文字列の中で変数を使う. 指定文字列が入っているか(大文字、小文字区別せず) fn:endsWith() 末尾文字列は指定文字列か: fn:escapeXml() エスケープ: fn:indexOf() 指定文字列のindexを返す。存在しない場合は-1: fn:trim() 文字列の前後の空白を削除: fn:startsWith() 頭文字列は指定文字列か: fn:split() 2003.01.01 JAVA Servlet、JSP 基礎編4 - 文字列演算子、文字列関数、substring、length; 2003.01.01 JAVA Servlet、JSP 基礎編5 - 数値関数、日付時間関数、Date、Calendar; 2003.01.04 JAVA Servlet、JSP 基礎編6 - リクエストメソッド、コンテンツタイプ、環境変数 uji:fieldStringタグは、文字列入力フィールドを作成します。 beanとpropertyで指定されたデータBeanのプロパティに対応して、データを表示・入力します。指定されたデータがFieldStringModelインタフェースを持つ場合は、データBean側で文字色などのいくつかの書式を指定することができます。 … , 2001.06.20 SQL Šî‘bŽÀ’n•Ò (‚»‚Ì”ª) –â‚¢‡‚킹AƒXƒL[ƒ}ƒŠƒXƒgAƒe[ƒuƒ‹\‘¢‘¼, 2001.06.20 SQL Šî‘bŽÀ’n•Ò (‚»‚Ì‹ã) ƒe[ƒuƒ‹ƒRƒs[AƒŒƒR[ƒh’ljÁAC³Aíœ, SQL ƒ}[ƒW - MERGEAusingAmatchedAnot matched (Oracle9i ˆÈ~), 2001.06.20 SQL Šî‘bŽÀ’n•Ò (‚»‚̏\) ƒXƒgƒAƒhƒtƒ@ƒ“ƒNƒVƒ‡ƒ“APL/SQLA“®“I SQL, SQL ƒpƒbƒP[ƒW - ƒXƒgƒAƒhƒpƒbƒP[ƒWAƒf[ƒ^ƒx[ƒXƒgƒŠƒK[, 2001.08.01 SQL ƒ`ƒ…[ƒjƒ“ƒO•Ò1 - ƒ`ƒ…[ƒjƒ“ƒO‚Ì•ûŒüAƒvƒƒOƒ‰ƒ€ƒ`ƒ…[ƒjƒ“ƒO, 2001.08.01 SQL ƒ`ƒ…[ƒjƒ“ƒO•Ò2 - SQL ŽÀsŒv‰æ‰ðÍAEXPLAINA•\‘–¸Aõˆø‘–¸, 2001.08.01 SQL ƒ`ƒ…[ƒjƒ“ƒO•Ò3 - SQL ŽÀsŒv‰æ‰ðÍAEXPLAINAƒqƒ“ƒgƒIƒvƒVƒ‡ƒ“, 2001.08.01 SQL ƒ`ƒ…[ƒjƒ“ƒO•Ò4 - SQL ŽÀsŒv‰æ‰ðÍAANALYZEAƒRƒXƒgƒx[ƒX, 2001.08.24 Oracle PL/SQL •Ò1 - ’ŽßAŽ¯•ÊŽqAˆø—p‹åA•Ï”A‰‰ŽZŽqA”äŠr‰‰ŽZŽq, 2001.08.24 Oracle PL/SQL •Ò2 - §Œä\‘¢AðŒŽ®A”»’fA‘½d”»’èAƒ‹[ƒvA—áŠOˆ—, 2001.08.26 Oracle PL/SQL •Ò3 - ƒRƒŒƒNƒVƒ‡ƒ“AtableAvarrayAéŒ¾AƒRƒŒƒNƒVƒ‡ƒ“ƒƒ\ƒbƒh, 2001.08.26 Oracle PL/SQL •Ò4 - SQL •¶A“®“I SQLAselectAinsertAupdateAdelete, 2001.08.26 Oracle PL/SQL •Ò5 - ƒJ[ƒ\ƒ‹AƒJ[ƒ\ƒ‹ for ƒ‹[ƒvA—áŠOŽ¯•ÊŽqA—áŠOˆ—, 2002.07.12 Oracle PL/SQL •Ò6 - ƒXƒgƒAƒhƒpƒbƒP[ƒW package Aƒf[ƒ^ƒx[ƒXƒgƒŠƒK[, 2002.07.03 Oracle PL/SQL •Ò7 - •W€ƒtƒ@ƒCƒ‹ I/O utl_file.fopenAutl_file.put_line, Oracle PL/SQL utl_file.fopenAget_lineAputAnew_lineAput_lineAputfAfflush, 2002.07.01 Oracle PL/SQL •Ò8 - SMTP ƒ[ƒ‹‘—M utl_smtpAutl_raw.cast_to_raw, 2002.07.01 Oracle PL/SQL •Ò9 - “®“I SQLAEXECUTE IMMEDIATEAusingAintoAreturning, 2002.07.01 Oracle PL/SQL •Ò10 - ˆÃ†‰»Adbms_obfuscation_toolkitAdesencrypt, 