⇒ ⇒ 毎月変わる!最新のフェア情報へ 【6】DORAGO~ドラゴ~ イタリアのスーツスタイルと生地の特徴 【イタリアメーカーの生地】 イタリアメーカーの生地は、スーツ生地の中で最も人気があるといえます。 【5】Tollengo~トレーニョ~ 2-6. ⇒ ⇒ Global Style 公式サイト, 1840年設立の世界でも名高いイタリアはビエラ地方を代表する高級服地メーカーです。 特に、最高のウールと天然素材にこだわった“エストラート”には、素材の持つ魅力・品位、最新の技術、最高のサービス、すべての融合を実現しました。, 1936年創業、世界中で人気を博している、イタリアを代表する服地メーカー。光沢感があり柔らかく、価格以上に高級感のある服地として、オーダースーツ業界でも安定して人気を獲得しているブランドです。, 1840年設立のイタリアを代表する高級服地メーカー。 特に、最高のウールと天然素材にこだわった“エストラート”には、素材の持つ魅力を最大限に引き出しつつ、優れたストレッチ性を融合しています。. スーツスタイルというものは、ともすれば皆同じに見えてしまうので、ある意味では個性... 職場でのステップを昇りゆく30~40代の責任ある立場の人達には、服装にもスキがなくあって欲しいですよね。ただし・・・攻めている人生だからこそ、強... https://www.bgfashion.net/ イタリア生地5大ブランドを徹底紹介! それではイタリア生地の数あるブランドの中から、代表的なものを5ブランド挙げて、特徴・魅力や価格帯・おすすめ生地などを紹介します。生地選びの際の参考にし … 重要でクリエイティブな仕事を任されるようになった、若手以上ベテラン未満の30代ビジネスパーソン... 画像引用元:https://www.pinterest.jp 「ご来店予約」はこちら 2-6.   【2】Loro Piana~ロロ・ピアーナ~ ワンランク上のハイクラス・エグゼクティブ向けのライフスタイルメディア「5つ星Magazine」は、投資家・富裕層向けにライフ、カルチャー、グルメ、トラベル、マネーなど、贅を極めた多彩なジャンルのコンテンツをお届けします。 【1】Ermenegildo Zegna~エルメネジルド・ゼニア~ MASTERWAL(マスターウォール)のご希望のソファ・チェア・ベンチの生地サンプル3点までを無料でお届けさせていただきます。 服装には気を遣ってはいるが、自分を客観的に見てもっと「華」が欲しいと思う人も、案外多い... ビジネスシーンにおいて、良いパフォーマンスをおこなうために必要な要素のひとつが、いかなるスーツスタイルで現場に臨むかです。 仕事ができる人にはそれなりのオーラめいたものが漂いますが、それを際立た... https://www.dragobiella.it/ ハイセンスな街、六本木エリアにあるオーダースーツ店をランキングでお伝えします。初心者にも気軽にオーダースーツ店を選... さまざまなおしゃれスポットや人気施設がある横浜は、若年層から年配までとても多くの人で賑わっている神奈川で最も人気の街です。そんな横浜にはオーダー... 日本の三大都市のひとつである名古屋。繁華街にはファッションビルや多くの飲食店が軒を連ね、多くのオーダースーツ店が店を連ねます。 有名ブランドをはじめとする世界各国の名店が居を構えるお洒落の中心地、銀座。オーダースーツ店に関しても、当然なが... 「住みやすい街」として幅広い世代から人気の高い池袋エリア。池袋駅には8路線が乗り入れており、抜群のアクセスの良さを誇ります。大型百貨店や暮らしに... 新宿駅は、巨大ターミナル駅として日々数多くの人々が行き交う街。「住みたい街ランキング」などにも上位に選ばれるなど、非常に人気のエリアです。さまざ... 引用元:pinterest 2-2. 2-4.   2020/08/31, 「オーダースーツを初めて作るのだけれど、生地はどうやって選んだらいいのだろうか?」とか「イタリア生地と英国生地ってどう違うの?」などと迷う人も多いのではないでしょうか?, この記事では、なぜオーダー生地としてイタリア生地と英国生地ばかりが好まれるのか、その秘密を解き明かし、さらにこの二つの違いをわかりやすく解説します。初めてオーダーを作る人はもちろん、何度か作ったにも参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!, オーダースーツを初めて作ろうという場合、未経験ゆえに生地をどうやって選べばよいのか迷ってしまうものです。