sqlでifを使わずに条件分岐する. SIDを確認する... 合計するSUM 「LIKE」を使う場合でも、基本的には「=」と同様です。 gender ここではoracleデータベースのsqlで、case式の基本的な書き方や使い方について紹介します。case式を使うことで、条件分岐させて値を変換することが出来ます。case式以外にもselect文のサンプルは↓で紹介していますので参考にしてください。 Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. サンプルデータ Aのカラムがnull and 公開日 > 登録日 であれば 公開日を参照 ・編集 2018/07/10 22:38, 以下のテーブルでSQLを実行しましたが、エラーとなってしまいます。 また、条件を2つ以上書きたい場合は他にどのような方法がありますか?, ■補足 公式はちょっと分かりにくいので、こちらも。 10... 問合せにおけるCASE式の使用 – Oracle Database 2日で開発者ガイド. Oracleで合計するにはSUMを使用します。 sqlでテーブルの情報を抽出(select)する際に、特定の場合だけwhere句で条件を指定したい場合があります。例えば、抽出条件(値)が指定されている場合は、where句の条件式に含めたいけど、抽出条件(値)が指定されていない場合は、条件 OracleでNULLを取得する [sql] 検索結果に条件分岐を行う(case~when) 投稿日:2017年4月8日 更新日: 2019年11月2日 検索した結果に対して条件分岐処理を入れて、表示を変えたい場合には CASE~WHEN 句を使用します。 SQLServerならISNULL関数を使って, としてNULLを”(空文字列)に変換する必要があります。 C=ID公開日, Aのカラムがnull でなければAのカラムを参照 CASE式もDECODE関数もどちらも条件分岐をSQL内で記述するときに使用します。, どちらも条件分岐を記述したい時に使うならどっち使えばいいの?って気になると思います。, 基本的には、「CASE式」が使用できるなら「CASE式」を使用することをおすすめします。理由は、「CASE式」は標準SQLで定められている機能ですし、「DECODE関数」でできることは、すべて「CASE式」で置き換え可能だからです。, それに比べて「DECODE関数」は、Oracle独自の関数になるので可読性でもDBMSの依存性という面でもCASE式に軍配が上がると考えています。, CASE式には、「単純CASE式」と「検索CASE式」の2種類があります。それぞれ構文を見ていきましょう。, 違いは構文を見ていただいてわかるとおり、単純CASE式ではある式の値を使って条件分岐していきます。検索CASE式は、評価式が個々に違うものを使って条件分岐していきます。, CASE式の実行準備、テーブルとデータを用意します。以下のようなテーブルを使います。, DECODE関数で上記と同様のSQLを提示します\(^o^)/冒頭でも書いたけどプロジェクトの規約的にそう書かないといけないという場合を除いて、あまりDECODE関数を使用するのはおすすめはしません。. で条件を照合する列に対して照合する値に条件を照合する列を指定している箇所です。 投稿 2018/07/10 22:17 文字列から一部の文字列を抜き出したい。 「条件を照合する列」に「条件を照合する列」を指定するということは、「条件を照合する列」=「条件を照合する列」です。 oracleで条件をわけるには通常where句を使用しますが、select句で「case」を使って条件をわけることもできます。sqlの中でも「case」は非常に使い勝手のいいsqlです。「case」の使い方をぜひマスターしたいところです!2 ELSE SX_CODE END SQLS... SQLでカレンダーのデータを取得する方法を紹介します。 case tmp when '1' then '1' when '2' then '2' OR '3' end. そこで、SQLで全角を... SQLServerでは、直前に実行したSQLによって影響を受けた行数(処理件数)を内部で保持しています。SQLによって影響を受けた行... SQLでデータを取得する際に、例えばセールスマンの売り上げ金額や学生の試験の得点に順位を付けたり、顧客ID順に連番を振りたい時があります。 ... SQLServerで真偽値を扱うためのデータ型について紹介します。 例1. technology. Oracle 12cのパスワードポリシー SELECT構文の中でも特に重要なWHERE句を紹介します。WHEREを使えるようになると、膨大なレコードの中から特定のレコードを抽出することが可能になります。 WHEREを使って検索する SELECT構文を使って特定のレコードを検索するには、WHERE句を使います。WHEREの後に条件式を指定することに … SELECT * FROM emp WHERE nam... Oracleのゴミ箱(RECYCLEBIN)を削除するSQL 取得したデータをプログラ... SQL ServerはMicrosoftが開発しているリレーショナルデータベース管理システムで、正式名称を「Microsoft SQ... SQLServerで全角文字と半角文字を相互変換する処理と、ひらがなとカタカナを相互変換する処理を行う関数を作成します。 