デジタル簡易無線 ■無線機と簡単に接続可能 デジタルインタフェース搭載で、電子部品や車載電装品の信頼性試験・耐久試験・エージング等のシステムに柔軟に対応できます。 また、周波数の切替・変換も可能です。 デジタル簡易無線 ■本体にスピーカー内蔵 デジタル簡易無線登録局 イヤホンマイクやバッテリーなどの激安販売はエクセリにお任せください。 デジタル一般業務用無線 △高速電圧上昇(<20ms)

ホットペッパーのGotoイート終了予告が出ましたが、今から今月の残り日数全てに予約を入れてもポイントは入りますか?ほぼ毎日キャンペーンを利用しているのですが、先ほど予約受付の終了予告が出ました。

△CEマーク
©Copyright2020 ゲーミング.jp.All Rights Reserved. ■直流安定化電源 【カタログダウンロード】からスグにご覧頂けます。, PA-Bシリーズは、電圧3 1/2桁、電流3桁のLED表示を備えた、シリーズレギュレータ方式の可変型直流定電圧・定電流電源です。10V、18V、36V、80V、120V、160V、250V、350V、600Vと、ニーズに応じて選べるラインアップです。出力設定ボリュームは、10回転の可変抵抗器を用いていますので、出力電圧・電流とも微細に設定できます。設定値確認機能の搭載により、出力電圧・電流とも、出力OFF状態でも設定できます。また、各種リモートコントロールに対応していますので、研究開発をはじめ、エージング用電源、システム用各種固定電源として、幅広い用途に対応します。

PC直結でシステム構築が可能な可変型直流安定化電源です。 ・GDR4000 電圧範囲:0~1200V イヤホンマイクやバッテリーなどの激安販売はエクセリにお任せください。 特長 スルーレートコントロール、内部抵抗制御、CC優先モードや容易にプログラミングできるテストモードを搭載。外部アナログ制御やLAN、RS-232C、RS-485、USB、GP-IB(オプション)の各種インタフェースでのコントロールに対応、電⼦部品の信頼性試験、耐久試験、エージング、半導体バーンインなどのシステムに柔軟に対応します。 ※詳しくは弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。, 車載無線機を基地局として卓上などで運用する際に使用でき、ACアダプターを差し込むだけで簡単に給電出来る直流安定化電源, 『GSV3000』は第一電波工業製のリニアシリーズ型直流安定化電源です。 △リモートセンシング機能 ■デジタルコントロール直流電源 ほか 直流電流は連続20Aです。 パソコンを持たない生活。 最速0.1秒間隔で出力電圧・出力電流・ステータス情報を8000データまで内部バッファメモリに保存することが可能です。 【特長】 ・IC-DV6010S3

●バッテリ 電圧計や電流計にLEDデジタルメーターを採用し、夜間や暗所で視認しやすくなりました。 電圧可変ツマミによりDC-1V~15Vまでの広範囲で電圧を設定できます。電流30Aまで対応しています。 ●高圧安定化電源モジュール

最⼤容量1520W、定格電圧6Vから60Vまでの5機種をラインナップ、4台までのワンコントロール並列運転も可能なため⼤容量電源としても使⽤可能です。 ○小型・軽量・高効率のスイッチング方式 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。, ●スイッチング方式の為、小型・スリム・軽量かつ高効率。 ・IC-DU6505BN 高周波電力の回り込みに強い設計です。 電源本体の出力容量は360W/720W/1080Wの3タイプ、最大電圧は30V/80V/160V/250V/800Vの5タイプ、全15モデルを揃え幅広い用途に対応します。またUSB、LANポートを標準装備、ラック組込みにも対応していますので、システム用電源にも対応が可能です。 △コンパクトサイズ 直流電流は大容量の連続35Aで最大出力は40Aです。

△0.1mV/0.01mAの高確度と高分解能 △リニア方式

本体の熱を逃がす強制空冷ファンを搭載しています。家庭用AC100V電源から給電することができます。 デスクトップpcに電力を供給する電源ユニット。よく使われるミドルタワーやミニタワーでは通常、atx電源ユニットを搭載することになります。ただ、pcのパーツ構成に応じた適切な電源容量や、スペックに記載されているたくさんの数字の意味などは、な デジタル一般業務用無線 △1mV/0.1mAの高精度、高分解能 特長 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。, 最大出力電力3KW、電圧0~1200V、電流0~10Aで調節可能。コスト節約、操作簡単、インターフェースも標準装備。