AndroidスマホのChromeでWebサイトを閲覧中に、画面がフリーズした後、 「Chromeは応答していません」 ・・・となってしまう不具合が、継続的に発生しています。 そこでこの記事では、Chromeの不 …

Google Chromeが応答なしになる原因として、よくある原因が「タブの開きすぎ」です。 タブ機能で複数のサイトを閲覧できるのは便利ですが、タブの1つ1つがメモリを消費するので数個くらいならともかく、十数個もタブを開いていると応答なしになりやすいです。 Youtubeは、応答しません、webページの回復が頻繁にでます。 Wedgeから入って、右上の・・・を押し、 インターネットエクスプロアで開くを押すと、IEで見れます。 しかし、ワンステップ多くかかります。 できれば、すっとYoutubeに入りたいものです。 人工無脳は、会話をすることで、徐々に言葉を覚えていく学習型の人工知能アプリです。 ゆるさと賢くない人工知能ということで話題のアプリなのですが、推しの人格を育てることができると話題になっています。 それ ... 今回は漫画サイト「漫画村」の代わりにオススメの漫画アプリを紹介していきます。4月10日前後から漫画村にアクセスしても「現在漫画村はメンテナンス/もしくは負荷が高い状態です。現在担当者が直している途中な ... 広告動画を作成し、自分の動画から紹介した商品が売れると収入を得られる、動画アフィリエイトアプリ「ViiBee」が話題となっています。広告動画を作るのが難しそうと思ったり、本当に稼げるのかとイマイチ信じ ... 今回は、TCGアプリ「TEPPEN」の最強デッキを徹底解説していきます。 海外で約1カ月前からリリースされていたTEPPENが日本に上陸しましたが、はじまったばかりのカードバトルアプリということで、デ ... 欅坂46公式 欅坂46の平手友梨奈さんが2017年紅白歌合戦で「倒れた!?」「手が震えてるけど大丈夫?」「体調悪い?」などと話題になっています。詳細について徹底解説していきます。 目次1 平手友梨奈さ ... Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.

そういう場合は使っていないプログラムを終了させておくことで応答なしのエラーを防ぐことができます。, Macのメモリ解放を行う方法を解説していきます。Macのメモリ解放をしないとメモリが不足し、動作が重くなるなど問題となる場合があります。無料のアプリを使ってメモリを解放する方法と、普段からメモリの空き容量を空けるために注意するポイントなどご紹介します。, 応答なしになる原因は上記に書いた例以外にも複数存在しており、対処法もそれぞれ変わってきます。それでは、Google Chromeで応答なしのエラーが頻発する様々な原因と対処法についてご紹介していきます。, ブラウザには「キャッシュ」という、一度訪れたサイトのデータなどを保存して次回以降の読み込みを短縮する機能があります。ですが、キャッシュはどんどん保存されてしまうので膨大な量に膨れ上がってしまい応答なしの原因になってしまうことがあります。
応答なし・キャッシュを待っています・フリーズが頻発して困っています。 ... ・拡張機能の停止)を行ったのですが.
q 「応答なし」が頻繁に出る.

「Google Chrome上でタブを不必要に開かない」、「動画配信サイトやオンラインゲームサイトといったデータ量の多いサイトは控える」、「キャッシュの削除を行う」、「Google Chromeブラウザを再起動する」、「PCを再起動する」、「Google Chromeのバージョン管理を行う」など、やれることはたくさんあります。 Google Chromeでページが応答しませんと頻発に表示される場合の基本的な原因はメモリ不足にあるかと思いますが、このようにGoogle Chrome自体にも原因がある場合もあります。意外と原因に気付けないケースもよくありますので、今回挙げたGoogle Chromeの対処法についてはぜひ参考にしてみてくださいね。, さて、今回はGoogle Chromeでページが応答しませんと表示された場合の原因や対処法について解説してみました。いかがだったでしょうか。PCが古くなってしまった場合、Google Chromeでページが応答しませんと表示されるケースは日常的に発生してしまうかもしれませんね。 Google Chromeであれ、他のブラウザであれ、この問題はPCを利用する以上常に気を配るべき問題といえるでしょう。, 特に古いPCの場合、Google Chromeのタブを多くしなくても、動画配信ページといった重いサイトを閲覧するだけでも「ページが応答しません」と表示され、応答なし・エラーとして画面が固まってしまうケースが発生してしまいます。何も考えずにGoogle Chrome上でリンククリックを連発してしまえば、それこそGoogle Chrome上で「ページが応答しません」と表示されるケースは頻発してしまいますので、PCのメモリについてはGoogle Chromeを利用する為にもぜひ気を配っておいてくださいね。, Google Chromeでページが応答していませんが発生する原因として考えられるのが、キャッシュです。キャッシュとは、一度アクセスしたサイトのデータ(閲覧履歴)をブラウザ上で一時的に保管しておく仕組みです。Google Chromeであれ他のブラウザであれ、このシステムはブラウザなら存在します。

