はてブ; LINE-JavaScript-イベント. 料金:¥28,000. ページを最初にロードしたときやページ遷移のときに、何か独自の処理を組み込みたいということがあります。そのために jQuery Mobile ではいくつかのページイベントを用意しています。 ページイベントを利用すると、サイト全体に共通の処理を加えることもできますし、特定のページだけを対象にすることもできます。 ただページイベントは種類も多いので、処理内容によって適切に使い分ける必要があります。 前回の記事でも触れたように、ページ初期化処理は ウィジェットの初期化が完了しページが… ウィジェットに反映させたいので、pagebeforecreateイベントのタイミングで処理を行います。フレームワークはこの後でウィジェットに対してさまざまな属性やクラスを付加します。, 上記のヘッダーとフッターのテーマを "b" にしたのは、ツールバーの themeオプションを変更することでも実現できます。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc01_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564396953-0').addService(googletag.pubads()); onUnloadはページが閉じた(遷移)した後に呼ばれるため、現在のページに何かしようとしてもできません。 ページ離れる直前に処理を行いたい場合は、onbeforeunload を使用してください。 Twitter; Facebook; Google+; Pocket; B! 参照:絶対パスと相対パスの違い jQueryを使ったページ遷移のサンプル ページ読み込みから3秒後にページ遷移. 今回は、jQuery(JavaScript)でページ遷移を行うためのプログラミング手法について学習をしていきましょう! そもそもページ遷移って何? ページ遷移でアニメーションする方法が知りたい 遷移する時にPOST / GETで値を渡したい このような内容も含めて、本記事では以下のような構成で解説し … その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 jQueryで要素が非表示になっているかどうかを確認するにはどうすればよいですか. Copyright © 2020 Web制作・運用Tipsアーカイブ All Rights Reserved. 執筆者:とら. pbjs.que=pbjs.que||[]; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads()); 最終更新日:2014年11月9日, ページロード時や遷移時に発生するページイベントは、jQuery Mobile のイベントの中で最も重要です。種類も多くバージョンによって頻繁に仕様が変わるので理解するのがたいへんですが、現時点での種類と発生タイミングを整理してみます。, «次の特集記事» jQuery Mobile サイト全体の動作を規定するグローバル設定 jqueryで遷移する方法をご紹介します。画面遷移する場合、javascriptでは「window.location.href」と記述しjQueryだと「location.href」で遷移することができます。今回はすべてjQuery … どのようなプロパティが利用できるかは、 jQueryページの読み込み (2) jQueryでこれらのさまざまなテクニックを使用している人がいます。 私は2番目のテクニックがページの読み込みで実行されることを知っています。 しかし、第1および第3の機能はいつ発火するでしょうか? 3 }); 今回は、jQuery(JavaScript)でページ遷移を行うためのプログラミング手法について学習をしていきましょう!, それでは、まず最初に「ページ遷移」について基本的な知識から身に付けていきましょうWebにおける「ページ遷移」とは、リンクなどをクリックした時に別のWebページに画面が切り替わることを意味します。 // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする $をjQueryに追加し、フレームワークを一時的にオーバーロード(括弧内に)し、globally(すなわちプロトタイプ)で使用される$略式を持ち、ALSOはdocument.readyです。, jQueryでこれらのさまざまなテクニックを使用している人がいます。 私は2番目のテクニックがページの読み込みで実行されることを知っています。 しかし、第1および第3の機能はいつ発火するでしょうか? 3番目の手法はプラグインで矛盾を避けるために使用されていますか? しかし、それは確実にページの読み込み前に起動しますか? 私はまた、4番目のテクニックを追加しました。 私はいつあなたがそれぞれのテクニックを使用すべきか/使用すべきではないかを知りたいと思います。 そしてそれらのどれかが偽っているなら私に知らせてください!, 最初は$割り当てるかもしれない他のライブラリとの衝突を避けるためのハックです。 これはreadyハンドラではありません 。 2番目と3番目はreadyイベントハンドラです。, jQuery 1.3では、 $()は$(document)と同じ$(document) 。 これはもはや1.4では真ではない 。, 4番目は私に構文エラーのように見えます。 これは本質的に新しいレディハンドラを割り当てますが、 $と呼ばれる引数を持つ関数を渡します。 これはイベントハンドラなので、jQueryは最初の引数にイベント情報を渡します。 あなたは通常、 $がイベント情報を表現しないようにします。, 5番目の関数は新しい関数を定義し、引数を渡さずにすぐにそれを呼び出します。 したがって、この:, http://docs.jquery.com/Using_jQuery_with_Other_Libraries#Overriding_the_.24-function. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads()); それらのオブジェクトを介してページURLやオプションなどを参照することができます。 新しいフレームワークやライブラリに興味があり革新的な機能が含まれていると泣いて喜ぶ。