上記のようなアルゴリズムを導入するのに適したoracleでの文法はnvlとgreatestを併用して、Aがない時はBとCの大きい値を参照する方法です。 Oracleのパスワードには有効期限がありますが、このパスワード有効期限を無期限にすることができます。 subject ポイントは、条件の指定がない場合(空文字列の場合)のELSE以降の部分 氏名のみ条件の指定があれば, の異なるSQLが生成され、それぞれの結果が取得されるので問題ないんですが、if文を記述するのが面倒なので、これをif文を使わずに同様の結果が取得できるようにします。, WHERE句にCASEを使って条件の有無によって条件を分岐しています。 1 / クリップ --nullを検索する できれば、SQLの中で抽出条件の有無を判断して、プログラム側での条件分岐はしたくない…。, そんな時は、SQLのCASE演算子を使えば、プログラム側で条件の分岐をしなくても、値のある時だけWHERE句の条件に含めることができます。, ここでは例として、会員の情報を管理するテーブルがあるとします。 集約関数の外でcase式を使う. ただし質問文の条件ではBとCが同値の場合の挙動が記述されていませんので、要求に合わせた改修をお願いいたします。, “回答を投稿”をクリックすることで利用規約、プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。, このRSSフィードを購読するには、このURLをコピーしてRSSリーダーに貼り付けてください。, サイトデザイン / ロゴ © 2020 Stack Exchange Inc; ユーザーの投稿はcc by-saでライセンスされます。 rev 2020.11.13.38000, スタック・オーバーフロー をより快適に使うためには JavaScript を有効化してください, Feature Preview: New Review Suspensions Mod UX, SQLのSELECT SUM(CASE WHEN ~ ELSE NULL END) でNULLを文字にするやり方について, oracleの外部結合表現(+)からleft joinへの書き換えがうまくいきません, 意見を述べること(意見を述べるなら、参照リソース、自分の経験で意見をサポートしてください). プログラムからSQLを作成する際に、if文で条件分岐をして, のように、抽出条件の有無によって生成するSQLを変更すればできるけど…。 方法はwhere句の条件にcase whenを使用して、条件分岐を行います。 1.テーブルとデータの準備. 1, 回答 Oracleで副問合せに行が存在するかどうかを取得するには「EXISTS」を使います。 tmpが1のときid = '1' ELSE MEMBER_NAME END WHERE句に「WHERE 0 = 0」と記述すれば、条件を指定していない場合と同様の結果が得られるのと同様に 第3回では, 集約関数の中にcase式を記述することで, 集約する対象を柔軟に使い分けるという技術を解説しました。 今度は, ある意味でその反対をしてみましょう。 すなわち, すでに集約された結果をcase式の引数にとって分岐させます。 プログラムからSQLを作成する方法とは別に、SQLのみで同様の結果を得るようにするなら以下のようになります。, 上記の例では、会員氏名の条件を「=」(完全一致)で照合していますが、これだと使いにくいので、「LIKE」(部分一致)で検索できるように変更してみます。 ISNULL、IFNULLの代わりにここでもCASE演算子を使って, 今回ご紹介した記事は、別になくてもプログラムを記述する際には困るものではありませんが、個人的にはプログラムでif分岐をするよりもソースがシンプルになる+DBの関数オブジェクトとして作成する際も簡単なのでよく使っています。, SQLのCASE演算子はとても便利な演算子なので、皆さんもいろいろと使ってみて、スマートなSQLを書いてみてください。. then句には条件を2つ以上書くことはできないのでしょうか? A=ID最終利用日 4 Oracle10gのsql分についての質問です。(WHERE句) 5 Oracle SQLの、where句内の条件文について教えてください。 6 PL/SQLにて、マスタから取得した値をORDER BY句に指定したい 7 PL/SQL内の共通関数の引数にフェッチしたレコードごと渡すのは可能? oracleのsql文で、where句へのcase式の使用について 下記sqlを実行したところ、ora-00905: キーワードがありませんが表示されます。 select h.品名, h.品番 from 発注テーブル h where case when h.納 … CASE式 oracleで下記のようなSQL文をwhere句に入れて、case文に導入して条件分岐させたいです。 前提事項として下記のようなカラムが存在 A=ID最終利用日 B=ID登録日 C=ID公開日 下記のようなwhere句に入れて、case文に導入して条件分岐させたいSQL Aのカラムがnull でなければAのカラムを参照 Aのカラム … OracleはDROP TABLEでテーブルを削除しても実際には削除されずゴミ箱に入ります。Oracle10gからの機能ですね。 列の値を合計(集計)します。 0, 回答 sqlでcase式の書き方や使い方、sqlのサンプルをお探しではありませんか? 本記事では、case式を使った条件分岐や列の値の置換などのsqlサンプルを紹介しています。ぜひ参考にしてください。 Aのカラムがnull and 発売日 < 登録日 であれば 登録日を参照, 上記のようなSQLをwhere句に入れて、case文に導入してから条件分岐させたいのですが、 tmpが2のときid = '2' OR id = '3'(または id IN ('2', '3')) としたいです。, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, 素直に読むと「tmp=2の時、2または3」ですけどそんな不確定な命令はありえないというのは理解できますよね。 素直に読むと「tmp=2の時、2または3」ですけどそんな不確定な命令はありえないというのは理解できますよね。 CASE式 公式はちょっと分かりにくいので、こちらも。 SQL の IF 「CASE 〜 WHEN 式」 1 / クリップ データ... SQLServerで文字列を操作する際に使用する主なSQL関数です。 SQLServerには半角文字を全角文字に変換したり、全角文字を半角に変換してくれる関数がありません。 SUM(列) teratailを一緒に作りたいエンジニア. [sql] 検索結果に条件分岐を行う(case~when) 投稿日:2017年4月8日 更新日: 2019年11月2日 検索した結果に対して条件分岐処理を入れて、表示を変えたい場合には CASE~WHEN 句を使用します。 if文を使って分岐すれば、氏名と性別の条件指定の形式によって SQLServerにはtrueまたはfalseの真偽値を保持するた... あるテーブルやビューに既に対象のレコードが存在している場合はUPDATE(更新)し、存在していない場合はINSERT(挿入)する。 NULLを検索するパターン 今回は「EXISTS」の使い方を紹介します。 OracleでNULLを取得するには、=(イコール)ではなく「IS」を使用します。 0, 【募集】 「条件を照合する列」を0に置き換えると 0 = 0 になるので、結果として条件を指定していない時と同様の結果になります。 SQL の IF 「CASE 〜 WHEN 式」, 2018/07/10 22:33 編集, 2018/07/10 23:08 編集. scoreテーブル 文字列を置... SQLServerでSQLを記述していると、金額などの数値データを金額表記(12,345)にしたい時があります。 VBAを使ってワークシートを新規に追加する VBAの例 下の例は新規ワークシートをワークシートの一番後ろに追加して書式設定を変更します。ちなみに書式設定は、セル幅を「4.5」の等幅間隔にして、表示形式を文字列にフォント設定を「Meiry... プログラム言語「Java」初学者におすすめな勉強法 これから「Java」を学ぼうとしている人におすすめなサービス、本や勉強法について紹介します。 個人的なおすすめな勉強方法は、本を購入して短期間(できれば1週間くらい)でいっきに... インデックスが使用されているか確認する方法について 検索パフォーマンスを上げるためにインデックスを使用しますが、そのインデックスが使用されているか確認したことありますか?インデックスは検索パフォーマンスをあげる効果もありますがその反面、更... SpringBootとOracle11gr2XEを連携させてみた タイトルの通りSpringBootでOracle Express Edition 11g r2と連携させてみました。 環境は以下の通りです。 Windows... VBAでテキストファイルを出力する方法 エクセルを使用してテキストファイルを出力してみます。 サンプルコード 解説 5行目でOpenを使用して3行目で定義した「outputFilePath」のファイルをオープンしています。 ... 最大値を求める 集約関数「MAX」 集約関数の「MAX」を使うと、最大値を求めることができます。 集約関数「MAX」の基本構文 「ALL」と「DISTINCT」はオプションですがつける意味がないので基本使用することはありません。 ... 【無償】勉強用にOracle Express Edition18cをWindows10にインストールしてみた, Oracle PL/SQLでDDL文を発行する 「EXECUTE IMMEDIATE」, SpringBoot Oracleの接続設定 application.properies, Oracle SQL*Plus COLSEP システム変数 列と列の間の区切り文字の設定, Oracle SQL*Plus SQLの表示結果を見やすくする方法 表示幅の調節「LINESIZE」「COLUMN」, Oracle PL/SQL 「SELECT INTO文」 SELECTした結果を変数に代入する.