その場合は「絶対使わないであろう区切り文字」を再設定してあげれば、勝手にセルが別れることもありませんので、設定し直して下さい。, 事前に書いておきますが、この関数は『無駄』な内容です。 で終わります。 次の式は、7文字目から始まる3文字を抽出します。, 1を加算して、最初のスペース (J) の後の文字を取得します。 結果は、サフィックスの開始位置になります。 (6 + 1 = 7), 1を加算して、最初のスペース (J) の後の文字の位置を取得します。 結果は、2つ目のスペースの検索を開始する文字番号です。 日, A2 内の2番目のスペースの数値を、手順4で見つけた7文字目以降で検索します。 折り, 手順4で見つかった2番目のスペースの文字番号から1を減算して、"," の文字番号を取得します。 結果は、サフィックスの終了位置になります。 (11-1 = 10), 最初のスペースを見つけたら、1を加算して、手順3と4でも、次の文字 (J) を検索します。 日, 手順6で見つかった "," という文字番号を取得し、手順3と4で見つかった "J" の文字数を減算します。 結果として、手順2の7番目の位置から取得したテキスト文字列の文字数が表示されます。 (10-7 = 3), この例では、最初の名前は文字列の先頭にあり、サフィックスは末尾にあるので、LEFT 関数を使用して最初の名前を抽出し、MID 関数を使って姓を抽出することができます。、RIGHT 関数でサフィックスを抽出します。, ' = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1, SEARCH ("", A2, 1) + 1)-(検索 ("", A2, 1) + 1))))), = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1, SEARCH ("", A2, 1) + 1)-(検索 ("", A2, 1) + 1))))), 名は、左から1文字目 (G) で始まり、5文字目 (最初のスペース) で終わります。 この式では、フルネームの左側から5文字を抽出します。, 姓は、左から6文字目 (A) から始まり、11文字目 (2 つ目のスペース) で終わります。 この数式には、スペースの位置を検索するネスト検索が含まれています。, 最初のスペース (A) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果は、姓の開始位置になります。 (5 + 1 = 6), 最初のスペース (A) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果は、2つ目のスペースの検索を開始する文字番号です。 (5 + 1 = 6), A2 内の2番目のスペースの数値を、手順4で見つけた6文字目以降で検索します。 この文字番号は、姓の終了位置です。 以内, 1を加算して、手順3と4でも、最初のスペース (A) の後の文字の位置を見つけます。 =, 手順5で見つけた2番目のスペースの文字番号を取得し、手順6と7で見つかった "A" の文字数を減算します。 結果として、手順2の6番目の位置から開始して、テキスト文字列から抽出した文字数が表示されます。 (12-6 = 6), サフィックスの右端から3文字が始まります。 この数式には、スペースの位置を検索するネスト検索が含まれています。, 最初のスペース (A) の後の文字を取得するには、「1」を追加します。 結果は、2つ目のスペースの検索を開始する文字番号です。 (5 + 1 = 6), A2 の文字列の合計の長さをカウントし、左から2番目のスペースまでの文字数を減算します (手順 3)。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (15-12 = 3), この例では、完全な名前の前にプレフィックスを付けることができます。例2と同じように、最初の名前を抽出するための MID 関数、姓を抽出するための RIGHT 関数などの数式を使います。, 名は、左から5文字目 (R) から始まり、9文字目 (2 つ目のスペース) で終わります。 この数式によって、スペースの位置が検索されます。 5番目の位置から始まる4文字を抽出します。, 最初のスペース (R) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果は、名の開始位置になります。 (4 + 1 = 5), 入れ子になった SEARCH 関数を使用して num_chars の値を検索します。, 最初のスペース (R) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果は、2つ目のスペースの検索を開始する文字番号です。 (4 + 1 = 5), A2 内の2番目のスペースの数値を、手順3と4で見つけて検索します。 この文字番号は、姓の終了位置です。 ファイブ, 手順3と4でも、1つ目のスペース (R) の後の文字の位置を検索するには、「1」を追加します。 (5), 手順5で見つけた2番目のスペースの文字番号を取得し、手順6と7で見つかった "R" の文字数を減算します。 結果として、手順2で見つけた5番目の位置から、テキスト文字列から抽出した文字数が表示されます。 (9-5 = 4), 姓は、右側の5文字から始まります。 