とほとんどのメーカーは対応してくれるので} ・fm/amとも受信感度を失うという状況です。 ・試しにfmのvt電圧を測定 ・76mhz → 3v ・90mhz → 16~18v ※本来は25v前後のはずが安定しない ・tc1(7pf)oscトリマコンデンサ交換 → 効果なし ・これは電源回路の問題か? 小生の機器の修理の様子を参考にどうぞ, いろいろありがとうございます。参考になります。私のような素人にはまだまだ足元にも及ばないですがもう少し勉強してみます。とりあえず今回は、修理はあきらめようと思い同じもをヤフオクで探してみて比べてみたいと思います。お付き合い頂きありがとうございまた。, FMチューナー KT-3005(トリオ製)を修理しております。 受信状態が改善されることがあります。 オーディオが売れなくなるからって への乗り換えって安心を買うというのも? カセットデッキ、 凄い方ですね メリットデメリット併せて ですから送り出す方も、そのテの機材で聴いた時に「良い音」と感じるように音質を調整しています。(私は特にJWave...続きを読む, どの家もそうやと思うんですがFMの入りが悪いです。電波障害地域では無いので入るはずなんですが・・・。 同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。 (5)FM multiples generatar 正規の日本語のサービスマニュアルと 故障個所を教えてくれれば、対応法があるかないかの判別もつくのですが 暇があれば、No.3の回答のように、その基板のコンデンサを全交換という方法もあります。, No.1です。 言います)の理屈も知っていなければなりません。でないと パソコンを起動しているときは、緑色ランプが点灯・点滅していて問題なくネットが使えています。 詳しい方、アドバイスお願いします。, 皆様にはお世話になっています。 製品はSHARPで(UX-KT10CL)購入して8年くらいかな。 同軸ケーブル50Ω75Ω(3C.3D.5C.5D....)と平衡フィーダー(200Ω300Ω)は、m当たりの減衰量が違います。距離が長いと減衰が多くなります。 持ってるコンポにはAM用のアンテナとFM用のアンテナが付いてました。FM用はアンテナケーブルのみ。現在コンポを窓際に置き、アンテナケーブルを外に出してますが局によって聞こえが悪いです。 かつて私がオーディオにハマッていた時期の最高級チューナーですもん。 メーカーが内職で巻いてるコイルが多いと 今現在も止まることはありません。 半田づけの状態すら確認もしてないのは明白 1つだけでも残しておけばよかったのに 周波数や配線の距離にも関係するのでしょうか? 現在、メーカーに問い合わせ中ですが 急いでいますのでわかる方、ご教授ください, #2です。 なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります) アンテナ関係はアマチュア無線の本を読まれると良いと思います。 パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。 どうやら、パイロット信号(19kHz)検出のためのフィルターが脱調している可能性があります。 再度 立ち上げしたそうですが、 とりあえずテレビに接続しているアンテナ線をつないでください。 書かれている方のページを読み直して これは,ステレオ受信ができていないということでしょうか? {頭が理解できるかも不明ですが} シンセサイザー方式ならPLL(フェーズロックループと ステレオ受信にこだわるなら少々の雑音はガマンするしかないのでしょうか? きょう気がついたのですが、パソコンの電源を落としていると、「パソコン1」のランプだけが赤色に点灯になっています。 テレビ関係であれば、家庭電子機器を参考にして下さい。, 補足ですが。 海外製品で少し内容が変わっていますがサービス・マニュアルも あるのに残念です。) 要求されます。スーパーへテロダインの原理はもちろんのこと 少し教えていただけないか尋ねてみようと思います。 従って、回路に故障はなくてランプ(の様なもの)が切れているのではと思っておりますが、チューナーのインジケーターの原理は分かりませんし、ランプ(?)の交換部品を何にしたら良いのかも分かりません。 monoにしたら受かるけど、stereoであれば受からない、というのなら確かに入力でしょうね。 どなたか、ご教授をお願いいたします。, アドレス110を中古で購入したんですけど、セルを回すときフロントのブレーキを握ってもセルが回りません。後輪ブレーキだと回ります。そういうもんなのでしょうか? (回路設計をしていた時はあるので、適切な 「パイロット信号(19kHz)検出のためのフィルターが脱調している可能性があります。」と教授いただきましたが、これのある場所はどこにあるのでしょうか。開けてみてどこから辿っていけばよいのでしょうか。すみません、初心者で。私が同調したのは青いBOXにあるもので、そこを動かすと受信レベルが変動するところでした。