Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 23. 性能の変化(FF14 – WQHD) 出荷設定 83.9 fps; 1.80 GHz 87.2 fps; 1.85 GHz 87.9 fps; RX 5700の手動オーバークロックは意外と効果がありました。上限の1.85 GHzまで引き上げた場合は、FF14の平均フレームレートは約4.7%伸びています。 Brief des Produzenten – LIVE-Sondersendung! -->, ゲーミングPCの平均購入価格は15万2545円(税抜き)となりました。RTXグラボ発売から日が浅かった2019年3月に集計したときは平均18万9066円、前回の2019年秋の集計では平均16万2000円でしたので、購入ユーザーが求めるスペックに対して価格が安くなっていますね。かなりコスパが良くなってきて買い時のタイミングです。次回集計予定の2020年夏は再度上昇に転じる見込み(新製品での値上げ・コロナでのPC需要急増・夏のボーナスのため)です。, モニタなどの周辺機器や延長保証などが含まれている場合もあり、カスタマイズ前の基本価格より購入価格の平均は若干高くなっていると思われるのでRTXグラボを搭載したハイスペックな構成が人気のようです。, 最近の3DオンラインゲームはCPUにi5かi7。グラボはGTX1060が一般的でGTX1070やGTX1660を推奨動作環境に指定してくるタイトルも増えてきました。ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。, コスパNo.1メーカー。5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。, ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。ノートPCのコスパが良い傾向にあります。, セール品のお買い得度が高い。通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。「○○ゲーム推奨PC」といった製品が多いがそのゲームのおまけがついてきたり、そのゲームが快適に遊べますよという事なので、お買い得な製品があれば、そのゲームを遊ぶ予定がなくても購入して問題ないです。, 徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。, 他にはマウスコンピューターやHP、DELL、ASUS、MSI、Razerなど色々なメーカーがゲーミングPCを販売していますが基本的にコスパが悪いので省略します。, スペックに対する価格を重視するとドスパラの製品が優秀なので、オススメPCとしてはドスパラのゲーミングPCを中心に紹介してきました。他のメーカーも気になる方は、こちらの比較記事をご覧ください。, Lezzaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog
Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE”, Der 39. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Allerschutzheiligen-Fest Screenshot-Wettbewerb, Der 25. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 14. 新生FF14蒼天イシュガルド 私の攻略 ff14攻略大全(半放置中) 新生ff14攻略 エオルゼア ライフ イノベーション! 新生ff14クラフター庵; 新生ff14攻略の館; ff14世界設定ファンサイト -エオルゼア・レポート-蒼天のイシュガルド~茶トラの情報~ ff14調査局 補完: 似ているけど違う 2種類のアンチエイリアス ----- ⇒ ① アンチエイリアシン グの項目は 「アプリケーション設定を使用する」へ。 Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 13. Stellt eure Fragen für den Brief des Produzenten – Live in Makuhari! Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 17.

