トヨタのオフロードSUVモデルとなる新型RAV4をベースにした、ハイパフォーマンスブランド「Gazoo Racing」との共同開発モデルとなる新型GR RAV4が2021年に登場すると報道されています。, 日本経済新聞によると、「SUVは使い勝手の良さから国内外で人気が高く、各社が相次ぎ新型車を投入しているため、ライバル車種があふれていることから、売れ筋のRAV4によりスポーティーなタイプを投入することで生き残りをはかる」ことを目的に、最上位グレードとしてGRが登場すると説明しています。, 製造元は愛知県大府市のトヨタ自動織機長草工場を予定しているとのことで、既に2020年6月1日に発表・発売しているRAV4 PHV(とはいえ2020年度分は完売のため一時販売停止中)と同等のパフォーマンスを持ち、エネルギッシュでスポーティなエクステリアを持つ一台になることが期待されています。, トヨタ新型RAV4 PHVが売れすぎて販売一旦中止に。既に納期は8か月以上で2020年度分の. rav4の一部改良情報を紹介します。新型rav4の発売日は、2020年8月7日です。変更点は、ディスプレイオーディオ、インテリジェントクリアランスソナー、パノラミックビューモニターなど、装備の充実、カラーの変更など。 アドベンチャー・・・4WD 3,310,000円, ハイブリッド車 トヨタの新型rav4の2021年以降にマイナーチェンジで搭載される変更点の予想内容を徹底的に記載しています。rav4は今後どのような改良が行われそうなのかといった内容を紹介します。rav4 マイナーチェンジで2021 … 北米市場での人気も高く、トヨタとしては完全なる誤算だった 2020年6月8日に発表・発売スタートしたば ... 新型GR RAV4のエクステリアデザインはどうなる?コンセプト的にも6速MT登場の期待も?気になる続きは以下の次のページにてチェック!, 日本メーカ, >トヨタ/レクサスGR RAV4, RAV4, トヨタ, 新型RAV4, 日本経済新聞, フルモデルチェンジ版・スバル新型BRZのティーザー動画第二弾が公開!ホイールやフェンダーダクト、リヤテールライト、エンジンサウンドも明らかに【動画有】. トヨタのハリアーのフルモデルチェンジがついに実施。さらなるラグジュアリーSUVとして進化した新世代ハリアーへの注目度は相当のもの。そんな4代目となる新型ハリアーの魅力となるポイントと微妙と思えるポイントを見ていきましょう。ハリアー フ... トヨタのハイブリッドの代名詞とも言えるプリウスの次期モデルへのフルモデルチェンジのシナリオを想定してみました。 最大トルク・・・21.1kgf・m/4800rpm, <2.5Lハイブリッド> カローラスポーツgrmn. 最大トルク:221N・m(22.5kgf・m)/3,600 ~ 5,200r.p.m. X・・・FF 3,343,000円、4WD 3,596,000円 トヨタのチューニングブランド、grシリーズより、2021年に発売されるスープラgrmn、rav4 grスポーツらの最新情報をお届け。 Copyright © 2020 Creative Trend All Rights Reserved. そんな新型rav4の最新情報と今後のマイナーチェンジ予想をご覧ください。 新型rav4 マイナーチェンジ(年次改良)予想. 全長4,600mm✕全幅1,855mm✕全高1,690mm, RAV4のパワートレインは、2.0Lガソリンエンジンと、2.5Lハイブリッドの2種類です。, <2.0Lガソリン> トヨタの2020年新車発売スケ... https://motor.xbiz.jp/wp-content/uploads/2020/10/logo-1.png, サイドミラー搭載位置の最適化やリヤクオーターガラスの拡大、後方の可視範囲を広げるデジタルインナーミラーの初採用によるドライバーの視認性向上. #RAV4 pic.twitter.com/eKyz8fz0c8, — ToyotaUK (@ToyotaUK) September 19, 2018, ホワイトとブラックがバランスよく組み合わさっており、カッコ良さが引き立っています。, ちなみに2020年10月発売の特別仕様車「アドベンチャーオフロードパッケージ」ではスーパーホワイト2が設定されています。, 今後、このスーパーホワイト2もしくはホワイトパールクリスタルシャインが特別仕様車以外のアドベンチャーグレードにも展開されると予想します。, しかしながら、マツダのCX-30等、他メーカーのSUVがフルLED化されている事を考えると、RAV4も改良でフルLED化されると予想します。, シートベンチレーションは、Adventureグレードしか採用されておらず、通常のグレードへも拡充されていくと予想できます。, カラーヘッドアップディスプレイは、新型カローラにも採用され、RAV4 PHVにも搭載されたということもあり、RAV4もマイナーチェンジのタイミングで搭載されると予想します。