たとえば、配列は、学校の各学年の生徒の数で構成されている場合があります。 このブログでは、Microsoft Excelのことをメインに扱います。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 配列変数名を指定します。通常は付けませんが、配列変数名に中括弧の()を付けていても動作します。, 省略可能です。省略時の既定値は1(1次元目)です。取得する要素数が配列の何次元目なのかを指定します。多次元配列の場合で1次元目(一番左の要素)の要素数を知りたい場合は0ではなく1を指定します。, 配列の要素数を内部処理形式LongのVariantの値を返します。dimensionが指定されている場合はその次元の要素数を返します。. Excelを使い倒し、改造・カスタマイズばかりしている(と自負している)、しょうたです。 Excel VBA 配列について(5)配列の要素数を取得するUBoundとLBound. (一応、本名ですけど、苗字は非常に珍しくて覚えにくいこともあり、フルネーム公開予定は今の所ありません)。 12/06/2017 +1; この記事の内容. 配列は、論理的に相互に関連する " 要素" と呼ばれる値のセットです。 An array is a set of values, which are termed elements, that are logically related to each other. 配列の要素数を内部処理形式LongのVariantの値を返します。dimensionが指定されている場合はその次元の要素数を返します。 一次元配列の要素数を取得するには. 先にも書きましたが … ツイート; シェア; はてブ; 送る; Pocket; スポンサーリンク. Visual Basic 中学校 > 以前はテーマが定めきらず、Excel以外のコンテンツを多く書いた雑記ブログになっていたのですが、そのブログ方はこちらに残し、引き続き時々更新していきます。, このサイトで扱うExcelコンテンツは、最初に言っときますが、「Excel初めてやるよ」って段階の人はほぼ門前払いです。 要素の数は Lenfthプロパティで取得できます。インデックスの最大値はUBound関数で取得できます。以下に例を示します。 1次元配列の要素の数を取得する. Debug.WriteLineやDebug.Printが表示される場所, 以下の例を実行すると出力ウィンドウにすべての要素が表示されます。表示されるのは「アメンボ」、「イノシシ」、「ウマ」です。. 要は、スポーツのルールやっと覚えたくらいのExcelの知識で、仕事で使ってもいるけど、そこから伸び悩んでる方が対象ってことですね。 7行目: Dim varCunt(4 To 11, 10 To 14) As Variant ©Copyright2020 Excel Excellent Technics.All Rights Reserved. UBound (一次元配列)-LBound (一次元配列) + 1. 配列の要素の数を取得する . 私が経理の実務経験で培ったディープなExcel知識を、Excelの使い方の常識に立ち向かっていくくらいのつもりで書いていきます。 2020/5/26. では、VBAコードについてデータカウント数を配列化した箇所を中心に解説します。 集計先Excelシートの行列番号に合わせて配列要素を宣言する. Excel PowerQuery シートの値をデータ絞り込みに利用できるようにする, Excel PowerQuery インデックス(行番号) 項目ごとに振り直される連番を付ける, Excel VBA PowerQueryで作ったテーブルのフォーマットを調整するマクロ, Excel VBA 配列について(3)2次元配列はExcelシートの値を扱うのに強力, Excel VBA 配列について(5)配列の要素数を取得するUBoundとLBound, 前回までの記事で扱った配列(1次元・2次元)の生成の方法をまとめると、下記のような感じだ。これらは、配列の要素数を決めるものが、どこかしらにあった。, 今回はこれら以外のケース、すなわち配列の要素数が最初では分からず不定(そういう配列を動的配列などという)で、マクロを動かしている内に成り行き次第で要素数を決めていく方法を取り上げる。, まず、シートが幾つあるのか分からないExcelブックの中のシート名を、(1次元)配列に格納してみる。, などと、要素数を書かない単なるVariant変数として宣言し、その後にReDim というやつを使って, では、このRedimを使ってシート名を1次元配列に格納した後、もう1個のExcelブックのシート名も配列に追加格納しなければならないとしよう。実際、複数ブックのシート名を全部格納しないといけないケースは、実務でも考えられる。