2002.07.01 Oracle PL/SQL •Ò11 - —”Adbms_randomAinitializeAseedArandom, 2002.07.01 Oracle PL/SQL •Ò12 - BASE64 ƒGƒ“ƒR[ƒhAutl_encodeAbase64_encode, 2002.07.01 Oracle PL/SQL •Ò13 - ƒe[ƒuƒ‹\‘¢•\Ž¦A€–ÚŒŸõ•\Ž¦Auser_tab_columns, 2002.07.01 Oracle PL/SQL •Ò14 - ‘Sƒe[ƒuƒ‹\‘¢ƒŠƒXƒgƒtƒ@ƒCƒ‹o—́Autl_file.put_line, 2002.07.03 Oracle PL/SQL •Ò15 - ƒ†[ƒUƒIƒuƒWƒFƒNƒgˆê—— CSV o—́AHTML o—Í, 2002.07.04 Oracle PL/SQL •Ò16 - ƒfƒoƒbƒOƒƒbƒZ[ƒW•\Ž¦Adbms_output.put_line, 2002.07.04 Oracle PL/SQL •Ò17 - ƒe[ƒuƒ‹\‘¢Žæ“¾ƒXƒgƒAƒhACreatePLSQLDynasetAASP, 2002.07.12 Oracle PL/SQL •Ò18 - ƒpƒbƒP[ƒWƒTƒuƒvƒƒOƒ‰ƒ€ƒI[ƒo[ƒ[ƒhApackage, 2002.07.15 Oracle PL/SQL •Ò19 - ƒEƒFƒuƒAƒNƒZƒXAUTL_HTTPAUTL_URLAUTL_INADDR, 2002.08.12 Oracle PL/SQL •Ò20 - ƒŒƒR[ƒhŒ”ˆê——•\Ž¦AcursorAexecute immediate. 文字列の操作. switch内の文字列は-source 1.5でサポートされていません (switch内の文字列を使用可能にするには、-source 7以降を使用してください) 該当のソースコード 文字列と変数を組み合わせるときは結合演算子を使うことが多いですが、「`(バッククォート)」を使ったテンプレート文字列の記述にすると文字列の中で変数を展開することができます。 赤字の箇所でテンプレート文字列を使っています。 string.count 文字列 (文字列にある文字を string 内に数える) string.delete 文字列 (文字列にある文字を string から削除) string.squeeze 文字列 (文字列にある文字の繰り返しを消去) 簡単な入力. ¨é›†ã®å¯å¦ã‚’true/falseで指定します。, trueの場合、項目を入力フィールドではなく通常文字で表示します。, フィールド内の文字列の横位置を指定します。left、center、rightのいずれかを指定します。, フィールドの縦位置合わせ方法を指定します。(*), マウスポイント時に表示するティップの文字列を指定します。, 最大入力文字数を指定します。(**)(***), 最大入力バイト数(日本語2バイト換算)を指定します。UTF-16で0100-FF5Fの範囲の文字を日本語として扱います。(**), 必須入力をtrue/falseで指定します。(**), 全桁入力をtrue/falseで指定します。maxLengthまたはmaxByteLengthの指定が必要です。(**), 自動脱出をtrue/falseで指定します。maxLengthの指定が必要です。また、IMEを使用しない直接入力の場合にのみ有効です。(**), エラー表示時に、メッセージに付加する文字列を指定します。(**), パスワード入力をtrue/falseで指定します。, 入力内容を大文字化する場合trueを指定します。データBeanに格納されているデータの大文字化は行われません。, 有効文字を[A-Z]*のような正規表現形式で指定します。(*)(**), 有効文字種を指定します。(*)(**), class属性の属性値を指定します。以下のタグにclass属性を設定します。INPUTまたはSPAN, 操作無効、グレー表示の可否をtrue/falseで指定します。trueを指定した場合は、enabled=false background=silverとなります。, enabledアトリビュートおよびbackgroundアトリビュートの指定となります。, イベント発生時に実行するJavaScriptを記述します。, イベント発生時にJavaScriptを実行しません。, (*)“7.7.1 項目の指定方法”を参照してください。