ンは LMDE 3 (Linux Mint Debian Edition 3; 64bit) を想定。, ufw (= “Uncomplicated Firewall”) という iptables のフロントエンドツールを使用する。, ファイアウォールのルールは、取り急ぎ最低限の設定のみ。(運用する環境やインストールしたサービスに合わせて適宜行う).

設定結果は以下の方法で確認してもらえばokだが、ipv6のグローバルipが固定され、かつ自動設定のおよそ半分の長さになる 直接ipを入力する機会はmdnsなどのプロトコルが出てきたため減ってはいるのだか短いアドレスは利点がある The purpose of the project is to provide a central place to find out about Internet Protocol version 6 in Debian. ディストリによってはstable-privacyがデフォルトになっているものもあるようです, 設定結果は以下の方法で確認してもらえばOKだが、IPv6のグローバルIPが固定され、かつ自動設定のおよそ半分の長さになる Full IPv6 support was a Release Goal for Squeeze. RaspberryPiには標準では入っていませんが、aptでインストールすれ問題なく動くことが確認できています, この記事通り設定するとIPv6のグローバルIPが固定され、かつ自動設定のおよそ半分の長さになる, WindowsやmacOSでIPv6を自動設定した場合、②と④が設定される ②インターフェースIDをmacアドレスから自動生成するということは名前の通りmacアドレスをインターネットに晒すことになる。 ipv6.token ::1:1の設定値も適宜設定してください, ipv6.addr-gen-modeのprivacyは上記の④匿名(一時)アドレスを表します https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dokoden.dotlocalfinder, その他のOSでの検索方法は、別途記事にした

プレフィックスが固定できるかはIPv6接続方式によって変わる, ④匿名(一時)アドレスは起動する毎にIPアドレスが変わるため、サーバーとしては使えない 設定結果確認. デフォルトの設定はprivacy-stableとなっていますので、④匿名(一時)アドレスを優先して使うようになっています

Debian 9.3 Stretchが入ったディープラーニング用マシンでネットワーク設定を行います。 本記事ではメインPCからの操作に必要となるsshの設定とIPv6の無効化を行います。 前回の続きです。

Debian GNU/Linux 10 (buster) でファイアウォールを設定する方法についての記録です。以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。(当然ながら、興味がなければスルーしてください) 今回はこのMACアドレスを使って、DHCPサーバー側で割り当てIPを固定化しました。, LAN環境においてはIPv6は不要と思われるので無効化しておきます。 次のリンク先を参考に設定を行います。, ただ、sysctlを使えばipv6は無効になるものの、 再起動すると再度ipv6のアドレスが有効になってしまっています。 再度sysctlを使えばいいのですが、起動のたびに手動で行うのは手間なので別の方法で調整します。, 参考ページにあったMethod 2を試してみます。 $ cat /etc/sysctl.conf | tail -n 4 | head -n 2 net.ipv6.conf.all.accept_ra = 0 net.ipv6.conf.ens160.accept_ra = 0 $ sudo sysctl -p /etc/sysctl.conf IPv6 over PPPoE (pppoeconf) apt で pppoeconf をインストールして pppoeconf コマンドで設定。

IPv6 接続は IPv4 と同様の方法で制限することが可能です。すなわち 標準的な Debian カーネルは IPv6 用の netfilter に対応しています。IPv6 対応の netfilter を設定するには IPv4 でやったのと同様の方法を使い # Make sure that the script will "exit 0" on success or any other, # In order to enable or disable this script just change the execution, # restart systemctl for reload settings (disable ipv6 etc), # sudo systemctl restart systemd-sysctl.service # final way. "有線接続 1"はプロファイル名なので適宜読み替えてください 本ドキュメントはネットワーク設定例にIPv4を用いて古い ifconfig (8) を使っていますが、Debian はwheezy リリースから IPv4+IPv6を用いて ip (8) を使うように移行中です。本ドキュメント更新のパッチ … Debian GNU/Linux 10 (buster) インストール後の初期設定についての記録です。以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。(当然ながら、興味がなければスルーしてください) Arm IPのほとんどを自由にダウンロードして試せる!?Arm Flexible Accessとは, https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dokoden.dotlocalfinder, https://qiita.com/maccadoo/items/48ace84f8aca030a12f1, https://qiita.com/maccadoo/items/41e4cde50d1a288a19d6, you can read useful information later efficiently.

What is going on with this article?

# This script is executed at the end of each multiuser runlevel. 直接IPを入力する機会はmDNSなどのプロトコルが出てきたため減ってはいるのだか短いアドレスは利点がある, 手前味噌ながらAndroidでmDNSでグローバルIPv6を引けるソフトを作ったため、使ってみてほしい

