DaVinci Resolve16のテキスト+の記事は書きましたがテキスト(タイトル), 今回はDavinci Resolve 16の使い方のテキストのカラーや大きさを部分的に変更する簡単な方法を紹介します。意外と知らない人も多いかもしれませんので知らなかった方は覚えましょう。 ただし今[…], ゆっくりムービーメーカ4からDavinci Resolve 16に乗り換えて使い方を覚える毎日ですがプロレベルの動画編集ソフトで、使い方が難しいのでYMM4みたいに簡単に覚えられそうにないですが、毎日少しずつでも覚え[…], 入力します。英語フォントだと漢字を入力した場合に□が表示されますので日本語フォント, どれも便利といえば便利ですが通常は打ち直したりすると思うのでよほど慣れた動画編集者, 左からテキスト上、テキスト中央、テキスト下、テキスト右、テキスト中央、テキスト左と, ストロークは通常は5ぐらいで良いと思いますがテキストの種類によりサイズを大きくしたり, 今回はDavinci Resolve 16のテキスト+の記事は紹介済みでしたがテキストはまだ紹介していなかった, ローワー3rd( L・M・R)もリッチテキストが一つ増えるだけでほぼ同じ使い方なので, テキストはテキスト+と比べて簡単につかえますのでテキストの高速打ちに適してますし、, 簡単にテキストを移動出来たりとかなり便利ですのでテキスト+と使い分けて使いましょう。, 2018年1月からブログをはじめて、無料ブログから本格的にやってみたいと思い有料ブログに2月から挑戦しました。このサイトではおすすめ商品のレビューや紹介、雑記などを書いていこうと思います。まだ初心者なのでコンテンツの充実に時間がかかるかもしれませんが何回か足を運んでもらえたら管理人のやる気がアップしますのでよろしくお願いします。, まあテキストは宣伝でもありますが(笑)よろしくお願いします(切実)考え付いたのがこれでした…, ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!, Davinci Resolve 16の使い方 テキストのカラーと大きさを部分的に変更する簡単な方法!(カラフルテキスト作成法), Davinci Resolve 16のテキストプラス(Text+)タイトルの使い方, iMovieの使い方を完成動画(Youtube動画)を埋め込んで紹介「iPad(mini)iPhone用アプリ」編, DaVinci Resolve 16で使えるトランジションが54個も無料でダウンロードできる方法!, VRoidStudioと3tenePRO V2+Live2Dの組み合わせで配信用のステージを作成!簡単に凝ったシチュエーションが出来ました, DaVinci resolve16でマイク入力し録音する方法とボイスチェンジャー機能を紹介!, DaVinci Resolve 17「PUBRIC BETA」無料版を使ってみたファーストインプレッション!, DaVinci Resolve 17が発売!?新機能を紹介するライブ配信も!期待したいことを書いていく, BTOパソコン(ゲーミングPC)にマイクロソフトオフィスなしでも大丈夫!無料でOfficeソフトが使えます, ニトリで購入したタイルカーペットを鬼滅カラーにしてみた!(ゲーミングチェアマットに使用), VRMモデルを作成したら使って欲しいソフトを紹介!(VRMモデルがなくても遊ぶだけならOKです), 3tenePRO V2+Live2DのバージョンアップとOBS studioをバージョンアップで配信可能になったので紹介. Fusion を使ってホログラムエフェクトを作る方法 | DAVINCI RESOLVE 16.1.2, Freeze Frame introduction! そして、「タイトル」をクリックします。すると、「テキスト」「Text+」「字幕」の3種類あることがわかります。, どれを使ってもかまいません。筆者としては「テキスト」や「字幕」が簡単だとは思うのですが、今回は「Text+」について見ていきます。, つぎに、文字を入れたい箇所に再生ヘッドを移動し、「Text+」を空きトラックにドラッグ&ドロップします。, 注意したいのですが、Text+をビデオトラックにドラッグ&ドロップするわけではありません。それだと、もとの映像(例 : ゲーム画面)に文字を重ねられないからです。, また、いちばん上のトラックにText+をドラッグ&ドロップしましょう。トラックにも優先順位があり、上のトラックにあるクリップが画面手前に表示されます。, つぎに、タイムライン上にあるText+をダブルクリックします。すると、設定画面である「インスペクタ」が右上に表示されます。, ▲インスペクタは、画面上部の「インスペクタ」ボタンでON/OFFすることもできます。, 「Styled Text」に任意の文字を入力しましょう。フォント、色、サイズも変更できます。, もし四角いアイコンが画面上に表示された場合は、フォントの種類を「Kozuka」などに変更するか、または英語を入力すれば直ります。, 文字を入力したら、タイムライン上にあるText+上に再生ヘッドを移動し、動画を再生してみてください。, 動画がカクカクする場合、レンダーキャッシュを自動作成する設定にしましょう。やり方は、こちらをご覧ください。, 動画を再生して確認すると、文字を表示するタイミングを調整したいということがあるかもしれません。, また、文字が表示される時間を調整したい場合は、クリップの端をドラッグします。たとえば、クリップを長くすると文字が長く表示されます。, 表示時間は数字で指定することもできます。クリップ上で右クリックし、「クリップの長さを変更」を選択してください。