問題が発生したため、***.exeを終了します。ご不便をおかけて申し訳ありません。 #include putchar('\n'); fastbins[5]:0    }if(line[i]=='2'){ fastbins[6]:0 下記のような指定も出来ます。 fastbins[1]:602020 printf("初期値.... \n"); ・ちなみに、while(1){...以下を有効にした場合で、最初に15を入力でも正常表示されます。 #include -------- fastbins[1]:602020 fastbins[5]:0 map=(int **)malloc(sizeof(int *)*X);   //************************************************************** ・これは、書込みも、参照も両方ダメという事でしょうか。 for (j = 0; j < 2; j++) { } for(i=0;i void *malloc(size_t size); 引数には確保するバイトを指定します。 戻り値は確保したメモリのポインタがvoid型で返ってきます。 fastbins[8]:0 というプログラムを作ってみましたが、ダメでした。 fastbins[8]:0     out[10]='c'; for(i=0;i<11;i++) ちなみに for(i=0;i fastbins[3]:0 free(buf[2]) 関数側でreallocし、値を代入する(p=(int *)realloc(p,sizeof(int)*num)) (reallocのメモリの確保の仕方のせいでしょうか) ・初期確保で1回、reallocのなかで開放 fastbins[5]:0 //************************************************************** を使用してユーザに入力された文字によって処理を行いたいのですが、このままではスペースを含む文字列がスペースの手前で切られてしまいます。 What is going on with this article? int **map; Help us understand the problem.  fseek(fp,(x*10000+y)*8L, SEEK_SET);...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。     out[10]='c'; int *p = malloc();     out[10]=0x63; /* cのASCIIコード */ int i,j; char str[64]={""}; fastbins[6]:0 int n = scanf("%[^\r\n]",buf); fastbins[0]:602000  for(i=0;i fastbins[6]:6021b0 もし可能なのであれば上限を2147483647にしたいのですが、方法を教えてください。, そもそもWindowsの32bit版はアプリが仮想メモリ空間を2GBしか使えません。2GBを超えるには64bit版が必要です。 fastbins[1]:602020 あと、最近は、 のような配列では問題ありません。 例えばポインタを引数ではなく戻り値として得ればできますが、2つ以上のポインタについてはできません。 for (k = 0; k < 3; k++) { map=(int **)malloc(sizeof(int)*X); /* 領域変更と表示 */ w = (double **)calloc(h, sizeof(double *)); > if(*(str+i)=='/n') { ・#include fastbins[0]:602000 w = (double **)malloc(sizeof(double*) * h); あと細かいところを言えば }, #include int x[2][3] = { { 1, 2, 3 }, { 4, 5, 6} }; >今はa[],b[]に10000個の配列があります。これをc[a][b]に格納するためにどうするか、例文を書いていただいてもよろしいでしょうか? Breakpoint 1, main () at test2.cpp:14, (gdb) b 18 で判断できますね。, どうにも動的確保について間違っている気がするのでお尋ねいたします。 fgetsが...続きを読む, C言語で配列Array[N]の長さNの上限っていくらなんでしょうか? fastbins[2]:602050 }, No.5です。 fastbins[1]:0 void func(int **ptr) この場合、ポインタの値自体は、値渡しになりますから、例えば、 配列 文字列 引数 多次元配列 動的確保 初期化 入力 メモリ配置 ポインタ c言語 2次元配列 c arrays malloc arr.__ len__()は、Pythonで配列の長さを取得するのに適した方法ですか? free(buf[6]) Breakpoint 2 at 0x4007c7: file test2.cpp, line 18. //  printf(s); ・上記(質問ー1の回答)の様に変更後 ・初期確保で1回、reallocのなかで開放 ありません。scanfは文字+改行文字が入力 /nが\nの間違いなら、この方法で半分正解です。もう少し広い範囲(可能なら全体)で見ないことにはなんとも言えません。 free(array[0]);  return 0; 「質問-2」の件についてもう少し質問します。 が、それは良しとしましょう。 みなさんmallocを使ってますか? mallocは配列や構造体のメモリを動的に確保するために使用する関数です。 mallocを使って動的にメモリを扱いたい 確保したメモリ領域を関数を使って操作したい 今回はそんな人たちに向けて、以下のような内容をまとめました。 Help us understand the problem.     out[10]="c\0" Y=10; 「1」が格納されていたら「a」 void change(int i) ・実装例が出ていて多いに参考になりました。 