0番目に刺さっているGPUでなく、1番目に刺さっているGPUに処理させたいときに使用する。 ... 「垂直同期はOFF一択」という人もいるかもしれません。しかし、今回はONも試しましょう。, Get the Best Settings In Apex Legends With Streamlabs OBS on Windows 10. 0からに注意, ● B-frames 趣味は、ゲームしたり、本読んだり、映画読んだりするのが好きです。 OBS Studio(以下OBS)で配信するさい、どのように設定すれば高画質・高音質な配信ができるのでしょうか。画面が荒くなって困ったという経験は、だれもがあるはずです。画質で重要なのは以下の設定です。 ビットレート 解像度また、音 check! Software(x264)はCPUでエンコード処理を行う。NVENCに比べて低ビットレートでも高画質になる(解像度に応じたビットレートは必要)。, ● Enforce streaming service encorder settings 「出力モード」を「詳細」にする。 3. アップロード(上り):20.39Mbps NVENC 5000kbps + High Performance だとブロックノイズが目立ちます。気にしなければ問題ないレベルではあるが NVENCかSoftware(x264)を選択することができる。 処理が重くなるので、基本いらない。ビデオタブで設定すればよい, ● Rate Control 詳細リンク →回線速度を調べる際に使用したサイトはこちら, 私の場合、上り(アップロード):20.39Mbps(20390Kbps)となっていました。, 次に配信サイトのビットレート上限についてですが、Youtubeで1080p/60fpsで配信する場合、動画ビットレートの範囲としては4,500~9,000Kbpsが推奨値と決められています、, ビットレートは上げれば上げるほど画質が高くなりますが、上限を超えてしまうと送るデータ量が多すぎて処理しきれず、配信がカクついてしまう原因になるので、その範囲内で設定しましょう。, 私の場合はYoutubeで1080p/60fpsで配信したいので、最大で「9,000Kbps」が上限という事がわかりました。, 720pなどの各画質毎の詳細なビットレートの情報に関しては、こちらのYouTubeヘルプページにて解説されているので、気になる方はこちらも参考にしてみて下さい。 ストリーム時に録画を行う設定(チェックを外すことを推奨します。), Streaming Services か Custom Streaming Serverを選択できる。 ・Low-Latency Quality Youtubeでは "),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://chocoyoung.com/post-194','8Xxa2XQLv9',true,false,'x-hvQTGCKiA'); Note that the new implementation is not available on Windows 7 due to limitations in the operating system; 細かい文字の描写やオブジェクトの境界線がモヤモヤになるため、Blurayにあげれるならあげたいところ。, 再生端末により、違いがでるようです。 基本的にmainプロファイルで問題なし 画質をよくしたいなら、まずはビットレートの設定が重要です。 1. ビットレート 2250~6000Kbps 雷神のYoutubeライブ配信は、主にFF14でレイドコンテンツに固定メンバーと行く配信で、登録者数は50名以下のちっちゃなチャンネルで頑張っている。応援してくださる方は是非チャンネル登録お願いします。, さて、今回はライブ配信の設定に置いて、ビットレートの設定がどれだけ画質に影響を及ぼすのか比較検証していきたい。『高画質 OBS 設定』などで検索するといろいろな比較サイトや動画が見つかるが、ライブ配信というよりも録画設定に関する内容が多いため、今回記事を書くに至った。, 先に触れておきたいのは Encoder(エンコーダー)の設定についてだが、雷神の使用しているCPUは core i9 グラボは RTX2080Ti で Hardware(NVENC)(new)を使用することができる。, 画質に関していままではCPUエンコーダーの方が優れている印象であったが、非力なCPUでもグラボの力を借りることによってCPUエンコーダーと同等それ以上の画質でエンコードすることが可能となった。雷神は積極的にハードウェアエンコーダーを使用していきたい。, NVIDIAのグラフィックボードに搭載されたハードウェアエンコーダーで、低負荷でエンコードできる。