親要素に横幅が指定されている場合でも、部分的に親要素をはみ出してブラウザ幅いっぱいに広げる方法をご紹介いたします。 文字にするとよくわからないと思いますが、例えば基本の横幅は1000pxで1箇所だけブラウザ幅に合わせて横幅いっぱいにする、といったデザインの実装方法です。 0, 回答 3 / クリップ Java、PHP、javascriptなどのプログラミング&Wordpress、HTML、CSSなどのWeb情報ブログ(最近は雑記や仮想通貨のことなど幅広く), CSSをコーディングするとき、横幅や縦幅のサイズを計算で指定できたらいいのになーと思ったことはありませんか?, 横幅を常に100%より6px小さいサイズにしたい場合、calc()ファンクションを使って次の計算式をあててあげればよいです。, これだけだとcalc()ファンクションの有能さがわからないと思うのでもう少し具体的に説明したいと思います。, 例えば、上のCSSをもつ横幅が700pxの親要素「.parent」に次のCSSを持つ子要素「.child」を入れます。, つまり、上記の場合だと3pxのborderの左右分すなわち6px分がはみ出るわけです。, もうお分かりだと思いますが、calc()ファンクションは計算でサイズを指定することができるので、あらかじめ絶対値である数値を引いてあげるといかなるサイズ(レスポンシブ)にも対応できるのです。, レスポンシブデザインが要求される現在のウェブサイト作成においてかなり重宝できる機能です。, calc()ファンクションで「使用できる演算」「対応ブラウザ」についてまとめます。, ※足し算・引き算は「3px + 4px」「90% - 6px」など単位を持つ数値同士で計算できますが、掛け算は「2px * 3」「4% * 5」のように最低一つは単位を持たない数値を用いなければなりません。同様に、割り算も「 100px / 2」「40px / 5」のように一番右にくるものは必ず単位を持たない数値にしなければなりません。, こちらを見てもらえればわかりますが、calc()ファンクションは全てのメジャーブラウザに対応しています。, また、androidブラウザ4.4未満とiOSブラウザSafariの10未満などには未対応ですが、いずれもwebkit系のHTMLレンダリングエンジンなのでベンダープレフィックスを次のように用いれば対応可能にできます。, なお、IE9未満などのcalc()ファンクションに対応していないブラウザも守備範囲内に入れたい場合は、次のようにします。, なお、webkitのベンダープレフィックスとcalc()ファンクションに未対応なブラウザも守備範囲に入れる場合には, 実はこの会話用吹き出しはレスポンシブ対応させているのですが、これにもcalc()ファンクションを使っています。, 本当はもう少しちょこちょこと装飾があるのですが、説明のためにかなりシンプルにCSSを記述します。, 14行目の「right: -120px;」を指定しなければ下の画像のようになりますが. 幅・高さが指定できるのは要素がdisplay:blockもしくはinline-blockのとき, つまりwidth:100%の要素にborderかpaddingが指定されていると、その分だけ親要素からはみ出てしまうのです。この問題に対してはいくつかの対処法があります。その中でも一番簡単で分かりやすい対処法は, 「親の親の親の親…まで全くpxで指定されていなかったら、%指定の幅はどうやって決まるのか」, その場合width:80%と指定しても、ページを見る人の環境によって要素の絶対値的な大きさが変わるわけですね。, この2つの知識はスマホ、PC、タブレットなど様々な大きさに対応する「レスポンシブWebデザイン」を作るときに必要になるので一度目を通しておくと良いでしょう。, このように親要素のheightが指定されている場合に限り、heightの%を指定することができます。, height・widthの値としては、まず①auto ②◯◯px ③◯◯%の3つを覚えよう, height: autoだと要素の中身(文や画像、子要素、paddingなど)の分だけの高さに. その場合width:80%と指定しても、ページを見る人の環境によって要素の絶対値的な大きさが変わるわけですね。, 横に並んでいる要素を均等の幅に分けたいというときにも、widthの%指定が便利です。, 4等分なら25%ですね。このように要素を横並びにするときには、%指定により等分することができるのです。, ここまでwidthについて説明してきましたが、widthに似たプロパティに『min-width』と『max-width』があります。これはwidthに対して「◯◯pxよりも小さくしない!」や「◯◯pxより大きくしない!」という制限をかけられるとても便利なものです。一言で言えば、最小幅と最大幅ですね。この2つの知識はスマホ、PC、タブレットなど様々な大きさに対応する「レスポンシブWebデザイン」を作るときに必要になるので一度目を通しておくと良いでしょう。, 次はheightプロパティ(高さ)の解説をしていきます。heightもwidthと同じ単位の値を取り、初期値はautoになります。ただ、各値の決まり方が少しずつ異なるので1つずつ見ていきましょう。, とくにCSSで指定しない限り、要素のheightの値はautoとなり、高さが自動で決まります。, 基本的に横いっぱいに広がるwidth: autoと異なり、height: autoは縦いっぱいには広がりません。文字や画像などの要素の中身の分だけの高さになります。