xy[i][j]=x[i][j]*y[i][j]; 例文ではありませんが、感じだけ書きましたので参考にしてください。 /* 領域変更と表示 */ fastbins[4]:6020e0 fastbins[8]:0 ・有効にして、最初に999を入力した場合でも、正常に終了します。 /* 領域開放 */ -------- fastbins[7]:0 fastbins[4]:6020e0 for (j = 0; j < 2; j++) { でいけたような気がします(未チェック)   「文字変数のアドレス」だと void MylnOut(int ,int ,int **); レスはわかっているのですが、終端文字に置換しようとすると、セグメ   X=atoi(str); By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. fastbins[2]:602050 free(buf[8]) int a[]={5,2,3,5,3,2,4,8,9,9,7},b[]={4,3,8,4,6,2,8,9,1,6,4},c[11]={0}; fastbins[8]:0 int y[3][2] = { { 1, 5 }, { 5, 3 }, { 8, 1 } };  int **map;   return 0; fastbins[3]:0 int x[2][3]={{1,2,3},{4,5,6}}; fastbins[2]:602050 ・不備の点、ご指摘いただければ幸いです。 されないと完了しないためです。 int i,*pa,*pb,*pc; fastbins[3]:0 if(n==999) break; fastbins[6]:0 *(pc+j)=*(pa+j) * *(pb+j);   } (p=(int *)realloc(p,sizeof(int)*num))  fp = fopen("c.dat","w+b");// double c[10000][10000]; の意味 作業途中・・・・・ int main(void) //************************************************************** fastbins[7]:0   free(map); たぶんmain関数内で書いたseki関数の引数の型に問題があると思うのですが。, c言語の問題なのですが、2つの異なる1次元配列の積をseki関数を使って計算してもうひとつの配列に入れてmain関数で表示するのですが、うまく走りません原因がわかる人がいた教えてください。 char line[100], out[100]; このときに madvice(2) を使うのですが、その advice 引数に MADV_FREE が使える場合は MADV_FREE を、使えない場合は MADV_DONTNEED を使います。, MADV_FREE を使った場合OSはメモリが欲しくなるまでその実メモリの割り当てを開放しません。これは速度を考えると良いオプションなのですが、RSSを使ってメモリ使用量を評価する時には、RSSが OS のメモリプレッシャーに依存してしまうので良くありません。なので評価時には MADV_FREE を使わず常に MADV_DONTNEED を使うようにします。, smallクラスやlargeクラスで利用している、サイズをクラス別に分けて、固定サイズのメモリブロックを大きなメモリブロックから切り出す方式を Slab Allocation と呼んだりします。, このアロケータは固定長の比較的小さいオブジェクトを大量に確保、解放するときにはメモリ効率も速度も良い一方で、サイズクラスが違うメモリブロックには領域を再利用できないという弱点があります。次のプログラムは、指数関数的にバッファを大きくするケースを再現しています。Python でいえば list や StringIO で似た処理があります。, time コマンドを利用してこのプログラムの maxrss と、 realloc が何回メモリブロックを移動したかを観察してみます。, mimalloc は glibc malloc の倍くらいメモリを利用しています。また、 glibc malloc が realloc で 4 回しかメモリブロックを移動しなかったのに対して mimalloc は 56回もメモリブロックを移動しています。(この回数には最初のアロケートを含んでいます。), 参考に jemalloc も試してみました。 jemalloc も小さいメモリブロックには slab allocator を利用しますが、 16KiB からは別になります。メモリ使用量は mimalloc よりはすくなく、またメモリコピーのコスト大きくなる領域では rellaoc でメモリブロックの移動を避けられています。, mimallocの cache_reset や page_reset には効果が見られません。これは large 以下の page は、空になっても次のアロケーションに備えてすぐには freelist から削除せず、 reset 処理 (madvise) が呼ばれないからです。, 最終的に47MBを確保しているのに対して、glibcは実際に47MB程度しか利用していません。, mimallocは120MB程度まで消費してしまっています。これはいくつか(最大で32個)の segment をすぐにはOSに返さずにキャッシュしておくからです。 mimalloc_cache_reset オプションを使うとこのキャッシュされた segment に割り当てられた実メモリを madvise でOSに返すのでメモリ使用量を削減できますが、それでも glibc malloc に比べると倍近くのメモリを使用しています。なお、large,hugeクラスでは 1 page = 1 segment ですので mimalloc_page_reset を使っても mimalloc_cache_reset と大した違いはありません。, jemalloc は、、、reallocでメモリを移動する回数はmimallocよりも少ないものの、デフォルトではOSにメモリをなかなか返さないようでデフォルトの mimalloc の倍以上メモリを消費していました。 