この数式には、スペースの位置を検索するネスト検索が含まれています。, A2 の文字列の合計の長さをカウントし、左から2番目のスペースまでの文字数を減算します (手順 3)。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (14-9 = 5), この例では、ハイフンでつながれた姓を使用しています。 各名前コンポーネントはスペースで区切られています。, 名は、左端の最初の文字から始まり、6番目の位置 (1 つ目のスペース) で終わります。 この数式は、左から6文字を抽出します。, 姓全体は、右から10文字目 (T) から始まり、右端の文字 (r) で終わります。, 抽出するテキスト文字列の合計の長さをカウントし、左から最初のスペースまでの文字数を、手順1で見つけます。 (16-6 = 10), 注:  LEFT、MID、RIGHT、SEARCH、LEN などの文字列関数を使用して、データ内のテキスト文字列を操作できます。 たとえば、名、ミドルネーム、姓を1つのセルから3つの別々の列に配布することができます。, 文字列関数を使用して名前の構成要素を配布するための鍵は、文字列内の各文字の位置です。 テキスト文字列内のスペースの位置は、文字列内の名前構成要素の先頭または末尾を示すため、重要な要素でもあります。, たとえば、姓と名のみが含まれるセルでは、姓がスペースの最初のインスタンスの後に始まります。 リスト内の名前にはミドルネームが含まれている場合があります。その場合、姓はスペースの2つ目のインスタンスの後に始まります。, この記事では、これらの便利な関数を使用して、さまざまな名前形式からさまざまなコンポーネントを抽出する方法について説明します。 区切り位置ウィザードを使用して、テキストをさまざまな列に分割することもできます。, 注: 次の例のグラフィックでは、完全な名前の中の強調表示に、一致する検索の数式が探している文字が表示されています。, この例では、名と姓の2つのコンポーネントを区切ります。 2つの名前は、1つのスペースで区切られます。, テーブルのセルをコピーし、Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 左側に表示される数式は参照用に表示されますが、Excel では右側の数式が適切な結果に自動的に変換されます。, Int    データをワークシートに貼り付ける前に、列 A と列 B の列幅を250に設定します。, = RIGHT (A2, LEN (A2)-SEARCH ("", A2, 1)), 名は、文字列内の先頭の文字 (J) から始まり、5 文字目 (スペース) で終わります。 次の式は、セル A2 の左から 5 文字を返します。, 姓は、右から 5 文字目のスペースから始まり、右端の文字 (h) で終了します。 次の式は、A2 の右から 5 文字を抽出します。, SEARCH 関数と LEN 関数を使って、"文字数" 引数に渡す値を取得します。, 文字列全体の長さを取得し、その文字数と、手順 1 で検索した最初のスペースの左までの文字数との差を求めます。, この例では、名、ミドルネーム、姓を使用しています。 各名前コンポーネントはスペースで区切られています。, ' = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1, SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1)-検索 ("", A2, 1)), = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1, SEARCH ("", A2, 1) + 1)-検索 ("", A2, 1) + 1)), ' = RIGHT (A2, LEN (A2)-SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1))))), = RIGHT (A2, LEN (A2)-SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1)), 名は、左端の最初の文字 (E) で始まり、5文字目 (最初のスペース) で終わります。 この数式では、A2 の左端から最初の5文字を抽出します。, ミドルネームは6文字目の位置から始まり、8番目の位置 (2 つ目のスペース) で終わります。 この数式では、検索関数を入れ子にして、2番目のスペースのインスタンスを検索します。, A2 に含まれる最初のスペースの位置 (左側の1文字目から開始) を検索します。 (5)。, 1つ目のスペースの後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 この数値はミドルネームの開始位置を示します。 (5 + 1 = 6), A2 に含まれる最初のスペースの位置 (左側の1文字目から開始) を検索します。 (5), 1つ目のスペースの後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果として、2番目のスペースのインスタンスの検索を開始する文字番号が表示されます。 (5 + 1 = 6), 手順4で見つけた6つの位置から開始して、A2 内の2番目のスペースのインスタンスを検索します。 この文字番号は、ミドルネームの終了位置です。 (8), 手順5で見つかった2番目のスペースの文字番号を取得し、手順6で最初に見つかったスペースの文字番号を減算します。 結果として、手順2で見つけた6番目の位置から取得した文字数がテキスト文字列から抽出されます。 (8 ~ 5 = 3), 姓は、右から6文字目 (K) から始まり、右端の文字 (n) で終わります。 この数式には、2番目と3番目のスペース (左側の5番目と8番目の位置) を検索するための [検索関数のネスト] が含まれています。, LEN 関数とネストされた SEARCH 関数を使用して num_chars の値を確認します。, 手順2で見つけた6つの位置から開始して、A2 内の2番目のスペースのインスタンスを検索します。 この文字番号は、ミドルネームの終了位置です。 (8), A2 の文字列の合計の長さをカウントし、左から2番目の手順3で指定したスペースの2番目のインスタンスまでの文字数を減算します。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (14 – 8 = 6)。, 次の例は、2つのミドルネームイニシャルを抽出する方法を示しています。 Space の最初と3番目のインスタンスは、name コンポーネントを分離します。, ' = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1, SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1)-検索 ("", A2, 1)-1)), = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1, SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1)-検索 ("", A2, 1)-1)), ' = RIGHT (A2, LEN (A2)-SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1))), = RIGHT (A2, LEN (A2)-SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1)))), 名は、左端の最初の文字 (J) で始まり、8番目の文字 (最初のスペース) で終わります。 この数式は、A2 の左端から最初の8文字を抽出します。, ミドルネームは9番目の位置 (B) から始まり、fourteenth の位置 (3 番目のスペース) で終わります。 この数式には、8、11、fourteenth の各位置でのスペースの最初のインスタンス、2番目、3番目のインスタンスを検索する入れ子が含まれています。, A2 に含まれる最初のスペースの位置 (左側の1文字目から開始) を検索します。 (8), 1つ目のスペース (B) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 この数値はミドルネームの開始位置を示します。 (8 + 1 = 9), 1つ目のスペース (B) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果として、2番目のスペースのインスタンスの検索を開始する文字番号が表示されます。 (8 + 1 = 9), 2つ目のスペース (G) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 この文字番号は、3番目のスペースの検索を開始する開始位置です。 (11 + 1 = 12), 手順7で見つかった3番目のスペースの文字番号を取得し、手順6で最初に見つかったスペースの文字番号を減算します。 結果として、手順2で見つけた9番目の位置から、テキスト文字列から抽出した文字数が表示されます。, 姓は、右から5文字目 (B) から始まり、右端の文字 (o) で終わります。 この数式には、空間の最初のインスタンス、2番目、3番目のインスタンスを検索するためのネスト検索が含まれています。, 入れ子になった SEARCH 関数と LEN 関数を使用して、num_chars の値を検索します。, 2つ目のスペース (G) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 この文字番号は、空間の3番目のインスタンスの検索を開始する開始位置です。 (11 + 1 = 12), 手順6の12番目の位置 (G) から開始して、A2 の3番目のスペースを検索します。 14, A2 の文字列の合計の長さをカウントし、左から2番目までの文字数を手順5で指定した範囲で減算します。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (19-14 = 5), この例では、名の前に姓があり、最後にミドル ネームがあります。 コンマは姓の末尾を示し、各名前コンポーネントはスペースで区切られます。, 名は、左から 7 文字目 (W) から始まり、12 文字目 (2 つ目のスペース) で終わります。 名は氏名の中央にあるため、MID 関数を使って抽出する必要があります。, A2 に含まれる最初のスペースの位置 (左側の1文字目から開始) を検索します。 =, 1つ目のスペース (W) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 この数値は、姓の開始位置です。 (6 + 1 = 7), 1つ目のスペース (W) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果は、2つ目のスペースの検索を開始する文字番号です。 (6 + 1 = 7), 手順5で見つかった2番目のスペースの文字番号を取得し、手順6で最初に見つかったスペースの文字番号を減算します。 結果として、手順2で見つけた7番目の位置から、テキスト文字列から抽出した文字数が表示されます。 (12-6 = 6), ミドル ネームは、右から 4 文字目 (B) から始まり、右端の文字 (h) で終わります。 次の式では、ネストされた SEARCH 関数を使って、左から 6 文字目にある最初のスペースと左から 12 文字目にある 2 つ目のスペースを取得します。, ネストされた SEARCH 関数と LEN 関数を使って、"開始位置" 引数に渡す値を取得します。, 手順2で検索した2番目の位置 (W) から始まる A2 の2番目のインスタンスを検索します。 以内, A2 の文字列の合計の長さをカウントし、左から手順3で指定した2番目のスペースまでの文字数を減算します。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (16-12 = 4), 姓は、左端の文字 (K) から始まり、4 文字目 (n) で終わります。 次の式は、左から 4 文字を抽出します。, 2を減算して、姓の末尾の文字の位置を取得します (n)。 結果として、抽出する文字数が表示されます。 (6-2 = 4), この例では、"鈴木 Kay" という2つの部分から構成されています。 2つ目と3番目のスペースは、それぞれの名前の構成要素を区切ります。, LEFT (A2, SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1)), = LEFT (A2, SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1)), ' = MID (A2, SEARCH ("", A2, 検索 ("", A2, 1) + 1) + 1, 検索 ("", A2, 検索 ("", A2, 1) + 1) + 1)-(検索 ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1)))))))), = MID (A2, SEARCH ("", A2, 検索 ("", A2, 1) + 1) + 1, 検索 ("", A2, 検索 ("", A2, 1) + 1) + 1)-(検索 ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1)))))))), 名は、左端の最初の文字で始まり、9文字目 (2 つ目のスペース) で終わります。 この数式には、左から2番目のスペースのインスタンスが検索される入れ子になった検索が含まれています。, 最初のスペース (K) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果として、2番目のスペースのインスタンスの検索を開始する文字番号が表示されます。 (5 + 1 = 6), 手順2で見つかった6番目の位置 (K) から開始して、A2 の2番目の空白を検索します。 結果として、テキスト文字列から左に抽出する文字数が表示されます。 ファイブ, ミドルネームは、10番目の位置 (D) から始まり、12番目の位置 (3 つ目のスペース) で終わります。 この数式には、空間の最初のインスタンス、2番目、3番目のインスタンスを検索するためのネスト検索が含まれています。, ネストされた SEARCH 関数を使用して start_num の値を確認します。, 最初のスペース (K) の後の文字を取得するには、「1」を追加します。 結果は、2つ目のスペースの検索を開始する文字番号です。 (5 + 1 = 6), A2 に含まれている2番目のスペースの位置 (K) から、手順2で見つけた位置を検索します。 結果として、残りの文字数が左側から抽出されます。 ファイブ, 1を加算して、2つ目のスペース (D) の後の文字を取得します。 結果はミドルネームの開始位置になります。 (9 + 1 = 10), 2つ目のスペース (D) の後の文字の位置を検索します。 結果として、3番目のスペースの検索を開始する文字番号が表示されます。 常用, A2 に含まれる3番目のスペースの位置を左から検索します。 結果はミドルネームの終了位置になります。 以内, 2つ目のスペース (D) の後の文字の位置を検索します。 結果はミドルネームの開始位置になります。 常用, 手順6で見つけた3番目のスペースの文字番号を取得して、手順7で見つけた "D" の文字数を減算します。 結果として、手順4で見つけた10番目の位置から、テキスト文字列から抽出した文字数が表示されます。 (12-10 = 2), 姓は、右から8文字を開始します。 この数式には、5、9、12の位置でのスペースの最初のインスタンス、2番目、3番目のインスタンスを検索するための入れ子になった検索が含まれています。, 入れ子になった SEARCH 関数と LEN 関数を使用して num_chars の値を検索します。