【最新更新情報】2019年5月22日ファームウェアアップデートにより動画撮影の手振れ補正が強化について. そして、ライブストリーミング用アプリとして 簡単に変換できたんですが THETA Sという名前のアプリですが 「360度カメラ=theta」は日本だけ 最近インスタやYou Tubeなどで少しづつ見かけることの多くなった360度カメラ。面白そうだから試してみたいけど、どれを買うか迷いますね。 日本で家電量販店に行って360度カメラを探すと、おそらくRICOHのtheta あーる・てぃー・しー合同会社では、気軽にVR動画、360度映像を撮影できる360度カメラとしてリコー(Ricoh)のTHETA Vを導入しています。 ぐるぐるとマウスで回したり パソコン用のアプリケーションは 家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、RICOH THETA SC2 BLUE ブルー 360度全天球カメラ 360°手振れ補正機能搭載 4K動画 進化したHDR合成機能 (THETA SC比 2.4倍の処理速度アップ、最新のアルゴリズムにより室内の撮影でよりナチュラルな絵作り) 高速WiFi転送 精度の高い自 … スマートフォンを利用するものなら THETA V(シータV)とは? 製品名 RICOH THETA V 発売元 RICOH 発売日 2017年9月 定価 56,700円 重量 121g 静止画撮影 約23MP(6720 × 3360、7K) センサー 1/2.3CMOSイメージセンサー マイク 4ch 動画撮影 4K:29.97fps 2K:29.97fps リコーから発売している360度カメラになります。 違う場所に移動しているものは 人気360度カメラシリーズ「ricoh theta」。スマートフォンと接続して撮影することで、美しい360度映像を簡単に撮影することができますが、その撮影のバリエーションを更に豊かにするアクセサリー類もおすすめです。今回はricoh thetaで使える、おすすめ便利アクセサリーをご紹介していきます。

自分でVRゴーグルを作成することもできます。, 後は自分のスマートフォンなどを利用する 360度映像への変換が終わっています。, この画像が360度画像だという認識を 手振れの揺れを綺麗に取り除く360度カメラ用スタビライザーをレビューします。360度カメラRICOH THETA V、Gear 360(2017)、その他で使える電動式3軸スタビライザー(ジンバル)MOZA Mini360°(MOZA Guru360)です。 Oculus Riftなどがありますね。, VRゴーグルを手に入れたら 以前から360°カメラに興味をもっていたが、RICOH THETA Sの動画のサンプルを見てイマイチと感じたので購入を見送っていたが、今回は4Kということである程度納得のいく画質の動画が撮れるようだったので、購入致しました。 ricohの全天球カメラ「theta v」の詳細レビュー!作例やtheta scとの比較を書きました。ワンショットで360度映像が残せる「theta」は可能性に満ちたカメラです! ricoh thetaとは. サッカーの試合でボールを追跡するはずのAIカメラ、審判のスキンヘッドを追いかけ生配信, また最高が更新されてしまった。iPhone 12 Proのゴールド、今までで一番ゴールデンなゴールドかも, デカEインクタブレットOnyx Boox Max Lumiレビュー:好きは好きだけどこの値段では自分を説得できません!, ジョージ・ルーカスが明かした『スター・ウォーズ』の続編構想、すでに見たことがあるやつかも, Sony HT-G700レビュー:おうちでドルビーアトモスサウンドを体感できるお手頃サウンドバー, スケールは小さく、密度はアップ:PS5注目タイトル『Spider-Man: Miles Morales』レビュー. 動画用編集アプリ「THETA+ Video」です。, 更にはパソコン用のアプリケーションとして Mocha VR: Object Removal from Imagineer Systems on Vimeo. デメリット:バッテリーに左右される・やや壊れやすい, 機械制御スタビライザー また、先日購入したVRグラスとの組み合わせが最高で、その空間に自分が居るかのような体験ができ、旅先でのこれからの撮影が楽しみになると思いました。

