「グリルボールを外すと高域特性が良くなって音ヌケが良くなる」 では、AマイクでもマイクアンプのGAINを上げて収音すれば良いではないか・・・とは行かないのです。GAINを上げると良質のマイクアンプでもアンプノイズが耳障りになるからですね。 そちらを抜いてご自分のマイクを入れて大丈夫です。 SM58+ポップガード という組み合わせよりも、ボーカル録り(男声)に適した選択があれば教えていただけないでしょうか。 カラオケ機の前面右下角あたりにマイクという穴が二つあって これまでSM58をスタンドに装着し、ポップガードなしでボーカル録りをしていました。 http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=738%5EUS122L%5E%5E マイクゲインのつまみは目一杯に近い所まであげてなんとか普通に聞こえるようなのですが、そこからつまみが全開になる位置はほんの少しといった状態...続きを読む, 現行モデルのFast Track(黒いボディで上にツマミが3つ付いている)ですか? ほんの一例:http://www.audio-technica.co.jp/products/mic/pro-300.html >だれかが音量を下げている 生徒:??? 初期不良が濃厚のようですね。。, 回答ありがとうございます。 ELECOM USBサウンドアダプタ USB-SAV51 を検討しています。 UR12はファンタム電源ついているので、音質的に言えばコンデンサマイクをおすすめですが、用途がスカイプですと少し大げさですね; 感度の低いマイクは実質的なS/Nが採れません。余程音元音量が大きくないとオフマイクで使う事はありません。 規定レベル -30dBu(31.6mV) 環境ノイズをAマイクと同じにするためには、ノイズ元をさらに10倍遠くへ退けなくてはなりません。 マイク端子へそのまま挿して録音みたところ、 ダイナミックマイクは至近距離の音を録音するのに適したマイクですが、音源に対してどのようにマイキングされておられるのでしょうか? むしろ、絶対的なゲインの不足のほうが問題でしょう。AT-VD4の定格出力レベルは-55dBVです。これは、ダイナミックマイクとしては常識的なレベルですが、Fast Trackのマイクプリのゲインは48dBしかありません。 グリルボールの中には、スポンジのポップガードというかウィンドシールドというか…が仕込んであるわけなんですが、これが高域の集音特性を阻害しているという考えから、 >> ナチュラルな感じの声を出力するマイクって、こういう物より多少は高かったりするんでしょうか? // 以下環境です。 SM58は、もともと至近距離で歌って低域が強調されてしまうのを見越した設計にはなっている(ステージボーカルマイクは、原則そういう設計になっている)のですが、それでも10センチくらいが普通のアマチュアの声なら音質的には調度良いあんばいの距離です。 『感度の高いマイクは環境ノイズを拾いやすい』 1年半くらい、オーテクの安物のマイクを使用していたのですが、あまりにも音がひどいものになってきましたので、まともなマイクを購入しようと考え、1万円前後で購入できる機種ということで、定番のSM58を検討していたのですが、調べていくうちに、BETA58Aも候補に入ってきました。 UR12はファンタム電源ついているので、音質的に言えばコンデンサマイクをおすすめですが、用途がスカイプですと少し大げさですね; マイク(プリ?)アンプを使えば、 ※音響機器の知識は皆無ですのでご理解を。 メーカーは単に私の趣味なので、他のメーカーでも同クラスのものはあります。価格は単にメーカー希望定価なので、もっと安くは手に入るでしょう。 ールがある, XLRアウトプットのピンが金メッキ, マイクケースの袋が本物のものより小さい, (マイクがぴったり入るくらいの大きさ), コネクタ接続部分近くに、ネジ穴を含め穴が3つ, グリルを取り付けるねじ山部分が金色で、本物のグリルとはあわない. 編集で音量を上げる事は当然の事なのでしょうか? 「感度」と「イコライジング」は、もともと別の話です。 または、その増幅するアンプなどもお解かりになればご指導いただければ幸いです。 で、録音はサウンドフォージというソフトを使用してるのですが 可能なら、最初はSM58を買ってうんと使い込んで、そのうちSM58で顕著な不満が出てきたら、その不満を解消できそうなマイクに買い換える…というパターンをお薦めしたいですね。 beta58やbeta57はsm58 に比べて高出力です。 つまり、音がデカい! つまりボーカルの声が小さくてもそれなりに大きな音で拾音してくれます! やっぱりマイクに入ってくる音量次第で最終的な音質さえも変わってきますので、 これは結構重要です。 サイズは小さ. 前にどこかのサイトで、「SM58のグリルボールをわざと外して使用することがある」と読んだのですが、いろいろ検索してみても、グリルボールの販売のサイトばかりが出てきてしまい(笑)、見つかりません。 ヘッドフォンは正常に使用できております。 トラックもMAIN MIXのボリュームスライダーもMAXに設定してます。 宅録をしたく、先日オーディオインターフェース(TASCAM US-122MKII)を購入しました。 XLR端子のものは少なく、多少高価...続きを読む, 検索したら同じような質問が過去にもあったのですが DAWソフトで録音すると波形がとても小さくなっています。 マイクとFast Trackの接続は普通にキャノンピンで行っていますが、そのケーブルのメーカーなどはわかりません、普通に安いものを買ったものです。 ケーブルのせいでここまで音がスポイルされてしまうのか・・・ここらが素人なのでよくわかっていないのですが、多分ケーブルのせいはないような・・・と思っているのですが・・・素人判断なのでなんともいえません。 ダイナミックマイク⇒XENYX1202FX(ミキサー)⇒UCA202⇒PC です。 『感度の低いマイクはオフマイクで実用的な収音ができない』 音量が上がるそうですが、高いのでちょっと・・・。 伸びるとこでも声がプツプツと切れて >ライブの時と、レコーディングの時とではマイクの使い方が大きく変わってくるんですね! US-122MKIIに設定した場合に 他一覧 あとがき 「ゲーム実況はじめたいけど、どんな商品をそろえればいいのかわからない・・・」 「ゲーム実況やってみたけど、自分の声がぼそぼそきこえる・・・」 「マイクの種類が多すぎてどれを買えばいいのかわからない・・・」, 最近話題になっているゲーム実況。 ゲーム実況で楽しくしている人をみていると自分もやってみたいと思いますよね! でも、自分の声を聴いて、う~ん。なんか好きになれないなあ。なんていう人も多いのではないでしょうか。, そこで今回は、マイク界のスタンダード!と言われているSM58というマイクについて、僕の感想を書いていきたいと思います。, それはなぜなのか?ということを今回の記事では書いていきたいと思います。 SM58のここいいよ!というポイントであったり、他のカメラとの比較。実際に使ってみた感想まで、SM58に関する情報をわかりやすくまとめています。, 記事を読んでいただければ今すぐSM58でゲーム実況をしたいと思うはずです! それではまいりましょう!, 一応最安値を見てみると駿河屋になっています。 ただし、これは中古品であるということを覚えていてください。, というのも、マイクというのは実は消耗品なんですね。 マイクを使っているとその人の癖がどんどんマイクにのりうつっていきます。, 簡単にいうと、マイクを使ってる人の音域が強調されやすくなっていくわけですね。不思議ですが。, そのため、中古品を買ってしまうとマイクに癖がついてる状態で買ってしまうことになるので気を付けてください!, 11000円程度で買える、楽天市場やサウンドハウスで買うのが一番無難かと思います!, で!話をもどしまして。この値段帯で高クオリティを発揮しているマイクって実はないんですよ。, マイクは真空管を使っているので基本的に高いと思っておいたほうがいいです。 ですので、高クオリティにしたいけどコストをそんなにかけたくない!という人にめちゃくちゃ良いマイクかと思います!, あなたがカラオケで使っているマイクを想像してみてください。 必ずカラオケボックスには2つほどマイクが置いてありますよね?, SM58というのは業務的にもコスパがよく、大量生産も可能なマイクです。 だからマイクが大量に必要なカラオケなどで置かれているわけですね。, 私たちが子供のころから見ていて、使いやすいマイクなので、実際に使い始めてみてもすごくやりやすかったです!, マイク系統って地面に落としてしまうと割と壊れてしまいます。 衝撃にはめっぽう弱いので。, でもSM58ってゲーム実況中に落としたり(あまりないとおもいますが)してしまったとしても、また1万程度で買えるわけなので、安心できるのがいいですね!, 高いマイクを買ってしまうと、「ゲーム実況しないともったいない!」って思ったりしてプレッシャーに感じてしまうこともあります。 だから、コスパの良いマイクを買っておくと気軽にゲーム実況をすることができていいですね!, sm58はマイクの中で一番基本と言われるマイクになりますので、これを使うのが一種の正解とは言えます。, ゲーム実況においておすすめしたいマイクの特徴は、収音性が高いものにするということです。, というのも、マイクによって人の声が入りやすいか入りにくいかという特徴が存在します。, ただし、1つ大きな弱点として湿気などに弱いという特徴があるわけですね。 ゲーム実況って結構マイクをだしっぱなしにすることも多いし、コンデンサーマイクを使ってしまうとすぐに痛んでしまいます。, それに「広く大きく」音をとらえるため、周りの生活音とかも結構拾ってしまいがちなんですね。 だからコンデンサーマイクを使うぐらいなら、SM58を使う方がよいかなあと思います。, もちろん! 超、超、超クオリティを目指している方ならコンデンサーマイクを使うのはおおいにありですけどね!, リボンマイクの特徴はやさしい音になるというのがあります。 他のマイクにはない、独特な音になるのでリボンマイクじゃないとダメ!なんてコアなファンもいらっしゃるくらいです。, ただ、ゲーム実況においてやさしい音になるというのは声質が変わってしまうという風にいえます。, そうなるとゲーム実況者さんの声に違和感がでてきてしまうため、個人的には推薦しません。, ただ、自分の声をやさしい音に変えたいんだ!という人はリボンマイクでもいいかもしれませんね。, ボーカルのレコーディングとか、カラオケのマイクは必ずといっていいほどダイナミックマイクですね!, だから、ゲーム実況においてはSM58が一番最強じゃないかな~なんておもっちょるわけです!, それでは、ダイナミックマイクの良さが分かったところで、sm58の種類ってどんなものがあるのか?まとめておきたいと思います。, ゲーム実況においてはマイクケーブルを接続するのがめんどくさい!という方はSM58-LCEで良いな!なんて思うかもしれません。, ですが、パソコンに接続する関係上SM58じゃないとそもそも使えませんので、ご注意くださいね!, ここまでの話をきいて、どのマイクにしようかな~!なんて迷ってる人がいるかもしれません。, 僕がsm58にした方がいいんじゃないかな~という理由を「安さやコスパ」にフォーカスしてご説明していきたいと思います。, なんといってもまずはこれ!2年保証がついているということ。 簡単にご説明すると、2年以内であれば壊れても新品と変えてくれるということですね!, コスパが良い上に2年保証がついているなんてそんなにないと思うんですよね。 良いマイクに保証がついてるのは当たり前だとは思いますが。, SM58というマイクは、良くいえば一番スタンダード。 悪くいえば可もなく不可もなく。という音がします。, SM58が人間にとっての一番基本の音になるので、ゲーム実況としても自分の声をそのままで声が出せるわけです。, グリルというのはよくマイクとかについているふわふわっとしてるポンポンみたいなやつです。, これをつけていると、周りの環境音をかぎりなくカットすることが可能です。 そのため、ボーカルレコーディングとかでは必ずついています。, ゲーム実況においても、雑音が消えるのでグリルがあるというのはとてもいいことなんですね!, そのグリル交換って結構手間だったりするわけです。 SM58なら簡単に交換することができちゃいます!, これはもうまちがいないです。 PAの方もマイクを使う人全員SM58に1度ははまったことがあるのではないでしょうか!, この会社はマイクの世界で有名なメーカーで、スポーツ用品のアディダス。 くらいの知名度があります。, ということで次はsm58というマイクについてのそもそもの特性や性能についてまとめていこうと思います!, これを知っておくことで、ゲーム実況になぜ最適なマイクなのかということがわかって頂けると, やはり、定番のマイクとして名がしれているのでめちゃくちゃ安定しています。 丈夫ですし。, ゲーム実況に使うマイクとしてはこれから王道になってくるんじゃないかな~と個人的に思いますね!, 総評するとsm58のようなダイナミックマイクはオールラウンダーなマイクということができるでしょう。, もし、本格的なマイクがほしい人はちがうマイクを買ったらいいと思いますが、ゲーム実況をするならオールラウンダーなsm58を使うのか一番です。, もちろん誰が使い始めたのか? ということはわかりませんが、声をなりわいに人達がこぞって使うマイクというのはそれだけでも使いたくなるな~!と個人的に思います。, マイクに関してはど素人の僕ですが、知り合いの音響のプロの方にお聴きしても「SM58はほんまおすすめやで~」といっていましたので、まちがいないです。, 唯一の弱点としては音質は他のマイクに比べておちるので、そこだけ許容できるのであれば大丈夫かと!, ちなみに1つ注意をしておくと、sm58だけ購入してもゲーム実況で録音することはできません。, というのもsm58というのはそのままアンプと呼ばれる音量増幅器に接続するのが一般的です。, でも、パソコンに接続するときはそのアンプがないわけですね! その代わりにオーディオインターフェイスと呼ばれる機械を使って電気信号に変えて、パソコンに接続させるわけです。, まあ簡単な話をすれば、マイク一本ではパソコンにさせません! オーディオインターフェースも買ってくださいね~!って話ですね。, ゲーム実況の際におすすめなインターフェースとしてはTASCAMが出しているMINISTUDIOっていうのが本当におすすめです!, ぼくもyoutubeなどをやっていたりして、声を出す機会が多いので、sm58を買ってよかったと本当に思いますね!, sm58の商品には色々なタイプの商品がありますが、がっつり類似品が出回っているのはこのマイクの特徴ですね。 定番かつ人気な商品の宿命だと思います。, 自分自身ゲーム系のヘッドフォンマイクやイヤホンなど色々ためしてきました。 ですが、やっぱりこのsm58に買う商品は正直ありませんでしたね。, ゲーム実況をやっていて、自分の声を高音質にしたいなあって人。 騙されたと思って使ってみてください。 自分の声がみちがえるはずですよ!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.