––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––, @‚‘¬«”\‚̓~ƒO21‚É—ò‚邪Aã¸—Í‚Å‚Í‚Ü‚³‚Á‚Ä‚¢‚é‚Æ‚¢‚í‚ê‚éB. リーダーシップとは、 好きなゲームは「アサシンクリード」シリーズ。オープンワールドが大好物。, pielさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog そうすれば、自分一人ではできない目標も達成できますし、たくさんの人の夢を叶えられます。 2019-20シーズンのリバプール新ユニフォームはクラブのレジェンドであるボブ・ペイズリー氏の生誕100周年を記念したモデルとなっていま... https://yasu-blog.com/wp-content/uploads/2020/07/logo-16.png. 戦略と戦術。この2つを混同している人や取り違えている人はどうも多いようです。戦略と戦術の違いや、これらを用いた施策の立て方などを、マーケティングに詳しいコラムニスト・トイアンナさんに教えてもらいました。 今回はクロップ監督率いるリバプールの「4-3-3」攻撃戦術を解説していきます。 ちなみに今回リバプールの戦術を分析する上で参考にした試合は2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝のトッテナ … 「いつも〇〇さんが仕事を褒めてくれて、自分が強みを発揮できる仕事を任せてくれた。だから成果が出せた」 ◇(3)「どうすればできるか」を常に考える 「こんなんじゃ、だめだ」と考えるのは、リーダーの逆です。リーダーシップがある人は、常に「どうすればできるだろう」と考えます。 リーダーシップを身に付ける目的とは サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての... Football Manager 2020の戦術で上手くいったものを紹介する。以下、まずは戦術の解説をした後に、実例の話になる。, 相手の守備ゾーン内なので、選手が密集した地域内でプレーをすることになるため、それに対応できる能力が必要になる。, 攻撃時の選手配置が前がかりになっているため、ビルドアップ時にセンターバックがボールを持つとボールを出す先が基本的にボランチしかいないため、センターバックのビルドアップ力がかなり求められる。ハイプレスをかけてくるチーム相手にアウェーだとなかなかボールが前に運べずに詰んで虐殺される。アンフィールドまじ怖い。データ的にみるとポゼッションが低かったり、シュート数が少ない時は上手くいっていない。, 今シーズンの補強でのレギュラーの入れ替わりは以下のような感じで、右の選手が今シーズンのレギュラー、左が昨シーズンのレギュラーという感じ。, まだまだそれぞれのポジションに必要な能力に曖昧さが残っているのでそこは詰めたいなーという気持ちがある。それと、そもそも戦術としての欠点として、選手の配置が前がかりのため、後方からのビルドアップと守備に懸念があるので、上位のクラブであれば選手の力で何とかできる気がするが、下位のクラブだと使いづらい気がするところがある。下位クラブでは他の戦術を用意したほうが良いかもしれない。. リーダーシップは、ジャイアニズムじゃありません。リーダーは人を褒めて伸ばします。 では、どうやったらリーダーシップを身に付けることができるのでしょうか。 航空自衛隊の装備品一覧 地上警戒管制・防空装備 警戒管制システム名称愛称(※は部隊内通称)画像調達数注釈自動警戒管制システムjadge(ジャッジ)[41]badgeシステムの後継として2009年に運用開始さ … ※画像はイメージです. (1) 未来を描く - 「もっと素晴らしい未来はこうだ!」と人に見せる力 リーダーシップを身に付けるのは、楽な仕事ではありません。「なぜ自分だけここまでやるのか」と自問自答する方もいるでしょう。 ◇P&Gによる定義 まずは、リーダーシップとは何かについて迫りたいと思います。 社外で協力が得られなかったとき、急に材料が欠品したとき、上司が反対してきたとき……。リーダーは「どうすればできるだろうか?」と目標の実現へ常に頭を働かせます。 というのも、私は就活のアドバイスをするのがお仕事でして、就活生の履歴書へ耳にタコができるほど「リーダーシップ経験を書いて」と伝えてきたからです。 