そんな人のために、スーツ生地の選び方の参考になる項目を3つほど紹介させて頂きます。, 生地の持つ雰囲気は色々とあります。クラシックなものから現代的なもの、アート的なものなど、好みが分かれるところです。自分が来て見たい雰囲気のものや、仕立てたいスタイルに合う素材感ということもあるので、ショップスタッフに相談して、意見をもらいながら選びましょう。, 生地の属性から選ぶとは、例えばできるだけ丈夫なものとかシワに強いもの、通気性が高いものや保温性に優れたものなどの、生地の持ち味を重視して選ぶことです。, 使いたいシーンを想定すると、例えばプレゼンの時に着用したいから、できるだけ通気性が高く涼感があって、着心地も軽く、ストレッチが効いて動きやすいものがいいなとかの実用面で選ぶ方法です。, 予算も大事な購入の条件です。限られた予算内で、可能な限り目的に相応しいものや、クオリティが高いものを選びたいものです。同じ価格帯で見比べ、分からないながらも触って比較し、納得するまでじっくり迷ってよいのです。余談ですが、もし生地の選定を急かすようなショップであれば、顧客目線ではないので他の店にしましょう。, イタリア生地と英国生地のわかりやすい違いを表にしました。(※典型的なものの比較であり、実際はニュートラルなものもたくさんあるので、あくまでも参考として), 日本も含めて様々な国で日々、手織物は生み出されています。しかしながら、あらゆる日本国内のオーダースーツ店、ひいては世界中のビスポークテーラー(注文服の仕立て屋)において、英国生地とイタリア生地の2種類がメインであることは明白です。どちらも服飾文化、紳士服に関して本場と言われる国ですね。, なぜ世界に膨大な数の国があって膨大な生地が生産されるのにるのに、紳士服の生地に関してはその2国の織物に集約されてしまうのでしょうか?その謎を解き明かしながら、イタリア生地と英国生地の違いを浮き彫りにしてみましょう。, あまり知られていませんが、質の良い生地を生産するための条件の中でも、とりわけ重要なものは「水」です。もちろん原料の羊毛の質も大事であり、紡績機や織機も重要ではありますが、それらの条件を生かすも殺すも「水」次第という厳然たる事実があるのです。, 織物を生産する過程の中で、原料段階での洗浄や染色、織り上がった生地の仕上げなど数々の工程で大量に水を使います。この水は「軟水」でなければなりません。軟水とは水分中にカルシウムやマグネシウムなどの「ミネラル成分」が少ない水であり、逆にそれらが多い水を「硬水」と呼びます。, ミネラル成分は「色素」と結合する性質があるので、硬水を用いて生地を作ろうとしても繊維と色素の結合を邪魔するので冴えた色目を現出することは不可能です。おまけに工程の中での洗剤や石鹸の使用において泡立ちが悪いので洗浄効果も低く、しかも沈殿物、つまりカスが大量に発生します。, これが良質の軟水であれば泡立ちが良くて洗浄効果が高く、カスも発生しないので河川の汚染にもなりません。そうやって出来上がるものこそ色は鮮やかに冴えわたり、不純物も混じらない高品質の生地となります。, そして良質の軟水がたっぷりと使える地域は、世界でも限られています。そのうえ、水以外の自然環境や交通の便、関連業者などの地域性、そこで生きる人たちの洋服の伝統やファッションに対する感度の高さも良い生地を作るための大きい要素でしょう。, さまざまな因子を包括して、生地生産に最も適しているのが英国はウェスト・ヨークシャー州のハダーズフィールドとイタリアはピエモンテ州のビエラという二つの「毛織物の聖地」なのです。, ヨークシャーの恵みを享受する英国のハダーズフィールドと、アルプスの恵みを享受するイタリアのビエラはともに世界的レベルで良質生地を生産する毛織物産地と言えるのですが、それぞれの織物には明らかな違いがあります。その違いをもう少し詳しく見ていきましょう。, 「重厚で堅牢」からくる「ハリとコシ」があるのが英国生地の代表的なイメージです。マーケットがグローバル化している昨今は、英国メーカーからイタリア生地っぽいものも発信されますが、やはり基本路線は重厚&堅牢ですね。生地感もマット(艶消し)なものが多いです。, イタリア生地は英国生地とは対照的に、とても軽く柔らかでしなやか、滑らかという表現がよく使われます。それともうひとつは光沢の美しさです。生地の上品な艶、光沢は高級感と品格を醸し出す要素です。, 柔らかで光沢が美しい、絹織物のようなウール生地がイタリアっぽさを表現するイメージです。