Copyright © 2020 O'Reilly Japan, Inc All Rights Reserved. ・焦電センサ制御IC:BISS0001 « Raspberry Pi  カメラモジュール入手 | (ウェブ上には掲載しません), 夏の夜を快適な睡眠にしたい。ラズパイを赤外線リモコンにする。オールシーズン対応 -5. ・ネジ穴:2mm、28mm間隔 ・LED ⇒ D11ピン (他のデジタルピンでもOKです), 当然ですがLEDは検知状態を自動で点灯できるわけでもないのでプログラムで制御することになります。, PIRセンサ出力(D2ピン)がHIGH(+3V)になったらLEDを点灯させるようにしてありとても簡単なものです。, PIRセンサーそのものの感度が鈍いので人数カンターには無理だと思います。数センチまで近づいても検出しないこともあるし、数十センチで検出することもあるしという状態で、更に検出後に離れても非検出までに数秒のディレイがあるという状況です。数メータの範囲内に長時間スパンで発熱体検出をするような大雑把な検出用途に向くと思います。ご質問はプログラムということですが、センサー自身がこのような状態なのでプログラムでの対応もできないと思います。他のセンサー(カメラ、レーダー等)を考えた方が良い気がします。(管理人), Copyright ©2020. これがネットで見つけたhc-sr501の説明。試しに時間・感度とも調整してみたが、 思うようには動かない。それどころか、異常動作が頻発しちゃう。 ネットでは、このセンサーを使ってうまく動作した旨の … 8月新刊『メイカーとスタートアップのための量産入門』のために、著者みずからが中国で商品を量産! 生産現場の交渉ドキュメント. ・検知出力電圧:3V(検知時)、0V(非検知時) US $0.36 - 1.04. ・保持時間:約8秒~15分以上、半固定抵抗[Tx]で調整 型番は、hc-sr502です。 ネットデータシートを検索しても見つからなかったのですが、 hc-sr501のものがあったので参考にしました。 2.人感センサーの詳細 人感センサーのピンは下図の赤枠で、左から5v、out、gndになっています。 | Raspberry Pi 鎮魂歌 », これがネットで見つけたHC-SR501の説明。試しに時間・感度とも調整してみたが、思うようには動かない。それどころか、異常動作が頻発しちゃう。, 一応、複数使用時の案としては、3つのセンサーの多数決方式で、やってみようと思います。. いろいろ調べたところ、HC-SR501がWi-Fi信号で誤動作するという情報を見つけた。試しに、Raspberry Piとセンサーを離して見たところ、確かに誤動作は止まった。しかし、サイズが限られている容器内でRaspberry Piとセンサーを離すのは難しい。 ・電源電圧:5V~20V ・基板サイズ:32x24mm ・待機時消費電流:65μA以下 1 個 SR501 HC-SR501 調整 ir 焦電型赤外線 pir モジュールモーションセンサー検出器モジュール arduinp 4.9 ストア: Si Tai&SH Circuit IC Store.

