アスリートゴルファーから熱い支持を受けるタイトリストのドライバー。先日発表されたニューモデルは、「915」「917」といった9ではじまる数字を冠した「9シリーズ」から、新たに「TS2」「TS3」の2モデルへと生まれ変わった。果たしてその性能は!? ※ゴルフクラブには生産公差がございます。予めご了承ください。 キックポイント 中調子, シャフト Titleist Tour AD VR-6 これまではゴリゴリの男子プロが使うモデルで、女子プロが使っている姿をほとんど見ませんでした。それほどハードなドライバーで、我々のイメージとしてもやはり「難しい」「ハード」という感じが強くありました。 ts2ドライバーは、最適化された打ち出し角とスピンにより、想像を超えるまっすぐに伸びていく大きなキャリーを獲得します。目指したのは新次元のやさしさ。その爆発的なストレート・ビッグドライブをすべてのゴルファーに。 ts2ベネフィット <本当に飛ぶの?> シャフト重さ(g) 66 Mグローレドライバーの詳細はこちら, そして、どのドライバーも、本当にいい!!ここまで評価が高いドライバーが揃うと時も珍しいのではないでしょうか。, 今や、プロでもやさしいモデルを好んで使うようになってきており、当然アマチュアもやさしいモデルを求める傾向が強くなってきていました。, 例えば、タイトリスト。世界中のプロが使用していた917ドライバーの次に登場したのが「TSドライバー」。名前がコロッと変わってきました。 皆さんが口を揃えるのが、「飛ぶ」ということ。トラックマンの設定が甘いんじゃないのかなという話が出てくるほど。でも、実際にコースで打ってみると、本当に飛んでいるんですよね。 契約選手たちも続々とスイッチを始めており、その飛びについて絶賛しています。, すでに100名以上のプロが使用を開始しているタイトリストのNEWモデルTSシリーズ。, 私自身、917D2ドライバーも持っていますので、このTSドライバーにも注目しています。, 917D2は、低いシブい打音で、打感もそこそこ柔らかく、コントロールしやすい印象があります。, タイトリストのプロ使用モデルは、近年やさしくなっているとは言え、やはりやさしいシャフトを装着した方が無難。917D2のロフト9.5度にスピーダー569エボⅢを入れているのですが、かなりハードです。 シャフトトルク 3.2 ※スペックはSのみ表記、2019年8月現在。 ゴルフダイジェストオンラインには、実際に購入して使用している方々のレビューがたくさん集まってきています。, シャフトごとにもレビューが集まっているので実際に購入しようと検討している方には、本当に参考になるかなと思います。, 純正シャフトは、「KUROKAGE 50」と「Speeder 519 Evolution」が用意されています。両者のシャフトで結構球が変わります。つかまりがいいのは「Speeder 519 Evolution」。やはり先が走る感じが強くありますので、シャフトで球を捕まえたいな言う方にはこちらがいいのかなと。逆に「KUROKAGE 50」はつかまりを抑えて弾道も少し低めになるのかなと思います。, ⇒ TS2(Speeder 519 Evolution)使用者の口コミ・レビューはこちら, ⇒ TS2(Speeder 661 Evolution V)使用者の口コミ・レビューはこちら, 飛ぶ!と話題のタイトリストTS2ドライバー。タイトリストが本気で飛距離を出しに来たと業界でも大きな話題となっています。, ヘッドの重さ:200.3g(重い) クラブ重さ(g) 310 / 312 ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバーの詳細はこちら, SRIXONは、一からドライバーを作り直すということでZERO SRIXONと銘打って頑張ってくれました。何といっても、松山英樹選手に使ってもらいたいというのが強いのではないでしょうか。 ですが、TS3に関しては、そこまで飛ぶ!という印象はありません。プロや上級者がコントロール出来て、ある程度飛ばすことが出来るドライバー。スピンをコントロールして、飛ばしていくドライバーとなります。 キックポイント 中調子, シャフト Titleist Speeder 661 EVOLUTION V 【日本正規品】タイトリスト TS2 ドライバー(Titleist Speeder 519 EVOLUTION)シャフト, タイトリストの新しいモデルTSドライバーには、TS2とTS3がラインナップされています。