, タイムラインビューアー下部にある変形アイコンを使うことで、画面のどのあたりに文字を表示するのか決めることができます。, 数字で位置を指定したい場合は、インスペクタの「ビデオ」タブにある「位置」を変更してもかまいません。, DaVinci Resolveで文字を装飾する方法は、多少クセがあります。インスペクタの「Shading」タブを開いてください。, 同タブにある「Select Element」を必要に応じて切り替えて設定していくことになります。「Enabled」も必要に応じてON/OFFします。, 文字だけでなく、境界線にもグラデーションをかけられるので、好みで使ってください。「Select Element」を「2」に切り替える必要があります。あとは同じです。, 文字を見やすくするために、背景を置くこともできます。座布団、テロップベースなどと呼ばれるものです。, せっかく文字を装飾したのですから、設定を保存しておきましょう。そうすれば、次回からこの設定を瞬時に呼び出すことができます。, まず、初期設定ではパワービンが非表示になっているので、「表示」→「パワービンを表示」にチェックを入れておきましょう。, すると、左側に「パワービン」という項目が表示されます。あとは、タイムライン上にあるText+のクリップをここにドラッグ&ドロップしてください。, 設定を呼び出すには、パワービンの設定をそのままタイムラインにドラッグするだけです。Text+をタイムラインにドラッグ&ドロップする必要はありません。, 文字にフェードイン・フェードアウトをかけると、スムーズに表示・非表示にする演出ができます。, このあたりについては、下記ページも参考にしてください。複数のクリップにまとめてフェードをかける方法も掲載しています。, ほかにも、キーフレームという機能を使ってフェードをかける方法があります。設定をパワービンで保存できるメリットがありますが、慣れないうちは難しく感じるでしょう。今回は割愛します。, ▲フェードインの場合、再生ヘッドをクリップの先頭に移動し、「Opacity」を0にして赤いダイヤのアイコンをクリックします。つぎに、適当な場所に再生ヘッドを移動して「Opacity」を1にすれば完成です。, DaVinci Resoleveで文字を入れる方法は、慣れないととまどうことが多いかもしれません。, ポイントは、「Shading」タブでの設定です。「Select Element」で数字を切り替えて、「この効果は2番でやって、この効果は3番でやる」というように考えて設定していく必要があります。, わからないことがある場合は、公式記事の「テキストツール活用術まとめ【DaVinci Resolve質問箱】」が参考になります。たとえば、以下のことについて掲載されています。, DaVinci Resolveの詳しい使い方については、当サイト内の下記記事をご覧ください。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フルタニ 元テレビ制作者(65)。15万円を元手に動画投稿を続ける高齢YouTuberです。安く、早く、旨い動画づくりを通じて社会貢献を果たします。ブログ投稿を初めて3年。ブログアクセス数が月間6万に伸びました。ありがとう。チャンネル登録よろしくお願いします。, 元テレビ番組制作者。再就職→窓際→WEBコンテンツ制作で復活。64歳にして動画制作に自分の価値を見いだしました。目指すのは地域に根ざした"伝える系"の動画制作です。スキルアップと感謝の気持ちを持ちながら楽しく生きていきます。編集のお手伝いも始める予定です。, 使える?使えない?本当の評判は?わたしがFilmora(フィモーラ)を選ばなかった理由. (2/2)/ 【後編】音と映像を合わせてスモークと光とパーティクルを追加する方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2 シンプルなエンドロールを作る方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2: Cinematic Title in Fusion! DaVinci Resolveには既にトランジションのツールが用意されていますが、キーフレームで作ってみたい!という方は下の方法を使ってみましょう。 2つのレイヤーを使って、クリップの一部が重なるよう … ↓高機能動画編集ソフト DaVinci Resolve のチュートリアル動画を配信中↓, を紹介した Youtube 動画を作成しました。その内容をこのブログでフォロー及びまとめてみたいと思います。, 「知っていると便利なチョイテク」情報の共有や「こんなん作ったぜぃ」っていう作品紹介みたいなもので密かに盛り上がると嬉しいです。, 基本「楽しむぜぃ」っていうスタイルでツイッター 、インスタグラム もやってますので気が向いたらフォローしていただけますと嬉しいです, 過去に配信した DaVinci Resolve 関係のコンテンツは、「NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page」にまとめています。, 【DaVinci&Fusion】テキストパーティクル(Text Particles)の作り方 | DAVINCI RESOLVE 16, Edit ページで 10 秒に時間設定した「New Fusion Composition」を作成。Fusion ページに移動します。, pEmitter ノードは、デフォルトでは入力が設定されていないので今回のようにテキストをパーティクル(粒子化)にするためには、Inspector で Region タブの Region を"Bitmap"に設定します。すると Bitmap の入力が追加されます。