2020.11.14 (土) など, お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。, 「リーダーシップ」という単語を、私ほど聞いた人間もそういないと思います。 「〇〇さんが休み? じゃあ買い出しが足りないよね。私、行ってくるから調達リストだけもらえる?」 ◇ドラッカーの定義 前記事ではロナウドを組み込んだアッレグリ・ユベントスの守備戦術の紹介をした。今回はロナウドとマンジュキッチを中心とした攻撃、変則型4-3-1-2にフォーカスしていく。, ユベントスの攻撃時の布陣は良い意味で曖昧だ。4-3-3から適宜左WGのロナウドがトップのマンジュキッチの脇へ、右WGのディバラがトップ下の位置に移動し4-3-1-2のような形に変化する。, これはWGもトップもこなせるマンジュキッチとロナウド、そして純粋なWGというよりもトップ下や2トップの一角としてのプレーの似合うディバラがそれぞれの特性を活かす上で大いに効果を発揮している。逆に、自らが移動してできたスペースを別の味方に使わせる、といった意図と効果は見られない。あくまで彼等前線3枚の個の力を活かすという目的のようだ。, WGもCFもこなせる選手というのはそれほど多くない。ましてや偽9番タイプではなくゴール前でターゲットとなれる長身選手となればなおさらだ。ユベントスにはそんな稀有なアタッカーが2人も在籍する。この特徴的な選手構成が、今のユベントスを形作っていると言える。, クロスボール戦術についてはナーゲルスマン・ホッフェンハイム攻撃戦術の記事にて触れた。ホッフェンハイムとの違いは単純にターゲットとなる選手の質の部分。ホッフェンハイムのジョエリントンとベルフォディルに限らず、マンジュキッチとロナウドのコンビの前には霞んでしまう。, 加えて、初期位置が4-3-3からの変化であるということ。単純な2トップではなく変化がつくため、守備側からすれば状況に応じてよりこまめな判断が求められ、その頻度も増す。, またホッフェンハイムは、クロスが流れたとしても逆サイドの大外WBが構えるため、FWが競り負けても流すことができればOKという保険をかけているが、弾かれた時の保険は特にかけていない(ユベントスについては後述)。逆に共通する部分としては、やはりロングボール戦術を高レベルで扱うチームはこの「回収」の部分までを計算に入れているという点である。, フィジカルが強くハイボールを収められるマンジュキッチとロナウドをSBに当てるのはもはや常套手段。, 高さのあるCBとのマッチアップを回避し、比較的身長の低いSBとの競り合いを選択しボールを収める手法は有名である。ホッフェンハイム同様、SBが流れたボールを回収するケースも少なくない。, ロナウドとマンジュキッチ。2人が同サイドに流れてボールを収める。SBが外に開けばチャンネルが空き、内に絞れば外で簡単に収まる。空中戦は言わずもがな。敵チームにとって抵抗の難しい理不尽な攻撃。, 特徴的なのは速攻時。ロナウドとマンジュキッチが同サイドに位置することで流れたボールの回収役も兼任する。つまり、ロナウド&マンジュキッチvs敵SBの構図だ。通常の空中戦でさえマンジュキッチ、ロナウドに勝つのはSBにとって至難の業であるが、ボールが流れてももう一方が拾う数的不利の状況だ。DFからすれば非常に対応が難しい攻撃である。速攻時、味方SBが上がる時間が無い場合でも、流れたボールの処理が可能なのだ。, またこれは空中戦だけでなく地上戦でも効果を発揮する。2人でチャンネルと大外に立てば、SBはどちらか一方に対応するしかないため、もう一方がフリーでボールを受けられる。, DFと対峙、外してクロスorシュートを放つまでのスピードが抜群のロナウド。この圧倒的な武器をチャンネルで活かす。, ひたすらフロントカットで前進するマテュイディとロナウド。ホルダーに近寄るコース取りで敵を排除、置き去りに, ロナウドがチャンネルに立てば、爆発的なスピードでDFを外しシュートやクロスに持ち込むことが可能だ。圧倒的な個人能力を活かすのにベストな状況が作り出される。, 前で引っ掛ける予定だったのか、この試合はポリターノの帰陣が鈍い。カンセロがフリー、マテュイディがチャンネルに入って中央にマンジュキッチとロナウドが揃う怖すぎるシーンも。, アタッキングサードに入った際、ロナウドとマンジュキッチがゴール前に揃う状況を創り出すことができれば、敵DF陣に大きな脅威を与えることができる。