MOS(Microsoft Office Specialist)の資格取得について、解説しています。独学でも十分にチャンスがある資格ですので、是非トライしてみてください。効率的に学べるテキストや具体的な勉強方法までMOS資格に関する知識をご紹介します。 Specialistレベルは、書式設定や表作成・編集、作成文書の印刷などWordで一般的に広く使われる機能から出題されます。 本講座では、これらの出題範囲を試験内容に沿いながら、実務での効率良い操作方法なども交えてわかりやすく解説しています。 MOS2016とは、Word・Excelなど、Microsoft Office製品の2016年版の使用スキルを証明するための資格のことです。2019年10月時点では、MOS2016がMOS資格の最新バージョンとなっています。 MOS攻略問題集 Word 2016 エキスパート MOS 2016 Word 上級レベル 書籍 模擬試験あり 3,000円以下 MOS Word 2016 エキスパート試験の出題範囲を完全に網羅しており、練習問題を解きながら、MOS試験の合格に必要なスキルを確実に身に付けることができます。 【MOS攻略問題集2016】シリーズの模擬テストプログラムを最新版に更新するアップデータを公開しました。ダウンロードページよりアップデータを入手してください。, パソコンにプリインストールされたOfficeがストアアプリ版の場合に模擬テストプログラムが動作しないという現象が発生します。2018年以降に発売したパソコンで模擬テストを実行できない場合は「2018年以降のパソコンで模擬テストがエラーになる場合」をご覧ください。, Office 2016以外の環境における模擬テストプログラムの動作について、情報を公開しました。くわしくは「MOS 2016の模擬テストプログラムをOffice 2016以外で使う場合の注意点」をご覧ください。, 正誤判定は弊社独自の基準で行っています。MOS試験の判定基準と同じであるという保証はしておりません。, 本プログラムの正解判定は、利用環境によって変わる可能性があります。Officeの各種設定を既定以外にしている場合や、Officeが更新された場合などで、正解操作をしても不正解と判定されることや正解操作ができないことがあります。正解操作と思われる場合は正解と判断し学習を進めてください。, 解答操作の方法が複数ある場合は、どの方法で解答しても、実行した結果が同じであれば同じ判定結果になります。[解答を見る]および本誌掲載の「模擬テストプログラム 問題と解答」ではそのうちの一つの操作方法だけ(解答の例)を記述しているので、ほかの操作方法でも正解と判定されることがあります。, 「インストールしています」の画面が表示されてからインストールが開始されるまで、かなり長い時間がかかる場合があります。インストールの進行を示すバーが変化しなくても、そのまましばらくお待ちください。, ダイアログボックスを開いたまま、[採点]、[次のプロジェクト]、[レビューページ]、[リセット]、[テスト中止]ボタンをクリックすると、正しく動作しないことがあります。ダイアログボックスを閉じてからボタンをクリックしてください。, Windowsで[ディスプレイ]の設定を100%より大きくしていると、一部の項目や文字が表示されなくなることが あります。その場合は表示の設定を100%にしてください。, ファイルやテンプレートに名前を付けて保存する問題で、問題の指示と異なる名前で保存すると、テスト終了後にファイルが残ってしまう場合があります。その場合は、該当の保存先を開いてファイルを削除してください。[ドキュメント]フォルダーに保存する指示がある場合、OneDriveの[ドキュメント]ではなくコンピューターの[ドキュメント]に保存するよう気をつけてください。, 本番モードで模擬テストを実施し、[テスト終了]ボタンをクリックすると、「ディスクに十分な空き容量がないか、準備ができていません。」というメッセージが表示されることがあります。成績ファイルを保存するフォルダーの変更は[オプション]ダイアログボックスで行います。, 特別な指示がない場合、英数字は半角で入力します。入力する文字列が「 」で囲む形式で指示されている問題では、「 」内の文字だけを入力します。, 本書についてのよくあるご質問、本書発行後にリリースされたOfficeやWindowsのアップデートでの動作などに関しては、下記の各リンク先をご参照ください。, 2018年以降のパソコンで模擬テストがエラーになる場合の対策について(ストアアプリ版対策), MOS 2016の模擬テストプログラムをOffice 2016以外で使う場合の注意点. MOS合格を目指す方はもちろん、仕事でさらにWordを使いこなしたいという方、社内でもパソコンスキルをアピールできますので是非おすすめの講座です。 「MOS2016(Microsoft Office Specialist)」は、Office2016の利用スキルを認定する世界共通の資格試験です。 また、Officeはリリースされるたびに新機能も加わり、画面表示や操作手順も変化しています。 