Google Chromeの再起動方法やタブを再起動時に復元する方法について解説しています。... Chromeのキャッシュの場所や場所の変更、画像/動画の復元方法について解説しています。... Google Chrome「ページが応答しません」が頻発?原因と対処法まとめ【2018年最新版】, Google Chromeでページが応答していませんが発生する原因〜サイトが重い〜.

タブ機能で複数のサイトを閲覧できるのは便利ですが、タブの1つ1つがメモリを消費するので数個くらいならともかく、十数個もタブを開いていると応答なしになりやすいです。, タブの数が少なくても応答なしになるという場合、タブで開いているサイトを確認してみましょう。 最近Google Chromeを使っていると、動作が重かったり、サイトの表示が極端に遅くなったり、ページをスクロールする際にカクついたり、ページの読み込みが終わらなかったり、最終的には「ページが応答しません。応答があるまで待つか、このページを離れるか、いずれかの対応をおとりください。」と頻繁に表示が出るようになりました。, Chrome自体の不具合かな?と思って、バージョンを最新版に更新したり、ブラウザのキャッシュを一旦削除したり、パソコンのクリーンアップ/有害なソフトウェアの検出を試してみたり、最終的に設定のリセット作業も行いましたが、いずれも効果なし。, となると拡張機能が原因?と予想し、すべての拡張機能をオフにすると不具合改善。動作も快適になりました。, 結果的に自分の環境では「カスペルスキー プラグイン」拡張機能の不具合が原因でした。しかしながら、この結果に行き着くまでにはかなりの検証時間を要してしまいました。個人的には一番重要なプラグインだと思ってずっと愛用していただけに残念。, ということで、本日は自分がChromeの動作不良を検証した過程をまとめておきます。, Google Chromeの動作が重い、「ページが応答しません」が頻発したりスクロールがカクつく、サイトの表示が遅いなどの不具合は、かなり以前から出ていました。個人的にはChromeなんてこんなもんかと思いながら使用を続けていましたが、最近あまりにも不具合が頻発するようになり一念発起。原因を徹底的に追及、検証してみました。, 今回は色々なサイトでGoogle Chromeの不具合情報やその対処方法を調べてみたのですが、原因としては拡張機能にある場合が多いようです。とりあえず片っ端から様々な対処方法を試してみましたが、自分の場合は結局「カスペルスキー プラグイン」拡張機能が原因でした。ただし、環境によっては問題ない場合も多いかと思うので、安易に使用中止はしないようにご注意を。, とりあえず今回は、自分がChromeの不具合の原因を検証するために取った対処方法をまとめておきますので、良かったら参考にどうぞ。, Google Chromeを使用していて「ページが応答しません」が頻発したりスクロールがカクつく、サイトの表示が遅い場合は、一旦すべての拡張機能をオフにしてみることを推奨します。, Chromeの拡張機能をオン/オフするには、【Chrome右上の「︙」をクリック>その他のツール>拡張機能】と進みます。, これで不具合が改善すれば、Chrome不調の原因は、いずれかの拡張機能にあると思われます。, しかしながら拡張機能が一切使えないのも不便。まずは使っていない不要な拡張機能は【削除】し、その後必要な拡張機能を一つずつ【オン】にして問題なく動作するか検証。問題なければ次の拡張機能を検証、、、という風にして、原因となる拡張機能を見つけ出しましょう。, 自分の場合は最も重要で不具合の原因と想定していなかった「カスペルスキー プラグイン」が不具合の原因であり、結果として非常に検証に時間が掛かってしまいました。, ただし、安易に「カスペルスキー プラグイン」をオフにするのは個人的に非推奨。以下の通り、セキュリティ上は有用ですので、ご自身の環境に応じて良く検討し、オンオフを選択してみてくださいね。, 通常は自動的にGoogle Chromeは最新バージョンへ更新されますが、念のために手動で確認しておきましょう。稀にバージョン特有の不具合という可能性も無いとは言えませんので。, Chrome右上の【︙】をクリックし、その後【ヘルプ>Google Chromeについて】をクリックします。, 以下のように【Google Chromeは最新版です】と表示されていれば問題ありません。更新があれば、指示に従って操作してください。, これはパソコンのスペック次第なのですが、CPUが貧弱だったりRAM(メモリ)の搭載量が少ないと、パソコンがハングアップして動作不良を引き起こす場合があります。, 複数のタブを開きつつYouTubeを見る、同時に他のアプリも起動している場合などにChromeの動作不良が多い場合は、この可能性もあります。, とりあえずキーボードの【Ctrl+Shift+ESC】を同時押しし、【タスクマネージャー】を起動してみましょう。