詳細は、How to extendを参照されたい。, Bcryptアルゴリズムは、汎用的なアルゴリズムより意図的に計算量を増やしている。そのため、汎用アルゴリズム(SHA、MD5など)より、 そのため、ソルトはユーザごとに異なる値(ランダム値等)を設定することを推奨する。, パスワードのハッシュ化は、セキュアなアプリケーションを設計する上で考慮しなければならない点の一つである。, 通常のシステムでパスワードを平文で登録することはありえなく、ハッシュ化は必須であるが、, 強度が弱いアルゴリズムを選択した場合は「オフライン総あたり攻撃」や「レインボークラック」などにより, 本節では、Spring Securityから提供されている、PasswordEncoderの実装クラスの使用方法について説明する。, “SHA-256”アルゴリズム + 1024回のストレッチでハッシュ化を行うエンコーダ, ランダムな16バイトのソルトを使用した、bcryptアルゴリズムを使用したエンコーダーである。, コンストラクタの引数に、ソルトのハッシュ化のラウンド数を指定できる。指定できる値は、4~31までである。, 指定値を大きくすることにより、強度は増すが、計算数が指数関数的に増大するので、性能面に注意すること。, Bean定義した、StandardPasswordEncoderをインジェクションする。, encodeメソッドの引数に平文のパスワードを指定することで、ハッシュ化されたパスワードが戻り値となる。, matchesメソッドは、第1引数に平文のパスワード、第2引数にハッシュ化されたパスワードを指定することで、, ランダムに生成される8バイトのソルト + 秘密鍵 + 引数に指定された、パスワードでハッシュ化される。, 上記でハッシュ化された値に、ハッシュ化に用いたソルトを先頭に付与した値が、メソッドの戻り値となる。, 引数で渡された、encodedPasswordの先頭のsaltをsplitし、salt + secret + rawPassword でハッシュ化した値と, 指定した場合、ハッシュ化処理において、「内部で生成されるソルト」 + 「指定した秘密鍵」 +「パスワード」でハッシュ化される。, 秘密鍵(secret)を指定しない場合、レインボーテーブルを用いた攻撃方法に対する強度が下がるため、指定することを推奨する。, そのため、Spring Securityの設定ファイルに直接指定せずプロパティファイルや、環境変数などから取得する。, 本例では、プロパティファイルから取得する例が有効になっている。また本番環境ではプロパティファイルの格納場所にも注意する。, 単体テスト時など、ハッシュ化されていない文字列を使用したい場合以外に使用してはいけない。, 特に、既存のアカウント情報で使用しているハッシュ化方式を踏襲したい場合などは、前述の, DaoAuthenticationProviderを使用した、認証処理を例に説明する。, passwordEncoderに指定する、クラスは使用するアルゴリズムに合わせて変更すること。, 指定可能な値は、「1、256、384、512」である。省略した場合は、「1」が設定される。, 平文のパスワード、ソルト文字列を指定することで、ハッシュ化されたパスワードと平文のパスワードを比較する。, © Copyright 2013, NTT DATA. 実際にはインメモリに設定する方法やDBから認証(ユーザー)情報を取得する方法などがありますが、この記事では説明しません。 あとがき. Copyright © 2019 b1tblog All Rights Reserved. Spring Securityによるユーザー認証の第一歩として、インメモリを用いた認証について説明をしていきます。またユーザーに与えられた権限を基にしたページアクセス制御や認証したユーザー情報の参照方法についても触れていきます。 2014-12-10. spring: security: user: name: hoge password: fugafuga. 割安で購入するには侍割が使えます。, 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-security', // 「/suppl01/secret/**」は認証が必要で、それ以外は認証が不要, 82.1 Switch off the Spring Boot security configuration, 9行目: このクラスが設定用のクラスであることを示す。これに加え「@EnableWebSecurity」を記述するという解説が様々なところでなされているが、この設定については, 14〜16行目: ログインできるアカウントを設定する。今回はハードコーディングする(次回、データベースに変更する)。, 24〜26行目: ログインに関する設定をする。ログインフォームのURLと、ログインフォームの中でどのパラメータ名(input要素のname属性)を使うか、ログインを処理するURL(ログインフォームのactionで指定するパス)、成功した時に遷移するURL、ログイン失敗した時に遷移するURLを指定する。, 28〜29行目: ログアウトに関する設定を行う。ログアウトを処理するURL(ログアウトフォームのactionで指定するパス)、ログアウトが成功した時に遷移するURLを指定する。, ログインを処理する「/suppl01/loginProcess」とログアウトを処理する「/suppl01/logout」はコントローラで定義しない(Spring Secutiryの機能でアクセスできるようになるため)。