mos試験は、実務で求められる利用スキルを客観的に測り証明することで、履歴書に書くことができ就職や転職には大変有利な資格となっています。 MOS2016の試験形式はMOS2010やMOS2013とは異なり、マルチプロジェクトと呼ばれる形式で5個から7個のプロジェクトで構成されています。 パソコンにプリインストールされたOfficeがストアアプリ版の場合に模擬テストプログラムが動作しないという現象が発生します。 パソコン試験・MOS(Word・スペシャリスト)の独学での勉強法や試験で解答する際の注意点などをまとめた記事です。合格するためには、とにかく問題集を解き、試験問題に慣れることが大事。それを踏まえた独学勉強法です。 Copyright Nikkei Business Publications, Inc. 本書の実習および模擬テストの実施環境は下記のとおりです。(詳しくは本書「はじめに」の「■学習に必要なコンピューターの環境」に記載されています。), OS:Windows 7、Windows 8.1、Windows 10(日本語版、32 ビットおよび64ビット)。, アプリケーションソフト:対象アプリケーションが含まれているMicrosoft Office 2016(日本語版、32ビットおよび64ビット)。, 模擬テストプログラムは、Office 2016日本語版以外のバージョンのOfficeでは動作いたしません。また、Office 2016とほかのバージョンやMicrosoft以外の互換Office製品が混在した環境では、本プログラムの動作を保証しておりません。, Office 2016は、本プログラムのインストールより先にインストールしてください。本プログラムのインストール後にOfficeのインストールや再インストールを行う場合は、いったん本プログラムをアンインストールしてください。, Windows UpdateによるOfficeの更新の影響で正しい操作をしても正解にならない場合があります。. 【MOS攻略問題集2016】シリーズの模擬テストプログラムを最新版に更新するアップデータを公開しました。ダウンロードページよりアップデータを入手してください。. どんどん変化していくOfficeに躊躇なく対応できるように、以前のバージョンMOS2003やMOS2007で取得された方も、是非MOS 2016講座を学習してください!, テキスト:「Microsoft Office Specialist攻略問題集Word2016(日経BP社)」, MOS Word2016講座 FOM出版の「Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 」CDがついているんですよねー。本書P1「模擬試験プログラムの動作環境」のところに「24倍速以上のCD-ROMドライブ必須」とあるのですけど、私はノートパソコン(Windows10)使っています。 第1講座の映像がご覧いただけます。, Excelで作成した住所録を用いて差し込み印刷を学習します。 仕事に利用するものと思われがちな内容ですが、自治会やサークルなど毎日の自分の生活に置き換えて、どのような場面で使うと便利なのかをBUNちゃん先生がていねいにわかりやすく説明していますのでイメージしながら楽しく学習していただけます。, Officeはリリースされるたびに新機能も加わり、画面表示や操作手順も変化しています。, Specialistレベルは、書式設定や表作成・編集、作成文書の印刷などWordで一般的に広く使われる機能から出題されます。 日々Wordを使用している方も、効率よい操作方法を学べ、さらに使いこなせるようになれます。また資格の取得でパソコンスキルを形に残せます。学校や職場でスキルをアピールできるので是非おすすめします!, 第4章 参考資料の作成と管理(2)/ 第5章 グラフィック要素の挿入と書式設定(1). MOSの勉強方法 質問が5つあります。質問が多いので、コイン500枚にさせていただきました。 ①Word2010を受ける予定ですが、家のパソコンにあるWordが2016のため、模擬試験が受けられません。 ャリスト(MOS)(https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/excel2016_ex.html). 「Wordが使えます」といっても、どの程度使いこなせるかの客観的な判断は大変難しいです。 MOS試験は、実務で求められる利用スキルを客観的に測り証明することで、履歴書に書くことができ就職や転職には大変有利な資格となっています。, MOS2016の試験形式はMOS2010やMOS2013とは異なり、マルチプロジェクトと呼ばれる形式で5個から7個のプロジェクトで構成されています。 プロジェクトごとに1つの文書(ファイル)が開き、そのファイルに対していくつかの編集を行いながら解答を進めていく方式となり、より実務に近いスタイルとなりました。, MOS Word2016は「Specialist」と「Expert」の2つのレベルに分かれています。