, ゲーム配信ではそれ以上の解像度で配信するとラグでまともにゲームできないと思われるため以上とする。, ※プレイしているゲームのDeadbyDaylightはフルHD(1920×1080)のゲームですが、比較のためにわざとキャンバスサイズを3840×2160にして画面サイズを引き伸ばし、Output Resolution:1920×1080にすることによってどのような変化があるのかを試しています。, ■ビデオの設定Base Resolution:3840×2160Output Resolution:1920×1080 DownscaleFilter:Lancos FPS Type:Common FPS Values の 60fps, ■出力の設定Encoder:Hardware(NVENC)(new)Enforce streaming service encoder settings:チェックなしレート制御:CBR ビットレート:4500キーフレーム間隔:2プリセット:Max QualityProfile:high Lock-ahead:チェックなし心理視覚チューニング:チェックありGPU:0最大Bフレーム:2, ■ビデオの設定Base Resolution:3840×2160Output Resolution:1920×1080Downscale Filter:LancosFPS Type:Common FPS Values の 60fps, ■出力の設定Encoder:Hardware(NVENC)(new)Enforce streaming service encoder settings:チェックなしレート制御:CBRビットレート:9000キーフレーム間隔:2プリセット:Max QualityProfile:highLock-ahead:チェックなし心理視覚チューニング:チェックありGPU:0最大Bフレーム:2, ■ビデオの設定Base Resolution:1920×1080Output Resolution:1920×1080Downscale Filter:LancosFPS Type:CommonFPS Values の 60fps, ■出力の設定Encoder:Hardware(NVENC)(new)Enforce streaming service encoder settings:チェックなしレート制御:CBRビットレート:4500キーフレーム間隔:2プリセット:Max QualityProfile:highLock-ahead:チェックなし心理視覚チューニング:チェックありGPU:0最大Bフレーム:2, ■出力の設定Encoder:Hardware(NVENC)(new)Enforce streaming service encoder settings:チェックなしレート制御:VBRビットレート:4500-9000キーフレーム間隔:2プリセット:Max QualityProfile:highLock-ahead:チェックなし心理視覚チューニング:チェックありGPU:0最大Bフレーム:2, ライブ配信時に実際に使用しているマイクです。感度と音質がヘッドセットに付属のマイクとは段違いです。また、Premiere Proでの動画編集時にアフレコするときにも使用しています。価格は安いですが非常によい商品です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, プロフィール: 栃木県出身のアラフォー ハワイでバイリンガルの嫁と出会う 地元で会社員として生活, ライブ配信動画比較 1080 (基本キャンバス2160) 60fps CBR4500, ライブ配信動画比較 1080 (基本キャンバス2160) 60fps CBR9000, ライブ配信動画比較 1080 (基本キャンバス1080) 60fps CBR4500, ライブ配信動画比較 1080 (基本キャンバス1080) 60fps CBR9000, ライブ配信動画比較 1080 (基本キャンバス1080) 60fps VBR4500-9000, パブリックDNSと言えば、googleの8.8.8.8が有名ですが、それを上回るセキュリティと速度でつながる1.1.1.1がPCとスマホで利用できてしまうんです! OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。, まず前提として「カクカク」の定義ですが、基本的に配信画面で安定して30fps出ていない状態を想定しています。, PCの動作を軽くするための方法として、近年とくに注目されているのがPCのGPUという部分を使って配信する方法です(GPUエンコード)。, 「エンコーダ」の部分に表示される項目については、下表を参考にしてください。