パナソニックのモバイルノートパソコン レッツノートcf-sz6の製品情報のページです ... 法人向けトップ > ビジネスソリューション > パソコン(法人向け) > 商品一覧 > cf-sz6e ... キーストローク2mmの入力しやすいリーフ型キーボード. BÚ‚µ‚­‚Í–³üLANƒAƒNƒZƒXƒ|ƒCƒ“ƒg‚̃[ƒJ[‚É‚¨–â‚¢‡‚킹‚­‚¾‚³‚¢B, ¡ŒË“cŠo‚ª”MŒŒ‘Î’k ŒõŠwŽ®ƒhƒ‰ƒCƒu“à‘ ‚Ő¢ŠEÅŒy—Ê. )とかが異なるとタッチ感も異なるんだなと., ネットで調べてみるとキーボードは両面テープで止まっているだけなので,無理やりはがしていけば良いってことなのでその通り作業.実際に,注文して届いたキーボード裏にもネジ穴があるわけではなく,両面テープが張り付けてあっただけでしたのでそれで間違いないかなぁと., で,キーボードを無理やり剥がす作業ですが,剥がしたものを再利用できないかなとちょっと色気が.ってことで,一番破壊しないようにするにはどうしたら良いかなとちょっと考えて「1」キーの左側にキーボードのないスペースがあるのでここからはがしていこうかなと.ほかのところからはがしてみようかなと少し試してみましたが,すぐにキーボードが壊れそうだったので,キーボードのないところから作業すれば破壊する可能性も減るかと., SZ5 は思ったよりも液晶画面が開かないのでちょっと作業がやりにくい.SX3/NX2 だと 180 度以上開くんだけど...., 本体側に残った両面テープをきれいにしようとしましたが,全然ダメですね.きれいにならないです....水分はダメなので,ドライヤーとかで暖めてもダメ.無水アルコールもダメ.完全にきれいにするのは途中であきらめてしまいました., コネクタからフレキを取り外し.上向きにコネクタのクリーム色のプラスチック部品をスライドさせることでフレキが取り外せるようになっています., 取り外したキーボードを参考に,新しいキーボードのフレキを折り曲げます.フレキの途中に白い先が入っていますが,そこを目安に折り曲げると良いと思います., 仮組みしてからキーボードの動作を確認.両面テープで張り付けたあとに動作しないと新しく購入したものを破壊することになってしまいますのでここで動作確認しておかないと悲劇が...., 問題なさそうなので,裏面の両面テープをはがして張り付け.交換前の両面テープが少し残っているのでフワフワした感じにならないかなと思ったのですが杞憂でした.使われているのは結構強力な両面テープなんですね., あ,amazon とかでも SZ5 用のキーボードとかは販売されていますが,そちらは裏面の両面テープはないようですね.業者三によって仕入先が違うから微妙に異なるんでしょうか?shop8888 さんから購入したものは最初から裏面の両面テープはついていました.:-), 注意して外したつもりですけど,やっぱり全体の再利用はできない感じですね.個々のキートップ部品とか使えるかなと思いますので,一応,取っておこうかなと思っています.最初からドライヤーとかを当てながら外したら,もう少しきれいにはずれたかも知れないですね., ただ..,やっぱり Let's note の部品交換作業は何度かやっていますが,業者さんにお願いできるのであれば業者さんにお願いした方が良いかなとは思います.良くも悪くも日本製 (?) Panasonic(パナソニック)のUltrabook(ウルトラブック)のキーボード交換方法を備忘録としてアップします。 パソコンメーカー:Panasonic パソコン型式:CF-AX2(CF-AX2ADCTS) パソコン本体を裏返してバッテリーを外します。 背面のネジを外します。(合計19個) ※ヒンジ側のネジ2か所のみ違うネジですがあとはすべて同じネジです。 背面のケースを外します。比較的簡単に外れます。 外した際に、下記の部品が簡単に取れてしまいますので、予め外しておきます。 ※画像をクリックすると拡 … 激安1.5万円で購入したLetsNote(レッツノート)CF-SX2はサイズ・重量が絶妙で、リビングに置いておける”使える”端末です。そんな愛用端末のキーボードのキートップを紛失してしまいました(涙)とはいえ、そこは人気機種。キートップの入手性は悪くないので、簡単にリペア可能です。今後のキートップ交換にも役立つと思い、備忘録代わりに記録しておきます。, キートップがない!!!よく見るとキーボード上には無数のボールペンの跡。子どもにいたずらされたようです。(モニターを閉じていたので犯行時期は不明), ということで、キートップを購入できる場所を調べました。大阪・日本橋はいわゆるジャンク屋が年々、減少してしまい、レッツノートの部品どり機を探すことはできませんでした。そこでヤフオクを調べると、キートップを売っている人を発見。