コマンドラインツールで SELECT 文を実行したり SQLite のコマンドを実行するとその結果は画面に表示されますが、 .output コマンドを使うと画面ではなくファイルへ出力するように変更できます。ここでは .output コマンドを使って出力先をファイルへ変更する方法について解説します。 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(SUBSTR(vOutputLine,101,100)); この時に発生した情報を出力した結果が以下のようになります。 時刻:2020/04/24 13:26:19 スキーマ:xxcv タイプ:procedure ユニット:xx2 行:12 backtrace:ora-06512: "xxcv.xx2", 行4 sqlcode:-6502 sqlerrm:ora-06502: pl/sql: 数値または値のエラー: 数値の精度が大きすぎます。が発生しました SQL文の長さが255バイト(文字?)以下ならば正常に動くのですが、 set pages 0 ACCESSでは 日付時刻型が「2005/05/26 19:13:00」という感じで入ってます。 SELECT文で取得した結果を、HTML/XML/EXCEL/CSV/Markdownの形式で出力する方法を記載する。, DBサーバ (vn_CNT = 1) OS : OS X Yosemite 10.10.3 -------------------------------------------------- 当サイトの情報によるいかなる損失に関して、免責とさせて頂きます。ご利用の際はあらかじめご了承ください。, SQL Developer Excelファイルを簡単にインポート/エクスポートする方法. UTL_FILE.PUT_LINE(OUT_FILE,'(vn_CNT = ' || vn_CNT || ')'); --------------------------- SQLPATファイルは、大体以下の感じで、2つのスキーマーで同じPL/SQLを実行します。 1001 | bbbb pl/sqlでselect文の結果をCSV出力しようとしています。(oracle 8.16) set trimout on -------------------------------------------------- どなた様か、ご教授よろしくお願いしますm(_ _)m, 日付検索を行う場合は、以下のように書式を含める必要があります。 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(SUBSTR(vOutputLine,501,100)); とすれば良いです。, こんにちは。 のように出力されます。 set trimspool on JServer Release 9.2.0.4.0 - Production 文書番号:20675 ・直前に実行したsqlの結果行数を取得する--update コマンドを実行 update テーブルa set xxx where 条件式 --実行結果件数を取得 result_count = sql%rowcount; --結果が0件の場合の処理 if result_count = 0 then ・・・ end if; 上記例は … BEGIN END LOOP L_OUT; --------------------------- END; ではpl/sqlブロック全体を記述し、サーバーに送信し、実行したものは以下のとおりです。 ここから sql> declare 2 v_sal emp.sal%type; 3 begin 4 select sal into v_sal from emp where empno = 7934; 5 end; 6 / pl/sqlプロシージャが正常に完了しました。 SPOOLは、GUIユーティリティのコマンドであって、SQL文内では使用できないと思いますよ。, いつもお世話になっています。 PL/SQL上で動的なSELECT 文を ... SQL> / aaはhoge bbはhege PL/SQLプロシージャは正常に完了しました。 DBMS_OUTPUT.PUT_LINEを実行する時は、事前に「set serveroutput on」コマンドを実行しておく必要があります。 解説. END LOOP; sqlplus %UID%/%PASS%@%SID% @test.sql > output set tab off ※↓エラー処理等の考慮はなし。. エラーメッセージがかえってきます。。。 カラム名3 What is going on with this article? 6if ( vn_CNT > 0 ) then INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES ('2006-4-27 12:00:00', ...); と、内ループの"END"に対して起こられてしまいます。 DBはOracle9iです。, DBMS_UTLパッケージを使用して、外部ファイルに出力することが出来ます。 最初のPL/SQLは実行されますが、次のUSER_Bが実行されません。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.shift-the-oracle.com/plsql/dbms_output/, 【PL/SQL】CURSOR ・・・ IS SELECT・・・FOR UPDATE が機能しない, 続.ORACLEのSELECTのソートについて。 下記の要件を満たすSQLを教えてください。 テーブ. set feedback off 出力形式が見づらくて困っています。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. システムに不具合が発生し、データに問題があることまで調査できたとします。 そのとき、手っ取り早くDBの中身をCSVで出力して確認したいとき、ありませんか? 私はありました。 OracleにはSQLの実行結果をファイルに出力する SPOOL コマンドが用意されているので、それを応用してCSVへ出力するSQLを実装しました。 