また色目が鮮やかなものが多いのもイタリア生地の特徴です。, その柔らかは、縦糸にも横糸にも繊維の細い良質で繊細な糸を使い、そして緯糸の双糸に対して緯糸は単糸を使うことによって生まれる風合いです。光沢に関しても、極細繊維からなる糸の集合体だからこその美しい光沢がでます。ちなみに英国らしさがある生地は縦糸も横糸も双糸が使われています。, イタリアから発信される生地の特徴やスーツスタイルについて解説した上で、それがどんな人におすすめかにも触れておきましょう。, 前述の通り、柔らかくて光沢の美しいイタリア生地は、スーツになるとどういう効果を生み出すのでしょうか?それは着る人の男の色気を引き立てるということが挙げられます。, ドレープ性に優れているのがイタリア生地なのでボディラインが際立ち、光沢による煌めきは生地の角度によって流れるような光の粒子を走らせます。それはもう男の艶っぽさを強調せずにはおれない素材だと言えましょう。, ひとくちにイタリアのスーツスタイルといっても色々とあるのですが、大別するとは2タイプに集約できます。クラシコイタリア型とモード型の2つです。, サルトリア(仕立て職人)が生み出すイタリアン・クラシックスーツです。ベースになっているのは英国のサヴィルローのビスポークスーツ(テーラードスーツ)ですが、イタリア流に様々なアレンジが加えられています。, 肩バッドを抜いたり芯地を減らしたりの、センツァインテルノ(内容物を入れないという意味)やジャッカカミーチャ(シャツのような袖付け)と呼ばれる独特の仕立て方などです。, 袖ボタンを重ねてつけたり、ジャケットの胸ポケットや腰ポケットに関して「バルカ」といって半月形に、体の膨らみに沿わせるような付け方をしたり、袖そのものが湾曲していたりなどのこだわりがあります。, 世界的なデザイナーが打ち出すコレクションラインの流れを汲むスタイルで、時代によって変化します。, 1990年代前半はアルマーニやベルサーチなどのルーズフィットのいわゆるソフトスーツが主流でした。この頃のイタリア生地はふわっとしたボリュームのあるものが多くありました。90年代後半から、ジルサンダーやプラダのミニマルでスッキリしたスタイルが席巻します。, 2000年代以降はトムフォードが打ち出した、極度にスタイリッシュでセクシーなスタイルが、クラシコイタリア系と共存しながら長く続き、2019年現在はナチュラルなシルエットへの回帰の兆しが感じられます。, イタリア生地やイタリアンスタイルのスーツは、伝統的なものを含みながらも新しい感覚や時代のトレンドが反映されています。そういう生地なので、新しいものを好み、垢抜けた「粋」な装いを求める人たちにおすすめできます。, それではイタリア生地の数あるブランドの中から、代表的なものを5ブランド挙げて、特徴・魅力や価格帯・おすすめ生地などを紹介します。生地選びの際の参考にしてくださいね。, 創業150年もの歴史の中で育んだ技術と徹底的な一貫生産で、安定した品質と素晴らしい仕立て映えを見せてくれるレダは、価格的にも手頃に本格オーダースーツを体験させてくれます。, 光沢も肌触りも抜群のレダの服地は、見ればわかる上質感を有しています。テクノロジーを駆使して高品質素材を効率よく生産します。高級感の割にコストパフォーマンスに優れているので人気が高いのです。あらゆるカテゴリのファッションに用いられ、クラシック、コンサバからトレンドまでカバーできる盤石な地位を確立しています。, REDAの生地を使ったオーダースーツの価格相場は、値頃なオーダーショップなら税別47,000円ぐらいから作れます。多い価格帯は税別59,000~89,000円の範囲です。, REDAのおススメ生地は、春夏には清々しい着心地を持つ「ICE SENSE / アイスセンス」や秋冬をアクティブに着こなせる「ATTO / アットー」です。, アイスセンスは特殊加工で紫外線の吸収を抑えて、生地の表面温度を数度下げます。特殊な加工をしても、ドレープ性もコシやハリも損なわずに付加価値を生んでいます。, アットーはactionを意味するイタリア語です。極細繊維の強撚糸を用いているので防しわ性・ストレッチ性を持ち、名前通りアクティブな使い道に向いている生地です。撥水・撥油加工などの防汚効果も有しています。, 世界最古の織元(おりもと=織物製造業者)と言われる「Vitale Barberis Canonico(ヴィターレ・バルベリス・カノニコ)」は、世界中のファッション好きに愛され親しまれています。, カノニコは徹底した一貫生産によって、妥協もブレもない品質を連綿と保ち続けています。