, 仕様 初音ミクコラボの「Acer×HATSUNE MIKUノートパソコン」が値下がり、税込99,800円に, Ryzen 7+メモリ16GBのビジネスノート「Modern 14 B4」がMSIから, 第11世代Core i7+Thunderbolt 4搭載の薄型ノート「Summit B14 A11」がMSIから, ENERMAXの水冷クーラー「LIQMAX III ARGB」に白色モデル、360mmサイズで税込12,980円, Ryzen 5000シリーズ、Jetson Nano 2GB、GHOST S1 MK III、ジョイスティック搭載マウス、arkhive、食い道楽のまんぷくあったかポーチ ほか(11月2日~11月8日分), CORSAIRと言えばもはやゲーミング向PCパーツ/デバイスの大手と呼んで差し支えないだろう。, LEDを搭載したOCメモリに、水冷CPUクーラーやPCケース、そしてキーボードやマウスなどのゲーミングデバイスに加え、ゲーミングチェアまで幅広く取り扱っている。そんなCORSAIR製品のなかにあって根強い人気を持つのが電源ユニットだ。, 今回は、CORSAIR製電源ユニットの2018年モデルに関して、本社でPSUエンジニアリングディレクターを務めるJohnny Guru氏にインタビューすることができたので、設計のこだわりや最新モデルの改良点などを聞いてみた。, また、メーカーが考える品質の見方や、電源買い換えのタイミングなどの回答も得られたので、CORSAIRファンに限らず、電源の品質や寿命などを気にするユーザーも是非チェックしてもらいたい。, ・RMx(2018)シリーズは筐体内のエアフローを改善し、さらに静音化・コンデンサの組み合わせで変わる効率と品質・実は80PLUS認証だけではわからない電源の品質・今後の電源トレンドはIntelの新ガイドライン対応品, 今回メインに聞いたのは今年上半期にリリースされたRMx(2018)シリーズについて。, RMx(2018)シリーズは、550/650/750/850Wと4つの出力がラインナップされている80PLUS GOLD認証のATX電源ユニットだ。フルプラグイン方式を採用し、コンデンサ、ファンともにこだわった設計で、GOLD認証電源としてはハイエンドに相当する。, 販売価格は550WのRM550xが税込12,000円前後、ラインナップ中最大出力のRM850xが税込15,000円前後と、入手しやすい価格帯の製品といえる。, [Johnny Guru氏]RMx(2018)シリーズは、我々の販売する電源のなかでも機能と価格のベストコンビネーションを実現している製品です。フルモジュラーで低ノイズ、さらに変換効率にも優れております。, ――RMx(2018)シリーズはRMxの第2世代モデルですが、従来のRMxシリーズとどこが大きく異なるのでしょうか, [Johnny Guru氏]もっとも異なるのは基板設計です。我々はRMx(2018)モデルの開発にあたり、従来モデルでメイン基板とプラグインコネクタ用基板の間に用いていたワイヤ配線をなくすことを目標に掲げました。, [Johnny Guru氏]ワイヤ配線を排したことにより、いくつかのメリットがありました。一つ目はエアフローの改善、二つ目は750/850Wモデルの奥行きを従来モデルより20mm短くすることが可能に、三つ目は工場での組み立てが効率化され、その分品質を高めることができました。, [Johnny Guru氏]例えば、ファンは引き続き大口径ライフルベアリングファンを採用しておりまして、性能で前モデルから劣るような部分はありません。, 基板などを小型化すると、その分安全性や品質の面で劣ると思われるユーザーさんもいらっしゃるかもしれませんが、電源の異常動作を防ぐスーパーバイザーICには前モデルと同じWeltrend製「WT7502」を採用していますし、全ての地域の安全認定も新たに取得しているので、こうした部分の信頼性も変わりはありません。, ――筐体内デザインの改良によりエアフローが改善されたことで、ファン制御にも変化はあったのでしょうか。動作音に違いはありますか, [Johnny Guru氏]ファンコントローラも従来モデルと同様で、低負荷時にファンの回転を止めるZero RPMファンモードの設定にも変更を加えていません。ただし、エアフローが改善した分熱が籠もりにくくなり、内部をより効率よく冷却できるようになったため、動作音は静かになっています。, 基板レイアウトはエアフローに大きな影響を与えるため、非常に重要な部分になります。電源ユニットでは、限られたサイズに様々な異なる部品を実装していく必要があります。, 例えば、MOSFETを実装するにしても、ハウジングバスバーに実装することができれば、大きなヒートシンクや多くのヒートシンクを搭載する不要がなくなり、基板上のスペースを開放することでエアフローが改善されます。, [Johnny Guru氏]多くのブランドはすでに存在するOEMモデルの中から選び、それをリブランディングあるいは簡単な変更をしただけで製品として販売することが多いようです。