その他にも、再生タブの再生速度を-1.00などに設定しても逆再生された音を聞くことができます(詳しくは、スロー・早送り音声の作り方を参照のこと)。 この場合、メニューの「その他」の「再生速度の適用」を選ぶとその再生速度が音声ファイル全体に適用されます。 Fit Outsideはカメラの描画矩形全体に合わせます。アスペクト比は維持されます。 Playback Speedは動画の再生スピードで、1が通常スピードになります。 HTML5 videoの再生速度変更は以下の様な記述で可能なのですがブラウザによって対応状況が異なる様なのでそれぞれのブラウザの対応状況を調べてみました。 video = document.getElementById('video'); video.playbackRate = 2.0; // 2倍速で再生調査に使用… 再生することができました。2017では以下の方法でもクラッシュします。, 回答 全然プロフィールになってないな・・・・(-.-), の記事に記載の順番で見て頂くとUnityの基本的な使い方がわかり、簡単なTPSゲームの作成までが出来ます。, わたくしに出来る事は既に記事にしてあるので、ブログ右上の検索窓を活用してください。(._. teratailを一緒に作りたいエンジニア. Fit Insideはカメラの描画矩形に合わせますが、必要に応じて黒い領域が上下左右に表示されます。 https://qiita.com/gshirato/items/1500f61b408e7af69453, 起きている問題 1, 回答 REWIND TIME in Unity - YouTubeでは、オブジェクトの位置と回転を毎瞬間保存しておく方法が紹介されています。メモリ消費量は少々かさむものの、正確に巻き戻しを行うにはこれが妥当な手段だろうと思います。また、位置と回転に加えて速度と角速度も保存しておけば、任意の巻き戻し位置から再度順再生に戻すこともできそうです。, unity、Time.timeScale = 0fの間でもモーションを実行させたい。, 回答 http://tsuyobi.heteml.jp/html/html5/video/playbackRate/theora.html, 調査したOSはMac(Snow Laopard)で、それぞれのブラウザの対応状況以下の様になりました(誰かWindowsでの対応状況も調査して貰えると嬉しいです)。, ※Ogg Theora形式とMPEG4の両方に対応しているChrome以外は対応しているフォーマットのもののみの記載となります。, Safariが逆再生も含めてすべてパターンに対応、Chromeはスロー、倍速再生、0倍速などに対応。FirefoxとOperaは再生速度の変更は未対応との結果になりました。, ちなみに、この様に優秀なSafariですがWindows版ではHTML5 videoは残念ながら再生すらできないそうです。, Flash vs HTML5 ビデオ再生は? Audio SourceはAudio Sourceに音声を出力します。 kamekumechan@gmail.com, いずれはSIRENやバイオハザードみたいなアクションゲームを作りたいと思っています。, ゲームシナリオが書けないので面白いゲームはなかなか作れません・・・・。(^_^;), 名前の由来はカメが好きだからです。 ), HDリマスターで新・女神転生3が出来る!かなりやりつくしたゲームだけどまたやりたいなぁ・・・・, ゲーム開発エンジンUnityを使った3Dゲームの制作に参考になる情報を公開しています。これからゲーム作りを始めたい人にはいいかも?, 動画における「インターレース解除」の意味や仕組みについて簡単に紹介します。インターレース解除とは?インターレース解除とは、インターレース方式の動画をプログレッシブ方式の動画に変換する事をいいます。(「デインターレース」とも呼びます)参考:イ, Unityでカメラにレンダーテクスチャを設定しランタイムでテクスチャを更新し表示します。, UnityのStandardAssetsのImageEffectsに替わるPostProcessingStack, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)で、はじめてUnityの学習をする時の当ブログの記事を読む順番を書きました。機能を積み上げていく形になるので便利かも?, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)の機能積み上げ形式の記事のスクリプトの説明と寄せられた記事の機能についての質問への回答を掲載しています。, Unityインターハイとは、ユニティー・テクノロジーズ・ジャパン主催の高校生・高等専門学校生のゲーム開発全国大会です。, UnityのML-Agentsを使って敵キャラを強化学習して主人公を追いかけるようにする, UnityのVisual Effect GraphのOutput Particle Forward Decalで銃の弾痕エフェクトを作成し使用する. Unityでmp4などvideo playerで再生速度を上げて早送りはできますが、 再生速度をマイナスしようとしても逆再生はされません。 