, 42行目: ユーザ情報を取得するには、@AuthenticationPrincipalアノテーションをつけたUserDetails型を引数にする。. TERASOLUNA Global Frameworkによるセキュリティ対策. Spring Securityの有効化とBasic認証の無効化 . 忘れないように書き溜めておいた結果、、、 Javaエンジニアのための備忘録. UsernameNotFoundExceptionがスローされた後、意図的にパスワードをハッシュ化している。(サイドチャネル攻撃対策), 上記のハッシュ化に用いる値を作成するために、アプリケーション起動時に、encodeメソッドを内部で1回実行している。, Linux環境でSecureRandomを使用している場合、処理の遅延や、タイムアウトが発生する場合がある。 しかし、ストレッチはシステムの性能に影響を与えるので、システムの性能を考慮してストレッチ回数を決める必要がある。, 暗号化する元となるデータに追加する文字列である。 後述するorg.springframework.security.authentication.encoding.PasswordEncoderインタフェースの実装クラスを使用すること。 Created using, org.springframework.security.crypto.password.PasswordEncoder, org.springframework.security.crypto.bcrypt.BCryptPasswordEncoder, org.springframework.security.crypto.password.StandardPasswordEncoder, org.springframework.security.crypto.password.NoOpPasswordEncoder, org.springframework.security.authentication.encoding.PasswordEncoder, "org.springframework.security.crypto.bcrypt.BCryptPasswordEncoder", "org.springframework.security.crypto.password.StandardPasswordEncoder", "#{systemEnvironment['PASSWORD_ENCODER_SECRET']}", "org.springframework.security.authentication.encoding.ShaPasswordEncoder", org.springframework.security.authentication.encoding.ShaPasswordEncoder, "org.springframework.security.authentication.dao.DaoAuthenticationProvider", "org.springframework.security.authentication.dao.ReflectionSaltSource", org.springframework.security.authentication.dao.SaltSource, org.springframework.security.authentication.dao.ReflectionSaltSource, TERASOLUNA Global Framework Development Guideline 1.0.0.publicreview documentation, 6. Java Spring. 本バージョンの内容は既に古くなっています。最新のガイドラインはこちらからご参照ください。, ハッシュ化に関する要件がない場合は、BCryptPasswordEncoderを使用することを推奨する。 実装 - spring security パスワード変更 実行時のメール設定の変更 (1) 私はGrailsのフレームワークを調査し始めました。 「オフライン総あたり攻撃」に強い特性を持っている。, How to extendで後述するが、DaoAuthenticationProvider は、org.springframework.security.crypto.password.PasswordEncoderの実装クラス、 ハッシュ値から同一のパスワードである事が分かってしまう。 Enter search terms or a module, class or function name. パスワードの総当たり攻撃への対策として、パスワード解析に必要な時間を延ばすために行う。 Spring Security 3.1.4以前では、 org.springframework.security.authentication.encoding.PasswordEncoder を実装したクラスをハッシュ化に使用していたが、3.1.4以降ではDeprecatedとなっている。 そのため、Springが推奨しているパターン … 本問題の原因は乱数生成に関わるものであり、以下のJava Bug Databaseに説明がある。, http://bugs.sun.com/bugdatabase/view_bug.do?bug_id=6202721, http://bugs.sun.com/bugdatabase/view_bug.do?bug_id=6521844, 本問題が発生する場合、JVMの起動引数に以下を設定することで、回避することができる。