, 最初のスペース (K) の後の文字を取得するには、「1」を追加します。 結果として、スペースの検索を開始する文字番号が表示されます。 (5 + 1 = 6), 2つ目のスペース (D) の後の文字の位置を取得するには、「1」を追加します。 結果はミドルネームの開始位置になります。 (9 + 1 = 10), A2 の文字列の合計の長さをカウントし、左から2番目までの文字数を手順5で指定した範囲で減算します。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (20-12 = 8), この例では、3つの部分で構成される last name: Barreto de Mattos を使用しています。 最初のスペースは、名の末尾と姓の先頭を示します。, 名は、左端の最初の文字 (P) で始まり、6文字目 (最初のスペース) で終わります。 この数式は、左から6文字を抽出します。, 姓は、右から seventeen 文字の始まり (B) から始まり、右端からの最初の文字で終わります。 この数式は、右端から seventeen 文字を抽出します。, LEN 関数と SEARCH 関数を使用して num_chars の値を確認します。, A2 のテキスト文字列の合計の長さをカウントし、左側から最初のスペースまでの文字数を、手順1で指定します。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (23-6 = 17), この例では、2つの部分で構成される姓: van Eaton を使用しています。 最初のスペースは、名の末尾と姓の先頭を示します。, 名は、左端の最初の文字 (J) で始まり、8番目の文字 (最初のスペース) で終わります。 この数式は、左から6文字を抽出します。, 姓は、右から9文字目 (v) で始まり、右端の文字 (n) で終わります。 この数式は、氏名の右側から9文字を抽出します。, A2 のテキスト文字列の合計の長さをカウントし、左側から最初のスペースまでの文字数を、手順1で指定します。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (15-6 = 9), この例では、姓が最初に、続いてサフィックスが続きます。 コンマは、姓と接尾辞を名とミドルネームのイニシャルから区切ります。, ' = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1, SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1)-検索 ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1)))))), = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1, SEARCH ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1) + 1)-検索 ("", A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1))))))), ' = MID (A2, 検索 ("", A2, 1) + 1, (検索 ("", A2, 1) + 1)-2)-検索 ("", A2, 1)-2)), = MID (A2, SEARCH ("", A2, 1) + 1, (検索 ("", A2, 1) + 1)-2)-検索 ("", A2, 1)-2), 名は12文字目 (D) で始まり、15文字目 (3 番目のスペース) で終わります。 次の式は、12文字目の位置から始まる3文字を抽出します。, 1を加算して、最初のスペース (J) の後の文字を取得します。 結果は、2つ目のスペースの検索を開始する文字番号です。 (6 + 1 = 7), 1を加算して、2つ目のスペース (D) の後の文字を取得します。 結果は、名の開始位置になります。 (11 + 1 = 12), 2つ目のスペース (D) の後の文字の位置を検索します。 結果として、3番目のスペースの検索を開始する文字番号が表示されます。 以内, A2 に含まれる3番目のスペースの位置を左から検索します。 結果は、名の終了位置になります。 マート, 2つ目のスペース (D) の後の文字の位置を検索します。 結果は、名の最初の位置になります。 以内, 手順6で見つけた3番目のスペースの文字番号を取得して、手順7で見つけた "D" の文字数を減算します。 結果として、手順4の12番目の位置から取得したテキスト文字列の文字数が表示されます。 (15-12 = 3), ミドルネームは、右から2文字目 (K) で始まります。 次の式は、右から2文字を抽出します。, A2 に含まれる3番目のスペースの位置を左から検索します。 結果はミドルネームの終了位置になります。 マート, A2 の文字列の合計の長さをカウントし、左から3番目までの文字数を減算して、手順5で見つけます。 結果として、完全な名前の右側から抽出する文字数が表示されます。 (17-15 = 2), 姓は、左から1文字目 (B) で始まり、6文字目 (最初のスペース) で終わります。 そのため、この数式は左から6文字を抽出します。, サフィックスは、左 (J) の7文字目から始まり、左から9文字目 (.)