【試乗レポート】新型ディーゼルエンジンのBMW3シリーズ「320d xDrive M Sport」(G20)に試乗してきました♪ . 自身のモチベーションアップのために、3年毎にクルマを変えることにしている。なので、いつも次期愛車を検討している人です。. 2018.12.14. 実用車の鏡〜BMW 320d xDriveセダン&ツーリング試乗記.

ー BMW 320dのスペック, 突然だが、現在の民主主義における基本的な理念としては、権力者は現実を見つめ、民意を聞き入れつつ、自身の意見を述べるということが前提となっている。取るに足らない当たり前のこととはいえ、今の時代においては非常に大切な理念だと思う。, さて、新しい3シリーズだ。「BMWの3シリーズは、スポーティなドライビングの楽しさに溢れた、プレミアムなミドルサイズのサルーンとして、40年以上の歴史を持っています」この文面は、今回の7代目3シリーズのプレスリリースに記載されていた文言。しかも、冒頭に。少しナンセンスに感じてしまった。1週間ほど前に受け取ったそのプレスリリースには、これに似た表現が何度も繰り返されており、そのあまりの多さに、逆に不信感を抱いてしまったほど。, 一体、3シリーズはいつからミドルサイズになったのだろう。BMWは3シリーズの40年という歴史のうち、殆どをコンパクトなエグゼクティブ・サルーンとして定評を得てきたのではないだろうか。, しかし今では、この考えは誤りのようだ。BMWが主張するように、3シリーズはミドルサイズになってしまった。その考えにはしっくりこないし、いつからミドルサイズになったのかわからないけれど、1シリーズと2シリーズの人気や新市場という、BMWが聞き入れなければならない合理的な理由はある。, 読者それぞれに、3シリーズへの思い入れもあるだろう。物事の受け止め方は様々だと思う。英国人のだれもが、ドイツ製のクルマの性格を、世界中で誰よりも詳しく理解しているわけではないけれど。, 【ハイテクの旗艦SUV】新型BMW iX 発表 510psの次世代EV 発売は2021年後半を予定, 【はかなく消えた妖艶ボディ】コード810 ビバリー 1935年生まれの未完の名車 後編, 【詳細データテスト】アルピナB3ツーリング 圧倒的なパフォーマンス パフォーマンスカーでは異例の快適性 アルピナの最高傑作, 【3気筒ガソリンPHEV登場】ランドローバー・ディスカバリー・スポーツP300eへ試乗, 【クワトロ40周年記念モデル】アウディRS6 GTOコンセプト 学生のアイデア採用, 【はかなく消えた妖艶ボディ】コード810 ビバリー 1935年生まれの未完の名車 前編, 【日産の新車攻勢】新型ノートは年内発売 新型エクストレイルは? 売れ筋、打倒トヨタ 社長は自信, 【電動でオープン・ドライブも】フェラーリSF90スパイダー PHEVの新型オープン・モデル登場, 【オープンでもスーパーファスト】フェラーリ812 GTSへ試乗 0-100km/h 3.0秒 339km/h超.