, matches(String rawPassword, String encodedPassword)メソッド, StandardPasswordEncoderのbean定義の、に以下の設定を行うことで取得できる。, Spring Security 3.1.4以前では、org.springframework.security.authentication.encoding.PasswordEncoderを実装したクラスをハッシュ化に使用していたが、3.1.4以降ではDeprecatedとなっている。 そのため、Springが推奨しているパターンとは異なる。, ハッシュ関数の計算を繰り返し行うことで、保管するパスワードに関する情報を繰り返し暗号化することである。 Spring Securityを試してみたときのメモ. Spring BootをいろいろイジってみてSpring Securityについて簡単なメモを。 今回つかったもの Eclipse(4.4) JDK(1.8) Maven(3.0) Spring Tool Suite. org.springframework.security.authentication.encoding.PasswordEncoderの実装クラス両方を設定することができる。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Amazonのレビューでは散々な書かれようだが、良書。確かに初心者向けではなく「サンプルをコピーすれば動く」という内容ではない。Webアプリケーションを「どのように構成すべきか」等の考え方を学ぶのに非常に良い。, JPAを使うなら、その1。発行年が古いが内容は(少なくともJPAの基礎については)問題ない。, 本サイトで作成しているコードはJetBrainsの製品を使っています。 フォームからユーザ名とパスワードを入力してログインする機能(ユーザ認証)を実現しよう!, Spring Securityの機能を加えよう。 Spring Security の機能を加えよう。 build.gradleのdependenciesに次の1行を加える。 Java. ただし、BCryptPasswordEncoderは対攻撃性を高めるために計算時間が多いため、 パスワードとユーザ名を入れないとページが見えなくなる。, 今回はBasic認証は使わないので無効にしよう。無効にするにはapplication.propertiesに次の1行を追加する。, WebSecurityConfigurerAdapterクラスを継承したクラスを作ることで、ユーザ認証の設定を行うことができる。, 基本的なユーザー認証の仕組みを見てきたが、このままでは不便(ユーザ情報がハードコードで管理が面倒)だし問題がある(パスワードが平文で管理されている)。次回では、ユーザ情報をデータベースに保存し、パスワードをハッシュ化して保存する方法を紹介する。. そのため、従来のPasswordEncoder(authenticationパッケージ)から、新PasswordEncoderに移行する際も、ユーザのパスワード移行が完了後、 なお、複数のユーザに対して同一のソルトを利用していると、同一パスワードを設定しているユーザが存在した時に、 Spring Securityは、Spring Frameworkの中で「認証」と「認可」といったセキュリティに関する機能を提供してくれる仕組みのようです。これを使うことでログイン機能やアクセス制御といったことが簡単に実装できるそうで……?, 少し調べたのですがあまり理解できていないのが現状です。というわけでここに調べたことをまとめて、実装しながら理解を深めていけたらいいな、という思いのもと記事を書いていきます。, そもそも認証と認可とは何なのか?認証は英語でAuthentication、認可はAuthorizationだそうです(だから何なんだ…)。, 単純に日本語で考えた場合、認証は「証を認める」、認可は「できること(可)を認める」となりませんか?, では「証」とは何でしょうか?証と聞いて個人的にイメージしやすいのは運転免許証や学生証といったものです。どちらも本人であることの証になるものですよね?, 個人的に最近漫画をBO○K○FFに売りに行ったのですが、本人確認のために運転免許証を提示しました。店員さんは運転免許証を見て本人ということを認めたので、快く?漫画を買い取ってくれました。, 回りくどくなってしまいましたがこれが認証です。対象がだれなのか?どのようなものなのか?を何かしらの「証」を基に認めることです。, もっと単純な例を出すと、最近スマホに顔認証なんてありますが、あれは顔を証として本人と認めているのです。, さてもう1つ、認可の「できること」とは何でしょうか?例えば駅の改札を通るには切符が必要になりますよね?(無人駅とか知らん)つまり切符があれば改札を通ることが認められ、なければ通ることが認められないということになります。, これが認可です。少し無理やりですが、切符がある人は改札を通る権限があるから改札を通れる、と言い換えができます。つまり認可とは権限を基に行動を認めることと解釈できます。, 認証は本人であることを認めることなので、ID・パスワードによる認証(Basic認証)、顔認証や指紋認証などの生体認証などが考えられます。, 認可は権限を基に行動を認めることです。