ドライバー: Φ10.0mm © 2020 かつかつ主夫ブログ All rights reserved. クーポンコード:MB8PMA6N, NANO6 ボイスレコーダー 2645円https://t.co/BILUBPkXiN ちなみにペアリングを解除するには、ペアリングを設定したBluetoothの「設定」の画面から解除します。 ※ペアリングモードへの変更方法とOS別ご参考Bluetooth接続方法が記載されております。 型番別Bluetoothオーディオ製品のペアリング方法一覧 作成日時:2013-03-21 Bluetoothワイヤレスイヤホン「SoundPEATS Q35HD」は、クアルコム社のチップ「QCC3034」を搭載し、14時間のロング再生を実現しています。防水規格はIPX8の完全防水仕様で、ワイヤレスイヤホン最高クラス。コーデックは「apt-X HD」に対応し、Androidスマホの双方で高音質な音楽・動画再生が可能です。 世間で評判のSoundPEATSのBluetoothイヤホン「Q12」・「Q30」・「Q34」と3種類を聞いたので、どうせならそれぞれの違いをまとめてみようと思います。「Q12」・「Q30」・「Q34」それぞれの対応している音声コー... 評判が良い上に低音重視を押すモデル「SoundPEATS Q30」。どのぐらい低音重視なのか、聞いてみたかったのです。そんな訳でついに購入した「SoundPEATS Q30」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思います。音声コ... ずっと評判の良いSoundPEATS、そこの最新モデルが「SoundPEATS Q34」です。ここはそろそろ試しておかないといけないと思いました。そう、今回は「SoundPEATS Q34」について、個人的にアレコレ語ってみたいと思... 実際に使ってみて、その実力・評判に疑いはないと実感した「SoundPEATS」のBluetoothイヤホンに新型が登場しました。「SoundPEATS Q35 Pro」です。ついに個人的な要望だった「AAC」にも対応したとの事。... iPhoneにおすすめ!AAC対応 Bluetooth イヤホン 対応機器のまとめ. あとやっぱ多少なりとも音ゲーをやってると音ズレがあるBluetoothは厳しいとこですね

【エラー解消】wp-content/plugins/crayon-syntax-highlighter/crayon_langs.class.php on line 340, 【XCode】旧バージョンを残したまま最新版XCodeをインストールする方法【複数バージョン共存】, 【Xcode】Content and frame layout guides before iOS 11.0, Soundpeats Q35 ProとiPhoneが接続できない時の対処法【Bluetooth】, Soundpeats Q35 Proと iPhoneがBluetooth接続できない時の対処法, Soundpeats Q35 ProとiPhoneが接続できない時の対処法  まとめ, 【メーカー直営・100%正規品】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q35Pro ワイヤレスイヤホン ブルートゥース イヤホン Bluetooth ワイヤレス マイク ハンズフリー ヘッドホン【30日間返品フリー&1年間メーカー保証付】【送料無料】. SoundPEATS Q35 Proのレビュー!【コスパ良いしiPhoneユーザーにおススメだよ!!】 家電・ガジェット. 低価格帯のBluetoothイヤホンでは一番有名なんじゃないかと思われるほどになったSoundPEATSですが、新たに「Q35 PRO」が登場しました。以前、SoundPEATSの機種の比較をしたのですが今回、ラインナップが増えた事により新 SoundPEATS Q35 HDとProの違いは? 2020年3月現在、Amazonでは後継の「SoundPEATS Q35 HD」がメインで販売されているようです。Q35 HDは再生時間が14時間とProよりも6時間ほど長くなっており、防水性能もProがIPX6に対してHDはIPX8となっています。 Copyright © 2016-2020 私の人生の彩り方。 All Rights Reserved. 電池: 3.7V / 55mAH*2 個人的には音がどれだけズレているかっていうところも知りたいです. Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー. 