, 要素内の文字や画像だけではありません。中に子要素が入れば、その分だけ高さは大きくなります。, 実際に試してみましょう。要素の中にpとimgの子要素を入れます。どこまでが高さなのか分かりやすくするために要素に色をつけてみます。, ↑オレンジ色に塗られた部分が要素です。横いっぱいに広がるwidth: autoに対して、height: autoは要素分だけの高さになっていることが分かりますね。 1 / クリップ widthは『要素の横幅』を決めるもので、heightは『要素の高さ』を決めるものです。 2-1.書き方. CSSをコーディングするとき、横幅や縦幅のサイズを計算で指定できたらいいのになーと思ったことはありませんか? それCSS3のcalc()ファンクションを使えば実装可能です。 計算でサイズを指定する. CSSで親要素を無視(突き抜ける)して画面幅いっぱいに広げる方法. 結論を言ってしまうと画面幅いっぱいに広げたい要素に以下のCSSを適用するだけです! margin-right: calc(50% - 50vw); margin-left: calc(50% - 50vw); 子要素の中身の幅が親要素の幅を維持したい場合は 参考:要素にpaddingが指定されれば、その分だけ+αで高くなります。, 今度はheightをpx単位で指定してみましょう。実際に例を見るのが分かりやすいかと思います。さきほどの例と同じコードで、要素の高さを小さくしたり、大きくしたりしてみましょう。, ↑要素の高さの値が中身の高さ分よりも小さくなったため、子要素がはみ出てしまいました。heightをpxを指定するときは、中身がうっかりはみ出てしまわないように慎重に値を決めましょう。, ウェブサイトを作ってみると分かりますが、高さを%で指定することはほとんどありません。また、高さを%で指定するのは少々厄介です。初心者の方は参考程度に読み流せばOKかと思います。, heightの%指定では親要素のheightに対する比率になります。たとえば親要素の高さが500pxのときにheight:50%とすると高さは250pxになります。, しかし、親要素のheightが指定されずautoになっている場合には、%指定をしても効きません。なぜでしょうか。, それはさきほど説明した通り「親要素の高さ」=「中身の高さ」だからです。子要素のheightが50%になれば、親要素のheightも小さくなります。しかしこの50%は親要素に対する値なので、一体何に対して50%なのかわからなくなりますよね。, すこし話が分かりづらいのですが、なんにせよ親要素のheightが指定されていないと、%指定はできないとおぼえておきましょう。, 例として親要素のheightが①指定されている場合と②されていない場合の両パターンでheightを%指定してみましょう。, ↑親要素のheightを指定いない方は50%の指定がきかず、親要素と同じ高さになってしまいました(覆いかぶさってしまっています)。一方で親のheightを100pxに指定した方は、きちんと50%の指定が適用されています。このように親要素のheightが指定されている場合に限り、heightの%を指定することができます。, たとえばブラウザの画面の半分の高さにしたいというときは、全てのhtmlとbodyタグに対してheight:100%と指定したうえでbodyの直下の要素をheight:50%に指定します。, このようなイメージですね。html,body,親要素をそれぞれブラウザいっぱいの高さにしておいてからheightを%指定するという流れです。, ↑要素の高さが画面の半分の高さになりました。ブラウザの高さを変えても、半分の高さに自動で調整されます。, widthとheightの基本的な使い方を解説してきました。最後にこの記事のまとめを書いておきます。. 上記をcssファイルに追記してやれば、親要素の横幅に合わせて画像が拡大縮小されます。 画像の元サイズ以上には拡大されません。 上記をcssに追記した場合、サイト内の全ての画像に適応されます。 *親要素がdisplay: tableやdisplay: flexなどの場合を除きます。 display: inlineやinline-blockのときには、要素の幅=要素の中身(テキスト)の長さとなります。要素内のテキストが3文字のときより、10文字のときの方が幅が大きくなるわけですね。 要素の横幅を指定するCSSプロパティ「width」。このwidthを使って親要素の影響を受けたり与えることなく、ブラウザ幅いっぱいの指定を行う単位「vw」類似単位である「vh」「vwin」「vwax」を解説し … © Copyright 2020 サルワカ All rights reserved. Follow @ysklog_net 今回はCSSのwidth(幅)とheight(高さ)のさまざまな指定方法についてイチから解説していきます。ウェブデザイン初心者の方でも分かるように、丁寧に説明していくので、必要に応じて読み飛ばして頂ければと思います。, widthとheightの説明の前に、以下の2つの用語の意味を理解しておきましょう(解説中に連発します)。, 要素というのは、<タグ>〜のカタマリ全体を表します。たとえば、

これは例文です