, そんなマクロをまともに書くと結構長くなるので、もう変数とかは使わずに簡単なサンプルを書く。要は、Redimで要素数を決めた後、もう一回同じくRedimする例であれば良いので、次のような感じで書く。, ReDimで要素数を2と宣言した後でもう一回ReDimして、要素数を4に増やしたわけだが、この場合は最初の2つ目までの要素は消えてしまう。, シート名を配列に追加格納するというような場合なら、こんな風に前のデータが消えては当然駄目だ。, 前のデータが消えないようにして、なおかつ配列の要素数も増やしたい場合は、単にReDimではなく、ReDim Preserveとする。, この、配列の中身を保持したまま要素数を増やすReDim Preserveだが、私は最初は便利と思って積極的に使おうとしていた。, しかしReDim Preserveは、可能な限り使わないようにソースコードを組み立てていくべきだ。, 理由は幾つかあるが、まずReDim Preserveは要素数が不定で推測もできない場合にやることが多いゆえ、1回か2回やって終わりということは少なく、何度も何度もやるものだ。だからその繰り返し処理で、時間が掛かってしまうことに繋がる。, またReDim Preserveは、1次元配列ならともかく2次元(2次元以上の)配列においては、最後の要素の数しか変えられないという性質があって非常に不便だ。, ↓の例では、2次元配列arrの2つ目の要素を2→5にReDim Preserveで増やすことはできるが、1つ目の要素を100→101に増やすことはできず「インデックスが有効範囲にありません。」というエラーになる。, arr(1 To 100, 1 To 2)という2次元配列arrなら、縦100行・横2列のExcelシートそのままのイメージだ。, Excelシートのデータは横ではなく縦に増やしていくものであり、シートのデータをダイレクトに格納するものである2次元配列においては当然、1つ目の要素数100の方を増やしていきたい。, しかしReDim Preserveではそれができず、2つ目の要素(横2列)の方しか変更できなくて、それではほとんど意味がない。, もしどうしても要素数100の方を101に増やしたいなら、縦横を入れ替えるTranspose関数を使って、↓のようにする方法が考えられる。, 私が配列を覚えたての時は、このTranspose関数を使う方法を非常に多用していたが、その時はReDim Preserveを何千回と繰り返す処理になっており、非効率なマクロになっていたものだと思う。, 今の私なら、ReDim Preserveを使わなくても済むように、最善を尽くして立ち回る。具体的な方法はケースバイケースだが、予め要素数をかなり大きく確保しておいて、後で増やさなくて良くするなどか。, なおTranspose関数は、元々Excelの通常関数として用意されており、縦横を入れ替える機能がある関数だ。ここでは詳説はしないが、簡単に図だけで↓に示しておく。, なおReDim Preserveでなく、単にReDimで配列を定義し直すなら、↓のように要素数は自由に再定義が可能だ。, こんにちは。 一次元配列の要素数は以下のように取得します。 Visual Basic. 配列の要素の数を取得する . 一次元配列の要素数は以下のように取得します。 Visual Basic. Lenfthプロパティで取得できます。インデックスの最大値はUBound関数で取得できます。以下に例を示します。, 以下の例を実行すると出力ウィンドウのデバッグに要素の数である「3」が表示されます。, Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください。 → 簿記2級は一応持ってますが、Excelでの業務効率化にドハマリしてて主客転倒になってます。. 配列の要素数を内部処理形式LongのVariantの値を返します。dimensionが指定されている場合はその次元の要素数を返します。 一次元配列の要素数を取得するには. UBound (一次元配列)-LBound (一次元配列) + 1. 目次 Contents. ルールから教えることは考えてないってことです。, そこらのサイトで得られるExcel情報を教科書的・体系的に書いていくのは性に合わないし、それじゃ対象読者の方々の為にもならないと思ってます。 データ数カウントを配列に格納させるVBAコードのアルゴリズム. ちなみに私は現在、福岡市博多区の会社で経理の仕事をやっています。 2020/5/26. VBAでは配列の要素数を、直接取得する関数がないため、配列の要素数のLBound(最小値)関数とUBound(最大値)関数を使用します。 UBound関数で要素数取れると思いますが、インデックスが1から始まる場合は良いのですが、0から始まる場合は必ずしもUBound=要素数とは限らないため、以下のように算出します。 