低価格帯のBluetoothイヤホンでは一番有名なんじゃないかと思われるほどになったSoundPEATSですが、新たに「Q35 PRO」が登場しました。, 決定的に違うところは「Q35 PRO」だけが「AAC」にも対応しているところになると思います。, iPhoneが対応している音声コーデックは「AAC」になるので、iPhoneユーザーは「Q35 PRO」以外の選択肢はないです、と個人的には断言したい。, 本体の使用感は「Q30」「Q34」「Q35 PRO」、それぞれマグネットも付いているし変わりがないと思います。, しかし、大きな違いとしてリモコンの再生ボタンを2回押すと前に掛けた電話にリダイヤルという機能が「Q34」にはあったと思うのですが、「Q35 PRO」にはありません。「Q30」にも無かったはず。, ボタンを押し間違えて電話を掛けてしまうミスは結構起きるので、無くなって良かったと思います。, あと「Q30」「Q34」は付属品がポーチだったのですが、「Q35 PRO」は立派なケースになっていました。, どれを選ぼうか迷っているというのなら「SoundPEATS Q35 PRO」だと思います。ここまで低音が欲しくなかったなど使ってみないと分からない事もありますし、最初に選ぶのならなるべくクセのない物がいいでしょう。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 学趣会さん、こんにちは。SoundPEATSのイヤホン、私はいまだに全く使わせてもらえません。下の子にとってはもはやこれなしの生活は考えらないくらいのようです。ちなみに年ごろなのでさすがに顔出しは嫌がりますね。ずーっと前にはウインタブで顔出ししてたんですけど…。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。, 当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。, MSIに問い合わせたところ、HDMIからの出力の場合は10bitRGBに対応していて、本体のモニター…, 拝見しました。復元ソフトと使い方を紹介していただいて、ありがとうございます。謝ってエレコムUSBフォ…, 電気機器の電力とそれへの供給電力(この記事の場合充電電力)は、色々な電圧(電池電圧値に限りません)で…, 画像見るとチラっとPCIe x8基盤の先端が見えますね・・・ GTX1650はPCIe供給電源75W…, Teclast M40は私も予約開始直後に申し込みましたが、Out of Stock通知がきましたね…, 部品が足りないとかで,Teclast M40のフロントカメラが500万画素へスペックダウンしているよ…, 独身の日は日本では信じられない程の契約数になり流通が間に合わず注文してから届くまで1ヶ月とかよくある…, Dreamegg CF-8010 レビュー - 手頃な価格の空気清浄機です。自室の空気を綺麗にして快適な作業環境にしよう!(実機レビュー:ゆないと), サンワサプライ 有線ゲーミングマウス 400-MA112 - マウスに精度と速度を求める人にピッタリ!, Microsoft Universal Foldable Keyboard - タブレットユーザーにはこっちが本命!欲しい!, Pokémon GOもリリース間近だし、モバイルバッテリーを確保しておくか…、ということで3つ選んでみました, GALAXHERO ADJY601 ゲーミングチェアの実機レビュー - 快適すぎてだらけちゃいそうですが、PC環境が大きく改善されます, AUKEY モバイルバッテリー PB-N52 ー コンパクトで大容量!いろんな意味で「ちょうどいい」よ!(実機レビュー:Rydeen), Vue Smart Glasses - 骨伝導スピーカーを内蔵したスマートグラス。メガネ愛用者は注目です!, The Power Packer - なんとなくセンスの良さを感じる周辺機器用の収納ケース. こんにちは、Rydeenです。突然ですが、私の愛用スマホはHuaweiのhonor 8なんですけど、最近バッテリーの減りが速くなってきた... 骨伝導イヤホンが内蔵されたスマートグラス「Vue Smart Glasses」がクラウドファンディング中です。イヤホン内蔵メガネで、骨伝導なので耳を塞ぎません。メガネ愛用者は注目です!. これでペアリング完成です。 PCで音を鳴らせばSoundPEATS Q12イヤホンから聞こえるようになります。 BT-Micro4でペアリングを解除する方法は. 対応プロファイル: HSP、HFP、A2DP、AVRCP ●ヴォーカルがまったくこもった感じにならず、非常にクリアに聞こえる。すごくキレイ。 Q35 HD 防水強い スポーツにピッタリ 最新の防水技術とコンタクタ式充電デザインを採用し、防水性能はIPX8級に達しました。