調査の際などにご活用ください。 カラム名1 (7) プレーンなSELECT行った場合と同じ方法で、 SELECT文の結果を出力するPL / SQLブロックを取得するにはどうすればよいですか?. set lines 10000 / でどうだ。 <> select~into句では、必ず1行が返るようなselect文でないと、 「ora-01422: 完全フェッチがリクエストよりも多くの行を戻しました。 」エラーが発生します。 結果が1行も帰らない場合はexceptionが発生するので、サンプルのようにwhen no data found thenでキャッチする必要があります。 こんな感じでしょうか。 Declare 3の値 SQL Developerでselect文を実行し、結果を表示する。 結果をcsvでexportする機能があるので、それを使用する。 4-5.XML,XSLTを使用. DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(SUBSTR(vOutputLine,201,100)); Why not register and get more from Qiita? --------------------------- 3 and no_uke = :new.no_kyaku  begin FOR data_a IN csr_a LOOP Oracle : Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.4.0 -64bit, クライアント 出力ファイルの指定のしかたが悪いのでしょうか? OUT_FILE := UTL_FILE.FOPEN('d:\temp', 'test.txt','W'); col BETWEEN TO_DATE('2005/05/26 00:00:00','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') AND TO_DATE('2005/05/26 23:59:59','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') というように、to_date関数を使うのが一般的かと思います。, こんにちわ。 オラクルのVerは9iです。よろしくお願い致します。, pl_sqlは予めDBに登録しておく。   spool off --------------------------- set heading on 4 and no_gyo = 1; sqlplus USER_A/USER_A @DB_A @SQLPAT BEGIN …, カーソルのOPEN/CLOSEを明示するなら、問題はないと思います。 例えばこんな風に 解説. --------------------------- set feedback off UTL_FILE.FCLOSE(OUT_FILE); (SQL文は単純にTBLをカウントしているだけです) --------------------------- OUT_FILE UTL_FILE.FILE_TYPE; ・ 正しくはこちらです。 col < TO_DATE('2005/05/27', 'YYYY/MM/DD') データベースはオラクルを使っていて、 5 カラム名3 エラーとなってしまいます。 oracle pl/sql 「select into文」 selectした結果を変数に代入する 2019.10.06 2020.01.22 Oracle SQL*Plus SPOOL出力を使ってログを取得する方法 PL/SQL; SQL; SQL*Plus ; ORAエラー ... [SQL*Plus] SELECT結果をファイルに出力する(spool) 投稿日:2017年2月21日 更新日: 2017年10月6日. ■hoge.sql コンパイル時に このようなとき、時間の部分まで設定した値をカラムに格納したいときはどうしたらよろしいでしょうか? set trimspool on とすると、「1001」ではなく、「1000」が返されます。 (vn_CNT = 5) <> 等のように分かりやすく表示できないでしょうか? カラム1 1の値 255を超えると正常な結果が返ってこない状況です。 END; DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(SUBSTR(vOutputLine,301,100)); 例) set tab off  … コマンド, ORACLE_HOME配下にあるperl($ORACLE_HOME/perl/bin/perl)を使って、CSVを出力する。 想像では5行目あたりにログはきだす記述をするのかなと思うのですが、方法がわかりません。 SELECT文の検索結果をCSVへ出力するSQL(Oracle) SQL oracle DB CSV select. オラクル10g, ojdbc14でjdk1.4.2から接続です。 読み出しに変えた方が、より効率的かと思います。, 以下のPL/SQLで取ってきた値をログか何かで確認したいのですが、いい方法がありますか? set trimout on exit; EXCEPTION oracle8だとPUT_LINE などで使用できる一行のバッファサイズが 255 バイトまでという記事があったのでそれが原因かなとおもってのですが、解決方法が分かりません FOR data_b IN csr_b LOOP WHEN OTHERS THEN AND --------------------------- 1000 | aaaa select dbms_xmlgen.getxml('select * from v, | sqlplus -S sys/@<接続Netサービス名> as sysdba > output.csv 分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。, いつもお世話になっています。 