は1つの要素です。, 要素Aの中に要素Bが入っているとき「Bの親要素=A」です。見方を変えると「Aの子要素=B」です。, widthは『要素の横幅』を決めるもので、heightは『要素の高さ』を決めるものです。, widthとheightの指定の仕方の一例を紹介します(見やすいように要素をオレンジ色にしました)。, ↑widthとheightの値をそれぞれ100pxに指定しました。すると、要素の幅と高さがそれぞれ100pxになりました。, ウェブデザイン初心者が一度はつまずくところかと思いますが、display: inlineの要素では、widthとheightを指定することができません。, この図のように、幅・高さが指定できるのは要素がdisplay:blockもしくはinline-blockのときです(また、ここにはのっていませんがdisplay:tableのときも指定できます)。display:inlineが初期値であるaタグやspanタグではwidthやheightを指定しても大きさを変えることができないことにご注意ください(ごく一部に例外はありますが)。, widthプロパティの初期値はauto(自動)で、CSSで指定しない限り、要素の幅は自動で決められることになります。自動で決まるといっても、決まり方は基本的に以下のようになります。, 段落タグ(p)やdivタグ、見出しタグなどdisplay: blockの要素の場合、widthの値をとくに指定せずにautoになっていると、要素の幅は基本的に横いっぱいに広がります*。, *:親要素がdisplay: tableやdisplay: flexなどの場合を除きます。, display: inlineやinline-blockのときには、要素の幅=要素の中身(テキスト)の長さとなります。要素内のテキストが3文字のときより、10文字のときの方が幅が大きくなるわけですね。, ただし、要素の幅が親要素以上に大きくなることはありません。親要素が600pxなら、子要素も自動で600pxになります。, ↑p要素にはwidthを指定していませんが、親要素(div)と同じwidthとなりました。, 次に要素のwidthをpx(ピクセル数)で指定してみましょう。pxはいわゆる絶対値の値になります。たとえば、width: 500pxと書けば、親要素に関係なく幅は500pxになります。, このようにpxを使って画像の幅を調整することができます。ちなみに画像の高さも初期値はheight: autoで、widthを小さくすると縦横比を保つように合わせて自動調整されます。, 子要素の幅を、親要素の幅より大きくしてはいけません。なぜならウェブページを見る端末によってはレイアウトが崩れてしまう可能性があるからです。, みなさんも一部の要素だけがびよんとはみ出てしまっているウェブページを見たことがあるかもしれません。これは、親要素より子要素の幅が大きくなってしまっているんですね。, widthの値を%で指定すると、要素の幅は可変になります。つまり、親要素次第で幅が変わるのです。, たとえばwidth:50%の場合を考えてみます。このとき親要素が800pxなら、要素の幅はその50%の400pxになります。, このように値を◯◯%で指定すると、親要素の幅に対する比率で幅が決まります。親要素自身が%で指定されているときも、これは変わりません。実際に試してみるのが分かりやすいかと思います。オレンジが段落の要素(p)、黄色がその親要素、灰色が親要素の親要素になります。, ↑3つのタグが入れ子になっています。1番上の要素(親の親)は幅200px、次の親はその50%で100px、その中のp要素はさらに50%で50pxというような形になります。このように幅は子要素へいくほどどんどん小さくなるわけですね。, 「width: 100%」と「width:auto」の違いは何かと気になりますよね。少し細かい話になりますが、違いは下図のようになります。, autoだとwidthの中にpaddingとborderが含まれるようになります。一方で100%だとwidthにはpaddingとborderの分が含まれません。, つまりwidth:100%の要素にborderかpaddingが指定されていると、その分だけ親要素からはみ出てしまうのです。この問題に対してはいくつかの対処法があります。その中でも一番簡単で分かりやすい対処法はbox-sizing: border-boxというプロパティを指定することです。詳しくは以下の記事で解説していますので目を通してみてください。, 繰り返しになりますが、display:inline-blockの要素では、未指定の場合の幅=中身の長さとなります。display:inline-blockにした要素を横いっぱいに広げたい場合には、width:100%を指定する必要があります。, こちらも繰り返しになりますが、リンクタグ(a)などdisplay:inlineの要素は、そもそもwidthの指定自体ができないので、100%にしても、横いっぱいには広がりません。リンクタグの幅を指定したい場合には、はじめにdisplay: inline-blockもしくは、display: blockを指定しましょう。, 「親要素に対する比率(%)で幅を指定できる」ということが分かりました。勘の良い人がここで疑問に思うのは「親の親の親の親…まで全くpxで指定されていなかったら、%指定の幅はどうやって決まるのか」ということです。つまり「今はさまれているタグの上のタグの上のタグ…全ての要素の生み親“body”(とhtmlタグ)までpxで幅が指定されていないと、比率もクソもないじゃないか」という疑問ですね。, bodyまで一切pxで幅が指定されていないと、ブラウザの幅=bodyの幅になります。つまり見る端末によって、またブラウザウィンドウの大きさによって、bodyの幅が変わるのです。 CSSで要素を上下や左右から中央寄せする7つの方法.