https://qiita.com/maccadoo/items/41e4cde50d1a288a19d6. 次回以降も引き続きFireWallなどの設定を行っていきます。, しがない技術者です。自作PC、ガジェット、カメラ、スキー、インラインスケートなど広く浅い趣味の記録をしています。, Powered by Hugo. $ sudo systemctl status rc-localでサービスの状況を確認可能で、/lib/systemd/system/rc-local.serviceが本体みたいです。, これで起動時にipv6が無効となっていることが確認できましたた。 大分手間取りましたが、SSHの設定に移ります。, 内容としては、sshログインのPortを変更、rootログイン禁止、パスワード認証禁止(公開鍵のみ)、特定ユーザーのみログイン許可といった内容の他、 IPアドレス照合を行ってローカルの特定ユーザーのみログイン可能にします。 なお、ローカルだとパスワード認証でもOKになっていますが、気にされる方はここも公開鍵のみとしておくのがよいでしょう。, いまさらですが自動起動のOnOffは次のsystemctlコマンドのオプション指定で行えます。, まだネットワーク設定はこれで終わりません。 Debian IPv6 Project. Debian 9.3 Stretchが入ったディープラーニング用マシンでネットワーク設定を行います。, 本記事ではメインPCからの操作に必要となるsshの設定とIPv6の無効化を行います。, 我が家のLAN環境ではIPアドレスはルーターからDHCPで割り当てています。ここでは、この割り当てアドレスを固定します。, 設定などはルーター準拠になるでしょうが、その際必要な情報(MACアドレスなど)は次のコマンドで調べることができます。, link/etherの直後のアドレスがMACアドレスに対応します。 ipv6.addr-gen-modeのstableは上記の②インターフェースIDをmacアドレスから自動生成する ②と④は同時に割り当てられることもあり、その場合はどちらを優先するかも設定できる, 同様にWindowsやmacOSやLinuxのGUIやnmtuiコマンドで手動や固定を選択すると①が設定される, IPv6は128bitで表現され、日本では概ねプレフィクスが64bit、インターフェースIDが64bitと考えて頂いて構わない。(ひかり電話とか一部例外はあるが), プレフィックスはIPv4で言うところのネットワークID、インターフェースIDはホストIDと思って構わない 3.4 Windowsパソコンの場合は設定が抜けている可能性が 3.5 ルーター側でIPv6設定ができていない 3.6 申し込みをしてからすぐ利用できない場合もある Robust designed by Daisuke Tsuji, and modified by ksk, ディープラーニング用PCにDebian 9.3のインストール (Linux自作PC 6), How to Disable IPv6 on Debian 9 / Ubuntu 16.04 / LinuxMint 18, CentOS7再起動でsysctlで設定したカーネルパラメータが反映されないのはTunedが原因だった, 在宅勤務環境を整えるために用意したPC周辺機器をまとめてみる(ノートPCスタンド、USB-Cケーブル、キーボードなど), Brotherの新発売プリンターDCP-J987N-Wを購入したので記録してみる(2020年10月モデル), 今更ながらゼルダの伝説BotWに嵌り込み200時間プレイしたので感想をつらつらと書いてみます。, 部分日食用に購入したLUMIX 14-140mm/F3.5-5.6 IIとmarumi DHG ND-100000でLumixG8とともに撮影に挑戦, FitbitCharge3のシリコンバンドが破損したので純正Wovenバンドに交換し、1か月利用してみました, 自宅での自重トレーニング用にEasy Changeのディップススタンドを購入しました【斜め懸垂】, Synology DS218とWestern Digital RedでNAS環境を更新しました, カメラストラップとしてSlideLiteの使い分けにPeak Design Cuffを新たに購入し、金具傷防止にマスキングテープも用意しました. https://qiita.com/maccadoo/items/48ace84f8aca030a12f1, ip aの結果からもわかりますがリンクローカルアドレス(fe80から始まるアドレス)は別途生成されているし、今回の設定では変更されていないこともわかる, NTTフレッツ光を使われているかた、NTTがレンタルで貸し出しているONUのIPv6周りのセキュリティはザルなので注意してほしい

Network ManagerをインストールしたLinuxでもGUIやnmtuiコマンドで自動設定を選択した場合も②と④が設定される Why not register and get more from Qiita? Please see Full IPv6 Support for more details.

Network ManagerをインストールしたLinux向けです。 作ったプロファイル名は覚えておく, nmtuiコマンドで作ったプロファイルをnmcliコマンドを使いカスタマイズする

Debian の使用や設定のヘルプについては、 文書とサポートのページをご覧ください。 英語以外のユーザの方は、 国際化 のページをご覧ください。 インテル x86 以外のシステムをお使いの方は、 移植版 のページをご覧ください。

Help us understand the problem. 現状、有名所のディストリなら標準で入ってます(CentOSやDebian,Ubuntu)

By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. ①完全固定は接続方式がPPPoEv6などでプレフィックスが固定された環境であれば使えるが、プレフィックスが変動してしまうとメンテすらできなくなる ③インターフェースIDを手動設定するはプレフィクスが変動してもプレフィクスを知ることさえできればアクセスは可能である。もちろんプレフィックスを固定できる環境であれば、①と同様に使える, まず、Network Managerのnmtuiコマンドを使い、全てauto(または自動と)でEthernet connection 1を作る, デフォルトでは全て自動になっているため、そのままを選択 /etc/sysctl.d/disable-ipv6.confというファイルを新規に作成し、次の1行を記入します。, こちらもダメでした。手動で読み込んだ際には設定は反映されるものの、読み込まないとipv6が有効になったままとなっています。 このディレクトリには/etc/sysctl.d/99-sysctl.confが存在しますが、これはsysctl.confへのシンボリックリンクであるため、やっていることは先に行ったものと同じでした。, 原因がよくわかりませんがひとまず調査を行い、CentOSで似たような事例にあっている人を確認しました。 Tunedのようにsysctrlを上書きするサービスが存在するようです。 ただ、私の環境ではTunedはなかったので別のサービスが上書きしている可能性がある模様です。, PC起動後、sysctlのサービスの軌道状況を確認してみると、activeになっており、起動自体は行えています。, すると、ipv6無効になっていることが確認できました。 別のサービスがsysctl.confの読み込みを行っているのがほぼ確定とみてよいでしょう。, 上記はラズパイで同様のケースと思われるものです。sysctl.confはboot時に読み込まれるのですが、kernelがipv6のモジュールをそのあとに読み込んでいるのではないか、という話でした。, この状況の対処方法として、モジュールの読み込みが一通り終わった後に再度sysctlコマンドを実行することにします。, service登録してあれこれやるのは面倒なので、rc.localを使って実行させます。 ディレクトリは消えているものの、c.localを実行可能にしていたら自動実行が可能となっています。