装着しながら音楽を聴きながらシャワーを浴びても全く問題ない。 If you can't play the video, it's your device doesn't support the file format. 参考になりました。早速購入してみました。 最近低価格帯のBluetoothイヤホンが結構たくさん出ていて、自分はBluetoothスピーカーをプレゼントでもらった時にセットでついていたものを1個持ってはいるものの、いわゆるオマケレベルのものだったので、どうしても有線のイヤホンに比べるとちょっと手を出しにくいなあなんて思っていましたが、これなら試しに手を出してみてもいいのかもしれないなあと思いました。, 5000円弱…かぁ ぬぬぬぬぁんとっ!4000円くらいの無線イヤホンなのにaptXHDに対応しちゃっています。 Appleが採用するAAC規格より、低遅延&高音質の規格aptXのさらに上を行く高音質の規格なんですよね。 ※黄色部分が当機種の対応コーデック あくまでもコーデック規格がハイレゾクラスに対応しているってだけ … 対応コーデック: SBC、AAC、aptX サンワサプライが税込み4,980円というお手ごろな価格で高性能なゲーミングマウス「400-MA112」を発売しました。「マウスで4,98... こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ついさっき「Microsoft Designer Bluetooth Desktop - デ... こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Microsoftが10月6日にニューヨークで開催する予定になっているプレス向けイベントです... こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。世の中「Pokémon GO」の話題でもちきりですね。なんでも20日リリース予定だったのが情... 比較的購入しやすい価格のゲーミングチェアをレビューします。ゲーム用というだけでなく、長時間のPC作業も快適になりますし、リクライニングして動画視聴をするのも気持ちがいいです。. ●密閉感がある。このイヤホンを装着して音楽を聴いていると、外部の音が聞こえにくくなる。, というものでした。彼女に聞き取り調査をしていると、お姉ちゃんが登場。ちなみに彼女は妹よりもさらに音にはうるさ型です。本当かどうかわかりませんが、幼少の頃からピアノを習い、「絶対音感」があるそうです(あまり突っ込まないでやってください…)。, お前もか!もう少しわかるように説明してくれよお…。「楽器の音が普通に聞こえる」とのこと。ダメだこりゃ、宇宙人には付き合ってらんない(ただし意味深ではあります)。続いて「これ、もうひとつもらえないの?ほしいんだけど」だそうです。「いやこれレビューを書くためにサンプル提供してもらったものだから。ほしいのなら自分でお金出して買わなくちゃいけないに決まってるだろ!」, もちろん私自身もしばらく試聴してみました。下の子の評価には納得ですが、やはりちょっと自分の能力には自信がないです。「耳年齢」ってありますよね?年齢が上がると高周波数の音が聞こえにくくなるっていうアレです。スマホのアプリでもそのたぐいのものがたくさん出てます。うちの子達はボキャブラリーはないですが、高校生と大学生と若く、日頃から音楽に親しんでいるので、私よりは的確にこの製品の音質を評価できていると思います。その2人がそろって絶賛しているわけで、音質のほうは疑いの余地はないでしょう。もしこの製品の価格が3万円とか5万円だったらこの限りではありませんが、4,290円ということであれば、どう考えても素晴らしく高品質であると判定できます。, SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q35 ProはAmazonで販売中で、6月10日現在の価格は税込み4,290円です。ちなみに後日談がありまして、ついこの記事を書く直前、下の子が通学時にこのイヤホンを使っていたところ、お友達が興味を示したので、少し使わせてあげたんだそうです。そしたら「お父さんに頼んで、私のぶんももらってくれない?」だそうです。だ・か・ら、それ無理だから。というか、若い女性の評価が非常に高いですよね。これもこの製品の誇れる品質だと思います。, また、この製品には「てんこ盛り」で付属品がついてきます。中でもケースはとても出来がよく、製品の保護に役立ちます。通学バッグなんかにイヤホンを放り込むと、教科書などの下敷きになって破損してしまう、ということもありますが、この製品のようにしっかりしたケースがついていると、そういう危険も防止できます。