そのプロパティということで、平たく言うとセレクトボックスで選択したものの番号が格納される場所となります。 , 配列オブジェクトの宣言もシンプルな方を記述しています。 言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。 flowers[2] = "ヒマワリ"; 変数宣言時には、new Array()を代入して、空の配列オブジェクトを作成します。 Object.keys() メソッドは、指定されたオブジェクトが持つプロパティの 名前の配列を、通常のループで取得するのと同じ順序で返します。, Object.keys() は、object で直接発見された列挙可能なプロパティに対応する文字列を要素とする配列を返します。プロパティの順序は、オブジェクトのプロパティをループにより手動で取得した場合と同じです。, 列挙可能ではないものを含むすべてのプロパティを取得したい場合、Object.getOwnPropertyNames() をご覧ください。, ES5 では、このメソッドへの引数がオブジェクトではない (プリミティブである) 場合、 TypeError が発生します。, ES2015 以降では、オブジェクトでない引数はオブジェクトへ変換されるようになりました。, Object.keys にネイティブに対応していない環境向けに互換性を確保するには、以下のコード部品をコピーしてください。, 上記のコードは IE7 において (もしかすると IE8 でも)、他のウィンドウから渡されたオブジェクトの場合、列挙不可能な key を含むことに注意してください。, より簡単なブラウザーのポリフィルについては、Javascript - Object.keys Browser Compatibility をご覧ください。. フォームの部品としても使うことができますが、JavaScriptを使うことで選択した項目の値を取得することもできます。 配列オブジェクトの「lengthプロパティ」で取得する値は「4」になるので、「flowers.length - 1」、つまり「4-1=3」を配列変数のインデックスに指定すると最後の値である「マーガレット」を取得する事ができます。, ボタンをクリックすると、「一番最後の要素は[ マーガレット ]です。」と表示されます。, 配列オブジェクトの全ての値を表示する方法はいくつかありますが、一番シンプルな方法をご紹介しましょう。,   次に、optionタグを追加するJavaScriptの関数を用意します。 Object.values() メソッドは、指定されたオブジェクトが持つ列挙可能なプロパティの値を、 for...in ループで提供される場合と同じ順序で配列にして返します。 (違いは、 for...in ループではプロパティチェーン上のプロパティも同様に列挙するという点だけです。 2014年より、某物流会社のシステム開発担当として入社。 flowers[1] = "チューリップ"; タグのname属性と HTMLのselectタグをJavaScriptで取得したら、.selectedIndexと記述することで使えます。