古きよき日本製ならではの作りの良さ、現行品にはない味、そして中古ゆえの価格の安さ。, 現代のデジタル一眼レフカメラやレンズは、中級機以下はほとんどが国外製。 ともすれば撮影できる画像の新奇さから、レンズに撮らされているようになってしまう可能性もありますが、そんなレンズを自分の道具として乗りこなすのが魚眼レンズの面白さ。, 実はこのレンズ、他のレンズのように一眼レフのファインダーを覗いて使うことはできません。, このレンズが発売されたのは1959年のこと。 びびなび ロサンゼルス 個人売買 / 一眼レフ用レンズ Tamron 17ー50mm f/2.8 (Nikon用) / Costa Mesa California 92627 Jamu 一眼レフ用レンズ Tamron 17ー50mm f/2.8 (Nikon用) Tamron SP Auto Focus 17-50mm F/2.8 (Nikon用)Nikonの一眼レフカメラに使用していたズームレンズです。※レンズ 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。. 中古オールドレンズなら、EDレンズを使用した高級レンズを手頃な価格で手に入れることができますよ。, 180mmというニコン以外ではあまり見ない焦点距離のレンズが生を受けたのは1970年のこと。 Ai Fisheye-NIKKOR 16mm F2.8 S. NIKKOR-N・C Auto 24mm F2.8. いっぽうで解像力や描写力にも秀でているので、量感あふれるポートレートを撮影することができますよ。, なお85mm F1.8というスペックのレンズはAi Nikkorにも存在するので、そちらもぜひおすすめしたい逸品です。, ニコンの高性能望遠レンズとして知られている、180mm F2.8というスペックのレンズ。 | 時代ごとに異なるオールドレンズの味を楽しむのも、趣深いものですよ。, 「明るい広角レンズ」というジャンルは、写真用レンズの歴史としては比較的新しい、戦後になってからのもの。, そんなレンズたちのなかでも、ぜひ使ってみたいのがAi-s Nikkor 35mm F1.4でしょう。, レンズの歴史としては非Aiレンズの後期に登場したものとなりますが、入手性とレンズ自体の性能の安定性の面で、Ai-S時代のレンズが使いやすいと思います。, 標準レンズでは当たり前のF1.4という開放値ですが、広角レンズでこんなに明るいレンズを使ったことがないという方も多いはず。, 焦点距離が28mmのためこの順番での紹介としましたが、このレンズは他のレンズとは立ち位置がまったくことなる1本です。, カメラの撮影方法にはアオリという技術があり、レンズをカメラのフィルム面に対して動かすことで、ピントの合う範囲を変えたり、形状の歪みを補正したりすることが可能です。 販売終了品ではありますが、AFレンズのため、現代のデジタル一眼レフでも問題なく装着できます。, レンズの歴史を感じるとともに、現役でもまったく問題なく使用可能。 具体的には後群のレンズのうち、凸レンズと凹レンズの配置を入れ替えた点に特徴があり、このことはニコン公式サイトの「ニッコール千夜一夜」でも詳細に解説されています。, 一眼レフ用広角レンズに新境地を切り開いた、まさに身をもって歴史を体感できるレンズだといえるでしょう。, そして、ニコンの28mm広角レンズは着実に改良を重ね、Ai-s Nikkor 28mm F2.8で完成の域に達しています。, ニコンのニッコール広角レンズといえば、標準レンズと同じく、各社のレンズの中でスタンダードとなるもの。 そのため背面のディスプレイで適正露出か確認しながらの撮影となります。, またAPSサイズ(DX)のカメラなので、レンズの性能をフルに活かすことはできません。, そこでおすすめしたいのが、マウントアダプターを使用してミラーレス一眼に取り付けるということ。, とくに、ソニーα7シリーズに取り付けた場合、フルサイズでレンズのすみずみまで味わうことが可能です。, 中古オールドレンズの母艦として、α7シリーズの安定性はニッコールレンズでも健在。 その魅力を徹底解説します。, ニコンの一眼レフカメラの特徴。 中古でレンズを手に入れるときに、いったいどんなレンズがおすすめなのか迷ってしまうかもしれません。, そこで今回は、中古フィルムカメラ専門店、サンライズカメラのスタッフが自信をもっておすすめする、ニコンFマウントのニッコールレンズについて紹介していこうと思います!, ニコンの一眼レフカメラではフィルムカメラ・デジタルカメラともに「Fマウント」を使っているため、現行のカメラでも50年前のレンズを使うことができますよ。, ぜひニコンのフィルムカメラ・デジタル一眼レフカメラで使ってみたいニッコールオールドレンズ。 Ai-s NIKKOR 85mm F1.4(オールドレンズ):約5万5千円, もちろん、オールドレンズにはオートフォーカスも、VR手ぶれ補正もありません。 そんな広角レンズの中でも24mmは、「広角レンズらしさ」と「広角レンズの難しさ」のバランスがちょうど良いんです! お金に余裕がある方なら、35mm・28mm…24mmとステップアップしていけば良いですが、 とりあえず広角レンズを1つ選ぶなら24mmがベスト。 ニコンFM(FM2以降は使用不可) 中古オールドレンズもよりどりみどりです。, オールドレンズには、描写の味、価格のリーズナブルさなど魅力がいっぱい。 より広く、より歪まない広角レンズ。 普通の広角レンズとはまったく違う、異次元の世界がファインダーの中に拡がります。, もちろん現行品でもよいですが、もしリーズナブルかつ手軽に使ってみたいときは、中古レンズを選ぶのがおすすめです。, ニッコールの中古レンズのなかには数種類の魚眼レンズが存在しますが、ここで挙げるAi-S Fisheye-Nikkor 16mm F2.8は比較的入手しやすいもののひとつ。, 魚眼レンズは通常の写真レンズとはまったく異なるジャンルのレンズ。 この部品に穴が空いているものと穴がないものが存在し、穴がないのが非Aiのオートニッコールレンズです。, また、レンズ根本の絞りリングに、数字が2列あるのがAiレンズ。 買い方さえ間違えなければ、中古オールドレンズはカメラをより楽しむための貴重な選択肢となるのです。, 最新の技術を結集した現行レンズもよいものです。 ところがオールドレンズでは、ボディとセットで販売されていたレンズであっても、基本的に金属で作られているのです。, これは、いまに比べてカメラがずっと高級品として扱われていたため。 しかも、アルファベットしかない外国語と違って、日本語では複雑な漢字が潰れずに読み取れることが求められました。, ニコンのマイクロニッコールが高性能なのは、この日本語特有の事情があってこそ。 ニコン Ai Nikkor 24mm f/2.8Sを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、操作性・表現力・携帯性など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情 …