初心者向けにPythonで指定した文字列を含むかどうか判定する方法について現役エンジニアが解説しています。指定した文字列を含むかどうか判定する方法には、in演算子を使う方法があります。指定した文字列が含まれるかどうか判定しtrueやfalseを返します。 本記事では、このようなスライス操作の基本について解説します。, 辞書にキーが存在しない時だけ辞書に値を登録するには、(1)if not in〜でキーを事前に確認する方法、(2)setdefault()を使う方法が挙げられます。本記事ではこれらについて具体例を用いて丁寧にまとめています。, 文字列のメソッド(isdigit, isdecimal, isnumeric)を使う方法. の2つが考えられます。どちらも標準の組み込み関数を使うものですが、後者のほうが簡単なコードで実現できます。本記事では、具体例を交えてこれらの使い方を記載すると共に、文字列メソッドそれぞれの違いについてもまとめます。 Python で用意されている組み込み関数の中の int 関数および float 関数の使い方です。引数に指定したオブジェクトを数値に変換して取得します。, int 関数は引数に指定した数値または文字列を整数に変換して取得します。 int 関数の書式は次の通りです。, 1 番目の書式では、引数に指定した数値または文字列を整数として取得します。整数が指定された場合はそのままの値が返され、浮動小数点数が指定された場合は 0 に近い値に丸められて整数として取得します。引数を省略した場合は 0 が返ります。, 引数に文字列を指定した場合は、文字列を整数に変換して取得します。文字列で指定できる値は整数の形式の文字列だけです。基数を省略した場合は 1 番目の引数の値が 10 進数として記載されたものとして整数に変換し、基数が指定された場合は 1番目の引数の値が 2 番目で指定された基数で記載されたものとして整数に変換します。基数として指定できる値は 0 か 2 から 36 です。, 基数の指定は数値だけを指定してもいいですし、 base=基数 の形式で記載してもいいです。, 次のサンプルを見てください。, 引数に指定した数値や文字列から整数を取得することができました。, float 関数は引数に指定した数値または文字列を浮動小数点数に変換して取得します。 float 関数の書式は次の通りです。, 引数に指定した数値または文字列を浮動小数点数として取得します。整数または浮動小数点数が指定された場合は同じ値の浮動小数点数が返されます。文字列を指定する場合は 10 進数の値が含まれる文字列を指定してください。引数を省略した場合は 0.0 が返ります。, 数値または文字列のどちらもでも指数表記での指定も可能です。, 引数に指定した数値や文字列から浮動小数点数を取得することができました。, Python の組み込み関数の一つである int 関数および float 関数の使い方について解説しました。, 初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。. Let'sプログラミング ©2006-2020 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. )が含まれていると偽になります。, 空文字の場合は偽となります。, isdigit メソッドは文字列中のすべての文字が数字で使われる文字で、かつ 1 文字以上ある場合に真を返します。使い方は次の通りです。, 数字で使われる文字とは公式サイトでは「数字とは、プロパティ値 Numeric_Type=Digit または Numeric_Type=Decimal を持つ文字です。」と説明されています。 isdecimal メソッドよりもさらに多くの数字で使われる文字が含まれているので注意してください。, isdigit メソッドの場合もカンマ(,)、ハイフン(-)、ドット(. 