(制御ICと基板の出力端子間に1.5kΩの抵抗が直列挿入) PIRとはPassive Infrared Rayの略でして焦電型赤外線センサーを利用し人体から発生する赤外線の変化を検知し人・動物などを検知するいわゆる人感センサーとして応用されています。, 使い方は至って簡単でモジュール内部で赤外線センサー駆動、赤外線の変化検知などをしてくれるのでArduinoとの接続は特に難しくなく新しいライブラリーを追加することもなく使えます。, ・型名:HC-SR501 ・型名:hc-sr501 ・電源電圧:5V~20V ・待機時消費電流:65μA以下 ・保持時間:約8秒~15分以上、半固定抵抗[Tx]で調整 ・最大検知距離:7m(気温等に依存)、半固定抵抗[Sx]で調整 ・検知角度:120度 現在二個目の交換品でテスト中。センサーの精度と信頼性がちゃんとしてれば、完成なのに... 新しい、センサーがアマゾンから到着し、取り替え、一つはダメだったがもう一つは行けそう。, また、他のセンサーも距離・時間最短にして見たところ、24時間経過でエラーも少なく、いい感じである。, という事で、焦電型赤外線センサーPAPIRs 5m EKMC1601111 つてな, 別の使い方として、ララセンサーとは別に人センサーとして使用して、人を感知した場合は, 3C2なので、誤動作はしないけど、エラーログはどんどん出るし、エラーメッセージがメールで, 次が、2号機、センサー自体が小さくまとまっているので、コンパクトにできた。それをPiの箱に収納。, このセンサーは以前人用に使ったもので、安定しているので一個でも大丈夫だと思うけど、, 素のままで、ラズパイに取り込むと、エラーを拾うので、10kでプルダウンすると安定した。, 最初からこうしてれば、無駄な回り道をせずに済んだのに....でも、それもまた楽しだ。, 暖かくなり、自動ドアが必要ない日も増えてきたので、スイッチをつけてサーボ動作の活殺ができる様に改造しました。, 冬の間大活躍したraraDoorであるが、サーボがいかれた様だ。パワーのあるMG996Rにしていたが、元々の使い方とは違うし、結構頻繁に開閉するので、ギヤがいかれたのだと思う。, 5月に入って、使う頻度は下がったが、クーラーを使いだすとまた必要になるので、今のうちに, メールアドレス: ・レンズ:直径23mmドーム型, ドーム型のレンズは基板に対してねじ止め等はされておらず手で引っ張れば容易に外れます。そしてこのレンズを外すと内部には焦電型赤外線センサーが搭載されているのが判ります。, 焦電型赤外線センサーについてはここに詳細情報が載ってます。 ・検知角度:120度 ・最大検知距離:7m(気温等に依存)、半固定抵抗[Sx]で調整 (注.リンク先のメーカー素子が本モジュールに搭載されているものと同一かどうかは不明ですので参考情報になります。), 下図に接続端子、調整用ボリューム、モード選択端子の位置と説明を記載したものを示します。(画像クリックで拡大), ピンヘッダーの各端子の、VCCピンを+5V、GNDピンをグランドに接続、あとは検知出力ピンをArduinoのデジタルピンに接続するだけです。, 最初に検知してから、検知出力を保持する時間を(8秒~15分以上)に整調整できる。検知後に対象物が圏外に出てもこの時間内は検知状態が保持される。, デジタルピン接続: US $0.40 - 1.16-10%. ・次の検出までの待機時間:約2秒 トップページ Arduino & micro:bit勉強会の電録簿, 再検知有り(H):検知後に延長時間内に再検知すると検知状態が延長される。すなわち、検知エリア内に対象物がある間は検知出力が継続されることになる。(Hレベルを持続), 再検知無し(L):検知後に再検知しても保持時間の延長はしない、すなわち検知エリア内に対象物がある間でも検知出力は保持時間経過後に一度切れる。(一度Lレベルになる). 人感センサー hc-sr501を2方向で利用する実験を始めました。 (2019/03/02追記)誤動作も無く実用に供しています。 庭のコーナー部にセンサー・電源部を設置し、方向の異なるledライトを2個同時に点灯させたいと思い実験中。 ・PIRセンサOUT ⇒ D2ピン

