], 【ガンプラ新作レビュー】RG 1/144 ユニコーンガンダムを作ってみた!!! sizes: [ sizes: [ }, googletag 【ガンプラ新作レビュー】HG BF 1/144 ルナゲイザーガンダムを作ってみた!!! Category:ガンダム/ガンプラ, ガンプラ, バンダイホビー事業部, プラモデル, 機動戦士ガンダム, 機動戦士ガンダムUC. 【ガンプラ新作レビュー】MG 1/100 高機動型ザク “サイコ・ザク” Ver.Ka(GUNDAM THUNDERBOLT版)を作ってみた!!! }, } setTimeout(function () { ?」と一気に注目を集めましたが、実際に製作してみると、その機構は感嘆のひとこと。製作過程に驚きや発見があり、組む行為を存分に楽しむことができます。, アドヴァンスドMSジョイントを中心に、ロック機構やリンク機構を取り入れ、RG 1/144 ユニコーンガンダムの変身のためのプラットフォーム「ADVANCED MS FRAMEWORK」を採用している点も見逃せません。今後のガンプラ開発への、技術的チャレンジが行われているという意味で、ガンプラが好きな方なら是非一度組むことをおすすめします。, ▲ボックスアートです。デストロイモードのパッケージもあるのですが、初回限定パッケージとしてユニコーンモードのボックスが店頭に並んでいました。初回限定ということで、こちらをゲット!, ▲Bランナー。アドヴァンスドMSジョイントです。ほかのRGとはまた違う雰囲気になっていますね。クリアーカラーも特徴的。, ▲Fランナーも白なのですが、少しグレーが入っています。完成後、E1ランナーとのコントラストが出てきて、1/144スケールながら(だからこそ?)メリハリの利いた外観になります。, ▲リアリスティックデカールです。V字アンテナ用のものは、メタリックな処理が施されています。, ▲『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』のチラシが入っていました! 『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』の配信も始まり、こちらも楽しみですね!, ▲さらに『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』のちらしも。ユニコーン後の話だけに、展開が気になります。, ▲足首が完成! 足の甲のサイコ・フレームは完成後はほとんど隠れてしまいますが、たまにチラチラと見えて、そこがまたカッコいいです。, ▲脚部のアドヴァンスドMSジョイント。コレだけ見ても、どうなるのかサッパリわかりません。組んでいくと徐々にその可動機構が判明していき「なるほど~」と楽しめます。, ▲ヒザのサイコフレームを取りつけました。アドヴァンスドMSジョイントによって、変身時に前方にせり出す「リンク機構」が採用されている箇所です。, ▲脚部を組み立て中。このギッシリとした密度感がイイですね。各パーツが、外観としてのディテールを再現しているのみならず、変身用の機構として機能している様が、これまたワクワクさせます。, ▲外装を取りつけました。この中に上記した機構がギッシリと詰まっているわけで、「今回のEVOLUTION POINTって楽しいなあ」と実感したひとときでした。, ▲脚部が完成! 数々の外装パーツがピタッとハマり、直線で構成されているにも関わらず一種の「流れ」ができていて美しいですね。微妙な白のツートンカラーとなっている成形色もきれいです。, ▲お次はボディを製作。上半身のアドヴァンスドMSジョイントは独特の形状をしています。, ▲組み上げました。どの箇所かは、ユニコーンガンダムを知っている方ならばすぐにお分かりでしょう。, ▲胸部上面。こちらも複数パーツで構成されますが、ピタッとツライチになるのできれいです。, ▲腕部が完成! HGなどと違い、脚部から上に向かって組んでいくので、なんとなくホンモノのMSを作っている感も味わえます。, ▲ちょっとよく分からない形をしていますが、肩アーマーです。これに外装をはめると……, ▲おなじみの姿に。この、肩アーマーの中に上記した機構が内蔵されているというワケです。1/144スケールで。スゲぇ!, ▲こちらが頭部のアドヴァンスドMSジョイント。ホントによく分からない形をしていますが……, ▲下から眺めてみました。どうしてもデストロイモードに目が行きがちですが、白一色のユニコーンモードも美しくていいですね。, ▲固定パーツのアンテナ2種と、平手も付属。手首は、左右の握り手、持ち手、平手が付属しています。, 「RG 1/144 ユニコーンガンダム」が遂に完成! 新機構はもちろん、形状も当然バッチリです!, ▲ヒザのリンク機構。フクラハギのカバーの付け根(赤い点のあたり)に指をかけて、足首方向にグイッと下げると、ヒザのサイコ・フレームが前方に伸びるのです。実際に組むとその面白さが実感できます。, リアリスティックデカールも貼ってみました! 細かいシールが多いのですが、だからこそ、貼ったあとはディテールがいっそう引き立つ結果となります。すべて貼らなくても、お好みでチョイスして貼ってみてください。, RG 1/144 ユニコーンガンダムは完成しましたが、同時発売された月刊ガンダムエース9月号増刊『ガンプラエース SPECIAL』(税込1,180円)を投入! 付録として「1/48 ユニコーンガンダムヘッドディスプレイベース メタリックVer.」が付いているのです。, ▲『ガンプラエース SPECIAL』。桜井信之氏やNAOKI氏による作例のほか、インタビュー記事、そして漫画など内容も盛りだくさんです。, ▲付録をパチパチと組み立てました。目の周りをガンダムマーカーで黒く塗れば、さらによくなります。なお、ガンプラエース SPECIALでは『ガンダムビルドファイターズA-R』番外編としてこのヘッドディスプレイの電飾を紹介。カンタンなのでチャレンジしてみては?, これにて、「RG 1/144 ユニコーンガンダム」のガンプラ新作レビューを終わります。外観やプレイバリューは言うに及ばず、やはりEVOLUTION POINTとなる“TRANSFORMATION(変身)”には唸らされました。このTRANSFORMATIONは、もちろん完成後の変身をより確実に楽しくするためのものではあるのですが、実は組んでいる最中にも効果を発揮しているように感じました。「コレってどうやって可動するんだろう」「この機構はおもしろいな」と、手を動かしながら新しい技術を確かめられ、製作を楽しむことができるわけです。これまでのガンプラでもこうした楽しみは提供されていましたが、「RG 1/144 ユニコーンガンダム」では、さらに突き詰められた感があり、「ただいまユニコーンガンダムを建造中!」的な気分が絶好調に盛り上がりました。, ガンプラ未経験者・初心者から熟練のガンプラファンまで、このEVOLUTION PROJECT第2弾のガンプラを、是非組んでいただきたいと思います。, Posted at 2017年8月7日(月) | 今回は「HG ガンダム4号機」のガンプラレビューです。 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・に登場し、ルース・カッセルが搭乗するガンダム4号機をご紹介。 2020年発売、プレミアム・バンダイ限定品になります。 組み換え式で「ノーマルモード」「[Bst]形態」の2種類が再現可能。