, 【jQuery入門】hide()でHTML要素を非表示・表示(show / toggle)する方法!. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); "http://code.jquery.com/mobile/1.4.5/jquery.mobile-1.4.5.min.css", "http://code.jquery.com/jquery-1.11.1.min.js", "http://code.jquery.com/mobile/1.4.5/jquery.mobile-1.4.5.min.js", "pagecontainerload - ページロード完了後 - ページ遷移で発生", "pagebeforecreate - ページ初期化前 - ページロード/ページ遷移で発生", "pagecontainerbeforehide - 前ページの非表示前 - ページ遷移/リターンで発生", "pagecontainerchange - ページ変更後 - ページロード/ページ遷移/リターンで発生", 'div[data-role="header"], div[data-role="footer"]'. googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); JavascriptやjQueryを書いていると、「この処理がちゃんと終わってから、こっちの処理を始めたい!」って場面に結構遭遇するのではないかと思います。特にアニメーションを作っているときによくあるのではないでしょうか。 «前の特集記事» jQuery Mobile イベントの概要とイベントリスト, ページを最初にロードしたときやページ遷移のときに、何か独自の処理を組み込みたいということがあります。そのために jQuery Mobile ではいくつかのページイベントを用意しています。, ページイベントを利用すると、サイト全体に共通の処理を加えることもできますし、特定のページだけを対象にすることもできます。, ただページイベントは種類も多いので、処理内容によって適切に使い分ける必要があります。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198726712-0').addService(googletag.pubads()); 料金:¥28,000, 一刻も早く Webサイトが必要な方のために、 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000}); その場合は、pagecreateイベントのタイミングで以下の処理を記述します。, ページイベントはバージョン1.4になって多くのものが非推奨になりました。プログラミングが必要なところはただでさえ動作がシビアで分かりづらいのに、利用者は混乱してしまいますね。次のバージョンではFIXすることを望みます。, WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、 1st - $をjQueryに代入して括弧の中でのみ使用する(矛盾しないバージョン)2ndは正規バージョン、3rdは短縮形:), その他: http://docs.jquery.com/Using_jQuery_with_Other_Libraries#Overriding_the_.24-function : http://docs.jquery.com/Using_jQuery_with_Other_Libraries#Overriding_the_.24-function, 編集 :私自身のリンクをもっと長く読んだら、最初のコードは$記号がjQueryに割り当てられているコードの一部をラップするかもしれませんが、まだ$(document).ready(), 編集 :更新されたリストについては:5番目のタイプ:他の答えを確認し、私はそのタイプについて知りませんでした。, しかし、第4は、以下の目的で使用されます。1. あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。 読み込み完了後 - jquery ページ 遷移 後 イベント . var pbjs=pbjs||{}; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidetop01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565330658303-0').addService(googletag.pubads()); googletag.cmd = googletag.cmd || []; リンク以外にも、フォームを送信した時やJavaScript側から強制的に遷移させるようなケースもあります。特に、近年流行りのブログなどはページ遷移を行うことで、さまざまな記事を閲覧することができるようになっていますよね。, 本記事では、この「ページ遷移」についてjQueryを使ったプログラミング手法を解説していきますのでぜひ参考にしてみてください!, この章では、基本的な「ページ遷移」の使い方について見ていきましょう。jQueryによる基本プログラミングからイベント処理を活用した手法について学んでいきます。, まずは、基本的なプログラミングで「ページ遷移」を実現する方法から見ていきましょう。これは、jQueryというよりもJavaScriptの標準で提供されている「location」オブジェクトを活用することで可能になります。, 「location」は、現在表示されているWebページのさまざまなURL情報が格納されています。そのなかで、「location.href」プロパティは現在のURL情報が格納されています。, つまり、この「location.href」プロパティに別のURLを代入することでページ遷移を行うことができるのです。, この1行のJavaScriptコードを記述するだけで、当ブログのサイトにページ遷移するわけです。「ページ遷移」を行うのは意外と簡単に実現できるのが分かりますね。, ちなみに、「location」オブジェクトについて基本から応用までを次の記事でまとめているのでぜひ参考にしてみてください!, 今度は、イベント処理に「ページ遷移」を組み込んでみましょう!