これからも皆様が少しでも背伸びしてでもクルマを買いたくなるようなブログを目指して更新していきますので、是非ブックマークに登録して、2日に1回くらいはチェックしてみてくださいね!, 更新情報はTwitterでお伝えしますので、是非フォローしてください!励みになります!!!, ものに溢れた現代において本当に良いものを選ぶには、審美眼が必要です!しかし、そのためには本物がどういうものであるかを知っている必要があります。 ー 優先は拡大し続ける中国市場 ー 番外編:「ヘイ! BMW。音声認識の完成度は?」 Japan. エンジン停止もストンって感じで、復帰も振動も本当にわずかで音もほぼ気になりません。ブレーキホールドをオンにしておいて、交差点でブレーキから足を離している際も、アイドリングストップは解除されずに維持されます。, 走りの基本性能・ドライバーをやる気にさせる演出・同乗者ともにくつろげる静粛性の高い車内空間。, BMWインテリジェント・パーソナルアシスタントで、さらなる先進性を感じることが出来ます。今乗っている車を含めてボイスコントロールは結構前からできますが、インテリジェント・パーソナルアシスタントはいわゆるAIですよね。, と言えば、活性化プログラムを再生しますと答えてくれて、やや涼しい風が強くなっては弱くなってみたいにドライバーに刺激を与えて、眠気を覚まそうと頑張ってくれます。, その他、アンビエントライトの色をかえてくれたり、ナビの表示を変えたりとか大抵のことは何でもしてくれそうです。, 反応は思ったほど良くはなかったですね。少し先に発売されているメルセデス・ベンツ新型Aクラスの”Hi , メルセデス”なんかは試乗動画を見ていると会話の中で”メルセデス”というワードを認識してAIが立ち上がるみたいなシーンをよく見ましたが、BMWのそれは、そこまでは反応しないです。, ちなみに、BMWのインテリジェント・パーソナルアシスタントは、ドライバーの設定で”OK , BMW”のところを自分の好きな呼び出しワードに変えることが出来ます。, これは愛着が湧いてしましそうですね。クルマを売るときは泣くこと必須かもしれませんので、覚悟してください(笑)!, なにげに目玉機能なんじゃないかと思っているのが、日本発になるという3眼カメラとレーダーから高性能プロセッサーを利用した運転支援系の進化!, この3眼カメラシステムは、長距離、中距離、近距離の画像をそれぞれのカメラに役割を分散させることで、より正確なレーン・キーピング性能と、より離れた場所の危険予測や広い視野での危険予測を可能にしているとのこと。, その情報を、毎秒2兆5000億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーに処理させて、視覚情報に加えてレーダーによる正確な距離計測情報を瞬時に計算。, 先代F30型3シリーズは設計がやや古めだったので、運転支援・安全系の装備は、メルセデスCクラス、アウディA4と比べると、やや寂しかったですからね。この進化はやはりすごいです。, 試しに、ストップアンドゴーができるACC(アクティブクルーズコントロール)を少しだけ使ってみました。, 設定した速度で走ってくれて、前にクルマがいれば一定の間隔を空けて走行します。前車が停まるとこちらもストップ。からの再発進までしてくれます。, 更に、レーンキープ(白線の内側をはしってくれるもの)機能も同時に働くので、ドライバーはステアリングに手を添えているだけでOKです。, この機能、一度使うと必須になります。特に高速道路の巡航や渋滞時にはかなりの疲労低減効果がありますよ。, 至って躾(しつけ)の良いACCです。ただ、レーンキープの介入によるステアリングの強制操作はアウディのそれよりやや力強い(強引?)印象を受けました。, でも情報量が多くなってくる(繁華街で人とクルマが行き交うような場所)と違いが出てくるのかもしれませんね。, 8シリーズに続いて、この新型3シリーズにも装備。320i SE(2019年中旬発売予定)以外は標準装備されています。, クルマが直前に走行してきたルートを最大50mまで記憶していて、ボタン一つ押して、あとはアクセル&ブレーキ操作により、記憶しているルートを正確にトレースしてバックしてくれます。, なんてときに、ボタン押してアクセル踏めば後はクルマが勝手にステアリング操作して元来た道を後退してくれます。, この機能は、奥様などへの訴求ポイントとして、とても効果的な機能なのではないでしょうか(笑)???, どんなに先進技術を装備してもいても、やはりBMW 3シリーズは「駆け抜ける喜び」が健在ですよ!, むしろ、今までちょっとなぁという内装(※あくまで個人的意見です)や、やや遅れていた安全・運転支援装備が大幅にアップデートされ、商品としてものすごく魅力が増したのではないでしょうか?