文字列が数値かどうかを判定する方法 ーケンスを無視(無効化)するraw文字列, Pythonで文字列を分割(区切り文字、改行、正規表現、文字数), Pythonのf文字列(フォーマット済み文字列リテラル)の使い方, Pythonで文字列のリスト(配列)の条件を満たす要素を抽出、置換, Pythonで2進数、8進数、16進数の数値・文字列を相互に変換, Pythonでファイル内の任意の文字列を含む行を抽出(grep的処理), Pythonのast.literal_eval()で文字列をリストや辞書に変換, Pythonでパス文字列からファイル名・フォルダ名・拡張子を取得、結合, Pythonで文字列・数値をゼロ埋め(ゼロパディング), Pythonで文字列を検索(〜を含むか判定、位置取得、カウント), Pythonでゼロ埋めなしの数字の文字列リストをソート, Pythonで文字列を置換(replace, translate, re.sub, re.subn), Pythonで文字列を比較(完全一致、部分一致、大小関係など), Pythonデータサイエンスハンドブック, Pythonによるデータ分析入門 第2版, 半角・全角のアラビア数字が真, 半角・全角のアラビア数字、特殊数字が真, 半角・全角のアラビア数字、特殊数字、漢数字が真, 便宜上「英字」と書いているが、平仮名やカタカナ、漢字なども真, 各文字が上のメソッドで真となれば真. Pythonでは、文字列str型が数字か英字か英数字かを判定し確認するための文字列メソッドがいくつか用意されている。4. 2019年10月9日; 2020年1月25日; 入門; 判定, 型; 3512view; 0件 書籍でもう少し詳しく学びたい場合はこちらもどうぞ。筆者もかなり参考にさせてもらっています! ここでは、Pythonの数値の型を判定する方法と、文字列内の数値の判定につかう 3 つの方法を紹介しています。, 「初心者のためのPythonの数値計算の基礎知識」の中で、Pythonの数値には、, type() 関数を使うと、これらの数値の型を判定することができます。括弧 () の中に、判定したいものの値を入れます。なお、括弧の中に入れる値のことを「引数(ひきすう)」といいます。, 4行目の「type(“1”)」ですが、数字ですが、クオートで囲んでいるので、文字列(str型)として扱われます。文字列に関しては「初心者のためのPythonの文字列操作の基本」で解説しています。, また、type()関数については、「Pythonの型とは | 確認と変換の方法」でも解説しているので、目を通してみて下さい。, これらはすべて文字列型オブジェクトに対して使えるメソッドです。オブジェクトやメソッドについては、「Pythonのオブジェクトとは」でご確認下さい。, これらのメソッドは、それぞれ指定した文字列に対して、条件を満たしていれば True、満たしていなければ False を返します。下表が、それを一覧にしたものです。, ○をつけているものであれば True を返し、-がついているものであれば False を返します。, isdigit() と isdecimal はバイト文字の数字以外は違いがありませんが、isnumeric()は漢数字とローマ数字も、数字として判定するところが大きく異なります。基本的には、isdigit()を使えば問題はないでしょう。, しかし、これらのメソッドはあくまでも文字列オブジェクトなので、文字列でないものには使えません。例えば、以下の例では、数値に対してメソッドを使おうとしていますが、エラーになっていますね。, これらについては、isdecimal()メソッドも、isnumeric()メソッドも共通です。, なお、厳密には、isdigit()だけは、文字列メソッドであるとともバイト列メソッドでもあります。, isdigit()と大きく変わりはありませんが、バイト文字の数字はエラーとなります。以前は、isdigit()は、ローマ数字には True を返していたのですが、その違いがなくなったため、現場ではどちらを使っても問題ないでしょう。, 前者の2つと違い、isnumeric()は、漢数字もローマ数字も True を返します。, 以上が、Pythonの数値の判定に使う関数やメソッドです。ぜひ覚えておきましょう!, Filed Under: Python 数値 関連タグ:Python入門moriyama, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. Kuro-Chan, コマンドラインやrestのパラメータを始め、文字列でデータが渡される場合が多々あります。このページでは文字列が数値なのかどうかの判定と、数値への変換について学習します。, 英数字の判定用にisalnumメソッド、英字判定用にisalphaメソッドがあります。ただし、なぜか全角文字の場合はTrueが返されてしまいます。utf-8に変換するとこの問題を解消することができます。, strにはisdecimal()、isdigit()、isnumeric()の3つの数値判定メソッドが用意されていますが、取り扱う文字に依っては微妙に挙動が異なります。, また、小数点を含む文字はいずれも数値として判定されないため、注意が必要です。