以下の画面が表示されたら、左下の【詳細】をクリック。, ここで【Google Chrome】のCPUやメモリの使用状況、および上部の【CPU】や【メモリ】などの使用状況を見てみましょう。ここが100%近くになっていたら、パソコンが高負荷で作業が追い付いていない状態になります。, この場合は、他のアプリは極力起動しない、タブの数を減らす、などで対処してみてください。, ちなみに自分は、CPU:Core i5(Ryzen 5)以上、RAM:8GB以上を目安にして知人にはPC購入をおすすめしています。, 参考:パソコン購入時の選び方:おすすめのWindows 10 PC構成スペックやメーカー、インチ数まとめ, ブラウザキャッシュのクリアは大体どのサイトでも推奨されていました。個人的にはどこまで効果があるか半信半疑ですが、一応試してみると良いでしょう。, 【キャッシュされた画像とファイル】に✔が入っていることを確認し、【データを削除】をクリックします。, もしもGoogle Chromeの挙動がおかしい場合、例えば、検索エンジンがGoogleではなく他の検索エンジンに変わってしまった、意図せぬホームページが勝手に開くようになった、などの不具合があれば、一度Chromeの設定リセットやパソコンのクリーンアップを試してみましょう。, 【詳細設定】が開いたら、さらに下部にスクロールします。最下部に【リセットとクリーンアップ】の項目があります。, 【設定を元の規定値に戻します】をクリックすると、このように【設定のリセット】が開きます。上記の解説項目を試してみてもGoogle Chromeの挙動がおかしい場合は、一度このリセットを試してみると良いでしょう。ただし、設定のリセット後は各種サイトからログアウトされるので、再度ログインし直すなど若干手間はかかるので、その点はご注意を。拡張機能もすべて無効化されます。, 【設定のリセット】 起動ページ、新しいタブページ、検索エンジン、固定タブをリセットします。また、すべての拡張機能を無効にし、Cookie などの一時データを削除します。ただし、ブックマーク、履歴、保存したパスワードはそのまま残ります。, もしもこれでも挙動がおかしい場合は、何らかの有害なソフトウェアが影響している場合があります。Windows 10のGoogle Chromeには、セキュリティメーカーのESETと協力して開発された【パソコンのクリーンアップ/有害なソフトウェアの検出】機能が搭載されているので、これを試しみると良いでしょう。 参考:Google ChromeクリーンアップツールにESETを採用|ESET公式サイト, やり方は簡単。【リセットとクリーンアップ】にある【パソコンのクリーンアップ】をクリック。, すると、このように【パソコンのクリーンアップ】が開くので、有害なソフトウェアの検出の横にある【検索】ボタンをクリック。, 上記の方法を試してみても、引き続きサイトの表示が遅いなどの問題が引き続き発生する場合は、ネット環境や閲覧しているサイト自体に問題がある場合もあります。, 同じサイトを他のブラウザ「Microsoft Edge」や「Firefox」などで同様に見てみましょう。, これで同じように問題が発生する場合は、Google Chrome固有の問題ではないという事になります。一方、ブラウザを変えて問題が解決するなら、やはりGoogle Chromeに何らかの問題が発生していることになります。, 改めて上記の解説手順を試してみるか、Googleで検索して他の対処方法を試してみる、もしくはChromeのヘルプコミュニティで調べてみるなど試してみましょう。, という事で、今回管理人環境でのGoogle Chrome動作不良は、結果的に「カスペルスキー プラグイン」拡張機能によるものでした。, これを“オフ”にすることで、Chromeの動作はてきめんに改善し、サイト表示/読み込み速度の大幅な向上、スクロールした際のカクツキ改善、「ページが応答しません」の不具合も出なくなりました。, ただ、だからといって安易に「カスペルスキー プラグイン」拡張機能をオフにして良いのかどうかは悩むところです。現状はとりあえず“オフ”にしていますが、セキュリティ面の低下は否めません。「カスペルスキー プラグイン」のバージョンアップで改善されると良いのですが、、、, なお、Firefoxにも「カスペルスキー プラグイン」拡張機能はありますが、Firefoxでは全く動作面に支障は出ていません。単なる「カスペルスキー プラグイン」のブラウザとの相性問題なのか、それとも管理人のPC環境によるものなのか、この辺りはもう少し様子を見てみたいと思います。, 過去記事: ■Google Chromeの便利な使い方まとめ!ブックマークバーやホームボタンの表示、ホームをYahoo!に変更する方法など解説! ■Windows 10:Google Chromeに保存してある通常見えないパスワードを確認する方法解説。コピーも可能ですよ。 ■厳選!Chromeのおすすめ拡張機能まとめ!.