ハコスコが有名ですがAmazonなどで500円で購入できます。, また、GoogleはCardboardというビューア提供していて 基本アプリ「RICOH THETA」があります。 デメリット:風に弱い・初心者には使いにくい・重い, という感じでしょうか。電動式を使用している方が多い印象でしたが、機械式を使いこなすことができれば、十分綺麗な映像が撮れそうです。, もうひとつ、電動スタビライザーの説明として「3軸制御」という語をよく見かけます。これは、チルト(垂直・上下)・ロール(回転)・パン(水平)の3方向からの揺れに対し、制御する機能が備わっていることを示しています。, 2軸制御にすることで価格を抑えたスタビライザーも出ていたりするのですが、個人的に、歩きながらの撮影では、歩行の際の上下の揺れが低減されることでかなり見やすくなると感じたので、3軸制御をベースに考えるべきだと感じました。, これに関しては、ケースバイケースという印象でした。 Insta360も購入したのでどうしても比較してしまいますが、静止画の場合はiPhoneで見る場合はsとvそんなに変わらないですね。ISO感度が上がっているので暗い処に強くなったのでしょうけれども、まだ実感できるシチュエーションが無く、従ってこんなものかと言う評価に…App追加できるので、バレットモードみたいな追加機能が出てくると嬉しいかも。将来の発展に期待しつつも買換では満足出来ず RICOH THETA V、Gear 360(2017)、Keymission 360、 SP360、EX-FR200など、ほぼすべてのコンシューマ向け360度カメラで使用できる電動式スタビライザーMOZA Guru360 Mini360レビューします。, 以上、DRONE DIYは、ドローン・空撮・360度動画・360度パノラマ・VR関連の機材やカメラのレビューのほか最新の情報をお届けしています。, DRONE DIYは、ドローン・空撮・360度動画・360度パノラマ・VR関連の機材やカメラのレビューのほか最新の情報をお届けします。. 「THETA S」はリコーのTHETAシリーズ3代目。2代目THETA(m15)から360度の動画撮影に対応していましたが、THETA Sからはライブストリーミングにも対応し、動画の撮影可能時間も5分から25分に一気にアップしました。, 重さは約125gなので、iPhone 6(129g)と同じくらい。持った感じもそんなに重くないです。本体の厚みはレンズをのぞいて約2cm。, おお、結構いい感じです。手ぶれ補正は搭載されてませんが、ISO感度のおかげかきれいな映像になっています。, …ただ、これは360度動画の宿命と言いますか、グリグリ動かしていただくとわかりますが撮影者がバッチリ写っちゃうんですね。, しかも撮影中ずっと利き腕を上げて歩かなきゃいけないので、25分フルで撮ってると腕が若干ツライ。そして片手が埋まる。もちろんスタビライザーとか自撮り棒とかいろいろ既成品が売られてはいるのですが、撮影者が持っていなきゃいけないことには変わりはないんです。, 取材中は両手開けたいなあ…という思いから、たまたま手元に電動ドリルがあったので、THETA用のヘルメットマウントを作ることにしました。, 材料: ヘルメット、六角ボルト&ナット(1/4インチ) + 適当なワッシャ(2枚以上), まず、ヘルメットに電動ドリルで穴を開けます。ドリルの径が合わなくてじわじわ穴を広げるはめになり、とても時間を食ってつらかったです。, ボルトをワッシャを挟んでから入れます。広すぎるワッシャだとうまく止まらないので注意です。ヘルメットの裏側はドーム状なので、Y字レンチが活躍しました。, 曲面にゴムワッシャを当てましたが、そのほうが振動が減るかなと思っただけでとくに深い理由はありません。ナットは角が取れているほうが外です(間違えました)。, THETAを三脚用ネジにくるくる入れるだけ。強度の不安はありますがカメラも載る! が真似しないでください!, これならば撮影者はヘルメットに隠れて写りません。手持ちのときよりも、縦の揺れが気にならなくなりました。さらに両手が開くので、THETA Sを回しながら写真も撮れます。, 顔の向きだけぶんぶん動かさなければ、回しっぱなしにいい感じなのではないでしょうか。いま何分撮ったかは、WiFi接続させた手元のスマートフォンアプリで確認できますし。, そして、会場でちょっと人気者になれました。「それ売ってないの?」と訊いてくれた人も。, THETAは現状でもじゅうぶん便利なガジェットなのですが、工夫次第でいろんな使い方ができそうです。思いついた!という方は現在開催中のデベロッパーズコンテストに応募してみてはどうでしょう。, 編集用のアプリから、IoTデバイス、今回のような拡張DIYアイテムまで、リコーがアイデアを募集しています。締め切りは8月31日。ギズモードも、アプリ開発に強いトンガルマンと一緒にコンテストに応募しようと画策中です!, ■ RICOH THETAとセンサー、Web上のデータなどネットと融合した新しいIoTコンセプトアプリケーション.