US $3.00. 筆者は長野県の蓼科という別荘地の森で、ライター業のかたわらカフェを営んでいる。以前、自作の物置をパン工房に改装する話を書いたが、その際、物置から取り出した荷物をガレージに仮置きするため、知人から木製のパレットを譲ってもらった。改装工事が終わり、荷物を納める新しい物置を建設し、ようやくパレットが不要になったので、これを再利用することにした。, まずスタッカブルのプランターを作り、残りの材でイチゴ用のプランターと野鳥の餌台を作った。, 以前は、庭の切り株を餌台にしていたのだが、家の中からは見えない位置にあったので、窓から見やすい花壇に餌台を新設することにしたのだ。, こうして新しく作った餌台を花壇の真ん中に設置し、さらに、時折姿を見せるニホンリスが巣のある高木から下りてきやすいように、通路代わりの枝を渡してみた(ニホンリスは樹上で生活するので、地面を歩きたがらない)。, とはいえ、いつまでも窓の外を眺めているわけにもいかないので、鳥たちを自動的に撮影できる動体検知カメラを作ってみることにした。ちょうど、Raspberry Pi Zero Wとカメラモジュールが手元にあったので、あとはなにかセンサーがあればいい。ネットで調べてみると、赤外線人感センサーのHC-SR501が定番らしく、3個セットで1000円以下だったのでこれを使うことにした。余りはまた別の用途に使えばいい(この後、micro:bitでネズミ捕りを作るのに使った)。, micro:bitとHC-SR501を使ったネズミ捕り。ネズミの通路に置いたら翌朝には捕獲に成功した, 自動撮影カメラの仕組みはごく簡単なものだ。HC-SR501にジャンパーワイヤーをハンダづけして、Raspberry Piのピンヘッダーに接続。GPIOを監視して、入力があればカメラで撮影する、というもの。, プログラムにはNode-REDを使うことにした。細かな制御が簡単にできるし、Dashboardでウェブインターフェースも作れる。Node-REDでカメラを扱うには、node-red-contrib-camerapiを使った。とりあえず、赤外線センサーの信号で撮影するフローを作って動作を確認したら、次は、全体を収めるパッケージ作りだ。, 外に出しっぱなしにするので、防水・防塵は必須だ。安価に作りたいので、食品用の完全密閉容器を使うことにした。カメラと赤外線センサー用の穴を開けて、カメラにはペットボトルを切り取って雨よけのカバーを取り付ける。これらをホットボンドで固定した。, 中に収めるRaspberry Piは、ガタつかないように段ボールでフレームを作った。このフレームもホットボンドで容器に固定している。, 電源はモバイルバッテリーを使用。これも容器に入れて密閉し、餌台の近くに立てたポールに輪ゴムで固定した。ちなみに、モバイルバッテリーの容量は10000mAhで、特に省エネ対策をしない状態で2日間ぐらい稼働する。, こうして、野鳥撮影のための自動撮影カメラができた。設置してみたところ、至近距離から鳥の自然な様子が撮れてとても面白い。, しばらく楽しんでいたが、鳥がいなくてもけっこう撮影されていることに気がついた。屋内に持ち込んで、赤外線センサーを覆ってみると、ほぼ正確に2分ごとに1枚撮影されている。Node-REDのデバッグウィンドウでも、2分ごとの赤外線センサーからのトリガーが確認できた。センサーの不具合かと思い、ほかのモジュールに替えてみても同じ。, いろいろ調べたところ、HC-SR501がWi-Fi信号で誤動作するという情報を見つけた。試しに、Raspberry Piとセンサーを離して見たところ、確かに誤動作は止まった。しかし、サイズが限られている容器内でRaspberry Piとセンサーを離すのは難しい。可能な範囲でセンサーを離し、あとはアルミホイルで電波を遮断することにした。, これで、センサーの誤動作は収まり、安心して設置できるようになった。その後、Node-REDで機能を追加して、夜間は撮影しないようにしたり、ウェブインターフェースで現在の撮影枚数と最新画像を1枚表示するなどして使いやすく調整している。, 2019年2月に本格稼働させてから、シメ、アトリ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、イカル、カワラヒワ、キジバトなどの姿が楽しめている。特に楽しいのは、リスの姿が捉えられたこと。以前はごく稀に目撃していたが、動きが速く一瞬で姿を消してしまうので、なかなか撮影が難しかったのだ。, 春になってからは、頻繁にやってくるようになり、ヒマワリの種を無心に食べたり、餌台の上を動き回ったり、カメラにちょっかいを出したり、慣れてきた様子。動物たちの姿を見るのは心が和み、カメラを作って良かったと思うひとときだ。ただ、1日に数百枚の画像をチェックすることになり、思いのほか時間を奪われている。, Raspberry Pi開発者たちが執筆した『Raspberry Piで学ぶコンピュータアーキテクチャ』は9月17日発売!, Raspberry Piを使ってレトロ技術に新しい命を吹き込むことで乗り越えた、楽しい時とつらい時, ヴィンテージ風からモダン風まで、デザイン重視のRaspberry Piメディアサーバー22台, 「Maker Faire Tokyo 2020」レポート #1 — 1本の糸から立体を編み上げる「ソリッド編み機」. ・動作モード:リピートモード(検知後、保持時間内に動体を検知すると再延長されます)