, パーティクルにエフェクトを付ける場合は、pEmitter ノードと pRender ノードとの間にエフェクトを追加します。, (pCustom あたりを使いこなせるようになるといよいよダビリゾマスターって感じ^^), を使い"GarbageMask(ガーベージマスク)"でテキストをマスクする方法も紹介しています。, ------------------------------------------, 今回のテクニックを使えば鮮やかなオープニングや輝かしいエンディングに使えるパーティクルを使用した VFX クリップが作成出来ると思います。, 色々なやり方で表現出来るところが DaVinci Resolve の楽しいところ、今回のやり方以外にも素敵なパーティクルを制作することが出来ます。, ⇒ NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page、TOP へ, NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page, ダヴィンチリゾルブ用の無料の Title、Lower 3rd パック- nsPlaneTitleVol01 - / DR16, Light Leaks! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); DaVinci Resolve, YouTube, 実況動画 DaVinci Resolveで文字スーパーをする際、通常は「テキスト」というツールを使いますが、凝ったスーパーをしたいときは、「Text+」 というツールが超便利です。文字枠、背景色、影はもちろん、角度の調整やアニメーションまでこのソフトで完結できます。 (1/2)/ 【前編】シネマティックなタイトルの作り方(ディズニー風)。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2, 連番のイメージファイルが上手く読み込めない時の対処法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2, NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page、TOP へ. DaVinci Resolveにおけるイージングはクリップなどに位置やスケールなどのプロパティにキーフレームを追加した後で利用できるようになりますが、使用するプロパティによってイージングの適用方法が変わってくるので、注意する必要があります。. ゆっくりムービーメーカ4からDavinci Resolve 16に乗り換えて使い方を覚える毎日ですがプロレベルの動画編集ソフトで、使い方が難しいのでYMM4みたいに簡単に覚え … 画面に波紋、波動のような波エフェクトを付ける方法 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル, 液体金属!?Chrome 系メタリックテキストアニメーションの作り方 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル, Glass Shatter ! (2/2)/ 【後編】音と映像を合わせてスモークと光とパーティクルを追加する方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2, Cinematic Title in Fusion! これで、DaVinci Resolveの使い方(5) タイトル(テキストテロップ)を挿入する方法の解説は終わりです。次はAとBの動画間をつなぐ特殊効果『トランジション』の使い方を解説します。 DaVinci Resolveで動画を作る方法の使い方記事一覧 DaVinci Resolve 15 Text+を使用したアニメーションを解説しています。基本的な編集とDaVinci Resolve 15 のFusionページの解説です。チュートリアル形式なので通して読むことをオススメします。 … DaVinci Resolve16のText+でカラーや大きさの変更を部分的に変更する方法を紹介します!今回はついでにYouTube用のサムネイル画像を作成しながら手順を紹介していきます。テキストよりText+の方が見栄えが良いものが作成できますので、ぜひマスターしてください。 つまり、カット編集したり、テロ... PowerDirectorで再生速度を変更する編集を行ってみましょう。簡単にできます。 しかしながら、現在はまだ陰影がないので立体的ではありません。照明や影などをつけてみましょう。, まず最初に、Render3Dノードを選択し、「インスペクタ」で「Lighting」に移動して 「Lighting」と「Shadows」のチェックボックスをオンにします。現時点で文字が黒く表示されるのは、まだ照明を置いていないためです。また、覚えていて欲しいのは、このチェックボックスをオンにすると表示がレンダリングされるということです。複雑な処理をする時は、状況に応じてこまめにオンオフをしましょう。, 「エフェクトライブラリ」タブを表示し、Tools>3D>Lightで「Directional Light」ノードを追加します。, この新しいライトノードをシーンに追加するには、「Renderer3D」ノードにリンクする必要があります。テキストに対して照明を有効にする為には、「Merge 3D」ノードを追加して、「Renderer3D」に入れてあげる必要があります。まずは、「Merge 3D」ボタンでノードを追加しましょう。, この時、「Merge 3D」ボタンで追加しないで、合成する方法もあります。