理結果を条件にすることにより、抽出するデータを表示する事も出来ます。それでは、オートフィルターの利用方法を順番に説明いたします。, 下記のプログラムは、下表のデータからオートフィルタ―を使って指定した条件のデータを抽出します。今回は、下表のデータから”男”男性のデータを抽出します。, 下記のプログラムは、下表のデータからオートフィルタ―を使って指定した条件のデータを抽出します。今回は、下表のデータから”国語”データから70点以上ののデータを抽出します。, 下記のプログラムは、下表のデータからオートフィルタ―を使って指定した条件のデータを抽出します。今回は、下表のデータから”数学”データから40点以上~70点以下のデータを抽出します。, 下記のプログラムは、下表のデータからオートフィルタ―を使って指定した条件のデータを抽出します。今回は、下表のデータから「名前」の列から指定した文字列が含まれるデータを抽出します。, 下記のプログラムは、下表のデータからオートフィルタ―を使って指定した条件のデータを抽出します。今回は、下表のデータから「国語」・「数学」・「英語」の複数条件を指定して、3科目とも70点以上の条件に該当するデータを抽出します。, 下記のプログラムは、下表のデータからオートフィルタ―を使って指定した条件のデータを抽出します。今回は、下表のデータから「国語」の点数の上位6名のデータを抽出します。, 下記のプログラムは、下表のデータからオートフィルタ―を使って指定した条件のデータを抽出します。今回は、下表のデータから抽出条件で指定した抽出結果のデータ件数をカウントします。処理内容は、全体の件数から女性「女」のみを抽出し、残りのデータ件数を計算することで、男性「男」の件数を割り出します。, EXCEL VBA EXCELファイル・ワークブック・アクティブシートの保存・上書き保存・選択保存 (SaveAs・GetSaveAsFilename), EXCEL VBA セルの結合・結合セルの解除・結合セルの参照 (MergeCells・MergeArea), ●実行前~実行後 ※オートフィルタ―を使って性別の列に「男」男性を指定しましたので、データの中から男性のみのデータが抽出されました。, ●実行前~実行後 ※オートフィルタ―を使って国語の点数が70点以上のデータを指定しましたので、データの中から国語の点数が70点以上のデータが抽出されました。, ●実行前~実行後 ※オートフィルタ―を使って数学の点数が40点以上~70点以下のデータを指定しましたので、データの中から数学の点数が40点~70点以上のデータが抽出されました。, ●実行前~実行後 ※オートフィルタ―を使って名前の列に、「山」の文字が含まれる条件をしていしましたので、「山」が含まれる方のデータが抽出されました。, ●実行前~実行後 ※国語・数学・英語の点数が70点以上の抽出条件を指定しましたので、該当するデータが抽出されました。, ●実行前~実行後 ※国語の点数の上位6名を抽出条件に指定しましたので、該当するデータ6名が抽出されました。, ●実行前~実行後 ※全体の件数と男性のデータ件数・女性のデータ件数を表示する事が出来ました。, EXCEL VBA Google Chrome(グーグルクローム)の操作・webスクレイピング・情報取得(Seleniumの設定・準備), EXCEL VBA Replace関数 複数の文字列の置換(セルの値・指定文字列位置・置換リスト・数式の置換), EXCEL VBA 請求書・領収書の作成・自動判定・自動押印(電子印鑑)丸印・角印(テクニック), EXCEL VBA Goto ステートメント(行ラベル・行番号)指定ラベルへジャンプ, EXCEL VBA Replace メソッド 複数の文字列の置換(セル範囲・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Substitute メソッド 複数の文字列の置換(大量・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Weekday関数・WeekdayName関数・日付から曜日を取得・祝日判定, EXCEL VBA RangeオブジェクトOFFSETプロパティ(基準セルからの行・列移動・相対参照・セル範囲を移動する), EXCEL VBA  2次元配列・セル範囲の内容を配列に格納・配列の内容をセルに代入(一括・高速化・セルの指定範囲), EXCEL VBA 連想配列で合計・グループ集計・別シート転記・重複削除 (Scripting.Dictionary), EXCEL VBA フォルダー・ファイルのショートカット作成(アプリケーション・共有フォルダー・URLのショートカット), EXCEL VBA 文字列の読み上げ・セルのデータを読み上げる(読み上げ機能:RangeオブジェクトのSpeakメソッド), EXCEL VBA  オーバーフローしました。