, 両方とも同じ460ccのヘッド。これまでのようにD2は大きなヘッドでD3は小さなヘッドという区別ではなくなりました。 ラインナップよりお選びいただいたご希望のヘッド・シャフト・グリップで、お客様だけのベストな1本・1セットに仕上げさせていただきます。, Titleist Speed Project(#TSProject)は、エンジニアが優れた製品を生み出したところで、終わるものではない。その比類なき“Speed”が世界のツアーで戦うトップアスリート、そして世界中の熱意あるすべてのゴルファーにインパクトを与え、ベストスコア達成の強力な後押しとなる。, 商品に付属の取扱い説明書&パフォーマンスガイドを、PDFファイルでダウンロードいただくことができます。, 全国各地で開催される試打会に、タイトリストが参加いたします。この機会にぜひご参加ください。. 長さ(インチ) 45.0 ただ、今回登場したツアーB XD-3は、いいです。これまでは5や7というモデルもありましたが、今回は3のみのワンモデルです。とにかく打感が素晴らしい。さすがブリヂストン!そしてつかまってストレートボールを打ちやすいドライバーとなっています。球も上がりやすいです。 ヘッドスピードが遅いゴルファーの場合、振りやすさを考えて、クラブ総重量の軽いドライバー ... 浅重心で低スピンが打てるドライバー. TS2で球を叩きに行きたい方は、ツアーAD VRがいいでしょう。 ところが、今回のTSドライバーは、全く性格が違ってきています。ハッキリ言って、やさしい。そして飛びます。 スイングウェイト D2.5 917Dは想定よりも売れなかったそうですが、今回のTSドライバーは売れそうです! 今も暇さえあれば、ゴルフショップや試打会に顔を出してフィッターさんとクラブについてあれやこれや話しています。 振り遅れてスライスしてしまうプレーヤーにはお勧めしませんが、ヘッドに任せてストレートな球を打ちたいプレーヤーにおすすめです。 タイトリストTSドライバーの詳細はこちら, また、ブリヂストンもいいですね。正直、ブリヂストンのゴルフ部門は、そのうちなくなってしまうのではないかという噂が流れるほど元気がありませんでした。色んなメーカーのドライバーは試打するけど、ブリヂストンは別に試打しなくてもいいかなと考えていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。日本人でもそんな感覚が出てきてしまうほど、最近のブリヂストンのドライバーは低迷していました。事実、宮里優作選手や池田勇太選手などブリヂストンのイメージが強かった選手たちが離れて行っています。 ゴルフダイジェスト社 シャフト重さ(g) 48 / 50 付属アクセサリー クラブ重さ(g) 313 キックポイント 先中調子, 許容性が高く、左へのミスを軽減してくれるので、安心してティーショットを振り抜くことができます。ヘッド自体の簡単さから圧倒的な芯でとらえることが容易になり圧倒的な初速で、真っすぐに飛ばすことができやすいクラブになっています。, 試打をしている中でTS3ドライバーよりも直進性が高くそして球も上がってくれる特徴がありました。, 高打ち出し角度でビックキャリーを実現しキャリーを今までよりも10ヤード近くオーバーできる可能性が過去のクラブを使っているタイトリストユーザーからの声としてありましたので、性能面では間違いなく前作を上回っているでしょう。, ・ヘッドスピードがあまりなくても楽に振れるようなTitleistのドライバーが欲しいと思っていたゴルファー(シャフトフレックスがRも発売されています)。, 許容性が高いので、ゴルフ初級者・中級者も安心して使用できるドライバーといえるでしょう。若い世代にも人気のクラブになっています。, シャフト Titleist Tour AD 60 スイングウェイト D1.0 長さ(インチ) 45.25 グリップ ツアーベルベット・ラバー360°(M60), シャフト Titleist Speeder 519 EVOLUTION アダム・スコットもTS3で全米プロの優勝争いに加わる活躍を見せてくれました。 構えてみると一目瞭然なのですが、TS2はヘッドの後方が長くなって、重心がかなり後ろに来ているのがわかります。またソール部分を見ても最も後ろの部分にウエイトが配置されています。