, トヨタは、Lexus Safety System +Aの一部機能を採用した最新型のトヨタセーフティセンスを2020年から導入。, ヤリスクロスなどではすでに最新のトヨタセーフティセンスが採用されており、この最新型トヨタセーフティセンスがRAV4にもマイナーチェンジのタイミングで搭載されると予想できます。, 現在RAV4にはオートマチックハイビームが採用されており、今後の改良でアダプティブハイビームシステムへの変更を期待していますが、これについてはRAV4への搭載はしばらくはないと予想します。, なぜならば、アダプティブハイビームシステムは、クラウンやアルファード、ハリアーといった上級モデルにしか搭載されていないからです。, ハリアーとの差別化をするためにも、RAV4にはアダプティブハイビームシステム等の高機能はしばらくは搭載されないと予想します。. 次のフルモデルチェンジではどのよう... ハイブリッドカーの先駆者と言えるプリウスだが、4代目となる現行型の発売から5年が経過し、そろそろ次期... 220系クラウンの内装変更を伴う一部改良が2020年11月2日に実施されたが、外観変更にまでは手を付... 現行カムリの初のマイナーチェンジがいよいよ行われようとしている。 >たーぼーrav4さん 次のmc終わった際は、半年も経たないうちに次期mcの噂がたち、 そこから1年もしないうちに、またmcかフルモデルチェンジの噂が。。。 容易に想像つきますよね。 大体、モデルチェンジまでは、たったの8年しかない。 2019年4月に販売されていた新型の「rav4」が2020年8月に一部マイナーチェンジを行いました。販売当初から絶大な人気があり、同年12月までsuvカテゴリー販売台数トップを走ってきました。最近は新型ハリアーの登場もあり、販売台数は落ち着 最高出力・・・171ps/6600rpm 次期ハイエー... 2021年にようやく次期アクアが登場の見通しだ。 そんな新型ヴォクシー/新型ノアの情報を... 次期CR-V モデルチェンジ予想|2021年以降PHVや日本でのマイナーチェンジ変更点の考察, 次期スカイラインV38型の予想|フルモデルチェンジでIMs市販モデルのEVスポーツセダンとして登場!?, 2020年10月発売の特別仕様車「アドベンチャーオフロードパッケージ」ではスーパーホワイト2が設定, カラーヘッドアップディスプレイは、新型カローラにも採用され、RAV4 PHVにも搭載された, 今後の改良でアダプティブハイビームシステムへの変更を期待していますが、これについてはRAV4への搭載はしばらくはないと予想, アダプティブハイビームシステムは、クラウンやアルファード、ハリアーといった上級モデルにしか搭載されていない, 次期クラウン230系 フルモデルチェンジを予想!2022年発売予定でFFのSUV系に。最新情報を元に考察, 次期グレイス フルモデルチェンジ予想|日本復活は2021年以降にあるのか?海外仕様のシティベースで新型発売に期待, クラウン220系のマイナーチェンジは2022年頃に本命の後期型への改良が来ると予想する理由, 新型レヴォーグ 年次改良・マイナーチェンジ予想|2024年までのB型,C型,D型で予想できる変更点. WLTCモード燃費・・・21.4km/L 全長4,610mm✕全幅1,865mm✕全高1,690mm, <G Z Package> ゴルフも今はまっているのでたまに記事にしていきたいです! そんな3代目となる新型シエンタに予想できる内容を見ていきましょう... トヨタ自動車は、新型の小型SUV ライズの情報をピックアップ センチュリーgr/gr sport. RAV4の新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。 rav4が今後どのような一部改良やマイナーチェンジを行う可能性があり得るのかをこの記事では考察している。rav4 マイナーチェンジと一部改良の変更点予想(2021年~)ライト部分の変更(led化やダブルファンクション)現行rav4には豆球タ エンジン最高出力・・・178ps トヨタgrシリーズ【2021年】スケジュール rav4 gr sport. エンジン最大トルク・・・22.5kgf・m RAV4が今後どのような一部改良やマイナーチェンジを行う可能性があり得るのかをこの記事では考察している。, 現行RAV4には豆球タイプのウインカーが採用されているが、マイナーチェンジのタイミングでLED化と予想。, さらにフロントランプに関しても、新型ハリアーに活用されているデイライトとウインカーの機能を兼ねたダブルファンクションランプ採用にも期待できる。, こちらもハリアーだけでなく、新型ハリアーのベース車両とも言えるRAV4にも一部改良のタイミングで設定される可能性がある。, 車格が下となるヤリスクロス等に搭載されたトヨタセーフティセンス2.5や高度駐車支援システム「アドバンストパーク」が一部改良もしくはマイナーチェンジのタイミングでRAV4に搭載される可能性は高いと推測。