(実行時エラー:6)エラー原因・修正・回避・対処・解決, EXCEL VBA 連想配列でクロス集計・項目別集計・グループ集計 (Scripting.Dictionary) テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作 住所から最寄り駅を検索する・自動収集(テクニック), EXCEL VBA フォルダー内のファイル名をシートに一覧表示(サブフォルダー含める:再帰呼び出し)テクニック, EXCEL VBA ハイパーリンクの追加・設定 別のシートへジャンプ・Webページを表示(Hyperlinkオブジェクト), EXCEL VBA InternetExplorerの操作(ブックマーク・お気に入り登録・管理)テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作(Webページ操作・監視・タイトル名取得・URL取得・ブックマーク)②, EXCEL VBA ワークシートの追加・複数追加・先頭・最後(Worksheets.Addメゾット), EXCEL VBA Sheet(シート)上にコンボ ボックスの設置(ComboBox), EXCEL VBA シート・ブックをPDFに出力・一括変換(PDF・XPS)② テクニック, EXCEL VBA Year(年)Month(分)Day(日)関数(年月日の計算). Copyright © 2020 AKIRA SITE(EXCEL VBA初心者・入門者向きサイト) All Rights Reserved. ここでは、EXCELでお馴染みのオートフィル(AutoFill)をEXCEL VBAでの使い方を説明いたします。EXCELでオーフィルを利用する場合、月・火・水・木・金・土・日や連測した数字を作成する場合に利用する便利な機能ですが、EXCEL VBAでもAutoFillが利用できます。特に表を作成する先にとても便利な機能なので、効率よく表を作成する事もできますので、順番に説明いたします。, 実行後、セルの列ごとに指定したAutoFillの処理が1~10行目まで表示されます。, 次のサンプルプルグラムは、AutoFillを使った年間売上表の作成方法を説明いたします。, 簡単に売上表が作成されました。関数などもAutoFillを使って複写できますので、この機能を使うと便利です。, EXCEL VBA Copy PasteSpecial xlPasteSpecialOperation(セルのコピー・貼り付け), ●実行後 ※各列ごとに指定したAutoFillが実行されました。(クリックで拡大表示), ●実行前 ※売上表を作成する前に下表の通りに文字列をセットします。(クリックして拡大), 実行前 ※AutoFillの機能を使い売上表が作成されました。(クリックして拡大), EXCEL VBA Google Chrome(グーグルクローム)の操作・webスクレイピング・情報取得(Seleniumの設定・準備), EXCEL VBA Replace関数 複数の文字列の置換(セルの値・指定文字列位置・置換リスト・数式の置換), EXCEL VBA 請求書・領収書の作成・自動判定・自動押印(電子印鑑)丸印・角印(テクニック), EXCEL VBA Goto ステートメント(行ラベル・行番号)指定ラベルへジャンプ, EXCEL VBA Replace メソッド 複数の文字列の置換(セル範囲・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Substitute メソッド 複数の文字列の置換(大量・一括変換・置換リスト), EXCEL VBA Weekday関数・WeekdayName関数・日付から曜日を取得・祝日判定, EXCEL VBA RangeオブジェクトOFFSETプロパティ(基準セルからの行・列移動・相対参照・セル範囲を移動する), EXCEL VBA  2次元配列・セル範囲の内容を配列に格納・配列の内容をセルに代入(一括・高速化・セルの指定範囲), EXCEL VBA 連想配列で合計・グループ集計・別シート転記・重複削除 (Scripting.Dictionary), EXCEL VBA フォルダー・ファイルのショートカット作成(アプリケーション・共有フォルダー・URLのショートカット), EXCEL VBA 文字列の読み上げ・セルのデータを読み上げる(読み上げ機能:RangeオブジェクトのSpeakメソッド), EXCEL VBA  オーバーフローしました。