Valentione’s Day Love Letter Contest (NA), Développement futurs de FINAL FANTASY XIV, Evénements organisés par l'équipe communautaire, « La lettre du producteur LIVE » : huitième émission, « La lettre du producteur LIVE » : septième émission, « La lettre du producteur LIVE » : sixième émission, Concours : « Décoration d’Œufs Éorzéens », « La lettre du producteur LIVE » : cinquième émission. はゲーミングPCで漆黒のヴィランズをプレイしたいけどコストは抑えたいという人にうってつけのモデルです。, グラボは「GTX 1660 SUPER 8GB」なので、漆黒のヴィランズを最高品質でプレイするにも足りるくらいのパワーはあります。, CPU「Core i7-10700」はかなり性能が高く、メモリが16GBなので余裕があり、ストレージもSSDを備えているので、グラボ以外のパーツを気にしなくていいのも〇。, 「ガレリア XA7C-R37」に搭載されているグラボ「RTX 3070」は、GTXよりも高いパフォーマンスと新技術「リアルタイムレイトレーシング」を備えた新世代型グラボ「RTX」シリーズの中でもコスパがいいことで知られています。, FF14はリアルタイムレイトレーシングに対応していないものの、4kモニターでの映像を楽しみたいのであればRTX 3070くらいのパフォーマンスは欲しいというところで、FF14以外にもゲームをするという人にも特におすすめです。, CPU「Core i7-10700」は8コアの中でもかなり性能がいい方で、メモリやストレージもグラボの性能を妨げません。, 最もコストパフォーマンスのいい方法で4kモニターの映像を楽しみたいという人は「ガレリア XA7C-R37」がいいと思います。, 最先端のグラボ「RTX 3080」で最高のゲーム体験をしたいという人ならこれ以外に選択肢はない、という最高のゲーミングPC。, 「ガレリア ZA9C-R38」 ※最新2020年4月現在での始め方です。 国民的rpgゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのオンラインゲームとなる『ff14』。 ff14はオンラインrpgとなりますので、一般的な家庭用ゲームとは始め方が … 一回ずつしか試してないので 設定変えたりして何回かやればもっと良いスコア出るかも FF14ベンチマーク ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク SCORE Low 5271 Hi 2814 こちらは共にVirtuなし 良い!大変素晴らしい! HD7770の平均より上のスコアでた Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. 2019年07月02日に発売されるファイナルファンタジー14の最新拡張ディスク「漆黒のヴィランズ」推奨スペックがいよいよ公開されました。(これまでは最低必要動作環境のみだった)、これまでの拡張パックでの推奨スペックを振り返りながらCPU,グラボ、メモリ、HDD容量などの解説を行います。, https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/topics/detail/b19653f475c2e11ccf5c195041c5bfadba2defc3, 「漆黒のヴィランズ」特設サイトも日に日に内容が充実してきました。発売日も決定し、2019年02月06日から予約開始されています。, 前回の拡張ディスクである、紅蓮のリベレーターからの違いは32bit版OSとDirectXをサポートしなくなったことです。それ以外に要求スペックの変更はありません。引き続き32biit版OSでもプレイは可能ですが、不具合などの対応は行わないようです。, 「漆黒のヴィランズ」の一個前の拡張ディスクが「紅蓮のリベレーター」になります。推奨スペックは以下の通りです。, ※一般的に必要動作環境はゲームが起動できるかという条件で快適に遊べるわけではありません。FF14の場合は画面解像度が1280x720という荒い解像度が想定されています。, 漆黒のヴィランズと全く同じですね。紅蓮のリベレーターがリリースされたのは2017年6月でした。, 新生版FF14の正式サービスは2013年でした。もう6年以上経過しているんですね。