株価の移動平均線みたいなのもこれでできそうですね! こんなに単純ではないとは思いますが。。 今回もいつものサンプルの中からpaymentテーブルを使います。 手を動かしながらSQLの動作を確認したい方はこちらをどうぞ! 環境. いつもお世話になります。配列に格納した値の平均のやり方についてお教え願います。現在、実験測定データの移動平均(下記avg(x,1))を計算をしたいのですが、配列に格納した値の平均が思うように計算できず困っております。a =Range("A1 練習3:行列計算Imaginsolution様ライブラリ動作確認<動作OK>, ●はまった点 移動平均とは、時系列データにおいて、ある一定区間ごとの平均値を区間をずらしながら求めたものです。移動平均を用いてグラフを作成すると、長期的な傾向を表す滑らかな曲線が得られます。移動平均の計算方法は区間が奇数か偶数かによって異なります。 =>計算メソッド内で配列宣言をしていたので、移動平均にプログラムカウンタが移った瞬間に消滅していた。 移動平均とは、時系列データにおいて、ある一定区間ごとの平均値を区間をずらしながら求めたものです。移動平均を用いてグラフを作成すると、長期的な傾向を表す滑らかな曲線が得られます。移動平均の計算方法は区間が奇数か偶数かによって異なります。, 区間を2n+1(n≥1)とすると、第a期(a≥n+1)の移動平均値は、第a−n期から第a+n期の平均値となります。例えば、区間が3の場合の第9期の移動平均値は、第8期から第10期(8・9・10)の平均値となります。は期のデータを、は期の移動平均とおくと、移動平均の計算式は次のように表せます。, 下図では、第1期から第12期までのデータに対し、区間3で第2期から第11期までの移動平均を求めたものです。, 区間を2n(n≥1)とすると、第a期(a≥n+1)の移動平均値は、第a−n期から第a+n−1期の平均値と第a−n+1期から第a+n期の平均値の平均となります。例えば、区間が4の場合の第9期の移動平均値は、第7期から第10期(7・8・9・10)の平均値と第8期から第11期(8・9・10・11)の平均値の平均になります。式で表すと次のようになります。, 下図では、第1期から第12期までのデータに対し、区間4で第3期から第10期までの移動平均を求めたものです。, 時系列データの周期と移動平均の区間が等しい場合、周期の影響は完全に排除されます。次のデータは、Y=2Xという線形トレンドに周期3の変動を加えて作った人工的な時系列データです。この時系列データについて区間3の移動平均を計算すると、周期が除去されて、元の線形トレンドに戻ります。, ただし、実際のデータでは複数の周期性や不規則変動が含まれるため、移動平均によって周期の影響を完全に除去することはできません。, 下図は上記のデータをグラフに表したものです。移動平均では時系列データの周期性が除去されているのがわかります。, この統計TipのExcel ファイルのダウンロードはこちらから → tips_12.xlsx, 統計WEBを運営するBellCurveは、統計解析ソフト「エクセル統計」を開発・販売しています!. 下3行を見ると、それ以前のデータが存在しないので、存在しているデータだけを足して平均を出しているようですね。, avg()という関数は集約関数としてよく使われますが、多くの集約関数はWindow関数としても使えます。 対策:配列を使う手前でRedim()して、わかっている次元数をいれて具体的に記憶領域を確保しないと以後使えません。, ソリューションファイルをZIPにしてあります。 対策:配列を使う手前でRedim()して、わかっている次元数をいれて具体的に記憶領域を確保しないと以後使えません。, ソリューションファイルをZIPにしてあります。 リアルタイム性に関しては、その後USB2ポートプログラムで、表示にかかる時間を測定したのですが、PCのグラフィック性能によるところが大きいので、できるだけグラフィックボードが高速なPCを使うことをお勧めします。実験レポートは下記です。, ・元祖自作パワーメーターのDgradeDIY様 リアルタイム性に関しては、その後USB2ポートプログラムで、表示にかかる時間を測定したのですが、PCのグラフィック性能によるところが大きいので、できるだけグラフィックボードが高速なPCを使うことをお勧めします。実験レポートは下記です。, ・元祖自作パワーメーターのDgradeDIY様 対策:CLASSの直下にデータ配列とデータカウントを宣言した。, ②移動平均メソッド内で、次元数未定で配列宣言した後、変数をそのままつかったらエラーがでてだめだった。 ①渡したデータ配列がゼロになってしまって計算できなくなった。 