ロシア語 / Русский 表示されることがあります。, この問題は、Cache ConnectとOracleを同じマシン上で使用するときに、 When you sign in to comment, IBM will provide your email, first name and last name to DISQUS. DISQUS’ privacy policy.    ), 原因としては、「ESTNAME」という名称で登録されていたため、      (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = XXXXXXXXXXX)(PORT = 1521)) ドイツ語 / Deutsch 「ORACLE_HOME」の指定場所が違っていました。, 「ORACLE_HOME」の確認方法は以下の手順です。(Windwosの手順です。), 4.「TNSNAMES.ORA」が格納されているディレクトリが指定されているか確認してください。 スペイン語 / Español 使用する場合、正常に動作しません。, 参考:Oracle TimesTen In-Memory Databaseトラブルシューティング・プロシージャ・ガイド データ・ストアに接続しようとすると、 動の手順を繰り返します。.     (DESCRIPTION = クロアチア語 / Hrvatski 自分の備忘録的な意味も含めて対処法をご紹介。, 対処するに当たり、エラーメッセージの意味を理解する必要があります。 フィンランド語 / Suomi そのため、ORCLEのサイトを見て意味を調べてみました。, =================================================== この場合、TimesTenが稼働しているマシン上のTNSNAMES.ORAファイルを指すようにTNS_ADMIN環境変数を スロバキア語 / Slovenčina 設定しなおさないようにしてください。, Oracleクライアントは、接続の解決にTNS_ADMIN設定を使用しますが、 ポーランド語 / polski チェコ語 / Čeština オランダ語 / Nederlands 接続が可能となります。, 自分はこれが原因でした。 ブルガリア語 / Български By commenting, you are accepting the 中国語 (繁体字) / 繁體中文 DISQUS terms of service.    ESTNAME = トルコ語 / Türkçe 「TNSNAMES.ORA」の設定が間違っている可能性があるため指定された名称で接続をすることができませんでした。, エラーメッセージの通り、「TNSNAMES.ORA」の設定が間違っている場合があります。, 「TNSNAMES.ORA」記述内容     (CONNECT_DATA = デンマーク語 / Dansk カザフ語 / Қазақша  違っていたらこれが原因です。, 以上、「ORA-12154」が出たときの対処法をご紹介しました。 中国語 (簡体字) / 简体中文      (SERVICE_NAME = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX) ルーマニア語 / Română TimesTenのメイン・デーモン、キャッシュ・エージェント、Webサーバーおよび この問題が発生することがあります。, 本番環境では、TimesTenとOracleは、通常、異なるマシン上で稼働させます。 環境変数が未設定の場合は、ORACLE_HOME¥NETWORK¥ADMIN にあるファイルを読み込む。 ポイント listener.ora , sqlnet.ora , tnsnames.ora これら3つは,同じフォルダに保存して1つのグループとして用いる。バラバラに保存して運用はできない。 環境. この環境変数をTに設定した場合は、ほとんどのOracleシェル・スクリプトでset -xコマンドが使用されます。これによって、シェル・スクリプトの実行時にコマンドとそれらの引数が印刷されます。他の値を設定した場合、または値を設定しない場合、そのスクリプトでは、 日本語 / 日本語 ノルウェー語 / Norsk ポルトガル語 / ブラジル/Brazil / Português/Brasil IBM Knowledge Center で検索する, IBM Knowledge Center は JavaScript を使用します。 スクリプトが使用不可になっているか、ご使用のブラウザーではサポートされていません。 JavaScript を使用可能にし、再試行してください。. ベトナム語 / Tiếng Việt. ボスニア語 / Bosanski それでも解決できない場合はサポートセンターに問合せてみるべきだとと思います。, 【初心者必見】WPプラグイン「All-in-One WP Migration」を使って簡単にサイトのデータ移行ができる!?, 【AdobeXD新機能】10月に追加された3D変形やテキスト自動調整、コンポーネントの新機能を使ってみた。, 株式会社マリンロード〒321−0953 栃木県宇都宮市東宿郷3-1-12 吉田ビル8F, Oracle TimesTen In-Memory Databaseトラブルシューティング・プロシージャ・ガイド. ポルトガル語 / ポルトガル / Português/Portugal マケドニア語 / македонски Tableau Desktop; Oracle; 解決策 [Advanced Oracle 接続] ダイアログ ボックスで経路や命名構文を修正するか、完全な .WORLD データベース名を使用すると、Oracle 接続のほとんどの問題が解決することがよくあります。接続エラーで詳細なトラブルシューティングが必要な場合は、以下の 4 つの一般的 … ORA-12154「TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした」が レプリケーション・エージェントは、TNS_ADMIN設定を認識しません。, Cache Connectは、OracleクライアントとTimesTenが異なるTNSNAMES.ORAファイルを スウェーデン語 / Svenska 2.「詳細設定」タブで、「環境変数」を選択します。 3.「oracle_home」の設定内容を確認。 4.「tnsnames.ora」が格納されているディレクトリが指定されているか確認してください。 違っていたらこれが原因です。 5.違っていた場合、正しいパスを指定する。 「TESTNAME」で接続ができていない。, 解決方法としては、「ESTNAME」の部分を書き換えてあげることで セルビア語 / srpski Please note that DISQUS operates this forum.     ) ヘブライ語 / עברית Copyright Â© 2010, 2016, Oracle and/or its affiliates. ===================================================, ざっくり説明すると、こんな感じ。 プライマリ・コンテンツに移動. システム上に1つのOracle Databaseインスタンスが存在する場合には、システム・レベルでORACLE_HOMEおよびORACLE_SID環境変数を設定します。これらをそのように設定できない場合、インスタンスに接続されるすべてのExtractおよびReplicatのグループのパラメータ・ファイルで次のSETENV文を使用します。 韓国語 / 한국어 All rights reserved. ギリシャ語 / Ελληνικά 下記のエラーコードが出ました。, 対処するまでに、意外と時間がかかってしまったので 発生することがあります。, たとえば、ラップトップでOracleデータベースの複数のインスタンスが稼働している場合に、 ハンガリー語 / Magyar カタロニア語 / Català 先日、Oracle12cのインストールを実施して TNS_ADMIN環境変数がOracleの正しいTNSNAMES.ORAファイルを指していない場合に フランス語 / Français システム環境変数に変なORACLE_HOMEが設定されてるか、リスナー用サービス(11gデフォ: OracleOraDb11g_home1TNSListener, 12cデフォ :OracleOraDB12Home1TNSListener)のサービス実行アカウントに指定されてるユーザにおかしなORACLE_HOME環境変数が指定されているなど。 That information, along with your comments, will be governed by 英語 / English Windows の場合: 管理権限を持つユーザーとしてデータベース・サーバーにログオンします。 「マイ コンピュータ」 > を右クリックして「プロパティ」 をクリックします。 「システムの詳細設定」 > 「環境変数」 をクリックします。 「システム環境変数」 パネルで 「新規」 をクリックします。 さあ、オブジェクトブラウザをで見てみると      (ADDRESS_LIST =     ) イタリア語 / Italiano タイ語 / ภาษาไทย アラビア語 / عربية 今回、既に11gをインストールしている状況で新たに12cをインストールしていたため スロベニア語 / Slovenščina 検索