一貫生産は大まかに言うと7つの段階が存在します。, これらによって、光沢となめらかさ、丈夫さ、色目の鮮やかさなどの必要な要素が生み出されます。, カノニコ服地を使用したオーダースーツの価格は、ショップごとの目玉特価などは別にして、相場として税別55,000~69,000円ぐらいがエントリー価格になっています。, 「Perennial / ペレニアル」は選りすぐりのSuper110’sウールのツイル素材です。とびきりのしなやかさと、堅牢度と回復力に優れています。「Revenge 150’s/ リベンジ 150’s」は中でもプレミアム感が強い、16ミクロンの極細繊維の原毛を使用した服地です。, 「Mohair Twill / モヘアツイル」は経糸(縦糸)にSuper130’sの双糸、緯糸(横糸)には光沢が素晴らしいキッドモヘア(生後半年のアンゴラ山羊から採れる希少な高級素材)の混紡糸を使って織り上げた極上素材です。, 「Flannel / フランネル」は英国製のゴワついたフランネルとは異なり、イタリアらしい柔らかな風合いですSuper 120’s / スーパー120’sは繊維の細さが17.5ミクロンという、極細繊維原料でしっとりと織り上げた超高級素材です。, あまり知られていないブランドながら、世界で生産されるスーパー130’s以上の超極細繊維を持つ高級糸の約70%がドラゴ製という驚愕のコアなブランドです。英国とイタリアの一流メーカーに高級糸を供給しており、中でも最上級のものだけは自社で生地として生産するので、ドラゴブランドでしか手に入りません。, イタリアが生んだ世界最高峰の服地ブランド「エルメネジルド・ゼニア」や、ゼニアと双璧をなす「ロロ・ピアーナ」等の超一流生地ブランドでドラゴ製の糸が使用されてきました。2001年にイタリアの生地メーカー「フィンテス」を傘下に組み入れ、自社の高級糸を用いた「ドラゴ」ブランドを始めました。, ドラゴ生地使用のオーダースーツは、だいたい税別68,000~98,000円の範囲がほとんどです。10万円を超える場合もあります。実際のクオリティとしては10万円を超えても当然なので、価値ある1着になるはずです。, ドラゴのおすすめ生地はダントツで「VANTAGE」と「Blue feel」を挙げることができます。VANTAGEはスーパー130’sというカシミアやシルク並みの17ミクロンの極細の繊維を持つ、高級素材です。, ラグジュアリーテイストとしては他の追随を許さないロロピーナは世紀を超える深い歴史と、最上級のものしか世に送り出さないという品質への強く徹底したこだわりが、現在の地位を築く礎となっていると言っても過言ではないでしょう。, ロロピアーナの最も得意とするものが超極細繊維を使用したシルキーな羊毛生地です。その光沢の煌びやかさと質感の滑らかさは宝石を連想させるほどです。厳選された原料から生まれる上質素材は、着る人の華麗な佇まいを周囲に印象付ける・・・そんなオーダースーツになるのです。, ロロピアーナの生地を用いたオーダースーツはエントリー価格としては税別68,000円ぐらいからあります。しかしそれは一部で、ほとんど10万円前後、あるいはそれ以上になります。, ロロピアーナのおすすめ生地は「ジランダードリーム」と「フォーシーズンズ」です。前者はニュージーランド産のシュリンク性が抜群な上質メリノウールを使用した人気銘柄です。後者は通年物として季節を問わずに使用しやすい、安定した高品質の生地です, 20世紀の終盤から世界的に知名度が上がり続け、21世に入って以降もその名声の広がり方は衰えず、現在は万人が認める紳士服地の世界最高峰としての座に君臨するゼニア。その尽きない魅力の裏側には、同じ価格帯でもシーズンごとにグレードを上げ続けるストイックでプロフェッショナルな姿勢にあります。, ゼニアはおよそ考えられ得る上質生地の条件をことごとくクリアし、本来イタリア生地のデメリットであった堅牢度に関しての脆弱さも悠々とクリアして、英国生地に引けを取らないタフな生地を、イタリアならではの感性をたっぷりと注ぎ込んで作り出します。, ゼニア生地を使ってオーダースーツを作るのなら、基本的には10~20万円は覚悟しましょう。ゼニアの直営ショップなら裾値でも28万円ぐらいはします。一般オーダーショップでエントリー価格が税別98,000円のところも散見されますが、10万円超えのエントリーが多いです。, 特に夏物なら「クールエフェクト」がおすすめです。