最初の拡張パックである「蒼天のイシュガルド」は2015年に発売されました。, 相談をご希望の方はゲーミングPC購入に関する無料相談についてをご確認の上、当サイトの公式アカウントを友達登録してご相談下さい。, 最新のWindowsはWindows10です。古いバージョンの7や8.1でもOSが64bit版であればプレイすることができます。Windows7は2020年の1月に開発元であるMicrosoftのサポートが終了したため、現在も利用している方は急いで買い替えの検討を進めた方が良いでしょう。, HDDの必要容量は60GBと昨今のオンラインゲームと比較すると大き目の容量といえます。可能であればHDDではなくSSDにしておくとPCやゲームの起動時間が短縮され快適なPCライフを送ることが出来ますのでオススメです。SSDの場合は240GB以上、可能であれば400GB以上の大容量モデルを選んでおくと良いでしょう。, CPUは型番の指定がなく、i7 3GHzとだけ記載があります。推奨スペックには4-6年前の型番を掲載するのが一般的です。紅蓮のリベレータから表記が変わっていないので紅蓮のリベレーターから4-6年前のi7CPUとなると、i7-2600Kやi7-3770Kあたりを想定していると思われます。, i7ですのでCore iシリーズの中では上位のモデルです。比較的新しいCPUでもローエンド(i3)やミドルレンジ(i5)モデルでは推奨スペックを満たさない可能性があります。, CPUはIntel社がここ10年近く圧倒的なシェアを維持してきましたが、業界2位のAMDが2017年にRyzenシリーズを発売し好評を得ています。CPUの選択肢はこの2社のCPUのどちらかを選ぶ事になります。, Intelは「Core iの後ろにつく一桁の数字」が大きいほど性能と価格が高くなり、AMDも「Ryzenの後ろにつく一桁の数字」が大きいほど性能と価格が高くなります。AMDのみ最上位モデルは数字ではなく「Threadripper」というブランドになっています。ゲーミングPCとしてのCPU候補は「5」以上になります。予算が許すのであれば「7」にしておくと推奨スペックを満たすゲームが増えるのでオススメです。, IntelとAMD共に一桁の数字の後ろにつく四桁の数字が世代や世代内のグレードを表していて千の位が世代。百の位が同モデル、同世代間の性能差を表しています。例えば「core i7-8700」より「core i7-9700」の方が新しく性能が高くなりますし、「Core i5-8400」より「core i5-8500」の方が若干性能が高くなります。, ゲーミングPCとしてのCPUは予算を抑える場合「5」のモデル。可能であれば「7」のモデルにすると推奨スペックを満たすゲームが増えます。, FF14漆黒のヴィランズの推奨スペックを満たすゲーミングPCを2019年09月現在、新しく購入する場合のCPU候補としては、必ずしも最新のi7(例えばi7-9700K)である必要はありません。最新モデルであればi5やRyzen5でもスペック不足になることはないでしょう。但し他の最新ゲームを高画質でプレイしたかったり、グラボを高価なモデル(RTX2070以上)にする場合はi7にしておいたほうが全体のバランスが良くなります。またTwitchなどでゲーム配信をしたい方もi7にしておきましょう。, メモリ8GBを推奨動作環境とするゲームが多い中、FF14漆黒のヴィランズのメモリ推奨動作環境も8GBとなっています。最近のPCゲームの中には12GBや16GBメモリを必要とするタイトルも少しずつ増えてきているので、CPUやグラボを高性能なモデルにする場合はメモリも16GBにしておくとゲーミングPCとしてのバランスが良くなります。逆にメモリを16GB搭載しておけば、数年間はメモリにおいて推奨スペックを満たせない事態にはならないと予想されます。, メモリはPC初心者でも、最も簡単に増設できるパーツですので、自身が使用しているPCに合うメモリやメモリ増設の仕方をググったりすれば比較的簡単に容量を増やすことが出来ます。メモリだけスペックを満たしていなければご自身での増設も検討してみましょう。, 残りはグラボの解説ですが、その前に推奨スペックで記載されることはないけれども、デスクトップゲーミングPCの構成で見落としがちな「電源」と「マザーボード」に関して簡単に解説しておきます。, PCの各種パーツに電力を供給する重要な役割を担っています。電源には容量と電源効率の二つで性能差があり、基本的にはメーカーがスペックに見合った電源をチョイスしています。容量はW数で記載がありグラボが高性能なモデルほど電源消費量が大きいため電源のW数も大きくなります。, 二つ目の電源効率ですが、こちらは「80PLUS」という基準でグレードが分かれています。, 左ほど同容量でも価格は上がりますが電源変換効率に優れ電気代が僅かに安くなるといった認識で結構です。