dracut-pre-trigger.service static systemd-udev-trigger.service static 2016/1/22 systemctlコマンドでサービス(アプリケーション)の自動起動 / 解除 設定を行ないます。自動起動は、OSが起動したときに連動してアプリケーションを起動させることです。 console-shell.service disabled psacct.service disabled systemd-update-utmp.service static initrd-parse-etc.service static NetworkManager-wait-online.service enabled [root@cent77 ~]# systemctl list-unit-files -t service |grep tuned mdadm-grow-continue@.service static 「CentOS7」ではIPv6を無効化するこ... サードパーティリポジトリについて systemctl コマンドは、"systemd" をコントロールする … mq346 python /opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.py * RasPiAuto.service - A sample automatic execution. abrt-xorg.service enabled CentOS 6 以前の場合、apache(httpd)等のサービスを自動起動させる、させないといった設定は「chkconfig」コマンドを使用していたと思いますが、CentOS 7ではサービスの管理は一部のサービスを除き「systemd」で行うといった仕様に変更となっています。 また, 本稿では, /opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.pyの中身を以下のようにしています: ここで, /opt/RasPiSample/binの中身は以下のようになっています.実行権が ユニットファイルからのプログラムの起動・停止には以下のコマンドを実行します., パイソンスクリプト中では, print文による出力指示があるのに, コンソールに何も出ないことに驚かれるかもしれません., 実は, systemdから起動されたプログラムの標準出力・エラー出力は, 最終的にsystemdによってユニットファイルから起動されたプログラム群を単位としてそれぞれのログに分配, 記録され, デフォルトではコンソールに出力されません。, systemctl statusを実行することで, 起動確認とプログラムの出力を確認することができます., Active:の行がactive (running)になりました.また, Main PID: 5428 (python)という表示があることやprint文の出力が最後の方に出ていることからプログラムは起動できています., パイソンスクリプトからの出力に関する謎は後で説明するとして,次にプログラムを止めてみましょう., Active:の行がActive: inactive (dead)になり, プログラムは停止していることが確認できます., systemdでは, 起動したプログラムの出力ログを見るコマンドとして, journalctlというコマンドが搭載されています.journalctl -u ユニットファイル名を実行することで出力内容を参照することができます., さて, ここまで無事に実行できているなら再起動後にプログラムが自動起動します. 1 root root 189 Oct 30 00:08 RasPi-Sample.py systemd-journal-catalog-update.service static systemd-tmpfiles-clean.service static CGroup: /system.slice/RasPiAuto.service systemd-firstboot.service static lvm2-lvmetad.service static systemd-sysctl.service static rhel-readonly.service enabled rhel-import-state.service enabled 1 root root 64 Oct 31 00:47 2 ->, u_str ESTAB 0 0 * 33996 * 13310 users:(("python",pid=5428,fd=2),("python",pid=5428,fd=1)) 略, lr-x------. これをユニットファイルと呼びます. dbus-org.freedesktop.nm-dispatcher.service enabled ntpdate.service disabled lvm2-pvscan@.service static rpcbind.service enabled systemd-initctl.service static NetworkManager.service enabled CentOS 7 2. 2 root root 48 Oct 31 00:38 bin, /opt/パッケージ名/binディレクトリに配置したシェルスクリプトやプログラムファイルの実行権は, ls -l /opt/パッケージ名/binで確認できます.本稿の例の場合, ls -l /opt/RasPiSample/binを実行します.. rsyncd.service disabled 本稿の例の場合, プログラムの自動起動を行うためには, 以下のコマンドを実行します., もう一度, statusを見てみましょう.systemctl status RasPiAuto.serviceを実行します., 先ほどdisabledとなっていた部分, /etc/systemd/system/RasPiAuto.service; に続くdisabledの表示がenabledに変わったことが確認できます., さて,再起動してみましょうと言いたいところですが, その前に動作確認をしておきます. mq774 python /opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.py If you are a new customer, register now for access to product evaluations and purchasing capabilities. chronyd.service enabled NetworkManager-dispatcher.service enabled 2014/12/7 systemctl コマンドとは. iprupdate.service disabled systemd-modules-load.service static dracut-cmdline.service static More than 5 years have passed since last update. dbus.service static To boot a system, enough must be present on the root partition to mount other filesystems. dmraid-activation.service enabled ebtables.service disabled rc-local.service static Active: active (running) since Thu 2017-11-02 20:18:51 UTC; Main PID: 774 (python) $sudo ls -l /opt/RasPiSample ついていること(一番左のカラムが-rwxr-xr-xとなっていること)を wpa_supplicant.service disabled rhel-autorelabel.service enabled Nov 02 20:18:51 raspberrypi autoexec.sh[774]: Hello world ['/opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.p Active: inactive (dead) since Tue 2017-10-31 01:01:34 JST; Process: 5428 ExecStart=/opt/RasPiSample/bin/autoexec.sh (code=killed, signal=TERM) 1 root root 61 Oct 31 00:38 autoexec.sh, ● RasPiAuto.service - A sample automatic execution. initrd-udevadm-cleanup-db.service static systemd-machine-id-commit.service static Oct 31 01:01:29 vmlinux1 autoexec.sh[5428]: Hello world ['/opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.py'] serial-getty@.service disabled /usr, /opt, and /var are designed such that they may be located on other partitions or filesystems. Oct 31 01:01:32 vmlinux1 autoexec.sh[5428]: Hello world ['/opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.py'] Oct 31 00:47:24 vmlinux1 systemd[1]: Started A sample automatic execution. rsyslog.service enabled 上記の出力から, パイソンスクリプトのプロセスIDは, 5428(PID: 5428)ですから, systemd-suspend.service static abrt-oops.service enabled mdmonitor.service enabled 173 unit files listed. [root@cent77 ~]# systemctl list-unit-files -t service ★事前確認 つまり, sys.stdout = open('/dev/console', 'w')の一文を出力開始前に入れれば良いわけです.例えば, メイン処理の開始直後を以下のように書き換えます.. Linuxでは、どのランレベル(runlevel)で、どのサービスを起動させるかを設定することができます。chkconfig コマンドを使います。ここでは、サービスの自動起動の設定について説明します。 firewalld.service enabled arp-ethers.service disabled Oct 31 01:01:28 vmlinux1 autoexec.sh[5428]: Hello world ['/opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.py'] [vi] 全行(すべてのテキスト)を削除する方法; 9. Oct 31 01:01:34 vmlinux1 systemd[1]: Stopping A sample automatic execution... iprdump.service disabled ストレージ管理に関する Red Hat Customer Portal Labs. container-getty@.service static 基本的に, systemctlコマンドを実行するときは, sudoコマンドによって管理者権限で実行することに注意して下さい.. chrony-dnssrv@.service static systemd-fsck-root.service static IPv6無効化の注意点 getty@.service enabled chrony-wait.service disabled plymouth-kexec.service disabled sshd.service enabled autovt@.service enabled systemd-machined.service static Main PID: 5428 (code=killed, signal=TERM) systemd-importd.service static The syntax is the same as with the start , stop, and restart subcommands. systemd-bootchart.service disabled systemd-readahead-collect.service enabled Oct 31 01:01:27 vmlinux1 autoexec.sh[5428]: Hello world ['/opt/RasPiSample/bin/RasPi-Sample.py'] 特にExecStart=の行のパス名が正しいことを確認します., 次にシェルスクリプトからプログラムが正しく起動できることを確認します. fstrim.service static systemd-readahead-drop.service enabled