スキがない仕上がりですね。, ・ドライブレンジで、今何速に入っているかわからないなど、見やすくはないライブコックピット, 何度も言っては現行3シリーズオーナーには申し訳ないですが、現行3シリーズ(F30型)結構インテリアもしくは安全装備等が気になって購入に至らなかった人って一定数いると思うんですよね。そこが今回ばっちりなんで、これは絶対売れるでしょうね。, 少しでも気になった方は、お近くのBMWディーラーに是非試乗お願いしてみてください。, 管理人も欲しいと思いましたが、生活上、チャイルドシートを積む必要があるのでやはり頭上に少し余裕があるであろうツーリングの登場を楽しみにしようと思っています。, それと、寒冷地にお住まいの方や、よくシーズン中スキー・スノボー行く方は、おそらく今年中に出るであろうクリーンディーゼルモデルに期待してください!, 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 ー 明確に進化したハンドリング Cars. スペック クルマ、と言ってもカスタムやサーキット・峠などではなく、あくまでも工業製品としてのクルマが好き! 「新型 BMW 3シリーズ (G20) に試乗 裏切りの街角」taisaのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! By サトータケシ 2020年4月7日.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 結論から言うと、めちゃくちゃ良かったですよ!クルマの試乗するたびに思うのですが、わりとマジで欲しぃと思ってしまいました。, 5シリーズか!?って思うエクステリアは必見!BMW新型3シリーズ(G20型)試乗!エクステリア編, フルモデルチェンジしたBMW NEW3シリーズ発売されました!価格は452万円から!, もう内装が、、、なんて言わせない!BMW新型3シリーズ(G20型)試乗!インテイリア編2, もう内装が、、、なんて言わせない!BMW新型3シリーズ(G20型)試乗!インテイリア編, もう一度試乗車のすぺっくをおさらいしておくとBMW新型320i M Sportになります。, 上の表でご覧いただくとお分かりいただけると思うのですが、今回の試乗車は320iの最上位グレードとなっております。, 今となっては当たり前のようになってきていますが、キーレスエントリーとなっているためこのキーをポケットに入れておけば、カギを出すことなく車内へアクセスしたりエンジンスタートボタンで車を始動することができるようになっています。, って思ったら、営業マンが運転席の外でキーを持っていたため、ボタン押してもエンジンが掛かっていなかっただけ、、、でした。(笑), 遠くの方でエンジン音が聞こえる感じというのでしょうか?振動も少なく十分な静粛性を担保していますね。うん、悪くないですね。, それではさっそく走り出してみたいと思います。ちなみに、ドライブセレクトはコンフォートモードです。, 因みに、電子パーキングブレーキなのでアクセルオンで、自動的にパーキングブレーキは解除されて走り出します。最近はだいぶ電子パーキングブレーキ増えてきましたが、これも一度使うとこれ無しじゃ買う気にならなくなります。, 今回の3シリーズはフロントの剛性が50パーセントアップしているということで、時速10キロ以下でゆっくり走り出した瞬間にすでにものすごい剛性感を感じることができます。, 普段乗っている愛車がアウディA4なのですが、それと比べてもこちらの方が剛性感が高いんじゃないかと。, とくに足回りの剛性感はすごくて、素人である管理人でもはっきりと凄さがわかるレベル。, まぁ、A4はアバント(いわゆるステーションワゴン)なんで、セダンと比べるのもあれですが、、、, この御三家の中でも管理人の印象としては、アウディがもっとも剛性感が高いように感じていました(あくまで個人的な感想です)が、今回の新型3シリーズはものすごい剛性感です。, そのままゆっくりと少し大きめの国道を左折してみます。このとおりは結構車通りも多くむりくり3車線にしたようなとっても道幅の狭い通りなのですが、実際に運転してみると先代3シリーズ(F30)よりも、全幅で+2.5センチほど大きくなっているとは思えないぐらい車体そのものの大きさを感じませんでした。, そこからさらに左折してみますが、FR特有の回頭性の良さをすぐに感じることもできます。やはり3シリーズはコーナリングマシンと言われるだけあって流石の出来です。