ちなみにレッツノートのCF-SXシリーズはキートップが共通で、他にもCF-NXとも共通のようです。, 落札から3日後に手紙に入って届いた「U」のキートップ。キートップ1つで250円(送料無料)でした。, キートップ裏にはパンタグラフも取り付けられていました。キートップだけで出品している人もいる中で、私が落札した商品の出品者はパンタグラフまでつけてくれるので良心的だと思います。, とはいえ、パンタグラフは残っていたので今回は使いません。キートップ裏から取り外します。プラスチックは非常に繊細なので、破損させないよう慎重に取り外す必要があると思います。, 使わなかったパンタグラフは保存しておきます。キートップを取り外すときにパンタグラフを破損することは多いので、いつか役に立つかもしれないからです。, レッツノートはキートップなしでもかろうじて入力はできましたが、作業性は極限まで低下してしまいます。キートップがなくなった人は、ヤフオクで代替品を購入してサクッと取り付けるのをお勧めします。なお、レッツノートのFnとCtrlキーの交換は常套テクニックですが、交換時にキートップのツメやパンタグラフを破損した場合でもヤフオク代替品は大きな味方になってくれそうです。, 外している写真が欲しかった。ドライバーやピンセットを使いキ―トップのどの方角から差し込む等の写真があれば参考になった。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 【地デジ】ポータブルナビのフルセグを強化すべくフィルムアンテナを付けてみた【大成功】, Xiaomiのフラッグシップスマホ「Mi 6」と先代「Mi 5」を比較&Google Playストアアプリのインストール方法まとめ, 【レビュー】激安でフルセグ対応のポータブルナビ「F7P-N2S」を買いました【その2】~地図データアップデート編~, 「なくすを、なくす」紛失防止ツール「MAMORIO」が世界最小サイズを更新&電池交換可能になった新製品「MAMORIO RE」を発表、速攻レビュー(予定……です), 放置すると2年縛りが自動更新されるのでUQ mobileからビックカメラの格安SIM「BIC SIM(ビックシム)」にMNPしてみました, ZZR1100CにTechserfu(テックサーフ)のサイレンサーを装着、求めていた重低音を手に入れました, ロリポップ!がプラン刷新、ハイスピードプランが月額500円とお得になったので変更してみた【レビュー】, 【ノイズ対策】ナビ&フルセグを快適に使えるノイズ対策済みのドライブレコーダーを使ってみた【ドラレコ】, 第2世代iPhone SE用にLeconeの10Wワイヤレス充電器を買ってみました【レビュー】, 近鉄アーバンライナーを使って大阪-名古屋をたった3000円で移動する方法【名阪チケレス割】, Gクラスから乗り換えるクルマの検討、水色の2代目リーフから三菱・アウトランダーPHEVへ変更, 洗車が快適になる手袋タイプの洗車クロス「ゴリラの手」と「カエルの手」の使い勝手を比較してみた, 家庭用高圧洗浄機では断トツの性能を誇る「ボッシュ UA125」レビュー、期待をはるかに上回る洗浄力でした, ガラケーから初スマホのお試しにピッタリの楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を試してみる【その3:ネット申込編】, ガラケーから初スマホのお試しにピッタリの楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を試してみる【その2:機種検討編】, ガラケーから初スマホのお試しにピッタリの楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を試してみる【その1:準備編】. ),常に持ち歩く PC はもっと軽量なものに置き換えたほうが良いかなぁと思ったのがきっかけで購入しました.まぁ,丁度そのときに程度のわりに安く売ってた Let's note を見つけたってのもありますが.:-), ちなみに企業向けモデルなので,光学ドライブは付いていません.ってことで,本体だけだと重量は 832g (実測値) です., そんな感じでわりと毎日持ち歩いて使っていた SZ5 ですが,最近,キーボードがおかしい., まぁ,中古で購入したものなので,そうなるのも仕方ないかなぁということでキーボード交換することにしました., 以前,NX2 の修理を shop8888 (ショップエイト) さんにお願いしたことがあったので,またそこにお願いしようかなとも考えましたが,以前頼んだときには結構日数が必要だったんですよね.混雑しているってことで1ヶ月半くらいかかったかな.