, また、カラーヘッドアップディスプレイが最近はカローラ等でも設定されていることを考えると、RAV4への採用もいずれされるものと予想できる。, またAdventureグレードではホワイトパールクリスタルシャインが設定できないようになっているが、こちらもいずれ設定できるようになる可能性を予想する。, 有名な海外の自動車メディアでは、RAV4の2022年モデルで外観を一新するというリークを載せた記事がある。, つまりこのリークとされる海外記事が真実ならばRAV4の外観変更を伴うマイナーチェンジが2021年に行われる可能性が浮上するのだ。, ただ、日本仕様の現行RAV4は北米よりも半年遅れてデビューしているため、2022年にマイナーチェンジという可能性も推測できる。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 2020年2月、ホンダの主力車フィットがモデルチェンジしました。 プリクラッシュセーフティ:歩行者検知(昼間・夜間)、自転車検知(昼間)を行い衝突回避支援または被害軽減を図るシステム, 全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール:前方車両の追従走行を自動でサポート, レーンディパーチャーアラート(LDA):車線逸脱をしないように注意喚起等のサポートをする機能, オートマチックハイビーム(AHB):ハイビームとロービームを自動で切り替えて夜間の前方視界確保を支援, ロードサインアシスト(RSA):カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示する機能. ガソリン車 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. そんなプリウスが今後どのように... トヨタの人気コンパクトミニバンのシエンタ。 新車情報や車関連の情報、便利グッズを紹介を素人目線で紹介していこうと思います。 ナビゲーター 2019年4月に販売されていた新型の「RAV4」が2020年8月に一部マイナーチェンジを行いました。販売当初から絶大な人気があり、同年12月までSUVカテゴリー販売台数トップを走ってきました。最近は新型ハリアーの登場もあり、販売台数は落ち着いてきていますが、依然として人気車ではあります。結論から言いますと、内外装、パワートレインの変更点はありません。以下が変更点となります。, ・ ディスプレイオーディオが全車標準装備に!・ アクセル、ブレーキの踏み間違え時サポートブレーキが全車標準装備!・ 中間グレードの「G」系に360度モニターを標準装備。  「アドベンチャー」グレードにもオプションで設定可能に!, エントリーグレードに8インチ、その他のグレードが9インチのディスプレイオーディオが標準装備となりました。「Apple CarPlay」、「Android Auto」に有線接続にて対応。その他Bluetooth機能も搭載しており、電話やナビアプリを有線接続なしで使用できます。標準ではフルセグTVは搭載しておらず、オプションで追加料金税込「33,000円」かかります。普段からカーナビを使用していない人には嬉しい装備です、高額なカーナビを付けなくても最低限はこなせます。, トヨタでは「インテリジェントクリアランスソナー」と呼ばれています。前後のセンサーで障害物を検知し、うっかりアクセルとブレーキを踏み間違えた時に自動ブレーキが発動します。最近高齢者の踏み間違えがニュースで騒がれておりますが、若い人でも経験したことある方はいると思いますので、事故防止の観点から素晴らしい機能だと思います。私の日産車では背の高くなった雑草にまで反応してしまうことがあるので、たまにイライラしますけど!, RAV4は全長はそこまで長くないですが、全幅が1855mmと中々ワイドな車なので、この360度カメラを付けておけば狭いパーキングでの駐車が非常に楽になりますね。標準装備となったのは上位の「G」グレードのみで、エントリーグレードの「X」にはオプションでも搭載できません。オプション装備となったのはアウトドア仕様グレード「アドベンチャー」。, エントリーグレードとアドベンチャーグレートでディスプレイオーディオと踏み間違え防止機能が標準装備となったのでガソリン、ハイブリッドモデル共に約80,000円の値上げとなりました。上位モデルは更に360度カメラが標準装備となったので約140,000円の値上げとなります。以下、2020年8月改定後の販売価格です。, 今回のマイナーチェンジではディスプレイオーディオと踏み間違え防止が標準装備となり、新たに360度カメラが搭載できるようになりました。販売価格も装備を付けた分上がっていますのでユーザーにとっては余りお得感のない形のマイナーチェンジとなっています。ただ360度カメラが搭載できるようになったのは良かったと思います。他のメーカーではオプションで付けられるのは当たり前となってきましたからね。, 家庭や仕事の環境が急に変わってしまった・・・