, (**)uji:formタグまたはuji:mcFormタグを使用し、かつ、plainがfalseの場合のみ有効になります。, (***)補助文字の扱いについては“7.3 補助文字の文字数の数え方”を参照してください。, uji:fieldStringタグのコンテントは記述できません。, beanアトリビュートは画面部品タグのレンダラの中で、カレントオブジェクトが利用できる場合にのみ省略できます。, HTMLに展開されるときに改行コードが挿入されます。改行コードが不要な場合は本タグは使用しないでください。, 各ブラウザでそれぞれのアトリビュートが有効かどうかは“ブラウザ対応状況”を参照してください。, イベントモデルではXML連携機能は利用できません。, uji:fieldStringタグでは、XML連携機能を使用する際に以下のアトリビュートを指定します。これ以外のアトリビュートについては、“基本機能”を参照してください。, データBeanまたはXMLデータBeanのJSP変数を指定します。(*), カレントオブジェクトを使用します。, 表示と入力の対象となる要素をルート要素の子要素名で指定します。(*), propertyまたはxpathいずれかの指定が必要です。, 表示と入力の対象となる要素をルート要素からの相対パスで指定します。(*), (*)“7.6.1 使用するXML要素の指定方法”を参照してください。, propertyまたはxpathには単純要素を指定します。要素の内容に改行が含まれる場合、改行の直前までが使用されます。要素の集合を指定した場合の動作は“7.6.3 要素や属性の集合を指定した場合の動作”を参照してください。, uji:fieldStringタグは、uji:formタグの中に記述します。, uji:fieldStringタグの動作については、“基本機能”を参照してください。, uji:fieldStringタグは、イベントモデルで使用する際に以下のアトリビュートを指定します。これ以外のアトリビュートについては、“基本機能”を参照してください。, managed beanの名前を指定します。, managed beanのプロパティ名を指定します。, managed bean自体がFieldStringModelインタフェースを持つオブジェクトとして使用されます。, バリデータメソッドをメソッドバインディング式で指定します。, コンバータをコンバータIDもしくはバリューバインディング式で指定します。, バリューチェンジリスナメソッドをメソッドバインディング式で指定します。, バリューチェンジリスナメソッドを使用しません。, 値の変換と検証を処理するフェーズを指定します。, trueの場合、Apply Request Valuesで処理されます。, falseの場合、Process Validatorsで処理されます。, コンポーネントのIDを指定します。, uji:fieldStringタグのコンテントには以下のタグが記述できます。, uji:fieldStringタグでバリデータを利用する場合、バリデータに渡されるオブジェクトの型はjava.lang.Stringです。, uji:fieldStringタグでコンバータを利用する場合、getAsStringメソッドに渡される第3引数の型や、getAsObjectで返却するオブジェクトの型はjava.lang.Stringです。, 標準コンバータを利用することはできません。, その他の注意事項については、“基本機能”を参照してください。, 各ブラウザにおけるアトリビュートの動作状況です。, 以下の表で、「×」はアトリビュート設定値によらず省略時と同じ動作になることを示します。UJIタグで対応していないブラウザについては「-」で示しています。なお、製品名については次のように略して表記しています。, 「Microsoft Internet Explorer 5.5」→「IE5.5」, 「Microsoft Internet Explorer 6」→「IE6」, 「Mozilla Firefox 2.0」→「Firefox2.0」, 「Mozilla Firefox 3.0」→「Firefox3.0」, ※1: Windows XPまたはWindows Vistaで、画面のテーマを[Windows XP]または[Windows Vista]に設定している場合は有効になりません。, ※3: 実数値+単位は、指定不可です。, ※4: CSSを使った設定が実際に表示に反映されるかどうかはブラウザの仕様に依存します。, 7.6.1 使用するXML要素の指定方法, 7.6.3 要素や属性の集合を指定した場合の動作.