再生速度は0以上しか設定できない。 なので時間をマイナスして逆再生させます。 (frameをマイナスする方法は途中で止まり、うまくいきませんでした。 Aspect Ratioは動画の画面サイズの合わせ方で, No Scalingは何もしない teratailを一緒に作りたいエンジニア. http://tsuyobi.heteml.jp/html/html5/video/playbackRate/mp4.html, 動画の再生速度変更(Ogg Theora形式) 環境 Unity5.6.3p4/Unity 2017.3.1p2 . Camera Far PlaneとCamera Near Planeを選択するとAlpha項目、Aspect Ratioが表示されますが、 Unity5.6.3p4ではクラッシュしないものの、実行した時、指定位置まで飛ばすことができませんでした。, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, Unity5.6.3p4にて以下のように再生直後にポーズし、1秒程度、遅延して実行することによって指定位置で 1 / クリップ 2019/12/17 14:03. Flip Verticallyは動画を上下反対にします。 videoplayer 人気 急上昇 新着 定番 1件 Haru . 0, 回答 趣味レーション系ゲームを作っていて、逆再生機能を搭載してみようと思いTime.timeScaleに負の数字を入れてみたが、案の定エラーになってしまった。, Rigidbodyを使っているため、単純に移動させる以外の方法をとりたい。 1 / クリップ CameraにはMain Cameraを設定して確認します。, Camera Near Planeの場合は、Main Cameraにすると見えないので下の項目のAlphaを少し下げて見えるようにします。, Assetsフォルダ内で右クリック→Create→Render Textureを選択し、レンダーテクスチャを作成します。, 親要素のCanvasのRender ModeをWorld Spaceにし他のゲームオブジェクトと同じ舞台にUIを表示します。, RawImageのTextureに、さきほど作成したRender Textureを設定します。, 次にVideo PlayerコンポーネントのTarget Textureに、さきほど作成したRender Textureを指定します。, 新しくMaterialを作成しAlbedoにRender Textureを設定し、ゲームオブジェクトのMesh RendererのMaterialsにそのマテリアルを設定しても同じように再生出来ます。, Video PlayerのRender ModeをMaterial Overrideにすると、下の項目のRendererに設定したマテリアルを上書きして動画が再生されます。, 例えば、このRendererにさきほど作成したPlaneのマテリアルを設定しておけば、Planeに動画が再生されることになります。, API OnlyはVideo Playerのtextureプロパティに内部テクスチャとして出力します。 Loopにチェックを入れると動画の再生が終わったら最初からまた再生します。 PlayOnAwakeにチェックを入れると、スタート時に動画を再生します。 Alphaは動画の透明度の設定です。 http://www.matzmtok.com/blog/?p=485, nakamura001さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Stretchは縦、横のサイズに合わせますがアスペクト比は維持されません。, Render ModeをMaterial Overrideにすると、Material Propertyが表示されますが、 実現するための方法を教えてほしい。(できればサンプルコードも), teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, 限定的な条件なら、全オブジェクトの速度・角速度を逆転させることで時間が巻き戻っているように見せられるかもしれませんが、普通は摩擦や空気抵抗、非弾性衝突などによる減衰があるでしょうから、それらに対応しようとすると困難になりそうです。 VideoPlayerを使って動画を再生する方法を、例を交えながらご紹介します。取り込んだ動画の扱い方、スクリプトを使わない/使う再生方法を順に説明していきます。高度な再生方法として、一時停止ボタン、複数の動画の連続再生を実装してみましょう Unity2017.3.1p2では以下のコードではクラッシュし 1, 【募集】 test_reverse1. Directはハードウェアに直接出力します(5.6ではまだサポートされていないみたいです)。, Trackはオーディオのトラックでチェックを入れると、オーディオを再生に利用します。, Audio Output Modeの場合はAudio Sourceを設定する項目があらわれるので、そこにAudio Sourceを設定します。