, 価格から見た音質には間違いないでしょう。あとは4,290円という、普通に売られているイヤホンとしてはちょっと高級な価格をどう考えるか、ということでしょうね。記事の冒頭に書いたとおり、日常的に数万円のイヤホンを使っている人もいると思うので、そういう人には物足りないかもしれませんが、スマホの付属品のイヤホンとか、家電量販店で買える1,000~2,000円くらいのイヤホンを使っている人は、思い切って試してみる価値は大きいと思います。. ついに私も、文明の利器、『ぶるーとぅーすいやほん』というものを手に入れてしまいました・・・。, ずっとiPhone純正のイヤホンを使っていたんですが、いろいろと支障をきたしてきたので、SoundPEATS(サウンドピーツ)のQ35 Proという機種を購入しました!, SoundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth イヤホン AAC & APT-Xコーデック対応 高音質・低遅延 10MMドライバー採用 8時間連続再生 IPX6防水 マグネット内蔵 ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング搭載 Bluetooth 4.1 スポーツ イヤホン ブルートゥース イヤホン 両耳 ワイヤレス ヘッドホン [メーカー1年保証] ブラック, 電化製品買うとき、メーカー名を聞いたことがないと「お前どこ中のモンじゃ!?」って気になりませんか。, そう、恥かしながらSoundPEATSっていうメーカーのこと、よく知りませんでした。だってほら、初めてだから////, Twitterの所在地を確認するとUnited Statesになっていますので、アメリカの企業なんですねー!, 作っているのはどこかというと、箱の外に「Made in China」の文字がありました。御多分に洩れず中国で作っています。, 左上から時計回りに、説明書・専用ケース・イヤーピースSS~LL(5種)・イヤーフックS~L(3種)・コード留めバックル・コードクリップ・ケースに付けるカラビナ・本体(Mサイズのイヤーピース&Mサイズのイヤーフックが付いてます)・充電ケーブル。, 開封写真は以上です。外のフィルム取って~、箱空けたらこんな感じで入ってて~みたいなしつこさは私にはございません!はい、次!, 冒頭に申し上げた、「純正イヤホンがいろいろと支障をきたしてきた」件について、ここでは説明しないといけません。, 総合格闘技に限らず、柔道やレスリングをやっていると、耳がいわゆる「餃子耳」になるのご存知ですか。, 上の写真はJOCのサイトより引用しておりますが、とても有名な柔道家で現在は総合格闘技で活躍中の石井慧選手です。, これは耳がこすれるようなスポーツをしていると起こってしまう症状で、内出血を繰り返し血が固まってしまっている状態です。, ちなみに、たまにボクサーでもなっている人がいます。逆にバリバリの格闘家でもまったく湧いていない(※)人もいるので、なるかならないかは耳の形や体質にも関係します。, ※:耳が石井選手のようになってしまう現象を、通称「耳が湧く」といいます。テストに出ますので覚えておきましょう, 私の耳も、石井選手ほどはないですが、すこーし変形していて特に右側はiPhone純正のような形のイヤホンが入らないんです。, 今までは無理に使っていましたが、頻繁に耳から落ちるのと、無理に押し込むので耳が痛くなってくるのとで、ついに我慢できなくなりカナル式を購入することにしたんです。, アップルから発売されてるAirPodsがシンプルでかっこいいですが、あれも私の耳には合わないんでしょうな~。, 全てのサイズのイヤーピースとイヤーフックを試してみましたが、普通のイヤホンがギリギリ使える左耳は、イヤーピースM・イヤーフックMでいけそうです。, 右耳はというと、イヤーフックがあるとフックのスポンジ付け根が耳と干渉してハマらない・・・。イヤーフックを外して装着するとすっぽりとハマっていい感じでした。, 正直、左耳もイヤーフックがない方がおさまりがいいんですが、イヤーフックはイヤホンを耳の奥に入れ過ぎない効果もあるのかなと勝手に想像をしていまして、また片方だけイヤーフックを付けてると左右がぱっと見ですぐわかるということに気が付きまして。, 正直、なにそれおいしいの?って感じで、聴き比べをするほどイヤホンを持っていないので分かりません。←, でも、耳にすっぽりと装着できるので、すごくいい感じに聴こえます!いい感じ////!, ブルートゥースのイヤホン選びをするときに重要な点の一つに『コーデック』というものがあります。, コーデックとは音を転送する際の音声圧縮形式のことらしく、iPhoneを使っている人なら「AAC」、Androidを使っている人なら「apt-X」が良いとのことです。, iPhoneは「apt-X」非対応らしいです。聴くことができないわけではありません。聴く人が聴けばわかる、音の違いがあるということでしょう。, そんで、このQ35 Proはapt-XとiPhoneに適しているAACの両方に対応してるんです。これより以前の機種はapt-Xにのみ対応しているそうです。, 私は根っからのiPhoneユーザーですので、Q35 Proを選びました。AACに対応してるから、いい感じなんですね~、うんうん。, ということで、iPhoneユーザーは旧機種じゃなくてQ35 Proを選びましょう。そうすれば、いい音質で音楽が聴けることでしょう。, 防水機能ですが、IPX6防水対応になっていて、IPX6とはどのレベルの防水なんや!ってところですがこれは「耐水性能がある」というレベルです。, スポーツによる汗や突然の降雨、また装着してシャワーぐらいはおそらく大丈夫。水没させたらアウトですよ。って感じです。, IPがInternational Protectionの略でつまり防塵防水のレベルを示す国際基準のことで、, を表します。Xというのは10ではなくバツで、防塵機能は付いていませんということです。防塵機能はX、0~6で示し、防水機能はX、0~8で示します。, 防塵機能はないけど防水機能は6なんで、付けて泳いだり湯船に浸かったりしない限り、まぁ大丈夫でしょう!(シャワー浴びて壊れてもわたしゃ保証しませんよ、ご参考程度にどうぞ。), イヤホン部分にはマグネットが入っていて、右と左をくっつけることができます。ちょっと耳から外すときなどに首に下げることができて便利です。, SoundPEATSのtwitterをみていると、たまにAmazonで使える期間限定クーポンコードが載っていますので、これから購入を検討している人はtwitterもフォローしておきましょう。, Q31 Bluetooth イヤホン 2160円https://t.co/Mt5WSHqN1b チップセット: CSR8645 SoundPEATS Q35 HDとProの違いは? 2020年3月現在、Amazonでは後継の「SoundPEATS Q35 HD」がメインで販売されているようです。Q35 HDは再生時間が14時間とProよりも6時間ほど長くなっており、防水性能もProがIPX6に対してHDはIPX8となっています。 これまではiPhoneに付属していたAppleのイヤホンを使っていたのですが、いろいろと不便に感じることが多かったんですよね。充電中はイヤホンが使えないとか。, ということで、Amazonで人気だった「SoundPEATS Q35 Pro」というワイヤレスイヤホンをポチりました。, 以下、私が(初めての)ワイヤレスイヤホンを購入する際に重視したポイントや「SoundPEATS Q35 Pro」の感想・レビュー、実際の生活で使用しているシーンについて紹介します。, 「SoundPEATS Q35 Pro」をレビューする前に、私がワイヤレスイヤホンを選ぶ際に何を基準にしていたかについて書いておきます。, ※私にとって今回買った「SoundPEATS Q35 Pro」が初めてのワイヤレスイヤホンとなります。他の製品との比較等はできませんのであしからず。, 私は特に音質へのこだわりはなく、「雑音混じりで聞いていて不快!」とか「遅延が半端ない」といったレベルでなければ問題なし。低音がどうの、音域が云々は正直どうでも良いです。そもそも、そこまで聴き分ける能力もありませんし。, Amazon等のレビューを見る限り、「SoundPEATS Q35 Pro」は音質が極端に悪いというわけではなさそうで(そこそこ音質は良いとの評価が多かった)、この点はクリアしていました。, (本音を言えば、AppleのAirPodsを買ってみたかったのですが、イヤホンに1万5千円以上費やすのは私の中であり得なかったので断念), 「SoundPEATS Q35 Pro」を私が購入した時の値段は4,290円(現在の価格は変わっているかもしれません)。たしか2,500円ほど割引になっていたと思います。, これは完全に私の個人的な金銭感覚ですが、4,000円台というのは「安過ぎず高過ぎない」ちょうど良い価格だと感じます。, レビューを見ると、この値段でこの品質はなかなかコスパが良いという評価もありました(私も実際に使ってみてコスパはけっこう良いと思います)。, 私はワイヤレスイヤホンについて全く知識のないど素人なものですから、商品を選ぶ際にはやはり他の人の評価・評判を気にします。, レビューがほとんど載っていない商品や評価が極端に低いものは選択肢から除外しました。, 「SoundPEATS Q35 Pro」は2018年11月末時点のレビュー数が500以上。