, CORSAIRは電源を開発するにあたり、製品コンセプトを明確に定義することからスタートします。まず仕様を定め、その後に複数の電源開発ベンダーにアプローチし、実際に仕様通りに製造できるのか、製造技術や品質面での確認を行い、仕様を満たすことができるメーカーと組んで製品化します。, 電源を製造できる工場は限られるため、製造を委託する部分は他メーカーと同じではありますが、限りなくオリジナルに近い製品をユーザーに提供しているという点は他のOEMモデルを販売するメーカーと大きく異なる部分です。, CORSAIRは、中国、台湾、米国にそれぞれ電源試験装置を備えたラボを構え、エンジニアを配置しています。そのため、地域を問わず製品の開発段階から製造メーカーに深く関与することができます。また、生産段階でも製造工場に品質管理を担当するエンジニアリングチームを置いています。, ――RMx(2018)シリーズでは日本製コンデンサ採用がアピールされていますが、コンデンサを選ぶ基準というのはあるのでしょうか, [Johnny Guru氏]コンデンサはスイッチング電源において要と言える部品です。コンデンサごとにホールドアップ時間やリプルノイズ、リプル電流、ノイズフィルタリングなど用途に合わせた使い分けが必要になり、特性が異なってきます。, そして重要なのは、コンデンサの容量も適切なものを選ぶ必要があり、搭載数が多すぎても少なすぎても変換効率はよくならないという点です。, ホールドアップ時間や、リップルとノイズを抑制することと、電源効率を高めることには関連性があり、最も良い組み合わせを選び出しています。また、この部分にはこだわりを持って設計を行っています。, ――RMx(2018)シリーズは10年間保証と非常に長いのも特徴になっています、他の電源には無い特別な部分があるのでしょうか, [Johnny Guru氏]我々の電源は、一般的な使用環境温度において24時間×1週間フルロードで動作可能なように設計しています。, それに加え、MTBF(平均故障間隔)とは異なるDMTBF(先頭文字のDは「Demonstrated:実証する」の意)という基準を独自に設け検証し、それに耐えられるモデルを製品として販売しています。このため製品の耐久性にはかなりの自信を持っており、それは保証期間10年というかたちに現れています。, [Johnny Guru氏]よく知られる基本的な部分ではありますが、まずは必要なコネクタの数から考えるべきでしょう。CPUやビデオカード、ドライブ数などで変わってくる部分なので、どのコネクタをどれだけ必要なのか確認することは重要です。また、システムに合わせた容量を選択することも大切で、容量が足りない場合は不安定になったり危険な状態で使用することになります。, そうした部分を考慮した上で、プラグインケーブル方式か直付けケーブル方式か、ファンノイズなどの動作音はどのくらいか、などなどの点で絞り込んでいくというのがポイントになるのではないでしょうか。, [Johnny Guru氏]勘違いされやすいのですが、80PLUS認証は品質を測る指標では無いということです。あくまで電源効率の良さを見るためのものなのですが、80PLUS認証のグレードが上であればあるほど品質も高いと多くのユーザーを混乱させてしまっています。, また、現行の80PLUS認証制度は、変換効率の正しい指標とは必ずしも言えないと考えております。なぜなら、変換効率を3~4つの負荷率、10%(Titanium認証のみ)、20%、50%、100%でしか判断していないからです。その間の負荷率における変換効率はおろそかにすることもできてしまいます。, 実際には、設計の良し悪しや使用している実装パーツの質、製造のクオリティなど、品質を見るには様々な点を見る必要があります。, これらは見えにくい部分でもあるので、一般ユーザーが判断するのは難しい面もあるのですが、出力特性や分解検証などを行っているレビュー記事を確認するのが、正しく品質を見るという意味では手助けになるはずです。, [Johnny Guru氏]保証期間が一つの目安とは言われますが、保証期間ギリギリまで使い続けることはあまり推奨いたしません。電源であれば、ファンが一番はじめに壊れやすい部分ではありますが、ファンが壊れたからといって電源は即動作しなくなるわけではありません。ファンが壊れた場合、電源回路やコンデンサが高熱に晒された状態になり、最終的には破壊されます。, 電源だけが止まるというのであれば問題ありませんが、壊れ方次第ではほかのパーツにも影響を与えてしまう可能性があります。このため、ファンが止まってしまった場合は保証期間にかかわらず即交換するタイミングといえるでしょう。, RMx(2018)シリーズは10年間保証の製品であり、信頼性に自信を持っていますが、個人的には保証期間を使い切る前に電源を交換することを推奨したいです。