  • 要素の文字数に合わせてlistsの横幅を変化させたいです。, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, 回答 親要素に依存せず子要素を画面幅いっぱいに表示したい場合は「vw」と「calc」を利用すると実現できます。注意点親要素の幅が画面幅より広くなった場合、子要素が想定した幅にならない可能性が高いので、別途レスポンシブなデザイン(CSS)が必要にな こんにちは。めぐたんです。 みなさんは「CSSで中央寄せする方法」といえば何が思いつくでしょうか?. 親要素の横幅 > 子要素の横幅. デバイスの横幅に合わせて画像を拡大縮小させる方法をご紹介しています。CSSのみで対応する方法ですので、面倒なjsの設置やimgタグを書き換える必要もありません。参考にしてください。, WordPressのカスタマイズを格安で代行いたします。ご希望のカスタマイズがあればご相談ください。, レスポンシブデザインでサイトを構築するとき、必ず必要になってくるのが、親要素に合わせた画像の拡大縮小処理です。, レスポンシブデザインでは、要素がデバイス内に収まるようにしなければなりません。 当然、画像も含まれます。, 上記をCSSファイルに追記してやれば、親要素の横幅に合わせて画像が拡大縮小されます。 画像の元サイズ以上には拡大されません。, 上記をCSSに追記した場合、サイト内の全ての画像に適応されます。 一部の画像のみに適応したい場合は、以下の様にCSSを調整してください。, 上記の場合、
    の中にある画像のみに適応されます。, 上記の場合【class=”test-img”】が設定されている画像のみに適応されます。, レスポンシブデザインでは必須となる、親要素に画像が収まるようにする方法をご紹介しました。, CSSに4行追記するだけで、親要素に画像が収まるようになります。 この機会にやり方を覚えてはいかがでしょうか?, あなたのWEBサイトを見た目そのままでWordpress化いたします。 以下に興味のある方は、お気軽にご相談下さい。, 岡山在住のWordPress専門フリーランサーです。Wordpressを使ったWEBサイト制作を中心に10年間ほど活動させていただいています。, デバイスの横幅を基準に読み込むJavascriptを切り替える方法をご紹介しています。レスポンシブデザインのサイトなどで利用する機会があるカスタマイズです。簡単にできますので、このコンテンツでやり方をマスターしてください。 記事を読む, レスポンシブデザインなどで、この要素はPCでは表示させたいが、スマホでは非表示にしたいといったケースがあるかと思います。特定の要素をCSSだけで消す方法をご紹介します。 記事を読む, CSSだけで長い文字列を省略表示する方法をご紹介します。文字列が要素からはみ出す場合、末尾に「…」を付けて省略表示させる方法です。興味のある方は、3分間でカスタマイズ方法をマスターしてください。 記事を読む, ドメインからサイトが設置されているサーバーを調べる方法をご紹介しています。専門的な知識は必要ありません。コンテンツの中で紹介しているWEBサービスを利用(無料)すれば、どなたでもドメインからサーバー会社を調べることができます。 記事を読む, スマホ表示でテーブルを最適化するとき、扱いづらいテーブルが出てくるかと思います。そんなテーブルを横スクロールさせることで、簡単に最適化する方法をご紹介しています。横スクロールできることを伝えるテクニック付きです。 記事を読む.