Impress Corporation. All rights reserved. JR東日本(東日本旅客鉄道)は11月12日、E235系新車両を横須賀・総武快速線で12月21日から運行開始することを発表した。11両×51編成、4両×46編成を導入する予定で、2020年度内に8編成120両(15両編成×8編成分)を導入し、順次運行を開始する。, E235系は山手線に導入しているもので、モニタリング技術を活用して常に車両や設備の状態監視を行なうことで安全性を向上。停電などの異常時を想定し、最寄り駅などまで走行可能な非常走行用電源装置を搭載する。また、デジタルサイネージや案内画面の大型化、グリーン車での無料Wi-Fiインターネットサービス提供、各座席へのコンセント設置など、車内設備の充実を図る。, 運行区間は横須賀線(東京駅~久里浜駅)、総武快速線(東京駅~千葉駅)、外房線(千葉駅~上総一ノ宮駅)、内房線(蘇我駅~君津駅)、総武本線(千葉駅~成東駅)、成田線(佐倉駅~香取駅、成田駅~成田空港駅)、鹿島線(香取駅~鹿島神宮駅)。, JR東日本、E235系車両を横須賀・総武快速線へ2020年度から順次導入。グリーン車に無料Wi-Fiやコンセントを装備. Copyright ©2018Impress Corporation. JR横須賀・総武快速線用新型車両「E235系」(JR東日本ニュースリリースより) 2020年12月21日(月)より順次運転開始する。 導入車両数は総数745両(11両×51編成・4両×46編成)、うち2020年度は8編成120両(11両×8編成・4両×8編成)。 JR東日本(東日本旅客鉄道)は11月12日、E235系新車両を横須賀・総武快速線で12月21日から運行開始することを発表した。 11両×51編成、4両×46編成を導入する予定で、2020年度内に8編成120両(15両編成×8編成分)を導入し、順次運行を開始する。 All rights reserved. JR東日本は横須賀・総武快速線に新車両「E235系」を導入。12月21日に運行を開始する.