協会の放送を受信することのできる受信...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ただ、NHKと契約をしている間は受信料の支払いは義務であり、必要です。 警察でも家宅捜索礼状を持って初めて家宅捜索が可能なのであって、一集金人に「無いなら見せろ」と言われても見せる必要は無いです。(むしろ手口が強引ならこちらが警察を呼んでいい) 「テレビを捨てたら電話下さい」「今すぐは解約できません」「払えないなら待ってもいいです」「テレビがない状態を確認する場合があります」と言うだけです。 本当は払ったほうが良いのでしょうが、度重なる不祥事とNHKなんか年に数秒しか見ないのに払うのが馬鹿馬鹿しいと言うのが本音です。 1度間違って応対してしまい「放送法」がどったらだの「アナタの一家は違法行為を実行してる」だの偉そうに言い出したので 引越し当日見逃しても、空家のはずが洗濯物が干してあったり、電気がきてたり表札がかかったりするのを自分の地図とファイルでチェックする。 ご質問の契約解除するなら、何か方法があるでしょうが、ネットでも出ていたような・・・。, テレビ持ってますよね→集金人のはったりです。見てもいないのにわかるかけない。推測でしょう。 地上放送の受信料は兎も角、BS放送の受信料は払いたくないので、BSを見れないようにするしかないのだという気がしてますが、今更BSチューナーが内臓されていないテレビに買い換えるわけにもいかないしどうしようかと考えています。内蔵されたBSチューナーって取り外せるものなのでしょうか?例えBSチューナーを取り外せたとしても、おそらくマンションにBSアンテナが設置されている限りはアナログでBSは見れてしまうのですよね・・・?(その辺がまだよく理解できていないのですが・・・) マンションのオーナーにBSアンテナを外せとも言えないし・・・。 TVの有無が、唯一の条件です。 ケーブルテレビの契約がNHKの契約を含むという法律はありません。 ・妻は2か月分の支払い手続きをしただけで、おそらく契約書にサイン捺印はしていないと それで「変ですねぇ、テレビケーブルは今何につないでいますか?」の一点張り。無いと言っているのに。 NHK関係法改正までは、PCからTV番組を見るだけでは上納金の支払い義務はありません。 何かよい知恵があれば教えていただけると幸いです。, 昨日NHKの人が来てこのマンションはBSアンテナがついているのでBS放送の受信料を払ってもらわなければならないと困ると言われました。今のマンションにはかれこれ4年住んでいるのですが、これまではそのような話はなくNHKの地上放送の受信料のみを払ってきました。BS放送の受信料を払えと言われたのはこれが初めてです。私はテレビ放送のことには疎く、BSが衛星放送のことであることを知りませんでしたし、衛星放送は契約しなければ見れないものだとばかり思っていました。昨日NHKの人にテレビに見せたところ、ア...続きを読む, 私のところ(賃貸マンション)も、壁のアンテナ端子にはBSの電波は来ています。又、最近のテレビはBSチューナーは当然のように内蔵されています。 私にはそもそも支払い義務が存在しませんので、 料金というのはサービスを受けた対価として支払うものだと思うのですが、まったくサービスを受けていないのに料金だけ支払うというのはおかしくないでしょうか? テレビを購入したときは、当然のように業者の方は視聴可能なチャンネルが見られるように設置します。この為、我が家でも、地上アナログ、地上デジタル、BSは見れますが、BSは全く見ていません。よって、カラー契約での受信料契約にしています。 何て言えばいいんでしょう・・・・, こんばんは。 逆にやる気あるやつは大概ありすぎて犯罪を犯す(侵入罪やら恫喝やら21時以降の訪問もか?), ちゃんとしたNHKの職員に「よっ!国営放送!」とか声をかけると、必死になって否定し出して面白いぞ ※NHKの不祥事は受信料回収の人に関係ないから可哀相という話を聞きますが、私たちからすればNHKとの接点はそこしか無いですし常識無い彼等のやり方にも問題大アリだと思います。(言葉使いや、訪問時間など), 夜遅くまで来るとは・・・ずいぶん非常識ですね。 1.廃棄届けは提出すれば良いと法律に書いてあります。 テレビを購入したときは、当然のように業者の方は視聴可能なチャンネルが見られるように設置します。この為、我が家でも、地上アナログ、地上デジタル、BSは見れますが、BSは全く見ていません。よって、カラー契約での受信料契約にしています。 ・NHK放送受信規約には、解約の手続きとして上記の事は必要でないと認識 実際、スカパー以外にアンテナの無い我が家のテレビを、NHKの人に見せたほうが良いのでしょうか。 「新築」ならだいたい把握できる。 「ウチでロックを開けた訳でもないのに勝手にうろ...続きを読む, NHKを解約したいです。 私の場合、上納金を払いたくありません。 玄関の外から「テレビ持ってますよね、支払いは国民の義務です、開けてください」と言われました。 第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。, 放送法の第六十四条では、「NHKと受信契約をしなければならない」という義務が定められています。この法律に基づき、NHKは契約の義務がある該当者と放送受信契約を交わします。