Windows10のパソコンでブラウザ・Google Chromeを使っていて、頻繁にフリーズする・応答なしになってしまい困ったことはありませんか?この記事では、Windows10でChromeが頻繁にフリーズする場合の対処法をご紹介していきます。 Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトの動画を読み込んでいる場合などはメモリの消費量も重いので、動画のタブを数個作るだけでもパソコンへの負荷が高くなり応答なしエラーが起きやすくなります。, Google Chromeを起動しながら他のプログラムを起動している場合もメモリを多く消費するので注意しましょう。動画を再生させながらゲームを起動していたりすると、動作が重いと感じることはありませんか? Google Chromeは有名なWebブラウザですが、「ページが応答しません」が頻発するケースも起きているようです。今回はそんなGoogle Chromeで「ページが応答しません」とお困りの方向けに原因と対処法をまとめて解説していきたいと思います。 pcの起動が遅く、起動しても動作が遅いと言うことで お尋ねしたのですが、アドバイスに従い いろいろ試みてみたのですが、やはり一向に問題が解消されず

Google Chromeは有名なWebブラウザですが、「ページが応答しません」が頻発するケースも起きているようです。今回はそんなGoogle Chromeで「ページが応答しません」とお困りの方向けに原因と対処法をまとめて解説していきたいと思います。, Google Chromeとは、世界シェアで1位にもなった世界有数のWebブラウザです。Google Chromeはとても有名で便利なブラウザですが、「ページが応答しません」が頻発するケースも起きています。今回は、WebブラウザであるGoogle Chromeで「ページが応答しません」とお困りの方向けに原因や対処法を徹底解説していきたいと思います。, とはいえ、Google Chromeで「ページが応答していません」という問題が最も起きやすいケースはやはりタブを無造作に作成してしまっているケースでしょう。, Google Chromeでは、たくさんのタブを同時に開くと応答なし・エラーになることがあります。たくさんのタブを開くということはPCへの負担がかなり大きくなるということです。 自動更新に設定していると、Google Chromeのブラウザデザインが急に変更されている場合もありますので、場合によっては驚いてしまうかもしれませんね。ちなみにこのGoogle Chromeアップデートにつきましては、PCでブラウザを閉じて次に開くまでの間にバックグラウンドで行われるようです。