これはTHETA Sしか対応していません。, THETA V用のパソコン用アプリとして THETA S の時は動画で撮影する気になりませんでしたが、動画の画質は随分と良くなったと思います。 THETAのアプリで簡単に見ることができます。, 画像の特性を知っている人は 段ボール、レンズ、マグネット、着脱テープ、輪ゴムを準備すれば

スマートフォン用の電動式スタビライザーをTHETA Sの撮影で使用している人もいらっしゃいますが、スマートフォンをはさむタイプのスタビライザー(Q-camera ES03など)は、THETAの幅と合わないので、別の方法で固定する必要があり、調整が難しそうだなあと感じました。, 「EBISスタジオ」では、一眼レフ向けの三軸スタビライザーのレンタルサービスも行っています。, 上記リンクには360°カメラでの使用動画も掲載されており、スタビライザーの性能を見るうえで非常に参考になります。, 日本に先駆けて、海外では「GURU 360°」という専用のスタビライザーも販売されています。(やっぱりあるんですね!), こちらはTHETA Sのみならず、Gear360などにも使える、かなり汎用性の高いアイテム。値段も$299と手が出しやすい価格帯です。ただし、到着までに2~4週間を要するとのこと。, すでに Youtubeには開封動画などもアップロードされており、皆さん、国境を越えて手ぶれに悩んでいたんだなあと感慨深い気持ちになりました。, 今回ご紹介した方法以外にも、様々な手ぶれ対策が散見されて、とても参考になりました。(中にはヘルメットマウントを自作していたり、スタビライザーを自作していたりする方もいらっしゃって、頭が下がる思いでした…。), 機材レビューも非常に参考になりましたが、アイディア工作のような記事がとても面白く、ユーザーの方が動画撮影自体をとても楽しんでいらっしゃるんだなあという印象を受けました。, 私も引き続き、360°動画の可能性を極めるために、様々な撮影にチャレンジしたいと思います!, @2020 - shout360.xyz. 静止画はLINEでもシェアできるので手軽だが、動画はYouTube及びFacebookを経由して360°ビューを見てもらうことになり、通信の量が多くなるという点が気になるところである。, まぁこんなものか ただ動画は音が改善されていることと4K対応なので期待できます。, 個人的なレビューとしては、THETA Sから買い換えましたが画質がやはり格段に良くなったと思います。, 動画もTHETA Sの時は、ちょっと汚いなという印象でしたが、THETA VはYouTubeなどで見ても問題ない画質だなという印象です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, あーる・てぃー・しー合同会社は「新しい波に乗り、楽で楽しいの実現を皆で」というキャッチフレーズに活動をしております。活動内容や子供と楽しむ私生活などをほぼ日で更新し、沖縄、そして世界の新しく楽しいを発信します。, RICOH THETA Z1 360度カメラ 全天球 1型大型センサー リコー 910774 ブラック, 【国内正規品】FEIYU TECH G360 3軸 ハンドヘルド スタビライザー ジンバル 【日本語説明書付き・国内保証1年】, RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー, RICOH THETA Vを徹底レビュー!気になる画質は?旧モデルとの比較!【撮影動画あり】, VR動画作成!360度動画の撮影から作り方をほぼ毎日UPしているYouTuberが教えます。, Insta360 ONE Xを徹底レビュー!気になる画質は?旧モデルとの比較!【撮影動画あり】, PSVRが一番人気!楽しかった「VR体験会 at ReHug"d"quest」実施報告. 静止画、動画を取り入れただけで これがTHETA Vでも利用できます。, そして公式アプリで編集用アプリも準備されいます。 メリット:安価・小回りが利く Copyright © mediagene Inc. All Rights Reserved. また、「ricoh theta v」「ricoh theta sc」用の「レンズキャップ tl-1」も発売いたします。 価格:オープン価格 発売日:2019年3月下旬(ricoh theta z1と同時発売) 対応機種:ricoh theta z1 本体色:ブラック 「レンズキャップ tl-1」 価格:オープン価格 発売日:2019年3月8日 「RICOH THETA UVC Blender」がありますが このおかげでサクサクと転送して観覧したり、撮影することができるようになりました。, とても気に入った 【最新更新情報】2019年5月22日ファームウェアアップデートにより動画撮影の手振れ補正が強化について, あーる・てぃー・しー合同会社では、気軽にVR動画、360度映像を撮影できる360度カメラとしてリコー(Ricoh)のTHETA Vを導入しています。, まずはRICOH THETA Vで撮影しながら、RICOH THETA Vを紹介している360度動画(VR動画)をご覧ください。, 距離がちょっと遠かったので、わかりづらかったかもしれませんが、写真で見るよりわかりやすかったのではないでしょうか。, 弊社で取り扱っているTHETAは、2017年9月15日に発売されたのがTHETA Vで、新たに2019年5月24日に、THETA Z1が発売され、現在発売されているものは全部で4種類のモデルがあります。