義務があるにもかかわらず契約していない人も多くいますが、実際には、放送法という日本の法律で定められた「従わなければならない義務」です。, NHKの放送受信契約には契約者から受信料を徴収する旨が含まれています。そのため、NHKと契約する義務がある人は受信料も支払わなければなりません。また、一度契約をしたからには、受信料を支払わなければなりません。「NHKと受信契約=受信料の支払い」という構図だと理解しやすいと思います。, しかし、現時点では支払わなくても罰則がなく、国民全員が受信料を支払う必要があるものではないため、「払わなくてもいい」という認識が広まっているようです。支払わなければ「契約不履行」となります。中には、民事訴訟に発展するケースもあるので、義務がある人は必ずNHKと契約を結び受信料を支払うようにしましょう。, テレビ放送を見ることができる受信機が、1世帯に1つ以上あり、実際に受信できる状態である場合, 支払い義務が生じる条件は3つ。1つ目は、テレビ放送に対応している受信機があること。ここでの受信機とは、一般的なテレビだけでなく、最近普及しているスマートフォンやタブレット、テレビ機能のあるカーナビまでも含まれます。, 次に、1つの世帯に前述の受信機が1つ以上ある場合。1つの家に複数の受信機がある場合、1回の契約で済みます。ただし、同じ世帯でも実家から離れて一人暮らしをしている場合などは別に契約の義務があるので注意が必要です。, 最後は、受信機が受信可能であること。受信機がアンテナなど受信設備と接続されている状態の場合です。受信可能な受信機を所持していれば、テレビを見る・見ないは関係なく支払い義務が生じます。, 当然のことですが、家に受信機がなければ、NHKのテレビ放送を見ることができませんから、契約の必要はありません。ただし、受信機にはテレビ以外の機器も含まれますので、単純にテレビがないという理由だけでは、契約義務がないというわけにはいきません。, 受信機を所持している場合でも、アンテナなど受信設備に接続されていなければ契約義務は生じません。テレビをゲームやDVDのみで使用している場合は、これに当てはまります。この場合、「受信機を所持しているが、受信目的ではない」という理由で合法的に契約を拒否することが可能です。, これらに該当する場合は、NHKと契約する義務はありませんので、当然受信料も払う必要がありません。, NHKに業務委託された「地域スタッフ」と呼ばれる集金人が、受信料を徴収するために自宅に訪問してきます, NHKの受信料はNHKの職員が集金しているとよく勘違いされがちですが、実際には、NHKと業務委託した「地域スタッフ」と呼ばれる事業者が集金作業を行います。業務委託のため、受信契約と受信料集金さえ完了すれば報酬を得ることができます。そのため、地域スタッフの対応は、契約を前提としたスタンスになります。, 訪問集金は、地域スタッフが担当するエリアの家を1軒ずつ訪問する形式で行われます。地域スタッフと直接やり取りを行う必要があるため、受信料の支払い義務がなくても断りにくいという悩みが多くあります。, また、NHK職員ではないので受信料に関する知識不足があり、支払い義務の有無の判断が的確に行えないなど、様々なトラブルも多く報告されています。, 訪問集金の廃止によって経費を削減するとともに、訪問集金の要員を受信料の公平負担徹底に振り向け、より多様で質の高い放送の実現等、放送サービスの充実に活用していくため、平成20年10月に訪問集金を廃止しました。, NHKのホームページによると、「訪問集金は廃止された」とあります。これは、NHKと受信契約している世帯に対しての受信料集金のことです。以前は、契約者に対して毎月受信料の集金を行っていました。現在では、口座振替やクレジットカードでの支払いが多くなったこと、経費削減などのために廃止されています。, 注意しなければいけないのが、未契約者に対する受信契約のための訪問は廃止されていないということです。未契約者や滞納者への訪問を増やすために、月々の受信料集金に割いていた地域スタッフを充てるようになりました。支払い義務があるにもかかわらず受信料の支払いをしていない人が多いと、支払っている人からすれば公平ではないと思われます。このような状態を解消するために、地域スタッフによる訪問は継続して行われています。, 受信料の支払い義務がない人が、地域スタッフによる集金で受信料の支払いを求められたらどのように対応すればいいでしょうか?, まず行なわなければならないのは、「はっきりと断る」ということです。地域スタッフは、あなたに支払い義務があるという前提で訪問に来ます。その際には、必ず「支払い義務がない」ということを言いましょう。支払い義務があるにもかかわらず契約を拒む人もいるため、中には疑ってかかる地域スタッフもいます。何を言われても諦めずに受信機の有無、受信の可否を説明しましょう。ただし、支払い義務がある人は断ると法律に背くことになるので、決して嘘をついてはいけません。, どんなに支払い義務がないと説明しても、しつこく契約をせまってくる地域スタッフもいます。その際、「家の中にテレビがあるかどうか確認させてください」と求められる場合もあります。家の中を確認してもらうことで支払い義務がないことを証明できますが、見ず知らずの他人を自分のプライベート空間に入れたくないという人が多いのではないでしょうか?