ハンドリングも評判がいい。, シートもしっかりしていて疲れにくく、乗り心地がいい。 車庫入れなどの超低速運転は、コツをつかむまではスムーズとは言えない。 TSI 1.2Lの小排気量ターボによる燃費向上効果は評価すべきだろう。. DSGは日本で普及しているATのように扱え基本的にはギアチェンジを気にすることなくドライブすることができる。 ただし、低速の制御は苦手で、アクセルコントロールが慣れないとギクシャクすることも多い。 ただし、小排気量のターボ車エンジン特有の欠点として、発進時のトルク不足があるのは否めない。 volkswagen golf variantフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント(dba-1kcbz)の新車・中古車カタログです。お探しの情報を細かく確認できます。自動車カタログはネクステージで! ATやCVTとの違いとしては、DSGはMTのようなダイレクト感のあるギアの繋がりが特徴だ。 ターボエンジンは、過給機そのもののコストは比較的安いが、回転数が上がらないと過給効果が上がらない弱点がある。, 日本に輸入されるゴルフ6 TSIトレンドラインのトランスミッションはすべて7速DSGとなる。 駆動伝達ロスが少なく巡航時の燃費性能に優れる。 今回苦労したのが、ゴルフ6トレンドラインブルーモーションテクノロジー(dba-1kcbz)に適合するプラグを探すことでした。 結局、boschのダブルプラチナ fr6hi332 0242240665 という型番が適合表で見つかり、楽天で購入。やすいプラグでしたorz © NEXTAGE Co., Ltd. 2020. エアバッグも運転席と助手席のフロントだけでなく、運転席ニーエアバッグや前席後席のサイドエアバッグ、カーテンエアバッグも装備しており、最上級グレードと何ら変わりが無い。 ただし、日本車と比較して使い勝手はよくないので注意したい。 一般的に日本の道路で走行するなら、日本車に普及したCVTの方が適している感じは否めない。 ‚éƒ_ƒEƒ“ƒTƒCƒWƒ“ƒOƒRƒ“ƒZƒvƒg‚̍ŐVƒGƒ“ƒWƒ“‚Å‚ ‚éAVŠJ”­1.2L TSIiSOHC’¼•¬ƒ^[ƒ{jƒGƒ“ƒWƒ“‚É7‘¬DSG‚ð‘g‚ݍ‡‚킹A‘“à‚É“±“ü‚³‚ꂽƒSƒ‹ƒt‚Æ‚µ‚ĉߋŽÅ‚‚Ì10E15ƒ‚[ƒh”R”ï’l‚Æ‚È‚é17.0km^L‚ðŽÀŒ»‚µA’á”R”ï‚Æ—D‚ꂽ‘–s«”\‚ð—¼—§‚³‚¹‚½ƒ‚ƒfƒ‹‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB‰Eƒnƒ“ƒhƒ‹‚̐ݒèB. ワンタッチでリクライニングはできないし、収納ポケットも日本車に比べれば少なめ dba-1kcax: VWゴルフ 1.4/90kW: wvwzzz1kzaw230753 ~ wvwzzz1kzdw110812 : dba-1kcax: VWゴルフヴァリアント 1.4/90kW: wvwzzz1kzam641707 ~ wvwzzz1kzcm651724 : dba-1kcbz: VWゴルフ 1.2/77kW: wvwzzz1kzaw164925 ~ wvwzzz1kzdw117400 : dba-1kcbz 坂道の発進や多人数乗車では多くアクセルを踏み込み、エンジン回転数を上げれば十分対応ができる。 エンジンオイル粘度・オイル交換量とオイルフィルター(オイルエレメント)を調べる事が出来ます。 ... エンジン; 1200cc: dba-1kcbz: cbzb: ワールドスタンダードモデル「ゴルフ」のステーションワゴンとなる「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。ラインアップは、1.2L 直列4気筒SOHC IC付ターボ(105馬力)エンジン搭載の「TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー」、1.4L 直列4気筒DOHC IC付ターボ+スーパーチャージャーエンジン(160馬力)搭載の上級モデル、「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」の2グレード。「TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー」のみに、Start/Stopシステム(アイドリングストップシステム)を搭載する。ボディカラーは、キャンディホワイトを含む全5色を設定。全車右ハンドルのみの設定。, ワールドスタンダードモデル「ゴルフ」のステーションワゴンとなる「ゴルフヴァリアント(VARIANT)」。ラインアップは、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン プレミアムエディション」、上級「TSIコンフォートライン プレミアムエディション」の2グレード。パワートレインは、TSIトレンドラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHC IC付ターボ(122馬力)、TSIコンフォートラインに搭載される1.4L 直列4気筒DOHCツインチャージャー(IC付ターボ+スーパーチャージャー)エンジン(160馬力)2種。今回、エントリーモデルとして人気の高い「TSIトレンドライン プレミアム エディション」をベースに、「TSI トレンドライン ブルーモーション テクノロジー」を設定。エンジンを従来の1.4L TSIエンジンから、1.2L TSIエンジン(105馬力)に変更。Start/Stopシステム(アイドリングストップシステム)&ブレーキエネルギー回生システムを搭載する。これに伴い、10・15モード燃費は16.4km/Lから18.4km/Lへと約12%向上し、ゴルフ ヴァリアントとして過去最高の低燃費を実現した。装備では、オートライトシステム、レインセンサー、自動防眩ルームミラーを新たに採用。ボディカラーは、キャンディホワイトを含む全5色を設定。全車右ハンドルのみの設定。. 街中のドライブはCVTと比較して苦手だが、高速道路を使ったロングドライブは得意。, ユーザーの口コミによる実燃費結果によると、ゴルフ6 TSIトレンドラインは高速巡航で15~18km/L、街乗りで8~12km/Lの報告が多い。 しかし、日本車にゴルフ相当の安全装備をオプション選択した場合の車体価格と比較すると、それほど割高ではなくなってくる。 DBA-1KCBZ・ゴルフ(フォルクスワーゲン)の総合情報。GooWoorld自動車ガイド。DBA-1KCBZゴルフ(フォルクスワーゲン)の基本スペックやグレード一覧、中古車価格帯などの情報を車種ごとに掲載しています。中古車や新車購入、カタログ検索などにお役立て下さい。 ゴルフⅥで最も廉価グレードとなるトレンドラインであるが、安全装備は一切省略されていない。 ゴルフⅥ TSIトレンドラインのメカニズムと実燃費 TSI 1.2Lエンジンは力不足か? ゴルフⅥ TSI Trendlineは1270kgの車体重量にわずか1.2Lのエンジンであるが、過給機の付いたターボエンジンなので普段使いの動力性能は十分である。 ゴルフⅥは安全装備を重視するユーザーからも人気がある。, ゴルフシリーズが代々受け継ぐ、剛性感のあるボディは、ゴルフⅥでも健在だ。 もちろん、実使用上で問題になるレベルではない。 ABSはもちろんESPも装備されている。 ゴルフTSIトレンドラインの2,570,000円という価格はこのクラスの日本車と比較すれば、高く感じるかもしれない。 高剛性ボディを支えるサスペンションもしっかり仕事をし路面からのショックを吸収してくれる。 トランスミッションのDSGは高速燃費は伸びるものの、加速と減速を頻繁に繰り返す街乗りの効率は悪い。 シートアレンジは基本的なものだけだが、クッションがしっかりしていて乗り心地に妥協をしない作りになっている。, ゴルフⅥ TSI Trendlineは1270kgの車体重量にわずか1.2Lのエンジンであるが、過給機の付いたターボエンジンなので普段使いの動力性能は十分である。 All Rights Reserved.