常用している PC なので数日でも手元にないのは困るってことで,自分で交換することにしました., で,キーボードの部品ですが,確か,shop8888 さんで部品の販売も行っていたよな,ということで検索したところ SZ5 用のキーボードを販売しているのを発見.ふう,良かった., 白と黒が販売されていますが,迷わず黒を選択.かかった費用はキーボード自体の値段は 3700円 ですが,送料とか消費税諸々で合計 4860円 でした.発送方法に宅急便を選択したのですが,結構,お安いですね., で,黒を選んだ理由ですが,私自身,黒の SX3 と白の NX2/SZ5/RZ4 を使っていますが,圧倒的に黒の SX3 の方が好みだから.キーボード表面の感じとかタッチしたときの感触が何となく黒の方が良いんですよね.購入前には色の違いだけかなと思っていましたが,いろいろと本体を購入してみて使ってみたら,素材とか塗装(? の PC なので普通の人が分解して気軽に部品交換できるような作りにはなっていないなと思います., そんな感じで,Panasonic Let's note CF-SZ5 のキーボードを交換してみた話でした.まる., 国内発送 修理交換用 パナソニック Let's note CF-SZ5 CF-SZ6 CF-SV7 CF-SV8 シリーズ 全機種 日本語キーボード HMB8358CPA11 HMB8358CPB11 HMB8358CPC11, 【iSesamo】開腹・分解・修理・補修・ハンドツール【Ultimate Case Opening Tool 】 for iPod/iPhone/iPad, 【中古】 Let's note(レッツノート) SZ5 CF-SZ5PDYVS / Core i5 6300U(2.4GHz) / SSD:256GB / 12.1インチ / シルバー, linux kernel 5.4 用の utf8 漢字コンソール対応パッチ (cjktty patch), linux kernel 5.9 用の utf8 漢字コンソール対応パッチ (cjktty patch), Qbilinux 開発について(その54): kvm/libvirt 回りをいじったり一部動作しないパッケージをいじったりしながらインストーラも, Qbilinux 開発について(その53): lxc のパッケージも作成して Plamo コンテナで動作チェック. Panasonic レッツノート CF-SZ5 CF-SZ5XDMQRです。 入力できない場合はキーボードの故障でキーボード交換で修理します。 即日交換サービス のため早速分解してまいります。 ボトムケースを取り外しました。 キーボードを外すためにはまだまだ分解が必要です。 ここの blog には書く機会を失っていましたが,最近はずっと web 開発用のメイン環境として Panasonic Let's note CF-SZ5 を使用., スペックは CPU が Core i5-5300U 2C/4T 2.4GHz,メモリが 8GB.ストレージは 250GB HDD で Windows 10 Pro がインストールされていましたが,購入後に 2.5inch 256GB SSD にのせ変えて Debian で使っています., それまではわりと ThinkPad X250 を持ち歩いていたのですが,寄る年波には勝てず(? お外での仕事や家の中での徘徊用として使っているレッツノート(cf-sx1)のキーボードの調子が悪くなってきたので交換してみました 交換作業を行うpcは、ヤフオクで2年前くらいに5万位で購入したものです。 bios上の使用時間が100時間未満でほぼ新品じゃん! 私の愛機、Panasonic Let'sNote CF-SZ6に、突然ログインできなくなった。 あれ?あれれれ???? よーく見ると、キーボードが反応しないキーがある。 そのキーをぐりぐりやって、なんとかログインできたが、これでは使い物にならん。 そんな感じで,Panasonic Let's note CF-SZ5 のキーボードを交換してみた話でした.まる. 国内発送 修理交換用 パナソニック Let's note CF-SZ5 CF-SZ6 CF-SV7 CF-SV8 シリーズ 全機種 日本語キーボード HMB8358CPA11 HMB8358CPB11 HMB8358CPC11. 激安1.5万円で購入したLetsNote(レッツノート)CF-SX2はサイズ・重量が絶妙で、リビングに置いておける”使える”端末です。そんな愛用端末のキーボードのキートップを紛失してしまいました(涙)とはいえ、そこは人気機種。 ずっと愛用してきたLet's note CF-AX3…以前から特定のキーボードが反応しないトラブルがありました。時々、不機嫌になるんです。「K」「L」「Y」あたり打てないという症状でした。最近は、残念ながら常に反応しないという状況