実際に壊れてから交換する場合はPCが使えなくなるダウンタイムもありますし、故障によるダメージが無い状態で電源は交換することが運用面での信頼性を高める使い方になるはずです。, ――自作PCでは一度組んだ後にパーツを組み替えるようなこともあります。その際に気をつけたほうがよい点などはありますか, [Johnny Guru氏]もっとも気をつけていただきたいのはコネクタの数です。とくにビデオカードで用いる補助電源コネクタが必要な数に足りているのかご確認ください。変換コネクタの類いは基本的に常用すべき物では無く、危険な場合もあると認識してもらいたいです。, Serial ATA - PCI Express補助電源コネクタ変換ケーブルを例に挙げると、PCI Express補助電源ケーブルには+12V線を3本用いています。一方でSerial ATAケーブルの+12V線は1本です。ビデオカードが求める電力負荷に対して3本必要なところをそれ以下の本数で賄うことになり、ムリがあることは明白です。最悪の場合、ケーブルやコネクタが発火する恐れがあります。, このように、一見使えても非常に危険な状態となるケースは多々あるので、コネクタが足りなくなった場合は電源を買い換えた方がよいでしょう。はじめからコネクタ数などにゆとりのあるものを選んでおくというのも、電源を長く使う上ではポイントになります。, ――PC電源では+12V出力が重要視され、マルチレールとシングルレールのモデルが販売されていますが、どちらが良いのでしょうか, [Johnny Guru氏]出力性能という意味ではどちらも変わりありません。マルチレールはレール毎の最大出力などが決まっているため、安全性の面などで有利な部分もありますが、扱いやすさではシングルレールの方が優れています。電源の出力性能という面ではユーザーは仕様を意識しなくてもよいでしょう。, [Johnny Guru氏]IntelからPSU DG(デザインガイド) 1.4xが公開されています。, PSU DG 1.4xでは、従来のACPI S3を置き換える「Alternative Sleep Mode」を実現するためのT1、T3タイミングが再定義されています。これをサポートすることが今後のトレンドになるでしょう。また、2%の負荷効率改善の要件も盛り込まれているので、仕様を満たせるかどうかもポイントになるでしょう。, このほかでは、電力密度を向上させ、より大きな出力をより小型の筐体で実現したいと考えています。, このように、RMx(2018)シリーズでは主に基板設計を見直すことでエアフローが向上、750Wや850Wモデルにおいては性能を損なわず小型化されている部分がポイントとなるとのことだ。, そして電源開発姿勢も、OEMメーカーに対し深く関与することでCORSAIR流の仕様・品質を実現しているという。今回のインタビューを参考に、電源選びや使い方、買い換え時、そしてトレンドなどを考慮し、よりいっそう安心で安定したPCの構築を目指してみてはいかがだろうか。, 小型PCに最適、SFXタイプの80PLUS Platinum電源がCORSAIRから, 魅惑の“幻光PC”が簡単に組める、CORSAIRの「Crystal Series 280X」をテスト. まず「第6世代(Skylake)、第7世代(Kaby Lake)、第8世代(Coffee Lake)」は性能こそ大きく向上している... 水冷は機構そのものに面白さがありますが、空冷と比べて低い可用性をよく考慮して採用する必要があります。 ○出力スルーレート可変機能 そこには締め切り前の予約は対象とありますが、仮に今月の残り全てに予約を入れた場合、それらも500ー1000ポイン... ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 ・SRM620V ●タブレット、スマートフォン イヤホンマイクやバッテリーなどの激安販売はエクセリにお任せください。 本体にスピーカーを内蔵しているので受信した音声を明瞭に聞き取ることができます。 【特長】 ○高効率 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。, スイッチング方式大容量・ワイドレンジ・多機能直流安定化電源 CC/CV優先モード、電子負荷拡張機能付き、シームレスな双方向電流, IT6500C/Dシリーズ特長 一方でグラフィックボードというのはメインのホストプロセッサ(core i9やXeonなど)の性能のみで... 