, Render Modeは動画の再生方法ですが、設定項目がいくつかあるので画像とともに確認してみます。, ゲームの舞台として地面用のPlaneと真ん中にVideo Playerを取り付けたPlaneのゲームオブジェクトを用意し違いを見ていきます。, Camera Far Planeを選択すると描画するカメラを設定し、そのカメラから遠くに表示します。 Material PropertyはOverrideするマテリアルの種類を選択します。, Audio Output ModeはNone、Audio Source、Directが選択出来て、, Noneはオーディオを再生しません。 Fit Horizontallyは横のサイズに合わせる 質問するきっかけ趣味レーション系ゲームを作っていて、逆再生機能を搭載してみようと思いTime.timeScaleに負の数字を入れてみたが、案の定エラーになってしまった。 要望Rigidbodyを使っているため、単純に移動させる以外の方法をとりたい。Time.timeScal ブログを報告する, 第13回HTML5とか勉強会 - Google Docs https://docs.google.com…, http://tsuyobi.heteml.jp/html/html5/video/playbackRate/mp4.html, http://tsuyobi.heteml.jp/html/html5/video/playbackRate/theora.html, Unity 5.6 から使える VideoPlayer をカメラの正面で再生する方法, Addressables パッケージの 1.8.3/1.8.4 で Sprite Atlas のロード時にエラー, Android 環境で AssetBundle 化した Video Clip を再生する時の注意点, プロジェクトビューでアセットをダブルクリックした時に VS Code で開く問題の解消法, Unity の Analytics 機能が行っているユーザ情報の送信を全て止める方法, ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド風 Toon Shader のチュートリアル. WaitForFirstFrameはチェックを入れると動画の準備が出来るのを待ち、チェックを入れない場合は最初の数フレームを破棄してゲームと動画を同期させます。 Oddはフレームの奇数行を使って補間, Flip Horizontallyは動画を左右反対にします。 Evenはフレームの偶数行を使って補間 Import Audioにチェックを入れると、トランスコード中にオーディオトラックを取り込みます。, トランスコードは、デジタル信号をアナログ信号に戻さずにエンコードする処理みたいです。, トランスコードは元の動画をなるべく劣化させずエンコードし動画の設定を変える処理ですかね。, さきほど作成したPlaneのインスペクタでAdd ComponentからVideo→Video Playerを選択し取り付けます。, SourceはVideoClipとURLで指定する事が出来、VideoClipはUnityに取り込んだ動画、URLは動画のアドレス(ローカル、WEB上)を指定します。 Copyright © 2016-2020 かめくめちゃん All Rights Reserved. Unityを動画を再生する標準機能であるVideo Playerの使い方を紹介します。 この記事では、実際に3DオブジェクトやUIにVideo Playerで動画を描画する手順を詳細に説明します。 | ¥100 Unity video player 動画を逆再生する方法 . //mPlayer.audioOutputMode = VideoAudioOutputMode.Direct; // AudioOutPutがAudioSourceの時にスクリプトからAudioSourceを設定する。. やりたい事 Unity標準のVideoPlayerで再生位置を指定して再生する。 試したこと 以下の記事を参考に、再生位置を指定してましたが下記の問題が出ました。 Unityでエディタ上とビルドした環境で浮動小数の計算結果が変わる Android Brackets C# C++ Canvas CSharp CSS JavaScript node.js OpenGL Unity Web WebGL ゲーム ドット絵 数学 日常 映画 本 水族館 画像 … Render Modeは動画の再生方法で、この項目は最後にまとめて説明します。 0 / クリップ Render Modeの下のCameraにはMain Cameraを設定し確認してみます。, Camera Near Planeを選択するとカメラから近くに動画が表示されます。 Unityでエディタ上とビルドした環境で浮動小数の計算結果が変わる Android Brackets C# C++ Canvas CSharp CSS JavaScript node.js OpenGL Unity Web WebGL ゲーム ドット絵 数学 日常 映画 本 水族館 … Unity5.6以降で導入されたVideoPlayerを使って動画の再生したりスクリプトから停止したり、再生速度の操作してみます。 