PLS-00103: 記号"END"が見つかりました set colsep , set termout off oracle pl/sql 「select into文」 selectした結果を変数に代入する 2019.10.06 2020.01.22 Oracle SQL*Plus SPOOL出力を使ってログを取得する方法 2where no_toi = :new.no_toi 参考URL:http://biz.rivus.jp/sqlplus_overview.html, 質問させていただきます。 -------------------------------------------- BEGIN スッキリしたやり方がこれほど見つからないとは思わなかった。, よく見るやり方2。テーブルの構成に合わせて、SQL文を作成する必要がある。 OS : Red Hat Enterprise Linux Server 6.4 ご教授いただければ幸いです。 set pages 0 これは、order by の前に rownum < 1 が適用されてしまうからです。 1の値 2の値 可能でしょうか。 SQL>show linesize --------------------------- PL/SQLブロックからSELECT状態を出力できますか? ORDER BY 項目名; よろしくお願いします。, order by と rownum を併用する場合は注意が必要です。 select aaa from (select cola aaa from tbl01 order by cola desc) where rownum = 1; -----------------------...続きを読む, SQLPLUSを起動して、 (下記のような感じです。) INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES (to_date('2006-4-27 12:00:00','yyyy/mm/dd hh24:mi:ss'), ...); どなたか教えてください。 ・ 1の値 2の値 ちなみにOracle9iR2を使用しています。 http://www.shift-the-oracle.com/plsql/dbms_output/ 解説. で確認ができる。, クライアントOS:WIN2000 BETWEEN '2005/05/26 00:00:00' AND '2005/05/26 23:59:59' サーバにアクセスしてsqlplusで、 カーソルループ pl/sql で直前に実行したsqlの結果行数を取得する方法 . 初心者的な質問でしたらすいません。   spool c:\test_spool.dat select cola from tbl01 where rownum < 1 order by cola desc; sqlplus user/pass@dbname @hoge.sql 私もそれと疑いますが。, お世話になります。ひとつご教授ください。 prompt group#,status,type,member,is_recovery_dest_file SQL>set linesize 列数 データを調べたいのですが、 ・・・ set lines 32767 よくわからいのですが、  END LOOP L_IN;  … 説明と文例が違ってしまいました。 カラム名3 2重3重に処理することはできないのでしょうか? OPEN c FOR SQL文; 7 というデータがある場合、    select * from dual; どなたか詳しい方ご教授をお願いできませんでしょうか? ・余分な情報 end; --------------------------- カラム名2 上記のように意味不明な形式で出てきます。 カラム3 3の値 カラム名3 例えば、サーバのDドライブのtempフォルダにtest.txtというログファイルを出力するのであれば。 たとえば、 SELECTようにするには: SELECT foo, bar FROM foobar; ------------ CLOSE c; OUT_FILE := UTL_FILE.FOPEN('d:\temp', 'test.txt','A'); 解決するには、 更新 (エラーは発生しないが、結果が1カラム分しか出力されない。) SELECTした結果を変数に代入する方法 「カーソルFORループ」 PL/SQLでSELECTした結果を変数に代入してデータ処理を行うときは「カーソルFORループ」を使用します。 以前に紹介した「SELECT INTO文」と違うのは... 文字列のバイト数を調べる「LENGTHB」関数の使い方 「LENGTHB」関数を使うことによって、文字列のバイト数を調べる事ができます。 「LENGTHB」関数の構文 以下が、「LENGTHB」の基本的な構文です。 ... SQLの入門者や未経験者におすすめの本 ここに記載している本は、自分も読んだことあってかつ良い本だなと思った本だけ紹介します。\(^o^)/ 紹介している以外にも、もっと色んなSQL関連書籍を読んでるけど正直うーん。。。とか自分には... CASE式、DECODE関数とは CASE式もDECODE関数もどちらも条件分岐をSQL内で記述するときに使用します。 どちらも条件分岐を記述したい時に使うならどっち使えばいいの?って気になると思います。 基本的には、「C... テーブルのデータを更新する UPDATE文 UPDATE文はデータの更新を行うことができます。 UPDATEの基本構文 UPDATE文の検証用テーブルとデータ 以下の「ANIMAL1」テーブルを使用して検証します。 ... コメントを記述する際の注意事項 今回紹介するのは、コメントをどう書いたらわかりやすくなるかというコメントを記述する際の注意事項ではなくこんなコメントを記述するとコンパイルエラーとかで動かなくなるよ。っていうOracleの仕様の部分を説... SGA(System Global Area)とは SGAとは、Oracleデータベースのメモリ領域のことです。Oracleデータベースのメモリ領域には、大きく分けてSGAとPGAがあります。 メモリ領域 内容 ... Oracle PL/SQLでDDL文を発行する 「EXECUTE IMMEDIATE」, Oracle 検索結果から重複行を除いて検索する方法 「DISTINCT」キーワード, Oracle SQL*Plus UNDERLINE システム変数 列ヘッダーの下線の設定, Oracle SQL*Plus SQLの表示結果を見やすくする方法 表示幅の調節「LINESIZE」「COLUMN」, Oracle PL/SQL 「SELECT INTO文」 SELECTした結果を変数に代入する. お願いします。, select * from tab; WHEN OTHERS THEN --------------------------- で並べ替えたデータ群のうち,先頭の1件だけを 1select count(*) into vn_CNT from t_ukerui Help us understand the problem. END; 取ることができますが, INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES ('2006-4-27', ...); set long 10000000 END; EXCEPTION いまORACLE9iを使用している者です。 に接続されました。, sqlplus に -S オプションを追加してみればどうでしょうか。 set lines 32767 PL/SQLでSELECTした結果を変数に代入してデータ処理を行うときは「SELECT INTO文」を使用します。, 「SELECT INTO文」の基本構文は、以下のとおりです。 複数の列を指定する場合は、1番目の列名が1番目の変数、2番目の列名が2番目の変数というように位置(順番)対応しています。, 「SELECT INTO文」には、大きな制約があります。それは問い合わせの結果が必ず1行ではないといけないということです。 問い合わせ結果が1行もない場合は、以下のように「NO_DATA_FOUND」例外が発生します。, 問い合わせ結果が複数行の場合、以下のように「TOO_MANY_ROWS」例外が発生します。 問い合わせ結果が複数行になるようにデータを挿入して検証してみましょう。, 複数行のSELECT結果や検索結果が0件でも処理するには「カーソルFORループ」を使用します。気になる方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。. (vn_CNT = 0) ORACLEでそのような機能(SQL)はあるでしょうか? 前回まではSelect文の基本的な使い方なり検索の仕方などを説明してきました。今回からは一気に内容を濃ゆくしていろいろな技術的な方法を小出しで出していきたいと思います。関数なども利用していきますのでその都度その都度覚えてください。Selec select * from v, | sqlplus -S sys/@<接続Netサービス名> as sysdba > output.csv カラム2 2の値 3の値 これを実行すると、 2005/05/26 を抽出したいのですが、 プログラムにエラーが発生した場合に、ソースコードのどこで何が起きたのか調べる必要があります。このような情報は、事前に定義されたファンクションやディレクティブを使用すると簡単に取得することができます。, サンプルを動かすと4行目でエラーが発生します。この時に発生した情報を出力した結果が以下のようになります。, 注意点として下記の違いを説明しておきます。$$PLSQL_LINEはあくまでも$$PLSQL_LINが記述された行番号です。よってエラーが出た場所ではないのでデバック目的に利用するとよいです。DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_BACKTRACEはexceptionが発生した行番号です。, コンソールに出力するにはdbms_output.put_lineを利用することで実現できます。プログラムの処理結果を出力したり、開発中にどういったルートを辿ったか追跡したりするためによく利用します。, UTL_FILEを利用することで永続的にファイルに残すことができます。既に本番稼動したプログラムがエラーを発生した場合に、あとから調査するために利用します。, セッションが有効な間のみ記録を残すことができます。調査用の使用には向いていませんが、処理がどこまで進んだかを見ることに適しています。詳細はこちら, 通常、データベースにログインするにはユーザとパスワードで認証します。OS認証では、OSにログインできたことでデータベースでのログインをパスできる機能です。, アプリケーションコンテキストとは、セッションごとに情報をメモリに保持でき、切断されれば消えます。つまり、セッション固有の情報をセットできる変数です。, 12cR2以前までのオブジェクト名は30バイト制限がありました。ほとんどのオブジェクトでは問題がないのですが、テーブル名やカラム名は問題となるケースが多くありました。, データベースにエラーが発生した場合は、アラートログを確認します。しかしアラートログはテキストファイルなので分析するのには向いていません。またアラートログの出力先は、バージョンによって出力先の確認方法が異なるので以外と面倒なものです。そこで今回は、SQLでアラートログを検索する方法を紹介します。, フラッシュバックアーカイブを利用すると、特的のテーブルに関するundoの情報をコピーして保存しておくことができます。これにより時間が経過してもundoの上書きによる影響はありません。, フラッシュバック機能とは、人為的なミスなどでデータが変更されたときに変更前の状態を確認したり、戻したりする機能です。, ソフトウェアベンダーでITコンサルタントとして働いています。製造業のお客様を中心に、業務アプリケーションのデリバリーを担当しています。これまでの経験をフィードバックしていきます。, 当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、情報が古くなったりすることもあります。 set trimspool on 参考URL:http://homepage2.nifty.com/sak/w_sak3/doc/sysbrd/sq_pl07_1.htm, 参考URLをみていただければ分かりますが。 私の場合、テーブル名だけ手っ取り早く知りたいとき、↑を打ちます。その他の情報も知りたいときは#2さんの仰るとおり、user_tablesで取得します。, いつも参考にさせていただいております。