, マンジュキッチは前進手法と同様、ファーサイドに位置してSBとのマッチアップを狙うことが多くなっている。, 頻繁に見られたチャンネル攻撃。ほぼマテュイディ。下手な位置をとるとマイナスクロスにやられるって状況で、的確にチャンネルカバーとマイナス対応をこなしてたアンカーのブロゾビッチ。, マテュイディは圧倒的な運動量でチャンネルを陥れる役目を果たす。彼のこの動きが、クロスボール戦術を引き立てる効果を持つ。, ゴール前にロナウドとマンジュキッチが揃う場合、チャンネルに抜けるマテュイディを誰が見るか?通常は、高さのあるCBをゴール前に残してターゲットにぶつけたいという思いから、アンカーがチャンネルケアに向かう(IHはピャニッチやベンタンクールとマッチアップ)。そうなった時に狙い目となるのがマイナスのクロスであり、トップ下化するディバラが選択肢に組み込まれてくる。彼はトップ下でリンクの役目を果たすとともに、フィニッシャーとしての役割も担っているのだ。, アンカーがチャンネルのケアを行うのであれば上述の通りマイナスのクロスをディバラが狙う。中にマンジュキッチしかいないためCBが対応に出ても良いが、結局マンジュキッチvsアンカーのミスマッチの誘発や、ディバラがニアやCB間を突く形を狙うことができる。, ロナウドが外で収めて、中はマンジュキッチだけ!って状況でCBがチャンネルのケアに出たら2列目からディバラがCB間に飛び出してくる。, 前記事での守備戦術でも触れたが、マテュイディ、ピャニッチ、ベンタンクールで構成される中盤3枚のバランス調整力は非常に優れている。それは守備だけでなく攻撃においても言える。カウンターのリスク管理と攻撃の厚み出しのバランスを考慮してプレーできる3人は柔軟にプレー選択を変えることができるが、当然ある程度の役割分担が存在する。, この2人は低い位置での組立てに関与、クロスのセカンドボールを回収し二次攻撃に繋げる役目を務める。, どんなにクロスボールが武器だと言ってもその成功数は失敗数を大きく下回るはずだ。つまり、失敗した際のセカンドボール回収までをパッケージ化して落とし込んだチームの方が圧倒的にクロスボール戦術の完成度が高いと言える。, と述べた。低めの位置に2人を割いているのは上記の他に、ピャニッチもベンタンクールも前進してマークを外すプレーが上手いということも影響しているだろう。, アンカーのピャニッチに当てることによる噛み合わせを外した前進。アタッキングサードまで前進した際は、ピャニッチ自身も前進する事でFWのマークを逃れる。この辺りのポジショニングが非常に巧み。, ピャニッチはチェルシーのジョルジーニョのように、キエッリーニやボヌッチからこまめに引き出したり、自身を囮に使ったりすることで前進するのに有利な状況を作るのが上手い。加えて、自身も前進することでFWのマークから逃れる絶妙なポジショニングが光る。FWとしてはどこまで追走するか判断に迷うところだ。FWの守備位置が下がればカウンターが難しくなるうえに、CBへのプレッシャーもかからなくなるため守備が後手に回る。, 2枚を残す事で、上記前進の動きを図っても中盤が空にならないのだ(プレッシング、セカンド回収時にも前進が必要)。, ベンタンクール足裏を使った無駄の無いターンが鮮やか。守らせれば死角からのボール奪取に完璧な位置取りでのパスコース遮断。これはレベル高い…。, ベンタンクールはカバーシャドウや死角からのボール奪取などのカウンター対応だけでなく、ターンの技術が非常に高い。小さな動作で色々な方向に身体を向けることができる。これは敵の視線を釘付けにするとともに、敵の動きを止めるという牽制の効果を持つ。, こちらの記事で紹介したカバディでもこういった守備者に対する牽制が用いられる。牽制が入れば守備側はとりあえず絞って中央を固めるだろう。絞って外が空けばクロスボールを入れやすい環境が出来上がる。それに対してSBが対応に出てくればマテュイディがチャンネルを陥れるだろう。, これら組立てで役立つスキルを備えた2人が細かいパス交換でボール保持を安定させ、良い形で前線に繋げるのだ。, ユーベの3センターピャニッチとベンタンクールでボールの保持を安定させる→マテュイディがチャンネルへ→セカンドをピャニッチが拾う→さらにセカンドをベンタンクールが拾う。万能型3センターで攻守共に厚く。, このシーンは彼等3人の特徴がよく出ている。ピャニッチ、ベンタンクールでのボール保持安定からマテュイディのチャンネル侵入、セカンドボールの回収まで。