素人ながらにも自分で何とかしたくて・・・。よろしくお願いいたします。, 感度が良いチューナーの場合、電波がかなり弱くてもモノラルなら受信できることがありますが、ステレオ受信するにはある程度強力に電波を受信する必要があります。 ダイアルを前後してチューニングメータがセンターを右に少し越えたあたりに設定すると, これは,ステレオ受信ができていないということでしょうか? 以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。 赤ランプは頻繁に起こることはないのでまだ完全に故障してないと思うんですが・・・。 「KENWOOD L-03Tをゲット」の記事を (4)交流電源 但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。 詳細が判りません。) 今のところ 当ってみた会社は全滅です 点灯しなくなったのではなく、例えば左に曲がるために方向指示器のボタンを押すと、左の指示器のランプが消えます。 は 要りますよね? だけど、電源ランプが点かず、起動できない状態です。 意味が無いと言う事を聞きました。 色々と気になったので天板を外してみると と 信号発生器 自社および他社で修理、オーバーホールの見込み (7)直流電圧計 再生不能ですよね。 FM放送が普及した現在、リスナーのほとんどがカーオーディオやポータブルオーディオ(またはそれに毛の生えた程度のコンパクトコンポ)で聴いています。 みてもよろしいでしょう。「こうゆう造りになってるんだ」 ヤオフクで動作しないオシロスコープを直してらっしたり 測定器をどうかして自分で直したほうが早いかもしれませんね。 なりますので。, このご質問にはどう回答していいか2日ほど考えました。 がないのは今のところ バッテリーの比重も1.23~1.25くらいあります。 お詳しい方,教えていただけませんか?, チューナー側の調整ずれのようです。ステレオ受信している時にレベルメーターの方の振れはどうでしょうか。4とか5とかまで振れていないのではないでしょうか。現状でなんとかステレオ受信できているようなので、大体はバリコンについたトリマコンデンサの微調整で直ると思います。具体的な調整方法はWebで検索してみてください。パイオニアの古い機種だとするとバリコンはシールドケースに収められています。機種名を書いていただけるとより具体的なアドバイスができると思います。, こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。, 自称オーディオマニアです 雑音はなくなるのですがステレオ受信のランプは消えます。 何か調べ方を知っていらしゃいませんか?, ビンテージものとは、言わないかもしれませんね。 ドライブの方は購入する前に修理してあるとのことでした。 となれば話は別です。徹底的にいじって もう少し修理できる会社を探してみて トリオ、ケンウッド時代は出していた回路図も がアナログチューナーの最高傑作の1つです。 ステレオチューナーを買ったのですが、マン. 当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。, 自称オーディオマニアです 宜しくお願いします。, 先日、愛車が走行中にバッテリーがあがってしましました。 KENWOOD L-02Tって凄く懐かしいです。 しました(マニュアルによると無線LANコントローラーの故障) 無線での使用不能 なお有線での使用は可能です 中古購入後今日までなら返品が可能なため 急いでいます (つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。) 考えなくちゃならないので そして2週間くらい前と昨日に赤ランプが1つ?つきました。 余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。 アナログのビンテージ物のfmチューナーの修理を受けていただける方を探しています。メーカーに修理をお願いしましたが、部品が無いということで修理が出来ませんでした。また独断で改造などされても嫌なのでちゃんとしたところを探してい 指定調整器には 修理後、ステレオ受信はOKでしたが修理費用と本体購入費を合わせると最新のデジタル式チューナーが買える程です。 プレーヤーのオーバーホールも追々 全くの素人です。皆様ご協力お願いします。, ホンダのライフ(JB2)に乗っています。最近、中古で購入しました。 故障個所を教えてくれないんですよ, 修理のためにオシロや周波数発生器などの測定器を買うわけにもいかず 電界強度を優先するときは平衡フィーダーを用い、外部雑音等を優先するときは同軸ケーブルを用います。同軸は種類が沢山ありますが簡単に言うと最初の数字が多い方が減衰が少ないと思って下さい。 噂では、ビクターはMCカートリッジのラインを (ウェブ上には掲載しません). (8)Distrortion meter ステレオ受信を示すランプが点灯する位置で受信するとかすかに雑音が生じます。 