例えば管理者ページは管理者の権限があるユーザーしかアクセスできないようにするといったことが考えられます。その他にもAPIへのアクセスはAPI KEYを必要とするといったことも考えられます。, Spring Securityはこのような認証・認可を実装するための仕組みになります。(生体認証はさすがにない), この記事ではGradleを使用しているものとします。build.gradleのdependenciesに以下を追加して再ビルドします。, 試しに適当なページを作成してアクセスしてみます。するとログインフォーム(localhost:8080/login)にリダイレクトされます。, デフォルトではUsernameは「user」、Passwordはサーバー起動時にコンソールに表示されます。, ログアウトしたい場合は「localhost:8080/logout」にアクセスし、Log Outをクリックします。, このようにSpring Securityを導入するだけでログイン機能とログアウト機能が追加されます。ただし、このままでは実用的ではないためいろいろと手を加える必要があります。, Spring Securityの設定を変更するために、設定用のConfigクラスを作成します。名前は適当でも構いませんが、「WebSecurityConfigurerAdapter」という抽象クラスを継承します。また設定用のクラスであることを示すために「@Configuration」を追加します。, WebSecurityConfigurerAdapterにはSpring Securityの設定情報が定義されており、対象のメソッドをオーバーライドすることで設定を変更することができます。, Spring Securityのデフォルトでは、ログイン・ログアウト以外のすべてのページはアクセスのために認証が必要になります。しかし、中には認証を必要としないページがあるかもしれません。, このような設定をする場合は以下のconfigureメソッドをオーバーライドします。以下のコードはWebSecurityConfigureAdapterで実装されている内容です。, このメソッドでは、ページごとのアクセス権限の設定、ログイン処理に関する設定、ログアウト処理に関する設定などを行います。今回はアクセス権限に関することを少しだけ説明します。, 例えば「/home」でアクセスできるページに対して、認証を不要としたい場合は次のようにオーバーライドします。, 複数設定する場合は「antMatchers(“/hoge”).permitAll()」を続けて設定します。, 例えば「src/main/resources/static」に「/css/style.css」があり、各ページはこのCSSファイルを読み込んでいるとします。, 先程認証を不要とした「/home」にアクセスしても、style.cssの内容は反映されません。実はこのような静的リソースに対しても認証による認可が必要になります。, 先程と同じconfigureメソッドですが引数が違います(オーバーロード)。この設定により「/css」以下にあるすべてのファイルへのアクセスは認証が不要となります。対象が複数ある場合はカンマ区切りで設定できます。, 認証に使用するUsernameとPasswordについては「application.yml(application.properties)」で設定することができます。, 実際にはインメモリに設定する方法やDBから認証(ユーザー)情報を取得する方法などがありますが、この記事では説明しません。, Spring Securityについてほんの触りの部分を記載していきました。まだまだ多くの機能があるので少しずつ理解しながらアウトプットしていけたらと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, Webを中心に独学で学んだことをただアウトプットしています。 Webを独学し始めて約1年。, HTML/CSS/javascript/Vue/Nuxt/Java/Spring Boot/Go, 今回は、前回作成したAPIに対してエラー処理を追加していきます。REST APIのエラー処理を行う場合は、Httpステータスを意識して適切なExceptionを投げる必要があります。そのあたりのことをザクっと説明していきます。, 今回はJava Data JDBCを用いた基本的なクエリの実行について、一覧ページと詳細ページを実装しながら説明していきます。通常のPreparedStatementを使用するよりもより簡単に実装できるためこれを機に覚えましょう。, Javaで開発する上でListは必要不可欠な存在です。ここではListの基本的な使い方についてサンプルを元に紹介していきます。, 今回は簡単なお問い合わせフォームを作成し、サーバーサイドに入力されたデータを送信する方法について説明していきます。Spring Bootではフォーム対応するクラスを利用することで楽に送信されたデータを扱うことができます。, Spring Boot + Spring SecurityでREST APIってどう作るの?という疑問から、その作成方法について連載していきます。今回はイントロダクションとして、REST APIの実装に必要な知識についていくつか説明していきます。, 今回はSpring Securityにおけるセッション管理について説明します。Spring Securityではデフォルトでセッションハイジャックに対する対策がされています。またRemember Meなどの自動ログインも実装することができます。.