Redim:MSの解説ページ 練習2:シリアル受信7CHデータをSPLITして個別表示<配列宣言ではまる> http://dgradediy.blogspot.com/, 【VISITOR数の増加に対する更新方法変更、多くの読者様の知りたいを改善致します】 今回のSQL 練習1:Visual Basic .NET を使用して Excel のイベントを処理する方法<Excelオートメーション学習> http://snowwombat1.sakura.ne.jp/shinshu_makers/, 機能:多CHで指定回数の移動平均をとって、結果を2次元配列で戻す Double(), 引数2:ByVal colN As Integer=>値渡列指定、配列の0~colN列まで移動平均する列指定, 引数3:ByVal MA As Integer=>値渡移動平均回数、指定したrowNからMA個手前から平均計算, 引数4:ByVal rowN As Integer=>値渡移動平均の最終行No、ここから手前にMA個計算, =>計算メソッド内で配列宣言をしていたので、移動平均にプログラムカウンタが移った瞬間に消滅していた。, マイコンから115200bpsで送信してTEXTBOXへの表示されるか見てみましたが, このプログラムでは、マイコン側の送信周期は30msecより遅くないと受信データがTEXTBOXに, 表示されないことがわかりました。ですので、私のシステムの場合10msec以下が多いので, リアルタイムに数値をTEXTBOXで見ることはできないので、表示は間引いて30msecでやるようにしないといけません。, リアルタイム性に関しては、その後USB2ポートプログラムで、表示にかかる時間を測定したのですが、, PCのグラフィック性能によるところが大きいので、できるだけグラフィックボードが高速なPCを使うことをお勧めします。実験レポートは下記です。, 【MFT2019】WS3自作ロードセル静的応力解析から実測まで検証<理論値と違う>, 【M5】M5StickCのFlashメモリにSPIFFSでデータログ<以外と便利>, 【M5】M5StickCでSPIFFS動作実験<書き込み遅い16byte/msec>, Visual Basic .NET を使用して Excel のイベントを処理する方法<Excelオートメーション学習>, https://gist.github.com/dj1711572002/e0dfc4cd23a32f7327bc07eb603bb344, 【VB.NET】行列計算Imaginsolution様ライブラリ動作確認<動作OK>, 【VB.NET】Visual Basic .NET から Excel を自動化して、配列を使用して範囲内のデータを入力または取得する方法, 【VB.NET】USB2ポート16CHリアルタイムモニター作った<PCの性能次第>, 【VS2019】初めてVisualBasicで1時間でシリアル受信Pgmできた<CONTEC社様へ感謝>, 【L-RTK】M5Stack_Serial2接続で手間取った<シリアルは1個しか使えない>, 【L-RTK】u-blox社ZED-F9Pキット届いた<Ardusimple製が安い>, 【パワーメーター2018】InfoCrankパワーメーターの高精度設計考察<私の感覚に近い>, 【PowerMeter2020】M5StackのSD遅い<20msec周期でも遅延発生>, ttps://9226.teacup.com/shinshu_makers/bbs, http://snowwombat1.sakura.ne.jp/shinshu_makers/. ソースを閲覧、コピペされるのはGISTにアップしてあります。 いつもお世話になります。配列に格納した値の平均のやり方についてお教え願います。現在、実験測定データの移動平均(下記avg(x,1))を計算をしたいのですが、配列に格納した値の平均が思うように計算できず困っております。a =Range("A1 6分力センサの校正と干渉補正を自動化するシステムを数か月かけて作ろうとしてます。そのために、まとまったシステムをVB.NETで作ろうとしてます。今まで使っていたVBAでは遅すぎるし、ProcessingではUIに弱いし、C#は、まだ手が届かないので将来に回して2020年度はVB.NETのシステムを制作していくために基本学習を初めた次第です。 6分力センサの校正と干渉補正を自動化するシステムを数か月かけて作ろうとしてます。そのために、まとまったシステムをVB.NETで作ろうとしてます。今まで使っていたVBAでは遅すぎるし、ProcessingではUIに弱いし、C#は、まだ手が届かないので将来に回して2020年度はVB.NETのシステムを制作していくために基本学習を初めた次第です。