また符号付きの場合も数値とは判定されません。このため、数値への変換可否に使用することはおすすめしません。, 整数に変換する場合は組込みのint関数を、小数に変換する場合は組込みのfloat関数を使用します。, 自前で正規表現を使用しても良いのですが、厳密には符号と小数点以外に指数表記等も考慮する必要があります。, ですが、まず変換処理を行えば変換に失敗すればValueErrorが起きるため、これを利用すれば符号付きや指数表記にも対応して判定と変換を行うことができます。, 上のサンプルでは文字列に対し、数値への変換可否と変換に成功した場合はその値を返しています。また、defaultを指定することで変換に失敗した場合のデフォルト値を設定することができます。. 尚、小数は”.”(ピリオド)が数値ではないため、Falseが返却されます。, 尚、どの文字がdecimalか、digitかは、こちらのサイト様が参考になります。. 整数、小数、複素数が使用可能です。 int関数の書式と基本的な使い方, float関数の書式と基本的な使い方. Pythonの真偽判定をif文で用いると、文字入力があったかどうかを判定することができます。本記事ではその方法についてまとめます。入力フォームの空入力に対する処理のときに役に立つと思います。, Pythonで正規表現マッチング操作を行うには、reモジュールを使います。本記事では、reモジュールを使った正規表現マッチング操作の基本、および文字列の置き換えや分割等の文字列操作について具体例を挙げながらまとめます。, str.format()は文字列の書式を設定するのに使います。小数点以下△位まで表示したり、右寄せ/左寄せなどの配置設定、任意文字のパディング、そして2進数や8進数変換等といったことが自由度高く設定できます。本記事ではこれについて具体例を中心に判りやすくまとめます。, スライスは、リストや文字列、タプル等のシーケンス型の一部をインデックスを指定して取り出す操作のことです。うまく使うとリストの要素の反転も簡単に書けます。 文字列が数値であるかどうかを判別する方法として、 int()を使って確認する方法、②文字列のメソッド(isdigit, isdecimal, isnumeric)を使う方法について、具体例を交えてまとめています。小数点はピリオド(.)があるため、数値とは見なされないことに注意が必要です。 a = 1 b = 3.14 c = 2 + 3j. まずリスト(配列)やタプルなどに特定の値が含まれているかを判定する方法を見ていきます。 inを用いたif文の記述は以下になります。 それではif文でinを利用した例を確認していきます。 変数xの値がリスト[1,2,3,4]に含まれる場合、「Trueです。」と表示します。(含まれない場合、何も表示しません。)xに4を代入し実行すると、リストに4は含まれますので、「Trueです。」と表示されます。 次にxに3を代入し実行すると、3はリストに含まれませんので、何も表示されませんでした。 今度は、else文を用い … 文字列、Byte、Binaryが混乱していたので、ちょっと自分の整理のため。 PythonでByte列を扱う場面は、(1)外部のプログラム等とバイト列で文字列をやりとりする場合(文字列をJsonなどで送受信するとき)、(2)RaspberryPiなどを用いたGPIOの制御の場合。 Python入門 › 文字列; 文字列の中の文字が数を表す文字かどうかを判定する(isdecimal, isdigit, isnumeric) 広告 文字列で用意されているメソッドの中で、文字列の中に含まれる文字が数を表す文字かどうか判定するのに使用できるメソッドの使い方について解説します。 目次. 文字列に関しては「初心者のためのPythonの文字列操作の基本」で解説しています。 また、type()関数については、「Pythonの型とは | 確認と変換の方法」でも解説しているので、目を通してみて下さい。 2. 書式化演算子の % を使用することで数値や文字列に対して書式を設定し新しい文字列を作成することができます。(他のプログラミング言語で使用されている printf 形式での書式化となります)。ここでは書式化演算子%を使って文字列の書式設定を行う方法について解説します。 尚、小数点はピリオド(.)があるため、数値とは見なされないことに注意が必要です。 文字列に関しては「初心者のためのPythonの文字列操作の基本」で解説しています。 また、type()関数については、「Pythonの型とは | 確認と変換の方法」でも解説しているので、目を通してみて下さい。 2.