strace で確認した感じでは MADV_FREE を多用しているわけでもなさそうでした。今回の調査対象は mimalloc だったので jemalloc の深追いはしていませんが、何か積極的にOSにメモリを返すようなオプションがあるのかもしれません。, glibc malloc がすごく優秀に見えますが、これは用意したプログラムがシングルスレッドで単調なアロケーションしかしないからで、もっと複雑なパターンでアロケーションする実際のアプリケーションではまた結果が異なるはずです。, mimalloc は large クラスにも small クラスと同じ slab アロケータを使うことで実装をとてもシンプルにしています。その分のデメリットとして realloc が遅かったり、largeクラスの各binにいくつかのfree blockが残るケースで数MBから数十MB程度メモリ使用量が増えるケースもあります。, slab アロケータはフラグメンテーションが問題になった時にも解析しやすかったりといったメリットもあるので、これらのデメリットが許容できる場合にはいい選択肢になると思います。, 一方シンプルなプログラムで Python のメモリ消費が10MBから20MB以上に増えてしまうケースがあったりしたので、 Python のデフォルトのメモリアロケータを mimalloc に置き換えるのはやめておきます。, モバイルオンラインゲーム、その他スマートフォン関連サービス、及びサーバーインフラ開発・運用. >一度開放した領域にはアクセスしてはいけません・・・・ まず、整数型配列として宣言してあるaという変数があります。 char c ;     out[10]=0x61; /* aのASCIIコード */ for(i=0;ifastbinsYに保存されている。今回は最小サイズなのでmain_arena->fastbinsY[0]、つまりの場所に保存されている。この値が更新されていくのをgdbで追いかけてみよう。まずは14行目にブレークポイントを置いて、そこまで実行する。, 最初のfreeの直前まできた。この状態でmain_arenaの最初の方をダンプしてみる。, それぞれ、 for(i=0;i } MylnOut( X, Y, map); //  gets(str); Breakpoint 2 at 0x2aaaab5152f0 int i,j;  for(j=0;jfastbinsY[0]の守備範囲のチャンクのメモリ要求が来たら、ユーザにはmain_arena->fastbinsY[0]の指すチャンクを返し(実際にmallocが返すのはそのアドレスに0x10を足したもの)、ユーザに返すチャンクのfdが指していた一つ前のチャンクにつなぎ替える。, さて、fastbinsは24バイトから16バイトずつ管理されており、配列としては10個用意されているため、24,40,...,168バイトまでのビンがありそうな気がする。それを確認するため、こんなコードを書いてみよう。まずは前回も定義したmain_arena表示用の構造体定義を作る。, ただし、前回はmain_arenaという名前を使ったが、これだとgdbで確認したときに本当のmain_arenaを見たいときに不便だったので、maという名前にしてみた。, これは、24バイトから16バイトずつ増やしながら10回mallocして、それを一個ずつfreeしながらmain_arena->fastbinsYの値をダンプするコードである。無論、最終的には10個のチャンクアドレスがキャッシュされることを期待しているが、実行してみるとこうなる。, buf[6]をfreeするまでは期待通りの動作だが、buf[7]'をfreeしてもそのアドレスはキャッシュされず、buf[9]`をfreeしたら全部ゼロクリアされてしまった。, 実は、mallocはglobal_max_fastという変数を持っており、このサイズでfastbinsの登録を打ち切っている。さらに、ある程度以上のfreeにより、mallocのガーベジコレクションであるmalloc_consolidateが走る。これによりfastbinsの値がクリアされる。その様子を見てみよう。, しかし、一度mallocが呼ばれた後は値がセットされている。18行目あたりで止めて表示してみよう。, 128バイトが上限になっている。ユーザの要求メモリ120バイト+ヘッダ8の128バイト、つまりmain_arena->fastbinsY[6]の守備範囲までがfastbinsの対象となっており、それ以上はキャッシュされない。, さらに、malloc_consolidateが呼ばれる様子も確認しよう。gdbで再実行して、dump_maにブレークポイントをかけて、まずはそこまで実行する。, 止まったところで新たにmalloc_consolidateにもブレークポイントを置いて、何度かcontinueする。, free(buf[9])が実行された時にmalloc_consolidateが呼ばれたことがわかる。その直後、fastbinsは全てクリアされる。, ユーザ要求で120バイト、チャンクサイズで128バイトまでの小さい領域については、最後にfreeされたチャンクがキャッシュされ、そこから前方参照リンクでチャンクがつながっており、高速にmalloc/freeができることを見た。おそらく「同じサイズの構造体を何度もmalloc/freeする」状態に対処するための工夫だと思われる。fastbinsは10個分用意されているのに、なぜかglobal_max_fastは128バイトに設定されており、結果としてビンを7つしか使っていない理由はよくわからない。, どうでもいいけど、なんかfreeしたメモリ領域を表示してmallocが何やってるかの背景を探るの、なんか背徳感がある。この管理領域を利用してなんか不正なことができる気がするし、実際そういうことをしたのがGHOST脆弱性なのであった。, 記事中に明示されていない場合、私の記事はCC-BY 4.0で、記事に含まれるソースコードはMITライセンスで公開します。.