但しグレードが高いほど高品質になるので、コスパより信頼性を重視する方はチェックしておきましょう。, 20万以下のゲーミングデスクトップPCには80PLUS BRONZEをメーカーがチョイスしている事が多いですね。RTX2080やRTX2080Ti搭載のハイエンドゲーミングPCでは80PLUS GOLD以上が選ばれます。, 現行の主流なintelCPUを搭載するデスクトップ向けマザーボードは性能や機能が優れている順にZ490 > H470 > B460 > H410となっており、Z470とH410の平均的な価格差は6千円ほどとなっています。避けてほしいマザーボード(チップセット)は「H410」です。CPUとメモリ間のデータ転送速度が他のマザーボードよりも遅いため、同じCPUとグラボそしてメモリを搭載してもH410マザボではFPSが低下します。i7やRTXグラボなど初心者でも分かりやすいスペックだけにこだわってマザーボードにはH410を使っている機種がとあるメーカーで販売されていたので、必ず確認しておきましょう。, CPUのOCなど特殊な事をしない限りはZ470である必要はなく、コスパを重視するゲーミングPCとしてはH470やB460(AMDの場合はA320またはB450)で問題ありません。, また、ノートPCに関してですが、ノート用マザボと電源は消費者側から意識する事はないので、気にする必要はありません。, 推奨環境で指定されているのはGTX970と2世代前のアッパーミドル製品が指定されています。GTX970がどの程度の性能かというと, GTX1660>GTX1060 6GB>GTX970>GTX1060 3GB>GTX1650>GTX1050Ti, そして、FF14漆黒のヴィランズの推奨スペックはGTX970なのは分かったけどGTX970でその他のゲームはどれくらい遊べるのか気になりますよね?それに関しては以下の表をご覧ください。, ※赤文字のタイトルはメモリの推奨スペックが12GBもしくは16GBのタイトルです。, 各々予算があるかと思いますが、CPUにi7(ryzen7)、グラボにGTX1060の後継モデルであるGTX1660以上を選んでおくと、大半の最新ゲームは推奨スペックを満たすので中設定以上で遊べることになります。最新の重たいゲームを高画質で遊びたい場合はRTX2070以上が目安です。, グラボは一時期、仮想通貨のマイニングブームにより値段が高止まりしていましたが現在は落ち着いています。, Geforceの最新モデルRTXシリーズが2018年9月~10月にRTX2080Ti・2080・2070が発売されました。2019年7月にはSUPERモデルが発売され, RTX2080Ti>RTX2080SUPER>RTX2080>RTX2070SUPER>RTX2070=RTX2060SUPERという性能順になっています。, 2020年9月中旬より最新世代のRTX3000番台が満を持して発売開始となりました。RTX3080→RTX3090→RTX3070→RTX3060という順番で発売されていきます。発売当初の最新グラボはご祝儀相場なので価格は高めになります。, ミドルレンジではRTX2060が2019年1月に発売されています。ベンチマークを見ると性能面ではGTX1070Ti≒RTX2060 6GBとなっています。, 一般的にミドルレンジ帯に近づくにつれシェアが大きくなるのですが、RTX2060はRTX2070よりも売れ行きがよくありませんでした。これはRTXの目玉機能である「レイトレーシング」をONにするとRTX2060ではパワー不足になってしまうことが大きな要因でしょう。, 2019年02月下旬より本来のミドルレンジグラボ価格帯であるGTX1600シリーズが発売されました。1600シリーズはRTXグラボに搭載されているレイトコアが非搭載な代わりに価格が抑えられているグラボです。, 2019年秋から冬にかけてGTX1660SUPERとGTX1650SUPERが新しく発売されています。, ノートPCのグラボについては2020年4月にSUPERやTi付きのモデルが発売され性能が微増しています。, ミドルレンジ帯のグラボはまだ発売が先なので、価格がこなれてきた現行のRTX2060やGTX1600番台が候補となります。, 2020年2月~5月にかけてコロナの影響でグラボの生産能力が落ち、逆にテレワークでPC需要が高まったことでグラボの価格は値上がり傾向にありました。RTX3000番台の発売が間近にせまった9月現在も2-5月にグラボ需給バランスが崩れたことで在庫整理がスムーズに進んでしまい値下げは期待できない状況です。, 最新の重たいゲームの推奨スペックはGTX1060 6GBが主流なのでGTX1660Ti以上だと多くのゲームを画質中設定以上で遊べることになります。ミドルレンジグラボの最新製品(RTX3050?GTX2700?