, THETA Z1は2019年5月24日に発売が開始され、なんと1インチセンサーが2個入った高画質360度カメラになっています。, THETA Sが2015年10月23日に発売され、THETA Vが発売されたと同時に新たな製造は終了しているようです。, THETA SCは2016年10月28日にTHETA Sの廉価モデルとして発売されました。, 機能としては動画の連続撮影時間が最大5分に短縮されたことと、ライブストリーミング用HDMI端子が省略されました。, そして、THETA Vは2017年9月15日に、4K動画撮影と4chマイクによる360度空間音声を大きな機能アップとして加わりました。, THETA Vの機能で大きな特徴となるのは、先ほどの2つともう一つは高画質静止画です。, 天候がかなり違うので、わかりづらい点もあるかもしれませんが、一目瞭然じゃないですか?, THETA Sではスマートフォンとの接続は、WIFIでの接続のみでしたが、THETA VではBluetooth接続が可能になりました。, Bluetoothでの接続の時は、リアルタイムで映像を確認できるライブビューや画像をスマートフォンに転送することはできませんが、スマートフォンからのリモート撮影や設定の変更が素早くできます。, THETA VのVR動画撮影が、4Kに対応したと同時にライブストリーミングについても4Kに対応しました。, ライブカメラ映像を再生可能なアプリ(ここでは例として「Media Player Classic – Home Cinema」(MPC-HC))を起動する, [オプション]画面の[再生]で[キャプチャ]を選び、[映像]で[THETA V]を選択する, [Enhanced Video Renderer(EVR)]を選択し、[OK]ボタンをクリックする, ちょっと色々面倒な感じですが、確かにこれだけでパソコンでライブ映像は見ることはできます。, しかし、ライブストリーミングって自分のパソコンで、見れてるだけでは意味ないですよね。, その映像をどこかに、誰かに配信したい。そうした場合はMedia Player Classic – Home Cinemaではそういった機能がありません。, このライブストリーミングだけでは、YouTubeで配信したり、Facebookでライブ配信したりすることはできません。, 以前までは公開されていませんでしたが、正式にTHETA VのサポートページでYouTubeでの4Kライブストリーミングの方法が公開されました。, その場合はLive Streaming用ドライバーのRICOH THETA UVC 4Kを利用すると表示されます。, この件はリコーイメージングお客様相談センターに、問い合わせたところの回答が「THETA Vのライブストリーミングの音声はUAC2.0(USB Audio Class2.0)に対応しているが、WindowsがUAC2.0に対応していないので、音声が出力されない」とのことでした。, Insta360 ONE、Insta360 ONE Xが発売されてから、THETA Vの一番の気がかりが手振れ補正です。, その手振れ補正が2019年5月22日のファームウェアアップデートで大きく改善されました。, しかし、正直に言うと、やはりInsta360シリーズの強固な手振れ補正である「FlowState Stabilization」には劣るなというのが印象です。, 360度で固定撮影ではなく、手持ちで撮影などをされたい場合は、Insta360 ONE Xの購入をお勧めします。, そして私が実際に購入し利用しているのは一つだけですが「3Dマイクロフォン TA-1」です。, このマイクロフォンは、360°で撮影しているものをよりリアルに再現できるように、音声も360度で録音できるようになっています。, また、3Dマイクロフォンには、ウインドスクリーンというものが付属していてこれによって風切りの音、風音を低減することができます。, 先日Insta360 ONEのカメラファームウエアと、アプリがアップデートされて、ソフトウェアスタビライゼーション技術が装備されたことによって相当手振れが抑えられるようになったそうです。, 最近はスマートフォンなども、ジンバルスタビライザーを利用して、撮影している方も増え、少し手軽に購入できるようになったジンバルスタビライザーです。, しかし、360度カメラの形状が、ちょっと特融なので普通のカメラ用だと、どうしても背後にジンバルがうつりこんでしまったりする。, 実際に購入したのは、こちらとは違う「Gimbal Guru MOZA Mini 360」というものです。, もうひとつ「MOZA Guru 360° Air Camera Stabilizer」というMOZA Guru 360°の上位機種のものがありますが、こちらは日本のネットショップなどでは購入できるところが見当たりません。, 私が利用している360度カメラ対応のジンバルスタビライザーは、現在発売されていませんが、Gimbal Guruというアメリカ合衆国ロサンゼルスにあるメーカーが販売しているカメラスタビライザーです。, 「Moza Mini 360」という機種で、公式サイトには掲載されていますが、公式ストアなどでも販売されておらず、おそらく現在販売されていない機種だと思われます。, 公式サイト:https://www.gudsen.com/moza-mini-360, Gimbal Guruはカメラスタビライザーを各種販売していて、その一つがこの360度対応のものです。, 360度対応のものも先ほども書いたように、更に大きなInsta360proにも対応しているものも販売しています。, Gimbal Guru公式ホームページ