(実行時エラー:6)エラー原因・修正・回避・対処・解決, EXCEL VBA 連想配列でクロス集計・項目別集計・グループ集計 (Scripting.Dictionary) テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作 住所から最寄り駅を検索する・自動収集(テクニック), EXCEL VBA フォルダー内のファイル名をシートに一覧表示(サブフォルダー含める:再帰呼び出し)テクニック, EXCEL VBA ハイパーリンクの追加・設定 別のシートへジャンプ・Webページを表示(Hyperlinkオブジェクト), EXCEL VBA InternetExplorerの操作(ブックマーク・お気に入り登録・管理)テクニック, EXCEL VBA InternetExplorerの操作(Webページ操作・監視・タイトル名取得・URL取得・ブックマーク)②, EXCEL VBA ワークシートの追加・複数追加・先頭・最後(Worksheets.Addメゾット), EXCEL VBA 繰り返し処理の使い分け(For Next・Do While Loop・Do Until Loop・Do Loop While), EXCEL VBA 重複データを削除・チェック・抽出・別シート(RemoveDuplicates メソッド), EXCEL VBA 請求書の作成・一覧表からの請求書発行・作成「印刷・PDF・ワークシート別・差し込み印刷」(テクニック). テーブルでオートフィルタを操作するときは、また別の考え方が必要です。vbaでテーブルを扱う方法に関しては「vbaでテーブルの操作」をご覧ください。 書き方の基本 (←このページ) 文字列で絞り込む; 数値で絞り込む; 日付で絞り込む; 色で絞り込む Copyright © 2020 AKIRA SITE(EXCEL VBA初心者・入門者向きサイト) All Rights Reserved. 今回も、冒頭で紹介したTips同様「入力画面」と「抽出画面」というシートを用意しておく。 「入力画面」シートには「氏名」を入力するセルを用意し、Excelメニューの[挿入]→[図形]を選択して「角丸四角形」を配置する。テキストには「実行」としておく(図1)。 「抽出画面」には「都道府県」「氏名」「金額」「購入日」のデータが表示され、下の方に「オートフィルターの解除」ボタンを配置している(図2)。 前回でも書いておいたが、シートのデザインは各自が自由に行っても問題はない … ‚é, Windows TIPSƒfƒBƒŒƒNƒgƒŠ > ƒvƒ‰ƒbƒgƒtƒH[ƒ€•Ê > Office > Excel, ƒNƒ‰ƒEƒh‚ÅKubernetes‚ðŠw‚ԁ\\ƒ}ƒl[ƒWƒhƒT[ƒrƒX‚ÅŽn‚ß‚éKubernetes“ü–å, uƒeƒŒƒ[ƒN‚ªƒRƒƒiŒã‚̃jƒ…[ƒm[ƒ}ƒ‹‚É‚È‚év‚Í–{“–‚©\\uƒŠƒ‚[ƒgƒ[ƒNvuÝ‘î‹Î–±vŠÖ˜Aƒjƒ…[ƒX‚Ü‚Æ‚ß, uƒRƒƒi‰Ðv‚ÅŒƒ•Ï‚µ‚½Šé‹Æ‚ÆITƒGƒ“ƒWƒjƒA‚́u¶‚«Žc‚èí—ªv\\“ÇŽÒ’²¸‚ƃjƒ…[ƒX‹LŽ–‚©‚çl‚¦‚é, o’ŠoðŒ1p‚Ɓo’ŠoðŒ2p‚̘_—‰‰ŽZŽquANDv, ‰º‚©‚琔‚¦‚ā›”Ԗځio’ŠoðŒ1p‚ÅŽw’肳‚ê‚鍀–ڐ”j‚Ü‚Å•\Ž¦, ‰º‚©‚琔‚¦‚ā›“io’ŠoðŒ1p‚ÅŽw’肳‚ê‚銄‡j‚Ü‚Å•\Ž¦, o’ŠoðŒ1p‚Ü‚½‚́o’ŠoðŒ2p‚̘_—‰‰ŽZŽquORv, ã‚©‚琔‚¦‚ā›”Ԗځio’ŠoðŒ1p‚ÅŽw’肳‚ê‚鍀–ڐ”j‚Ü‚Å•\Ž¦, ã‚©‚琔‚¦‚ā›“io’ŠoðŒ1p‚ÅŽw’肳‚ê‚銄‡j‚Ü‚Å•\Ž¦.