評価も星4つです。, Amazonのレビュー数がどれだけ信用できるものなかのかといった問題はありますが、実際に使っている人のブログ等も読んだりして「まあ大丈夫だろう」と踏みました。, 中にはSoundPEATSが中国企業だということで不安を感じる人もいるようですが、そこは全く問題とは考えませんでした。今や中国企業の商品は価格が安い割になかなかの品質を保っているという印象を私は持っています。, 先に述べた通り私はイヤホンなどの機器について知識のない全くの素人なのですが、どうやらiPhoneユーザーがワイヤレスイヤホンを購入する際には「音声コーデック」なるものについて注意する必要があるようです。ここを無視すると音質がかなり劣化したり大幅な遅延が起きたりするらしい。, 音声コーデックには主に「SBC」「apt-X」「AAC」といった種類のものがあるそうなのですが、iPhoneはAACにしか対応していないとのこと。apt-XはAndroidスマホで対応しているものが多いそうです。, 「SoundPEATS Q35 Pro」はAAC、apt-Xの両方の音声コーデックに対応しています。, ちなみにSoundPEATSの他のワイヤレスイヤホン(Q30、Q34)はAACに対応していません。, SoundPEATSのワイヤレスイヤホンの購入を検討していて、かつiPhoneやiPadでの使用を考えている方には「Q35 Pro」をおすすめします。, ※Q35 Proよりも再生時間が長く防水性能も優れたQ35 HDもAAC、apt-Xに対応しています。, それでは、「SoundPEATS Q35 Pro」のレビュー、使ってみた感想について書いていきます。, 「SoundPEATS Q35 Pro」の見た目ですが、そこそこ格好良いと感じます。, 当初買おうか迷っていたAirPodsは価格の高さ以外に斬新な見た目もネックとなりました。耳からぶら下げている感じがどうにも私の目には奇異に映るというか。最近はだいぶ見慣れましたが。, 「SoundPEATS Q35 Pro」は無難なデザインだと思います。そもそもデザインへのこだわりはありませんが、あまりダサいのもイヤだったので概ね満足です。, 首にかけられる作りなのも気に入っています。AirPodsのように完全コードレスで耳にはめるタイプは落ちてしまわないか心配になってしまうんですよね。, 私はスマホやPCとコードでつながっている状態をとにかく不便に感じていたので、完全ワイヤレスであることに魅力は感じません。, 「SoundPEATS Q35 Pro」は左右のイヤホンに磁石が内蔵されていて吸着するようになっています。これが意外と便利。, 一時的に使わない場合に首にかけたままにしておけるので、首からするりと滑り落ちる心配がありません。, 音量調節ボタンの中央にある再生マークの箇所を長押しすると電源がONになるのですが、そのときに「Power on」と英語音声で知らせてくれます。, 他のワイヤレスイヤホンにこのような機能があるのかどうかはわかりませんが便利な機能だと感じています。, 「SoundPEATS Q35 Pro」はイヤホンのゴム部分が耳の中に入り込む形状になっています。, 耳に入れるだけである程度の遮音性があり、耳栓のようにも使えます。さながら「音の出る耳栓」といった感じ。他の商品との比較はできませんが、かなり遮音性は高く感じます(ノイズキャンセリング機能も付いています)。, これは購入前には知らなかったことなので想定外のメリットでした。騒がしいカフェで作業するときにその効果を感じます。, メーカーの説明では8時間連続再生となっているのですが、実際に使った感想としてもバッテリーはかなり長持ちするなぁという印象です。, 付属品のイヤーピースが豊富に揃っているので、自分の耳にフィットするものを選べます。, 今回購入した「SoundPEATS Q35 Pro」を私がどのようなシーンで重宝しているかについても紹介します。, 自宅で家事をしているときに重宝しています。洗濯物を畳んだり、料理をしている時ってそれだけに集中するとつまらないし気が乗らないんですよね。なので私は音楽を聴いたりYoutubeを流したりしています。, Youtubeはバックグラウンド再生に対応していないので(特定のブラウザを使用すればできるようですが)、ワイヤレスイヤホンはかなり便利。リビングのテーブルにスマホを置いてキッチンで料理しているのですが、とても捗ります。, コード付きのイヤホンの場合、スマホをポケットに入れるなどしないといけないのでバックグラウンド再生機能のないアプリだと使いづらいのですが、ワイヤレスにしたことでこの問題が解決しました。, 上で紹介したように、「SoundPEATS Q35 Pro」は遮音性が高いので少し騒がしいカフェなどで読書する際に便利です。