紫外線をほぼ跳ね返すので、屋外での着用が「真っ白のスーツ」を着ている程度の快適さです。また、品評会の優勝トロフィーを意味する「トロフェオ」もおすすめです。選りすぐりの贅沢な原料を紡ぎ上げ、丹念に染め上げ、丁寧に織り上げられた最高に素敵な生地です。, イタリア生地の魅力を駆け足で紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?イタリア生地と英国生地がとりわけクローズさアップれる理由は水と環境だったのです。そしてふたつの国の生地がどう違うかは、重厚&堅牢か柔らかくて光沢が美しいかがポイントです, このメンズファッション研究所というメディアの中にも、個々のイタリア生地ブランドの記事もあり、またオーダースーツに関しても色々と読み物がありますので、初心者の人も愛用者の人も、ぜひ参考にしてくださいね!, 紳士服業界を30年以上経験したライター&小説家です。自身がファッション好きの消費者でもあるので、消費者目線と業界人目線をどちらも備えています。, この二つの視点を駆使して、より立体的にテーマの本質が伝わるような、わかり易くためになる記事を心掛けて執筆してゆきます。, 【保存版】ネクタイピンの正しい位置・付け方 使い方 選び方(就活や結婚式、ビジネスに), 女子ウケするメンズ香水はコレ!おすすめランキング29選と上手な付け方・選び方|2020年版. (東京・横浜・大阪・京都・名古屋・福岡・札幌) 2-3. 東北地域ナンバー1のターミナル駅である仙台。大型商業施設も多く、生活に恵まれた環境が揃っている街です。昔な... 画像引用元:pinterest お届け日指定は出来ません。予めご了承ください。, 生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。, マスターウォールの革製品のメンテナンスにお使いいただける推奨レザーケアキットです。ご購入はこちら>>, 古ツヤ、経年変化 「コンビなめし」という、一旦クロムなめしを行った後、クロムを抜き再びタンニンでなめすことで革のしなやかさを得ることが出来ます。色は染色のみで、表面は色止めと簡単な保護程度の薄化粧で仕上げていますので、使用していく上で本革特有のシワやキズ・色ムラを楽しんでいただけます。自然のままの風合いを残したまま仕上げたレザーです。, PATINAは表面に加工を施していない素上げの革です。使ううちに皮脂や汚れがしみ込むことで、特徴である風合いの変化がおこります。日焼けによる褪色があり、汚れがシミになりやすい革ですが、一方でキズや汚れが味となり、使い込むほどに風合いが増してきます。また、メンテナンスも他の革と異なります。, 革は牛の皮から作られます。同じ木目の木が2本と無いように、革には牛のカサブタやそばかすの跡のキズがあったり、シワの入り方が革ごとに異なります。通常、型押しや塗装で覆い隠されているこれらの革本来の特徴を、自然な風合いとしてあえて残しています。また、自然な風合いを引き出すために、塗装ではなく染色をしているため、革によって若干の色の違いや色むらもあります。, 下図のようなシワやキズがMOの革製品には入っています。(下図は一例です) ※ 革表面が切れていたり耐久性に支障がある部分は製品に使っていません。, ビスコース49%・コットン21%・リネン19%・ポリエステル11% / MADE IN ITALY, マスターウォールの布製品のメンテナンスにお使いいただける推奨テキスタイルケアキットです。ご購入はこちら>>, アクリル63%・ポリエステル15%・ウール12%・コットン10% / MADE IN ITALY, 1858年から続くリネン工場で織られるベルギーリネンのリーディングカンパニー、LIBECO LARGE 社の高品質リネン生地です。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。生地の説明が入ります。文章はアタリです。, コットン52%・アクリル30%・ポリエステル18% / MADE IN ITALY, アクリル42%・ポリエステル34%・ジュート12%・コットン7%・ビスコース5% / MADE IN ITALY, ウール32%・アクリル32%・ポリプロピレン30%・ポリエステル6% / MADE IN SPAIN, コットン38%・ビスコース34%・リネン18%・ナイロン5%・再生繊維5% / MADE IN ITALY, ポリプロピレン48%・ポリエステル33%・コットン19% / MADE IN SPAIN.