ゲーム開発エンジンUnityを使った3Dゲームの制作に参考になる情報を公開してい … HTML5 videoの再生速度変更は以下の様な記述で可能なのですがブラウザによって対応状況が異なる様なのでそれぞれのブラウザの対応状況を調べてみました。, 動画の再生速度変更(MPEG4) 0, 【募集】 Time.timeScaleと同じような感覚で使いたい。 Fit Verticallyは縦のサイズに合わせる 今回は、VideoPlayerコンポーネントを使って、動画の再生・停止をしてみたいと思います。, で、MovieTextureを使って動画を再生・停止をさせる事が出来ていますが、こちらは動画をUnityに取り込む時に、QuickTimeがパソコンにインストールされている必要があったり、細かい部分で不便な事がありました。, Unity5.6バージョン以降では、新たにVideoPlayerコンポーネントが登場し、MovieTextureに替わる新しい動画再生コンポーネントとなっています。, VideoPlayerは、動画を再生するゲームオブジェクトに取り付けなくても動作させる事も出来ますが、一部そのゲームオブジェクトを使って再生させるモードもあるので、ゲームオブジェクト自身に取り付ける事にします。, Importer VersionでMovieTextureに変更する事も出来ます(新しいUnityバージョンではImporter Versionはなくなっています)。, Offはインタレース解除を行わない。 1 / クリップ VideoPlayerを使って動画を再生する方法を、例を交えながらご紹介します。取り込んだ動画の扱い方、スクリプトを使わない/使う再生方法を順に説明していきます。高度な再生方法として、一時停止ボタン、複数の動画の連続再生を実装してみましょう 要約: ここでは、Windows 10/8/7/VistaでMP4、AVI、MKV、MP3、H265、4K、3Dなどの動画、およびDVD / Blu-ray / UHD Blu-rayソースを再生するための動画再生ソフトを12個ご紹介します。 Unityを動画を再生する標準機能であるVideo Playerの使い方を紹介します。 この記事では、実際に3DオブジェクトやUIにVideo Playerで動画を描画する手順を詳細に説明します。 API Onlyで出力したテクスチャのサンプルは後で作成します。, MovieTextureと同じようにVideo Playerもスクリプトから操作する事が出来ます。, そこでVideoPlayerScriptというスクリプトを作成し、Planeゲームオブジェクトに取り付けて実行してみます。, rawImageはさきほど作成したRawImageを指定し、VideoPlayerのRender ModeをAPI Onlyにした時の内部テクスチャを表示するようにしてみます。, Video Playerの設定はインスペクタ上で出来ますが、今回はスクリプトから操作しています。, 今回の動画ではトラックが0番目しかないので、0番目のトラックを有効にし、その後出力先のAudio Sourceを指定しています。, 指定しているAudio Sourceは、自身に取り付けたAudio Sourceを指定したいので、PlaneのインスペクタからAdd Component→Audio→Audio Sourceを取り付けてください。, mPlayer.textureがnullじゃない(Render ModeがAPI Onlyで内部テクスチャに出力されている)、かつ一度設定していない時に、, RawImageのテクスチャに出力した内部テクスチャを設定し、RawImageに動画が流れるようにしています。, VideoPlayer.Play()が再生、VideoPlayer.Pause()が停止です。, マウスの右ボタンを押すと動画の再生速度を上げ、マウスの中ボタンを押すと動画の再生速度を落とします。, 別に空にしなくてもいいんですが、ちゃんとスクリプトからテクスチャが設定されるかどうかわかりやすくなる為に、空にしています。, Video PlayerのRender ModeをAPI OnlyにしたりMoviePlayerスクリプトのRawImageの設定等をします。, ↑のように、Textureにテンポラリー(一時的)なテクスチャが設定されている事が確認出来ます。, すでにVideo PlayerのRender Modeを切り替えると、どのようになるかを画像で紹介しましたが、動画で確認してみたいと思います。, VideoPlayerのRender Modeの違いが少しわかったんではないかと思います。, 途中Material Overrideの確認をする為にCubeを作成し、カメラの目の前に置こうとしましたが時間がかかりました・・・・(^_^;), MovieTextureよりVideoPlayerの方が使いやすい感じですね。(^_^)v, メールはこちらにお願いします(記事に関する質問は送らないでください)。