【2020年最新版】おすすめCPUの選び方とベンチマーク性能比較 Intel,AMDを横断的にランキング評価, 【2020年】おすすめSSDの選び方 2.5インチタイプを容量ごとに比較してメーカーランキング評価, 【2020年最新版】おすすめM.2 SSDの比較まとめ NVMe/AHCIとPCIe/SATAの双方を横断的にメーカーランキング評価, EIZO31.5インチ4KディスプレイEV3285-BK購入後のレビュー FlexScan27インチ版と同じ奥行23cmで省スペース 文字サイズ100%で表示しても読みやすい, レノボ ThinkPad X1 Carbon 2020(Gen8)のレビュー 第10世代Intel Core i7 10610U(Comet Lake-U)vProプロセッサ選択可能、PrivacyGuard500nit高輝度マルチタッチ液晶に改良、Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)対応, RyzenとIntel Core i9,i7,i5,i3のベンチマーク比較 ゲーム用ならRyzen、作業用ならIntel Core, 【2020年最新版】ゲーム用おすすめグラボのベンチマーク性能比較  RTX3090,3080,3070,3060のAmpere世代から、2080Ti,2080Super,2070, GTX1660Ti,1650のTuring世代、AMD Radeon RX 5700XT,5600XT,5500XTまでランキング評価, EIZO22.5インチFlexScan EV2360-WT(1920×1200)ディスプレイ購入後のレビュー 在宅テレワークの外部モニタとして導入しやすい省スペースでありながら、縦方向に多く表示できるWUXGA解像度で事務作業に最適, おすすめマザーボード(Intel第10世代Comet Lake対応Z490チップセット搭載)の比較 Core i9 10090K,Core i7 10700K,Core i5 10600K対応MBをフォームファクタごとに評価, 第3世代Ryzenシリーズ(Matisse)のベンチマーク性能比較レビュー フラッグシップモデルのRyzen 9 3950XですらIntel Core i3 9350KFに敗北, CPU補助電源は8ピンで最大480W、4ピンで最大240W しかし実際は7A弱の電流のため8ピン320W、4ピン160W程度, Corsair AX1600i 1600W PC電源ユニット[80PLUS TITANIUM] PS786 CP-9020087-JP, CORSAIR AX1500i CP- 9020057 -NA 1500W ATX12V / EPS12V 80 PLUSチタンフルモジュラー電源認定, SilverStone 80PLUS TITANIUM認証 フルモジュラー ATX電源 STRIDER TITANIUM 1500W SST-ST1500-TI 日本正規代理店品, EVGA Supernova ATX 1600 80Plus G2 Power Supply Modular Power Supply 120-G2-1600-X1 並行輸入, Silver Stone シルバーストーン ATX電源ユニット 1500W SST-ST1500-GS, MaxRevo 1500W 87+ EPS 12V Modular PSU 240-Pin 1650 Power Supply EMR1500EWT [並行輸入品], SilverStone Striderシリーズ 80PLUS Silver認証 電源 1500W SST-ST1500, CoolerMaster 国産 80 Plus Titanium認証 1200W ATX電源ユニット MasterWatt Maker 1200 MIJ (型番:MPZ-C002-AFBAT-JP), Cooler Master V1200 Platinum 1200W PC電源ユニット 80PLUS PLATINUM 7年保証 PS443 RSC00-AFBAG1-JP, Seasonic SSR-1300GD PRIME 1300W 80 PLUS Gold ATX12V Power Supply PS-1300GD9 [並行輸入品], ソーソニックプライム1000チタンSSR-1000TR 1000W 80+チタンATX12V&EPS12Vフルモジュラー135mm FDBファンパワーオ​​ンセルフテスタ12年保証電源, オウルテック 12年間新品交換保証 80PLUS PLATINUM取得 ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic PRIMEシリーズ 1000W, CORSAIR HXi HX1000iモデルCP-9020074-NA1000W ATX12V/ EPS12V80 PLUS PLATINUM公認フルモジュラー電源, オウルテック 12年間新品交換保証 80PLUS GOLD取得 ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic PRIMEシリーズ 1000W, Corsair RM1000x 80PLUS GOLD認証取得 1000W静音電源ユニット