例えば、次のようなボタン要素があるとします。, このボタンをクリックしたら、当ブログのサイトにページ遷移するようにプログラミングしてみましょう!, この例では、クリックイベント処理内に「location.href」を使ってページ遷移しているのが分かりますね。このように記述すれば、ボタンがクリックされるまで「ページ遷移」をすることはないわけです。, この章ではページを遷移する前のフェードアウト方法、ページ遷移後のフェードイン方法について見てみましょう!まずはフェードアウトからです。, 先程の章で使ったサンプルを少し改造してフェードアウトさせてからページの遷移を行うようにしてみましょう。では、早速サンプルコードを見てみましょう。, 先程のコードと比べて少し処理が変わっているのがわかるかと思います。処理の流れを解説すると、別ページへ遷移するかどうかの確認ダイアログが表示され「OK」を押すとdocument.body(ページ全体)に対してフェードアウトをかける処理をおこないます。, フェードアウトが完了したら呼ばれるコールバック関数(特別な関数)でページ遷移を行っています。このようにすることでお手軽にフェードアウトアニメーションを付けてページ遷移することができました!, この項では他のページから遷移してきた時にフェードインしながらコンテンツの内容を表示してみましょう。今回は先程と違い、ページにアクセスしてきた直後にはページのコンテンツを非表示にしておく必要があります。, そして非表示になっているコンテンツをフェードインして徐々にコンテンツが見えるような形に変えていくといったサンプルコードになっています。, ページにアクセスしてきた直後にコンテンツを非表示にするという処理はhide()を使うことでdocument.bodyを瞬時に非表示にすることができます。非表示にしたあとにfadeInメソッドを使ってコンテンツの中身を徐々に表示させています。, こうすることでページ遷移後にフェードインを開始し、コンテンツが徐々に表示されるようになりました。, 次の章では別ページへ遷移したあとに値も一緒に渡したい場合どうすればよいのかを解説します!, みなさんが一般的によく見るURLは「https://www.sejuku.net/blog」のようなカタチですよね。このURLの末尾に「?」から始まる「クエリ」と呼ばれるデータを付与することで、GET通信によるページ遷移で値を渡すことが可能です。, 一般的な記述方法としては、【 ?変数名=値 】のように変数と値がペアになった記述が必要です。, 例えば、遷移先の「sample.html」というページに「太郎」という名前のデータを渡したい場合は次のように記述します。, 「太郎」のように英数字以外の値は「encodeURIComponent()」を使ってエンコードする必要があります。, 遷移先の「sample.html」では、次のように記述することでデータを受けとることが可能です。, 「location.search」はURLのクエリ部分だけを抽出してくれます。つまり、「?name=太郎」の部分ですね。これを「split()」を使って「=」の部分で2つに分割し、「?name」「太郎」に分けた配列にします。, あとは、その配列から1番目の要素「太郎」を指定すれば渡された値を取得できるというわけです!, このクエリを含めて「location」オブジェクトの基本から応用技を次の記事でまとめているので参考にしてみてください!, 今度はページ遷移する際に、POST送信でデータを渡す方法について見ていきましょう。基本的にはformタグを使って入力した値などを送信するのが一般的です。, この例では、入力ボックスと送信ボタンだけのシンプルなフォームですね。注目したいのがPOST送信したデータは、必ずname属性を付与しているという点です。, この例では、name属性にそれぞれ「name」「age」という属性値を付与しているので、データとしては「name=名前&age=年齢」という形式で送信されるわけです。あとはサーバー側で受信したPOSTデータを操作すれば良いわけですね。, 例えばNode.jsによるPOSTデータの処理方法については、次の記事で基本から体系的にまとめているのでぜひ参考にしてみてください!, つまり、フォームの送信ボタンをクリックすると必ずページ遷移するモーションが入るのですが場合によってはページ遷移して欲しくないこともあります。そこで、このページ遷移をなしでフォームの送信を実現する方法について見ていきましょう。, 方法はシンプルで、formタグ内にonsubmitを次のように追記すれば良いのです!, 「return false」という記述を行うことでフォームの送信ボタンを押したときのページ遷移処理がキャンセルされるのです。, また、送信ボタンに次のようなイベント処理を追記しておけば好きな処理を実行することも可能です。, この例では、submitボタンにonclickで任意のイベント処理を実行していますね。このように記述することで、ページ遷移なしで任意の送信処理を実行することができるわけです。, 冒頭でlocationを利用したページ遷移を学びましたが、もう少し発展させてみましょう!, 行うのはページ遷移の自動化です。自動化といっても難しくはなくて、単純にsetTimeout()を使ってタイマーを実行させるだけです。まずは次のようなページ遷移の処理があるとします。, これを自動的にページ遷移させるには、次のようにsetTimeout()の処理内に遷移処理を記述します。, この例では、setTimout()内でlocationを実行することで2秒経過したあと自動的にページ遷移するように処理されます。, ページ遷移を行うにはlocation.hrefに遷移したいURLを代入することでページ遷移をすることができました。また、フェードインとフェードアウトさせるためにはfadeInメソッドやfedOutメソッドを使えば実現できることもわかりました。, 最後に値を渡したい場合についてもURL末尾にクエリを作ると、遷移先のページに値を渡すことに成功しました。, ページ遷移について完全マスターする方法について解説してきました。ありがとうございました!, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。