配列の要素=UBound(配列名)-LBound(配列名)+1 また、次元を指定した要素数を取得する場合は以下のように次元を指定します。 配列の要素=UBound(配列名,次元)-LBound(配列名,次元)+1 VBAの配列 については『 ... 引数(値)を指定しないときは、『要素数 0 の配列が返ります。』 Array 関数のサンプルコード. お行儀よく勉強しても身に付けにくかった、最短経路の楽なやり方だけを紹介して、努力しない努力をしてもらいたいと思っています。 Visual Basic サンプル集 >, 要素の数は 'Dim arr(1 To sheetNum)とか、Dim arr(1 To 1)と、, '要素数は変数sheetNumから取得するので、それはRedimを使ってセットする, 'ReDim Preserveとすれば、arr(1)とarr(2)のデータは消えず保持される。, '1番目の要素数を、100→101に増やそうとすると、エラーになる(減らすのも不可)。, 'arr(2, 100)とarr(2, 101)にセットされていた「100番目」「101番目」が返される, いちばんやさしいExcelピボットテーブルの教本 人気講師が教えるデータ集計 が一瞬で終わる方法 (「いちばんやさしい教本」シリーズ), 【Amazon.co.jp 限定】Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術 (特典: 厳選ショートカットキー データ3種). 【excel vba】配列についてまとめて知りたい 動的配列(宣言、多次元、要素数、初期化) 2020.11.08 以下記事で固定長配列について説明を行いましたので、今回は動的配列について説明を行います。 2020年3月20日 2020年3月27日. Twitterもやってます。というかそっちの方が主戦場かも。 1. 「Excelを3年くらいやって日常的に触ってるけど、からきし上手くならないわー。もう素質がないのかなー。」くらいに思ってる方が読まれると良いかと思います。 1. Excel マクロ、VBA. Excel VBA 配列について(4)要素数が不定の配列 . 要素の数は Lenfthプロパティで取得できます。インデックスの最大値はUBound関数で取得できます。以下に例を示します。 1次元配列の要素の数を取得する. 何度もこのエラーに遭遇するのには理由がある エラー9「インデックスが有効範囲にありません」は、例えば配列の要素数が3なのに4つ目にアクセスするなどの配列の範囲外へアクセスや、vbaの各種コレクションに含まれない値を指定し … Debug.WriteLineやDebug.Printが表示される場所, Lengthプロパティの代わりにCountメソッドを使っても同じです。ただし古いバージョンでは使用できません。, この例を実行しても出力ウィンドウのデバッグに酔うその数である「3」が表示されます。, Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください, 以下の例を実行すると出力ウィンドウのデバッグにインデックスの最大値である「2」が表示されます。, Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください。 → UBound関数は配列の要素番号の最大値を取得し、LBound関数は最小値を取得できます。このとき取得する値は要素番号であり、要素数とは異なります。, 上の絵は最小番号は0、最大番号は2、要素数は3で、要素番号と要素数が異なることが分かります。, デフォルトの状態であれば最小値は0固定のためUBound関数だけで要素数が取得できますが、Option Baseで最小値を変更されている場合や、Toキーワードで最小値と最大値を指定している場合は最小値が0とは限らないため、その場合はUBound関数とLBound関数の両方の差から要素数を求めます。, UBound関数とLBound関数は一次元配列だけでなく二次元配列などの多次元配列の各次元の要素数も取得可能です。, 先にも書きましたが、Option BaseやToキーワードを使っていないのであれば、以下のようにUBound関数だけでも構いません。, 二次元配列を含めた多次元配列の場合はUBound関数とLBound関数の第二引数の次元数を指定します。, 以下は二次元配列の2番目の次元(ar(1, 2)であれば2の部分)の要素数を取得する式です。, 一次元配列と同様にLBound関数を使う必要がなければUBound関数だけで構いません。. Visual Basic における配列 Arrays in Visual Basic.