これを見ても重心を低く深くしようという意図が見えます。, 実際に打ってみると、本当に真っ直ぐ飛びやすいです。球の弾道も自然にそこそこ上がってくれます。その代り球は曲げにくいです。飛距離性能は高いですね。私は917D2を使っていた時期もあるのですが、それと比較して、とにかく球の飛び方が全く違います。タイトリストらしくなくなったと言われるかもしれませんが、いい意味で進化したと思います。, ⇒TS2 実際の使用者の口コミ・レビューはこちら TS2と比較すると、やはり全く違う特徴のドライバーです。ある程度のヘッドスピードが要求され、球の高さも自分で出すことが出来るプレーヤーでないと、飛ばないと思います。逆に球を曲げたり高さを自分でコントロールしたい上級者やプロには非常に好まれるドライバーではないでしょうか。つかまり具合としては、しっかりつかまります。右に滑ってしまうような球は出ません。, ⇒TS3 実際の使用者の口コミ・レビューはこちら ブログ更新のたびにメールでお知らせします。確認メールが飛ぶので、そこに書いてあるリンクを必ずクリックしてください。, アナライズオリジナル練習器具 「イージーフレックス EF009 7I+SW 2本セット」+ 解説DVD (pr00014), 1月のセミナー募集開始してます!and 意外と宣伝じゃないクラブデータや調整のこだわり. ヘッドは大きめで三角型で長いが、丸みも帯びている。今までの2のシリーズの中では構えやすい。 打感は乾いた感じでts2と似ている。少し金属音がする。 つかまりは程よい。sim max type-dと同じぐらいのつかまり。 tsi2・tsi3ドライバーをマーク金井氏が打ち比べ クラブ重さ(g) 314 TS2フェアウェイウッドを検討or性能が気になっている方の参考になれば幸いです シャフトフレックス SR / S 長さ(インチ) 45.0 「Titleist」のゴルフクラブといえば、スイングスピードの速いアスリート向けで、操作性が難しいというイメージが強いですが、2018年9月に発売された「TS2」「TS3」ドライバーは、どうやらそんなイメージを覆す作りになっているようです。, タイトリストは老若男女問わず人気があり、若い世代のビジュアル的な人気度から、熟年層の玄人向けのクラブまですべて取り揃えているメーカーであり、プロの中でも一定以上の評判を得ています。, 最近ではどのクラブも難しくはなく簡単な設計の中でいかに飛ばしていくかそんな設計でクラブ開発を進めているそうで、万人向けのクラブが出来上がっていると考えています。, 今回は、ゴルフボールでは世界トップクラスのシェアを持つTitleistのNEWドライバーTS2とTS3について、その特徴やスペックをお伝えしていきます。, Titleistは、ゴルフクラブにこれまで以上のスピードアップを求めて、R&Dチームを編成し、製品開発を行ってきました。, その結果、910➡913➡915➡917とリニューアルされてきたTitleistのドライバーは、名称そのものを一新し、まったく新しいモデルとして誕生することになったのです。それがTSドライバーになります。, ①これまでのドライバーの中で「最も薄肉で軽量化されたチタンクラウン」によって、余剰重量を得ることに成功。そのためより低く、より深い重心設計が特徴。, だからこそスピード性能と方向性が向上し、抜群の飛距離を出せるドライバーになっています。, ②スイング中の空気抵抗を「20%」も軽減できる新しいストリームランドシェイプによって、フィニッシュまでしっかり振り抜ける特徴になっています。, これは最近いろいろなメーカーでもインパクト時にボールの初速を出すために取り組んでいるものでして、前作に比べると圧倒的にボールの初速が上がるデータが出ています。, ③フェース肉厚を取り除き、別に設計した「超精密高初速フェース」によってフェースリアクションが最適化されたことで、許容性を高めただけでなく、ボールスピードを驚異的にアップしてくれる特徴があります。, こうして、これまでのTitleistが蓄積してきたノウハウを結集して作られたのが、TSドライバーなのです。, TSドライバーは、「究極のボールスピード」と「理想の打ち出し角・バックスピン」を実現させました。, 格段にヘッドの機能が上がっていますので、91シリーズよりも爆発的に売れていることは間違いないですね。, ヘッド体積(cc)460