合成したいノードの出力同士、出力(■)から出力(■)へドラッグしてあげると、新規に「Merge 3D」ノードに接続された状態で繋げる事が出来ます。, これでテキストが正常に表示されたので、ライトを少し調整してみましょう。「Directional Light」ノードを選択し、「1 」をクリックしてビューアに表示します。, ビューアの左上にある「移動」ボタンや「回転」 ボタンを使用すると、ライトのテキストへの当て方を変更できます。オブジェクトを移動するには、グリーンの矢印を選択し移動すると「上下」方向に移動、レッドの矢印を選択し移動すると「左右」に移動、ブルーの矢印を選択し移動すると「前後」に移動することが出来ます。, 同様にオブジェクトを回転させるには、垂直の軸を中心に回転させる場合はグリーンを、水平の軸を中心に回転させるにはレッドを、奥行き方向の軸を中心に回転させる場合はブルーを選択し移動させます。, ひとまずは、テキストの上の方からライティングをするために、「Directional Light」ノードを選択し、上方向に移動しましょう。, 移動したいオブジェクトの「インスペクタ」にある2つ目のタブでも操作できます。「Translation」は空間の場所を移動させ、「Rotation」ではオブジェクトの回転角度を操作できます。, この時に表示がうまくいかない場合は、「Renderer3D」ノードを選択し、「インスペクタ」から「OpenGL Renderer」を選択すると良いかもしれません。これはOpenGLを用いた、より複雑な処理で表示することが出来ます。, さらに複雑な3Dをやりたい場合、複数のオブジェクトやライトを「Marge3D」ノードで合成させながら、最後に「Renderer3D」ノードで画像を生成(レンダリング)を行う事になります。, 次に文字の色を指定してみましょう。「Text3D」ノードを選択し、「インスペクタ」から「Material」で色を指定できます。「Specular Color」も指定してあげれば光沢の部分の色も表現できます。さらに複雑な表現をしたければ、複数のライトやテクスチャを追加したり、さまざまなライトを試してみてください。, 下の図で、ビューア1が立体的でなく、ビューア2が立体的なのは、それぞれ「Text3D」ノードと「Renderer 3D」ノードを表示しているからです。テキストと照明をマージさせ、レンダリングノードへ送り画像が生成されているという流れが良くわかると思います。, 3Dの文字を作りましたが、モーション素材として使うには、カメラからの視線でレンダリングさせる必要があります。「エフェクトライブラリ」タブから「3D」>「Light」>「Camera 3D」を選択してノードを作ります。, ノードは下記のように接続します。3Dをやっていた身としてはなんとなく不思議な接続ですが、1つの空間にテキストとライトとカメラをまとめるものだと思ってください。, この段階ではカメラに文字は表示されていないと思います。生成したカメラを移動してフレーム内に収めるために位置を指定します。, カメラを被写体に向けるのはなかなか難しいもので、2つ目のタブに「Target」という項目があります。「Use Target」のチェックボックスをチェックしましょう。これはカメラのレンズをターゲットの方向に常に向けるという機能です。ターゲットの位置はXYZで指定します。この数字を被写体の位置にすることで、カメラが自動的にその場所を写します。被写体を追いかけるカメラワークをしたい場合などには、この部分にモーション付けしていきますが、それは別の記事で記載します。. バージョン15からFusionが統合されました。Blackmagic Davinci Resolveによる3Dテキストを作成するチュートリアルです。, 新しいタイムラインを作成します。メディアプールで「Contorolキー+クリック」(Mac)で表示させるか、「コマンドキー+N」を押します。, [ツールボックス] メニューで、 [ジェネレーター] → [単色] を選択し、タイムラインへドラッグ&ドロップします。, そして、タイムライン上に出来たの新しい「単色」クリップを「コントロール+クリック」し、 [新規複合クリップ] を選択します。※単色はAfterEffectsでいう「平面」みたいなものなので、直接「Fusionコンポジション」を作ってしまっても構いません。, さぁ、ここまで来て「Fusion」を使う準備が出来ました。「MediaIn1」と「MediaOut1」が繋がれたノードが現れます。, ノードを選択し、キーボードの「1 」を押してビューアに表示します。選択したノードをビューアにドラッグ&ドロップしても表示することが可能です。, 右側にはインスペクタがあり、テキストを入力できます。ここでは仮に、「3D Title」を入力してみます。, 3Dオブジェクトを出力するには、3Dレンダリングノードがアタッチされている必要があります。「Text3D1」ノードを選択した状態で、「Renderer 3D」ボタンを押すとノードがつながった状態で生成されます。, 最終的に動画データとして書き出すためには「MediaOut1」に接続する必要があります。「Renderer3D」ノードの右についている四角(■)をドラッグし、「MediaOut1」の左はしにある三角(▶)へドラッグ&ドロップして、ノードを繋げましょう。1つの場所に繋げられるのは1つだけなので、最初に接続していた「MediaIn1」は切り離されます。現在、「MediaIn1」は特に情報を持っているわけではないので、このまま放置します。下の図では、「Renderer3D1」を選択した状態でキーボードの[1]を押したので、2つ目のビューアに状態が表示されます。.