, マンジュキッチが高さを活かしてサイドで収める→横パスで両IHを釣出してアンカー脇を空ける→マテュイディがチャンネルに位置してアンカー&IHを引きつける→マイナスクロス。デザインされてる。, このシーンも同様、マンジュキッチがサイドで高さを活かして収めた後、ピャニッチとベンタンクールで敵中盤のポジショニングを操作しマテュイディをフリーにしている。そこからやはりチャンネルに侵入しIHを押し込み、マイナスクロスを入れやすくしているのが分かる。, 守備時は4-4-2→4-2-3-1、攻撃時は4-3-3→4-3-1-2と非常に変則的な動きを見せるユベントス。ロナウドのようなスーパースターが加入すれば、彼を活かす事を最優先とし、バランスを取るために選択肢が絞られ、チームとしての柔軟性が損なわれるかに思えた。, しかしアッレグリは、逆に柔軟にシステム変更を加える事でロナウドという良い意味での異物をチームに組み込んでみせた。予想外のアプローチである。これはロナウドのマイナスの部分をカバーし、ロナウドの長所を活かす、ロナウドが動くから全体のポジションを微調整するというロナウドが居てこその変則システムだ。ただしアッレグリであれば当然応用を利かせる事もできるのだろう。, ロナウドを組み込むという困難なミッションを短期間で、高レベルでこなしてみせたアッレグリはやはり世界屈指の名将と言えるだろう。, […] ビルドアップの要となる中央ポジションの選手を潰せば、自然と攻撃の起点はサイドもしくはロングボールとなる。ロングボールに関しては、DFラインに大柄な選手を配しているため、それほどの脅威とはならないだろう。5バックで人数も足りており、ユベントスやホッフェンハイムのようなロングボール戦術をとるチーム相手でも、ある程度の対応を見込むことができる。 […], […]  : 攻撃戦術分析 ・アトレティコの守備戦術分析 ・リバプールの守備戦術分析 […], […] 逆サイドへの展開は明らかに狙われていたこの試合のマリノス。大外に人を余らせる、ユベントス風のFC東京のロングボール攻撃を喰らう。 […], […] ・【二刀流プレッシング】アッレグリ・ユベントスの守備戦術の分析 ・【変則型4-3-1-2】アッレグリ・ユベントスの攻撃戦術の分析 […], https://twitter.com/sabaku1132/status/861570236536967168, 「アオアシ」を考察してわかった、”司令塔型サイドバック”の可能性と”チャンネル”攻略法を解説. ◇「その場に足りない役割」を考える t f B! こんなふうに、自分の役割を固定せず目標をかなえるため必要な役割を担いましょう。それだけでも、リーダーシップを大きく発揮できます。 我々は誰もが『ONE PIECE』のルフィのように生まれていません……し、ちょっとなるのもしんどそうです。ですが、リーダーシップは後天的に訓練することで、ある程度鍛えることができます。 「今、スケジュール全体を見ている人がいないと思って進行表を作ったよ。これに基づいて全員に締め切りの48時間前と24時間前にメールでリマインドする仕組みを作ってみるね」 今回はクロップ監督率いるリバプールの「4-3-3」攻撃戦術を解説していきます。 ちなみに今回リバプールの戦術を分析する上で参考にした試合は2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝のトッテナム戦です。, 結果としては2-0でリバプールが勝利し、見事チャンピオンズリーグ優勝を果たしています。以下からはこの結果を生んだリバプールの4-3-3の戦術を解説していきますので興味がある方はチェックしてみてください。, ここからはクロップ・リバプールの4-3-3戦術を「ディフェンス」「ミットフィルダー」「フォワード」のポジションごとに分けて紹介していきます。 それではまず「ディフェンダー」から確認していきます。, リバプールは基本的にウイングのスピードを活かしたロングフィードで前進を試みるチームです。 そのためセンターバックはビルドアップの際に後方でパスを回しながら前線の様子を伺います。そしてウイングがディフェンスラインの背後を狙う動きを見せるとその動きに合わせてロングフィードを蹴ります。 特にファン・ダイクはロングフィードの質が高く、ファン・ダイクを起点とする攻撃が多いです。, サイドバックにはビルドアップの際に高い位置で幅を取らせ、パスコースを確保したり相手のサイドハーフを引き付け中盤にスペースを与えます。.