, 今回試乗する前に結構いろんな試乗ブログを見ていたのですが、事前に見ていた情報だと結構足回りが固い、先代よりも引き締まったという表現を多く見ていたのでガチガチのかなと思っていたら、決して柔らかくはないのですが、乗り心地も思いのほか良好じゃないですか!, 結構しなやかさもある感じでした。しかも、試乗車はM Sportなので18インチのランフラットタイヤで、走行距離265kmのおろしたてホヤホヤですから。, トレッドが広がったことが大きいのでしょうね、曲がったたあとのボディの収まりも、ホント何もなかったかのように常にフラットで回頭性の良さがすぐにわかります。, これは好みもあるかもですが、初期制動力の強めなタイプですね。ブレーキペダルの踏み始めからギュッと効く感じです。カックンブレーキに注意なブレーキですね。やや気を使います。, 効きは決して悪くはないのですが、もう少しなめらかに効くブレーキだと運転しやすいですね。普段乗っているAudiのブレーキは結構好みで、柔らかく、でも踏み込んでいくとブレーキディスクに噛み付いて強力な制動力を効かせるような絶妙さがあります。, あと感心したのもアクセルのツキの良さですかね。本当につま先で1ミリアクセルを踏んだ程度でもエンジンが瞬時に反応してくれる感覚があります。さすがBMW。, 2リッターとはいえ、300Nmを1350回転から4000回転という幅広いバンドで発生していますから、常用域ではエンジンのツキもよくトルクフルな走りが可能です。 4年目の一年点検の際に出てきた代車、新型3シリーズ、G20についてみていきたいと思います。, 中国市場を意識してなのかの大型化したグリルはともかく全体の造形はセダンとして悪くないのでは?, 醤油皿と揶揄される標準仕様のデイライトや非Msportsの細部の仕上げ等気になる部分もあるが。, F系のいかにも付けました、のようなナビモニターやロータリーコマンダー周りのスイッチが全体のデザインに組み込まれたことはいいのかもしれない。, しかしチープ。見ても触ってもだめ。コロナ禍で次期CクラスやA4の仕上がりが未知数だが、とにかく最新の筈なのにCにもA4にも歯が立たないどころか、コスト削減のためか、F系よりも後退している。, ロータリーコマンダー周りのスイッチやステアリングスイッチ。F系なら各ボタンに薄い皮膜を張った手触りの良いものを「押す」感があったが、パキパキのプラスチックをカチカチと「クリック」する感触。いいのか?これで。またそれがみてとれる見た目品質も疑問, 良くなった点は前回記述の通り、アームレスト収納の解除ボタンが付いたことと、サンバイザーに薄い皮膜が張られたことくらい。, 後は、初期ロットなのか後部座席付近から走行中にコツコツと異音がしました。この辺りは年次を重ねることに改良されると思いますが。, きっちり出る。右足をすっとおろしたところにアクセルペダル。しかし、右ハンドル化が厳しかったのか、アクセルペダルの右側に余裕がなく圧迫感がある。, ミシュランのパイロットスポーツのランフラットという全く静粛性の期待できないタイヤを履いているにも関わらず、驚くほどに静か。F3x系よりも圧倒的に。なのにタイヤが静かに転がっているなーと感じさせる絶妙な仕立て。, ただし、試乗車はMsportsなので高速道路も常時ひくつく酷い乗り心地。いい加減、ガワだけMsportsで標準サスにコンフォートタイヤというグレードを作ったらどうですか?皮シートも突っ張るだけでさらにしんどい, 高速道路の緩やかなカーブ、たしかにハンドル操作は不要ですが、遅い。人間ならカーブを認知してコンマ数ミリ単位で切り込んでいくところがミリ単位、下手すればセンチ単位で切り込む。高速道路の運転ができない人のレベル。, 前車追従、追い越しに関しても人間なら500mから1km前から認知して、その日、その時の気分、体調、周囲の交通状況を考慮して減速、速度維持、追い越しのタイミングを判断しますが、そんなことにAIが寄り添う日が来るのはいつのことやら。, コロナ禍だし。非Msportsがとてもかっこ悪い。F3x系が頑丈のなので無理に買わなくてもよいのでは?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, たまにはドライブの記録と撮影スポットなどを BMWは間違いなくいい車!! 和歌山編. bmw新型3シリーズ g20 が2019年に発売されました。f30からのスポーツ路線はそのままにさらに高級感もアップし、とても魅力的なスポーツセダンとなりました。エンジンは今のところ、2リッターガソリンターボのチューニング違いの2種類。330iがお買い得なかんじがします。