ややこしいのですが、PC環境によって表示される項目が異なります。, 一般論として、「x264」を選んだ場合と比較すると画質は少し落ちます。しかし、CPU負荷が大きく下がり、カクつきが改善される可能性があります。, OBSのバージョンが23.0以降で、かつグラフィックボードがRTX 20シリーズである場合は、画質劣化を気にする必要はありません(参考)。, 解像度の設定は、数字が小さいほどPCの動作が軽くなります。たとえば、640x360は1280x720よりも軽くなるということです。, ただし、解像度が低いと映像がボヤけたり、文字が小さくなって読みづらくなることがあるでしょう。画質との関係で無難なのは1280x720です。, もしPCスペックに余裕があるなら、「FPS 共通値」は60fpsにしてもかまいません。そのほうが30fpsよりも滑らかに動きます。あくまでも余裕がある場合です。, これは、上述のハードウェアエンコーダーを使用できない環境、すなわち「エンコーダ」で「x264」を選んだ場合を前提にしています。, 「veryfast」よりも、「superfast」や「ultrafast」にしたほうがPCにかかる負荷は小さくなります。, ただし、負荷が小さいプリセットは映像が荒くなったり、ボヤけるというデメリットがあります。変更するにしても「superfast」が無難でしょう。初期設定は「veryfast」です。, とくに、配信しながら最新の重量級タイトルを最高画質でプレイするのは、ほとんどのPCで無謀と言ってもよいかもしれません。, 重要なのは、ゲーム内のグラフィック設定を下げることです。具体的には、ゲームのオプション設定を開き、以下の設定を下げましょう。, 画質・品質については、たとえば「最高」設定にしているなら、「高」や「中」などに落とします。あるいは、「低」にしてもよいかもしれません。, また、120Hz以上に対応するゲーミングモニターを使用し、ふだん120fps以上でプレイしている人もいると思いますが、配信時は注意が必要です。フレームレートが大きいほどPCにかかる負荷も増えるため、スペックによってはカクつく原因になります。, もし、通常の60Hz対応モニターを使用している場合は(大半のユーザー)、ゲーム側のグラフィック設定を開いて、最大フレームレートが60fpsであることを確認してください。60Hzモニターなので、120fps/144fps/無制限にしても意味がありません。, Windowsで実行中のプロセスが原因でPCの動作が重くなっていることがあります。タスクマネージャーを開いてください。, 「CPU」と書かれている部分の数字が大きいと(例 : 100%)、PCの動作が重くなり、配信画面がカクつく場合があります。, 「CPU」の部分をクリックして、項目をCPU使用率が高い順に並び替えましょう。あとは終了させたいプロセスを選択後、「タスクの終了」をクリックします。, しばしば言われるのは、FaceRigとの組み合わせでゲーム配信すると重いというものです。いったんFaceRigを終了してどうなるか、試してみるのもよいかもしれません。, 見覚えのないプロセスについては、Googleで検索してから終了してください。Windows Updateの可能性もあります。, OBSのバージョンが24.0.3以降で、かつGPU負荷が95%以上と高い場合に、OBSを管理者権限で起動する方法です。これによりOBSの優先度を上げます。. →YouTubeヘルプ「ライブエンコーダの設定、ビットレート、解像度」について, ちなみに、1つ上の「MaxQuality」に設定すれば、GPUの使用率は高くなりますがより高画質になります。, 反対に1つ下の「Performance」に設定すれば、GPUの使用率は低くなりますが多少画質が落ちます。, お使いのPCスペックに応じて設定するのがおすすめですが、私のゲーミングPCと似たようなPCを使っている人は「Quality」がおすすめです。, その後、一般の欄にあるサンプリングレートを「44.1kHz」に設定し、チャンネルを「ステレオ」に設定します。, 次に映像の設定を行いますが、ここでは解像度とフレームレート(FPS)を設定していきます。, 左側にある「映像」タブをクリックして、基本(キャンバス)解像度を配信したいゲームに合わせて設定します。, 例えばBFVの場合は「1920×1080」と設定します。(大概のPCゲームは1920×1080です), 次に出力(スケーリング)解像度を設定しますが、「出力」タブのビットレートで設定した値を元に出力解像度を決定します。, 高い解像度を低いビットレートで配信すると、逆に画質が落ちてしまう傾向があるので、目安としては以下のようになります。, ◆「出力」のビットレートが4000Kbps以上~6000Kbps以下