今までは発生頻度が少なく快適に利用できていましたが、突然頻度が増えてしまうことがあります。 システムに問題が発生している場合などには再起動で問題が解決するので、原因が分からない場合はとりあえず再起動してみると良いでしょう。, Google Chromeを使っていて、ブックマークが消えたために困ってしまったことはありませんか?ブックマークが消えた場合、なんとかして復元したいですよね。この記事では、Google Chromeで消えたブックマークの復元方法をご紹介しています。, Chromeで「Provisional headers are shown」と表示される原因と対処法をご紹介!, Chromeで「Provisional headers are shown」と表示された場合、この表示は簡単に消すことができますよ。この記事では、Chromeで「Provisional headers are shown」と表示される原因と対処法を紹介します。, ブラウザ・Google Chromeを使っていて、Webサイトの音が出ない症状に悩まされたことはありませんか?音が出ないと動画や音楽を視聴する際に困ってしまいますよね。この記事では、Google Chromeだけ音が出ない場合の対処法をご紹介しています。, ブラウザ・Google Chromeを使っていて、キャッシュや閲覧履歴データの削除が終わらないという症状が発生してしまったことはありませんか?この記事では、Google Chromeの閲覧履歴の削除が終わらない場合の対処法をご紹介しています。, Windows10のパソコンを使っていて、Google Chromeが頻繁にフリーズしてしまいブラウジングが困難になってしまったことはありませんか?この記事では、Windows10でChromeが頻繁にフリーズする場合の対処法をご紹介しています。, ブラウザ・Google Chromeの起動時に「アカウントの一時停止中」と表示され、同期が解除されて困ってしまったことはありませんか?この記事では、Google Chromeで「アカウントの一時停止中」が表示される場合の対処法をご紹介していきます。, Googleで画像検索をしていて、気になるサイト・画像にアクセスしようとすると「リダイレクトの警告」という何やら不安にさせられるページに飛ばされることがあります。今回はこの「リダイレクトの警告」とは一体どういう警告なのか詳しく解説していきます。, Webデザインを行っている方であれば、Google Chromeなどブラウザでどう表示されるか確認しますよね。しかし、CSSを更新したのに何故か反映されないこともあります。この記事では、ChromeでCSSを更新したのに反映されない場合の対処法をご紹介します。, Chromeでは「パスワードを保存しますか?」というメッセージが表示され、パスワードを保存できます。しかしながら、なぜか「パスワードを保存しますか?」と聞かれないケースも。この記事では、「パスワードを保存しますか?」が聞かれない場合の対処法を紹介します。, Chromeで急に「使用できるソケットを待機しています」と表示されることがありますが、そもそもソケットの意味がわからない、という方も多いと思います。この記事では、Chromeで「使用できるソケットを待機しています」と表示された時の対処法を紹介します。, Chromeで動画の再生が止まる時の対処法を紹介!【カクカク/重い/YouTube】, Chronoダウンロードマネージャーの代わりとなるOnline Download Managerの使い方を紹介!, Chromeのフォームの自動入力情報を削除する方法!【カード情報/住所/パスワード】, 「ファイアウォールやウイルス対策の設定で、Chromeからネットワークへのアクセスを許可します。」の対処法!. Google Chromeの「ページが応答していません」と表示される原因として最も考えられる事象であり、何も考えずに繰り返してしまえばGoogle Chromeの「ページが応答していません」という応答なし・エラーは頻発してしまうでしょう。基本的にGoogle Chromeにおいては、タブの数も考慮してPCでの作業を行うことが対処法と云えます。, PCが古い場合はタブの多さに対するGoogle Chromeの「ページが応答していません」という応答なし・エラーが相当頻発に起きてしまうことでしょう。メモリが古くなり、PC内の処理速度が大幅に下がっている場合、Google Chromeのタブの数を増やしてしまうというのは火に油を注ぐようなものです。 まずはGoogle Chromeの「拡張機能」をすべてオフにしてみよう! Google Chromeを使用していて「ページが応答しません」が頻発したりスクロールがカクつく、サイトの表示が遅い場合は、一旦すべての拡張機能をオフにしてみることを推奨します。 Webサイトの1ページ1ページの情報量(画像や動画)が多いサイトをGoogle Chrome上にてたくさんのタブで開いてしまえばなおさら「ページが応答しません」と表示される結果となるはずです。Google Chromeを使用する際はPCに極力負担をかけないよう意識してみてください。, 当然の話ですが、画像より動画の方が情報量は多いです。Google Chromeで動画配信サイトやオンラインゲームのサイトを開くとは重い印象を受けることはよくあるかと思います。これはPCのメモリを動画の処理で多く使ってしまい、他の処理が追い付いていないことが原因です。

Google Chromeは有名なWebブラウザですが、「ページが応答しません」が頻発するケースも起きているようです。今回はそんなGoogle Chromeで「ページが応答しません」とお困りの方向けに原因と対処法をまとめて解説していきたいと思います。