PS596 CP-9020094-JP, オウルテック 12年間新品交換保証 80PLUS TITANUM取得 ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic PRIME Ultraシリーズ 850W, オウルテック 80PLUS Titanium取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 12年間交換保証 フルモジュラーケーブル Seasonic PRIMEシリーズ 850W, オウルテック 10年間新品交換保証 80PLUS PLATINUM取得 コンパクトサイズ ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic FOCUS+ シリーズ 850W, オウルテック 10年間新品交換保証 80PLUS GOLD取得 コンパクトサイズ ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic FOCUS+ シリーズ 850W, オウルテック 12年間新品交換保証 80PLUS TITANUM取得 ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic PRIME Ultraシリーズ 750W, オウルテック 80PLUS Titanium取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 12年間交換保証 フルモジュラーケーブル Seasonic PRIMEシリーズ 750W, オウルテック 10年間新品交換保証 80PLUS PLATINUM取得 コンパクトサイズ ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic FOCUS+ シリーズ 750W, オウルテック 10年間新品交換保証 80PLUS GOLD取得 コンパクトサイズ ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic FOCUS+ シリーズ 750W, SilverStone Nightjarシリーズ 80PLUS TITANIUM認証ファンレス電源 SST-NJ600 日本正規代理店品, Seasonic PRIMEファンレスチタンモジュラー600W(80 +チタン、ATX 12V)PSU/電源, オウルテック 12年間新品交換保証 80PLUS TITANUM取得 ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic PRIME Ultraシリーズ 650W SSR-650TR, オウルテック 80PLUS Titanium取得 Skylake対応 ATX電源ユニット 12年間交換保証 フルモジュラーケーブル Seasonic PRIMEシリーズ 650W, オウルテック 10年間新品交換保証 80PLUS PLATINUM取得 コンパクトサイズ ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic FOCUS+ シリーズ 650W, オウルテック 10年間新品交換保証 80PLUS GOLD取得 コンパクトサイズ ATX 電源 ユニット フルモジュラー Skylake対応 Seasonic FOCUS+ シリーズ 650W, Fractal Design ION+ 560P 560W PC電源ユニット 80PLUS Platinum PS849 FD-PSU-IONP-560P-BK, SilverStone ファンレス電源 520W 80PLUS Platinum SST-NJ520, Seasonic SS-520FL2 520W Fanless 80 PLUS Platinum ATX12V/EPS12V Power Supply [並行輸入品], SilverStone Nightjarシリーズ SFX-L準拠のコンパクトファンレス電源 SST-NJ450-SXL 日本正規代理店品, SilverStone製 PSU汎用延長スリーブモジュラーケーブル SST-PP07-EPS8W(ホワイト).
シガープラグ型アダプターソケット付きですので車載無線機の設置も簡単です。 ●直流高圧安定化電源 KTH-30型 80plusは品質を見るものではなかった?corsairが語る10年保証電源のこだわり 保証期間ギリギリまで使わない方が良い? ○高力率(0.99 力率改善回路搭載) ○内部抵抗制御機能搭載 シリーズレギュレータ方式の可変型直流定電圧・定電流電源です。 ●電源 △リモートセンシング機能 DC12V電源の車載型無線機を基地局として運用する際に使用します。 ●USB/LAN/CAN標準装備 △リニア方式