, 私はブログを外で書くこともあるのですが、執筆中も音楽を流せば周囲の音はほぼ気にならないので集中できます。, 最近私はiPhoneのスピーチ機能を使ってWEBの記事を「聴く」のが習慣になっています。スピーチ機能はバックグラウンド再生も可能なので、ポケットに入れた状態で気になった記事を聴くことができます。, これはコード付きのイヤホンでも可能ですが、コードがないと煩わしくなくていい感じです。, 私はiPhone8plusを使っているのですが、このタイプはイヤホンジャックがないんですよね。, iPhoneは7以降、イヤホンジャックが非搭載になりました。これに関しては不便を感じている人も多いのではないでしょうか。, イヤホンはLightningコネクタを使わなければいけません。つまり、充電しているとつかえなくなります(ワイヤレス充電をすれば可能ではありますが)。, これがかなり不便で、今回ワイヤレスイヤホンの購入に至った大きな理由の一つでもあります。, 普段、iMacでNetflixを見ることが多いのですが、その際にコード付きのイヤホンだとどうしても距離ができてしまいデスクチェアをリクライニングした状態だと届きません。, その点、ワイヤレスだと距離を気にしなくて済みます。めちゃくちゃ離れない限り、遅延等もありませんし便利です。, 私は運動不足解消のためにYoutubeのワークアウト動画を見ながら腕立てや腹筋、もも上げなどの運動をしているのですが、このときにもワイヤレスイヤホンは便利です。, 「SoundPEATS Q35 Pro」は(私の場合)耳にしっかりとフィットしてくれて落ちる心配がないので運動・スポーツする際にも使えると思います。, 以上、「SoundPEATS Q35 Pro」を4ヶ月使ってみた感想・レビューでした。, 今のところ買って後悔はありません。とても満足しています。「AAC」対応ですし、AirPodsはちょっと高すぎるなぁと感じているiPhoneユーザーには特におすすめです。, 2020年3月現在、Amazonでは後継の「SoundPEATS Q35 HD」がメインで販売されているようです。Q35 HDは再生時間が14時間とProよりも6時間ほど長くなっており、防水性能もProがIPX6に対してHDはIPX8となっています。製品情報を見る限り、両商品のサイズや重量はほとんど同じです。Q35 HDの方は充電方式がマグネットコンタクタ充電という方式に変わっています。HDの価格は私がProを購入しときの金額と大差ありません。, ▼Q35 HDはこちら(※楽天やYahooショッピングのリンク先は検索結果画面となります。当該商品とは別の商品が表示されている可能性があるので、ご注意ください), ▼完全ワイヤレスイヤホンのおすすめはこちら。用途によってQ35 Proと使い分けています。, ライター・ブロガー・1児の父。教育系出版社のWebディレクターを経て2013年フリーランスに。たまに翻訳もします。. インピーダンス: 32Ω±15% at 1KHz(DC) 2019.03.08. 待機時間: 約100時間 再生周波数帯域: 20Hz-20KHz クーポンコード:3QGCG2SK, 2018/10/13 00:01~ 2018/10/14 23:59 pic.twitter.com/cXVzA8iJjG, — SoundPEATS Japan (@SoundPEATS_JP) 2018年10月13日, Q31に関してはこの記事執筆時(18/10/20)、Amazonで3,099円ですがクーポンを使えば939円も安くなります。お買い得!, クーポンが使えなくても、私が購入した新しい機種Q35 Proで4,290円なので、他のブルートゥースイヤホンと比べればだいぶ安いです。, Amazonにも楽天にもメーカー直営店があります。偽物をつかまされる心配もありません。, イヤホン選びに困ってるiPhoneユーザー!SoundPEATSにしちゃいなさい!, 妻に飼育員と呼ばれています。犬、トカゲ、鳥、熱帯魚、息子、娘、そして妻と楽しく暮らしています。. 最大通信距離: 約10 m(見通し距離) 通信規格: Bluetooth 4.1 最大通信距離: 約10 m(見通し距離) 対応プロファイル: HSP、HFP、A2DP、AVRCP 対応コーデック: SBC、AAC、aptX チップセット: CSR8645 ドライバー: Φ10.0mm 出力音圧レベル: 92 ± 3dB at 1kHz 1mW 再生周波数帯域: 20Hz-20KHz インピーダンス: 32Ω±15% at 1KHz(DC) 電池: 3.7V / 55mAH*2 再生時間: 約8時間(音量が60%で) 充電時間: 約1-2時間 待機時間: 約100時間 サ …