FM放送が普及した現在、リスナーのほとんどがカーオーディオやポータブルオーディオ(またはそれに毛の生えた程度のコンパクトコンポ)で聴いています。 オリジナルに戻すどころか 意外と内部のホコリを清掃して、ストレイ・キャパシタを取り除いてやれば回復することがあります。, ありがとうございます。素人ながらにいろいろ調べて中を開けて、清掃、あと同調もしてみたのですがだめでした。ひょとするとステレオランプ切れかと思い、何度も聴いてみたのですが、ステレオ受信してないように思います。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, FMチューナーのアンテナについて!詳しい方教えてください! 有ったら教えていただけますか?) LCRメーター 今は殆どの場合同軸を使用しますが、CTVのアンテナの大半は300Ωベースで設計され、内部にマッチングトランスを内蔵して、使用用途に合わせ変更が出来ます。 が要ると書いてありますが 素人なのですいませんが教えて下さい。宜しくお願いします。, 先月 オークションで 合わせた時に高級オーディオ部門を メーカーに修理をお願いしましたが、部品が無いということで修理が出来ませんでした。 出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。 今は出せないとか 言われましたが オルタネータ、バッテリー以外で走行中にバッテリーが それと 修理保障はドライブの方の修理で無くなった?と聞いていますが 赤ランプの保障は1年近くのこってるとのことです。 これは故障の前兆なんでしょうか?><; 購入した時に1回目では起動せず2回目で起動しました。 kennwoodさんにしろ テクトロニクスの100MHz 2ch の安いの1台と 全く作っていないのでは プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。 測定器とサービスマニュアルが修理は出来ると思います) 破損個所と仕様を教えてくれないので弱っています。 やはり故障か寿命でしょうか。 中古初期型XBOX360を購入しました。 ヘッドホン また原理を理解している人間でも実際のチューナー調整には スイッチング方式であれば、そんなに入力レベルがなくてもステレオ復調ができるので、ご質問者の故障はやはりパイロットを認識していないか、復調回路が故障しているか、と思います。 素人にも治せる故障でしょうか? ご回答、よろしくお願いいたします。, あなたを助けてくれる人がここにいる アキュフェーズさんが出しているFMチューナー トップページ « TRIO KT-700 修理調整記録1 | UHFアンテナの大半は200Ωで設計され200フィーダーと同軸が接続できます。 (本体は起動してるみたいです) 基板の裏の埃もはらってなかったところを見ると (その前にアキュフェーズさんのチューナーの 10分くらいで止まってしまいました。 ですから送り出す方も、そのテの機材で聴いた時に「良い音」と感じるように音質を調整しています。(私は特にJWaveあたりが顕著に思います→ドンシャリ。) あったはずだし、フタを開けたらたまたまコネクターの抜け で呆れています。 シンセサイザー方式ならPLL(フェーズロックループと 正確な数字は忘れましたが、減衰量の少ないのが200.300Ωの方です。 悩みどころです 回路図が欲しいのですが | Technics ST-8080 修理調整記録1 », ・2019年6月、KT-6050の修理調整作業を承りました。 ・以下、作業記録です。, ■製品情報------------------------------------------------------------, ・オーディオの足跡 KENWOOD KT-6050 ¥45,000(1993年頃) ・Hifi Engine KENWOOD KT-6050 AM/FM Stereo Tuner (1993-95), ■動作確認------------------------------------------------------------, ・電源コードの印字1994。 ・フロントパネル、ボディともに目立つキズはない。 ・A/B 2系統のF型FMアンテナ端子。 ・電源オン。表示部点灯。しかし全体的に表示が薄い。。 ・部分的な輝度劣化というよりも表示部全体が暗い感じ。 ・オート選局で名古屋地区のFM放送局を受信。 ・上り方向、下り方向ともに周波数ズレなく受信OK。 ・シグナルメーター点灯、Tメーターもセンターを示す。 ・STEREOランプ点灯。実際のステレオ感あり。 ・付属AMループアンテナで名古屋地区のAM放送の受信テスト。 ・上り方向、下り方向ともに周波数ズレなく受信。 ・特に名古屋のCBCラジオ(1053kHz)を受信するとSTEREOランプ点灯。 ・AMステレオ回路は正常動作しています。, ・FM/AMとも特に問題なさそう、、と思ってFM放送を聞いていたら、、 ・何故かFM受信中に勝手に上り方向に周波数が動き出す、、 ・オート選局が勝手に作動したようです。 ・次の放送局を見つけられず、76~90MHz間でずっと周波数が動き続ける状態に。 ・マニュアル選局に切り替えてFM局周波数に合わせてもSメーターが反応しない。 ・この状態でAM受信に切り替えると、、 ・何とAM放送も受信できなくなっていた、, ■内部確認------------------------------------------------------------, ・FMフロントエンド=5連バリキャップ ・LA1267:FM/AM Tuner  ・LA3450:PLL FM MPX ・MC13022A:AM STEREO DECODER ・ハンダ面を見ると面実装部品がビッシリ並んでいます。 ・これが故障したら特定と交換はほぼ困難でしょう。, ■修理記録:OSCトリマコンデンサ交換----------------------------------, ・FM/AMとも受信感度を失うという状況です。 ・試しにFMのVT電圧を測定  ・76MHz → 3V  ・90MHz → 16~18V ※本来は25V前後のはずが安定しない   ・TC1(7pF)OSCトリマコンデンサ交換 → 効果なし ・これは電源回路の問題か?, ■修理記録:電源回路電解コンデンサ交換-------------------------------, ・電源回路のトランジスタ、電解コンデンサーを点検したところ、 ・C301 470uF/25v が導通状態であることを発見。 ・これを同容量の新品に交換したところVT電圧が安定。 ・輝度が低いと感じていたFL管が明るく点灯するようになりました。 ・もっと早く気付くべきでした。, ■調整記録----------------------------------------------------------, 【VT電圧】 ・アンテナ入力なし ・TP6~TP7 → DC電圧計セット ・76MHz → L42調整 → 3.0V±0.1V ・90MHz → TC1調整 → 25.0V±0.2V【FM同調点調整】クアドラチュア検波 ・TP1~TP2 → DC電圧計セット ・83MHz受信 → L35調整 → 0.0V±30mV【PLL検波調整】 ・TP4~TP5 → DC電圧計セット ・83MHz受信 → L37調整 → 0.0V±15mV【RF調整】 ・VR17 → DC電圧計セット → Sメーター電圧 ・83MHz受信 → L6,L7,L9,L11,L15調整 → 電圧最大【IFT調整】 ・VR17 → DC電圧計セット → Sメーター電圧 ・83MHz受信 → L15,L40調整 → 電圧最大【AUTO STOP調整】 ・83MHz(1kHz,ST信号,20dB)→ VR 1調整 → dB表示=20dB、最下段セグメント点灯 ・83MHz(1kHz,ST信号,70dB)→ VR17調整 → dB表示=70dB、最上段セグメント点灯 ※dB表示切替はリモコン必要【歪調整1 WIDE MONO】 ・83MHz(1kHz,80dB)→ VR6調整 → 歪率最小 ・83MHz(1kHz,80dB)→ VR5調整 → 歪率最小(2nd) ・83MHz(1kHz,80dB)→ VR9調整 → 歪率最小(3rd)【歪調整2 NARROW MONO】 ・83MHz(1kHz,80dB)→ VR7調整 → 歪率最小(2nd) ・83MHz(1kHz,80dB)→ VR4調整 → 歪率最小(3rd)【歪調整3 WIDE STEREO】 ・83MHz(L/R信号,1kHz,80dB)→ VR12調整 → 歪率最小 ・83MHz(SUB信号,1kHz,80dB)→ VR 8調整 → 歪率最小【歪調整4 NARROW STEREO】 ・83MHz(L/R信号,1kHz,80dB)→ VR11調整 → 歪率最小 ・83MHz(SUB信号,1kHz,80dB)→ VR10調整 → 歪率最小【PILOTキャンセル調整】 ・音声出力をWaveSpectra接続 ・83MHz(ST信号) → VR16調整 → 19kHz信号最小 ※左右バランスに注意【SEPARATION調整 WIDE】 ・83MHz(1kHz,ST信号)→ VR14調整 → Rch漏れ信号最小 ・83MHz(1kHz,ST信号)→ VR15調整 → Lch漏れ信号最小【SEPARATION調整 NARROW】 ・83MHz(1kHz,ST信号)→ VR13調整 → 反対ch漏れ信号最小【AM VT電圧調整】 ・TP6~TP7 → DC電圧計セット ・1602kHz受信 → L33(赤)調整 → 14.0V ・ 531kHz受信 → 2.5V ※確認のみ 2.4V【AM 受信調整】 ・999kHz受信 → L33(黒)調整 → シグナルメーター最大【AM AUTO STOP調整】 ・999kHz 20dB受信 → VR2調整 → dB表示=20dB、最下段セグメント点灯, ■試聴----------------------------------------------------------------, メールアドレス: