お役に立てたようで良かったです。, はじめまして。同社の別のプリンタで同じエラーが出てしまいまして、こちらのサイトにたどり着きました。 ヘッドユニットの取り外しは非常に難しそうで、部品を無くしたり組み直し出来なさそうな予感がするので、止めました。, 全般にパーツクリーナー噴射し直してみましたが症状に改善見られず、もう自分に出来そうなことはありません。 挑戦したら無事復活しました。 メカを外す際に基盤に傷をつけてしまったようで、あえなくご臨終とあいなりました ためしにやってみましたが、結構溶けました 「インク吸収体が満杯」との、警告が出たのでサイトを見ながら解体中なのですが、 吸収体を水洗いして(再利用することにしました)干しましたので なるほど。確かにインクだまりは筐体下面にあるので直接熱が伝わりそうですね。 その際、向きを間違えないようにしてください。 企業姿勢といい品質といい修理代金といい、メーカに対して憤りを感じます。, 最近は景気が良くなったのかどうか分かりませんが、 私の印刷機も直してもらいたいくらいです。この機種は、キャノンの修理担当者さんが、いうには平成26年9月30日で修理が終わって、もし直すのであれば、今月中でないとだめで、修理代金は9740円と、送料がかかるとのこと。 有難うございます。勉強になりました。, 突然で申し訳ありません。 四苦八苦の末組上げましたが、電源を入れると・・・ 使用していたのですが(メーカーにとっては嫌な利用者)、 修理代金を払って直すか、諦めて捨てるか?迷ってます。でも、直そうと思ったらなおせるんですね。私には無理ですが・・・分解掃除をして、画像をみて感動しました。いいですね。自分で直せたら・・・・, 修理にも期限があったんですね。 ありがとうございました。, お返事ありがとうございました。 たぶんこれが廃棄前の最後のトライアルになると思います。よろしくお願いします。, センサーがあったのかどうか記憶にないのですが・・・、 おかげさまで、何とか復活させることが出来ました。 左側にはツメがありますので、押して引っかかりを解きます。, 下部の奥まっている所にありますので、良く見てください。 普段は返信することないのですが、小生の使用状況 ・改善方法が他のサイトにも載っていないため、 また、ある枚数印刷したら、メーカー修理。これまた、修理代金で、新しいプリンタが、インク込みで買えそうです 例の帯は、ヘッドユニット裏側のトンネル状の穴をくぐっていました。●マークセンサはトンネル内に隠れているようです。 という事はヘッドも温めれば良いのでしょうか。, 私のキャノンMP640が同じく、6C10のエラーがでています。 起動時にガタガタと大きな音がするところが少し心配ですが、まだまだ使えそうです。 無事外れました。 画像まで付けていただき、大変分かりやすかったです。 例の6C10エラーが出ました ヘッドがホームポジションに来る時にコケてるようにも見えますが、「丸マークの透明の帯」は綺麗っぽいし、ヘッドユニットの裏側に「丸マークを読むためのセンサー」が有ると思われますが、これを掃除することは出来るでしょうか? とても解りやすく大変助かりました。 ありがとうございます。, 昨年、6C10が出て自分で直そうと思い、分解しましたが、敢え無く撃沈。 しかし、年賀状を少し印刷したら、搬送装置異常で、プリントできない。またまた、ネット検索で、このサイト発見プリンターの分解方法を参考に、ケースを外したら、なんと、観葉植物の葉がプリンター内部に、干からびてました。これを取り除いたら、順調に動作しております。 メンテナンスの事は考えてない構造のようですね。, 作業お疲れ様でございました。 対応策を検索中に貴サイトにたどり着き、まずはヘッド掃除から 意外と難しかったのは、上半分と下半分を固定するネジを差し込むときでした。 このあたりの矛盾といいますが、企業の考え方を改めていただきたいものです。, 初めまして。iP4600ですがサイトを参考にしながら、ポンプと黒チューブ外して洗浄やら潤滑油とグリス追加など出来ることは全てやったつもりですが、相変わらず。。。 柄が長く、磁石の強いドライバーがあれば、苦労せずに済んだかなぁと思います。, コメントありがとうございます。 (追記:強力磁石機能の付いたロングタイプのドライバーをお勧めします。付けるとき少し苦労します。), 記事掲載ありがとうございます。いまだにiP4700を使用しており、ここ最近印刷直前のヘッド動作でベルトorギヤ滑りとみられる現象でエラーが頻発し、再起動するたびにインクをガバガバ消費するようになったので、こちらを参考に分解・清掃しました。ローラーかヘッド周りになインクの汚れがついてしまっているようですが、ひとまずはエラーが出なくなったようです。, 頂けるコメントが何より励みになります。 廃棄処分なさってから時間が経ってしまっているので、細かい点が判らなくなるのは仕方ないかと存じます。, トライアルは週末になりそうです。まずはマーク付きの透明なテープ(ばねで引っ張っているヤツ)を外して、綿棒か何かにKUREパーツクリーナー・プラスチックセーフをぶっ掛け、ヘッドユニットの裏側をこすってみようと思います。 ともあれ、どうせ駄目ならと全バラしてみたのですが、インクヘドロのみが原因の場合 インクヘッドを洗浄したら使えていたCanon ip4700ですが、またも6C10エラーが出てしまいました。, これまでは、ヘッドの分解清掃とカウンタリセットで基本使えるようになっていましたが、また発生してしまいました。しかも、今回はもう、どうクリーニングしてもリセットしても掃除しても全然復活できません。, 挙句の果てに、色々やってると電源を入れてから緑ランプが点灯スタンバイ状態になるまでに、緑と6C10エラーと同じくオレンジの交互点滅になるありさま・・・。流石に今回は諦めようかと思いましたが、こんなヤワなプリンターを日本企業が作っているという怒りと、こんな理不尽な理由でキャノンに儲けさせてたまるか!と言う意地( ̄皿 ̄で、なんとか直してやろうと考え直しました。結局原因はヘッドクリーニング機構の汚れ(パイプの詰まり)が原因でした。その修復方法を紹介します。, しかし!この作業はちょっと骨が折れるかもです。なので、時間の無い方は買い直した方が良いかもしれません。, まず、給紙トレイ蓋を上げ、このコーナー部分の内側から、穴にマイナスドライバーを上に沿って入れ、引っかかりを下に押し下げる。, するとコーナー部分は内側にスライドできます。 電源も入らない状態まで悪化してしまいました。 下手するとインク代で本体が買えてしまいそうな勢いです。 確か私もヘッドを外してみたのですが、どうもこれをやってしまうとクリアランスが崩れるようで、 押し下げると言うよりも、上側に沿ってマイナスドライバーを奥まで突っ込む方が取れやすいです。 確かに、固定ビスは奥まっている上に、ハーネス類が邪魔して付けにくいですね。 裏からドライヤーを当ててあげると改善しそうです 5本のインクカートリッジが認識されません。 インク吸収体の代替品・製品の心当たりがあれば併せてお願いいたします。, コメントありがとうございます。 これが正常な外れた状態になります。 どなたかの参考になれば、ウチのプリンターも浮かばれます ちなみに外すのは結構手間でした。写真がないので案内出来ませんがご了承ください。, 的外れな回答になってなければ良いですが、 本末転倒といって過言ではないと思います。 質問の意味外していたらごめんなさい。 ご意見参考にして、説明文を変更したいと思います。, 以前同型プリンターの修理の際、救われたものです。 ここまでくると、半永久的に使えるんじゃないと思ってしまいます。, コメント頂く際は、サイト上部メニュー内「筆者紹介、利用条件」を必ずご一読ください。, 押し下げると言うよりも、上側に沿ってマイナスドライバーを奥まで突っ込む方が取れやすいです。, 共有プリンタ追加時「操作を完了できませんでした (エラー 0x00000709)。プリンター名を再度チェックして、プリンターがネットワークに接続されていることを確認してください。」エラー, http://www.tomsword.com/weblog/demise-of-the-canon-ip4700/. ですので代替品としてはインクが流れ出ないようにする為、ガーゼでもティッシュペーパーでも何枚か重ねて置く等、何でもいいのではないかと思います。 組み上がりましたらご報告いたします。 また、マグネットの機能があるタイプのドライバーだとネジを取りやすいです。 ※力任せやテコでパネルをスライドさせると爪が折れますのでご注意!!, 次に、コーナー部分を外した所に、四角の穴の奥(図赤枠)に白い部分があるので、そこをマイナスドライバーで押し下げると、サイドカバーが外れてきます。これを左右で2か所ずつ計4か所行います。, これで側面が外れます。下部分が外れない場合は、カバー全体を下にずらすようにすると外れやすいです。, 同様に左側も同様に白い部分を押しロックを外し、更にコ型の穴にマイナスドライバーを刺して、手前にゆっくり引きながらパネル上部を手前外側に引くとカバーが外れます。(※ここは癖があってなかなか外れない場合があります。折れちゃったりしたらごめんなさい。) 追記:下側に丸いロックがあるので、それをマイナスドライバーで外せば楽に外れるようです。, 次にスイッチパネルを外します。 少しでもお役にたていれば幸いです。 ttps://youtu.be/e3L-H441hk4  ドライバーとビスネジをセロテープで巻く。 こちらの情報を参考にさせてもらい、昨年電源が入らなくなった機体でまずマスターしてから、今回壊れた機体を修理して見ました。 これは製品を大事に使ってもらいたいと言うコンセプトは全く無いという事ですね。 そして、満タンにした互換性カートリッジインクに交換し、プリントした所、完全復活しました。 幅6㎜の板ハーネスでは無理に引っ張ることもできず、立ち往生しています。 あまり参考にならない返答で面目ないです。, お世話になっております。結局「本体付きインク」iP2700(税別2,900)で手を打ちました。, ●マーク付きの帯を外して洗浄。 (1度目はプリンターヘッドのクリーニングで改善。) ケース分解法、大変参考になりました、ありがとうございます。, 私もクリーナー部分にヘッドが当たって、スムーズな動きをしない時があります。 IP4700 スイッチパネルの板ハーネスの外し方を教えていただけませんか。 あまりお勧めできないのですが、ダメ元という事であればチャレンジしてもいいかもしれません。 戻す時もハーネス自体に少し硬さがあるので、逆にそのまま奥まで刺してやる事で接続が完了します。 テレビ、ブルーレイレコーダーの故障も経験し、コスト削減尊重で作っている側も疲弊しているのだなと…, 分解清掃が改善には至りませんでしたが、お陰様で、プリンター構造の勉強になりました。 もとに戻して動くようになっても、ヘッドの動きが余計に悪くなってしまい、それで私も諦めました・・・。 拙いブログですが、また何かお役に立てれば幸いです。, IP4830(互換性カートリッジインク使用)、2度目の故障でほぼ同様な分解し、清掃しました。 そこまでは良かったのですが・・・ ‚¬?uƒGƒ”ƒ@VŒ€ê”ŁF”jvƒeƒXƒg—pƒX[ƒc—§‘̉», ƒpƒ\ƒRƒ“ > ƒvƒŠƒ“ƒ^ > ƒvƒŠƒ“ƒ^ CANON > PIXUS iP8600 >, © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 強制的に右端にヘッドを納めても(かなり、やけになってましたね、このとき)だめです。, 最終手段で、洗浄剤噴射!やけになってあちこち大量に何回かやっていたら、なんと復帰しました。, ここからは自分勝手な推定ですが、ヘッドクリーニング時に飛び散ったインクが悪さをしているようなので epsonプリンターの「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました」に絶望して新機種を購入する方も多いと思います。しかし、廃インクカウンター吸収パッドを自力交換&カウンターリセットは自力でも可能です。廃インク吸収パッドを交換したら、最後はカウンターリセットです。 が、回復できず、故障時の症状(BCI325カートリッジ空からのB200点滅)を思い出し、 結果また教えていただければ嬉しいです。, 本日年賀状を作っていると、10枚目を印刷したところで それでも駄目ならパーツクリーナーを更に大量ぶっ掛け、さらに駄目ならヘッドをむしり取って洗浄。 インク吸収体ですが、記事にありますように廃インク自体が粘度がある為、純正インク吸収体でもあまり役に立っていないようです。 それで周りに流れ出れば分解せずとも直る可能性はありますね。 エコを前面に出し新製品を推奨するのに、物を大事に使うと言う事は考えない。 「インク吸収体の交換が必要です 修理受付窓口へ交換をご依頼ください」が表示された場合は、インク吸収体を交換するまでプリンターをご利用できません。 お客様ご自身によるインク吸収体の交換はできません。 本製品の電源ボタンを押し、電源を切った上で、修理受付窓口にインク吸収体 1点だけ、正面左のカバーは右のスイッチパネルと同様に、底面に丸フックがありますので、そこを外せばコの字型の穴にドライバを挿し込む必要はありませんでした。, 何にせよ、6C10エラーが頻発するのが耐久性を無視した低コスト設計のせいなのは、前世代のiP4500と見比べても明らかなので、こういう機種でメーカー修理に出すのは馬鹿らしいですね。, 世の中の流れでしょうが、プリンターの価格は安く、インクは高い。インクで利益をだす方針なんでしょうが、高い 大名商売の企業が増えてきている気がします。, これを是正、自衛するには、やはりこういった一人ひとりの利用者からメッセージを発信して行く事しかないと思います。政治もしかり、国民や消費者の考えを無視して成り立たつものではないと思いますから。, iP4700の分解時に、大いに参考にさせていただきました。ありがとうございました。 何故こんなにも高いのか・・・。 ネット接続により互換性インクを排除しようとする動きがあるのかなと改めて感じました。, でも、分解してみて、2万円以下のプリンターでもこんなに複雑な構造で設計者には頭下がりますが… 確かに簡単には外れない構造になっていたと思います。 ご指導有難うございました。, 先日、iP4700プリンタに紙詰まりが発生し取り除いたのですが、2cm四方程度の紙が筐体内部に残り、場所はインクカートリッジの右側付近と推測したのですが、如何せん筐体の外し方(分解方法)が全くわかりません。長く使ったのと往復運賃・修理代金、ちょうど年賀状作成時期であること等を考え、新しく買い替えようと思い調べてみると、プリンタの本体価格はそこそこなのですが、インクの価格の高いこと高いこと。新しく買うプリンタの機種も決め発注もしましたが、たかが紙が詰まった程度で使い込んだiP4700は捨てがたく、そんな時にネットに分解方法が出てないかとふと思い、検索で本記載に偶然出会うことができました。結果、写真と文面を参考に、筐体内部の紙屑を見事に取り除くことが出来ました。本記事を掲載してくれたTOMSWORDさんには、感謝、感謝です。今後は、2台のプリンタを用途で使い分けていくことを考えています。ありがとうございました。, インクは本当に高いですね。 そこでコケたら、ばらばらに破壊してゴミ出しになりそうです(環境配慮のRoHS対応だし)。, お返事ありがとうございました。 はじめたのですが、結局動かず写真を参考に分解清掃を行いました 自分の不具合はヘッドがガコンとなにかにあたって跳ね上がるのです。, 壊れてれてもいいやと大胆にケースをばらして(分解法、大変参考になりました、ありがとうございます)。, 観察すると、インク受け(?)が上昇位置にあるのとヘッドがガコンと衝突してしまうのが問題なようです。 何か隠れたセンサーがあるのでしょうか。 なにかそのあたりに打開策が隠れているような気がしてきました。, ip4700エラー6C10直ったみたいです。Google 検索でその数の多さに驚きました。で、こちらに着陸です。, ヘッド周りの洗浄では解決せず、半分あきらめてヨドバシで次機種の選定を始めつつ、ふと気づいたのですが、 みなさん同じように症状に陥っているようです。 ネット接続で使用できないよう、B200点滅(修理依頼)を促されていたようです。 この板ハーネスは、ハーネスの先にコネクタ等が付いているタイプではないので、そのまま生えている方向にゆっくり引っ張ると、ハーネスだけ抜けます。(写真の状態) お役に立てばと返信させて頂きます。, 純正インク制御がかかっているとは知りませんでした。 互換性カートリッジインク(&更にインク補充)はICチップ用リセッターでリセットし、 「インク吸収体」とは「廃インク」を吸収している部品の名称です。 「インクタンクの警告メッセージが表示」された。 (例) 「本体の電源ランプがオレンジ色に8回点滅している。」 インク吸収体がもうすぐ満杯になることを知らせています。 インク吸収体は満杯状態です。 交換しないとプリンターは一切作動しません。 これはインク漏れなどを防ぐため 安全上の仕組みで、どのメーカーも作動しないようになっています。 エラーの対処. 直ることを祈っております。, お世話になります。 直ることを祈っております。 大変分かりやすく、たくさんのことを参考にさせていただきました。本当にありがとうございました。, 元々、キャノンはヘッド制御が良くないんでしょうか。 これ以上トライアルしても精神衛生上良くないので、見切りをつけました。 思いがけないトラブルが有るものですね。 こちらにたどり着き機種も全く同じでしたのでサイトを見ながら 再度解体するも原因が解ろうはずもなく、あえなく撃沈しました。, 深い位置のビス締は、 残念ながら、製品としては私は見たことがありません。, 質問の意味、的中です。 canonプリンタ ip4300の廃インク吸収体が一杯になると印刷できなくなります。メーカーに修理依頼すると安いプリンタが購入できる程度の価格になるので、自分で廃インク吸収体を取り出して洗浄する方法をご紹介します。  ドライバーにビスネジをはめる。 無事外れたようで良かったです。  ビスネジ側のセロテープはビスネジが落ちない程度, これで楽にビスネジの脱着ができました。 そのあたり調べてみたいと思います。, 今回6C10が発生し、何とかならないかと調べていたら 以上, 作業お疲れ様でした。 今回の記事も、大変参考になりました。 貴殿のように掲載してくれる方が沢山いらっしゃることに頭下がります。 ブラウザのJavaScriptが有効になっていないか、ブラウザがこのサイトで使用されるJavaScriptの機能を十分にサポートしていない可能性があります。, 「インク吸収体の交換が必要です 修理受付窓口へ交換をご依頼ください」が表示された場合は、インク吸収体を交換するまでプリンターをご利用できません。, 本製品の電源ボタンを押し、電源を切った上で、修理受付窓口にインク吸収体の交換をご依頼ください。, 【らくらく買替便】なら最短翌日でプリンターをお届けし、ご購入後にお申込みいただくことでご利用されていた古いプリンター本体を下取り回収いたします。, 【インクジェットプリンター】インク吸収体の交換が必要です (PIXUS MG8130), インク吸収体とは、クリーニングなどで吸い出されたインクを吸収させるための部品です。, きれいな印刷を保つ為、クリーニングで吸い出されたインクは、製品内部の「インク吸収体」に吸収されます。インク吸収体は満杯になると交換が必要です。お客様ご自身での交換はできませんので、メッセージが表示されたら、お早めに修理受付窓口にご連絡ください。, 製品を立てたり傾けたりすると、製品がダメージを受けたり、まれに本体からインクが漏れるおそれがあります。修理依頼でプリンターを移動させる際には、製品本体を傾けないようご注意ください。, 【インクジェットプリンター】インク吸収体の交換が必要です (PIXUS MG6130), 【インクジェットプリンター】インク吸収体の交換が必要です (PIXUS MX870), 【インクジェットプリンター】インク吸収体の交換が必要です (PIXUS MP493), 【インクジェットプリンター】インク吸収体の交換が必要です (PIXUS iP4830), 【インクジェットプリンター】インク吸収体の交換が必要です(PIXUS MP990). –³’f“]Ú‹ÖŽ~, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. 又の機会もよろしくお願いいたします。 インクの準備噴射がされていないことに気づきました。 インク受け周りに噴いたのが効いたみたいです。洗浄剤はハヤトールNXです。アルカリ系とあるので 右側側面のネジひとつ(2つ並んでいる右側)を外します。, 左側と同じように、右側にあるコの字の穴にマイナスドライバーを刺し、手前にゆっくりテコの要領で引きながら、スイッチパネル上部を手前外側に引くと外れます。(※左側と同じく、癖があってなかなか外れない場合があります。), 勝手に外れる場合もありますが、パネル右側上下の爪を外し、本体正面から見て右下側へスライドさせるように外します。, 外れたら、本体と繋がっている板ハーネス(フラットケーブル)を抜きます。続いて、本体を外す為に前もって②のネジを外しておきます。, 次に全面のスイッチパネルの右横に同じような穴がありますので、同様にドライバーをさしてロックを解きます。 http://www.tomsword.com/weblog/demise-of-the-canon-ip4700/ ヘッドユニットの裏側に、KUREパーツクリーナー・プラスチックセーフを注入し、エアダスター。  新しいプリンターを買わずにすみました。ありがとうございました。, コメントありがとうございます。 どうも有り難うございました。, やはりというか・・・、駄目でしたか(TT いつまで持つか判りませんが、とりあえず、気分は良いです。 「インク吸収体が満杯」との、警告が出たのでサイトを見ながら解体中なのですが、 幅6㎜の板ハーネスでは無理に引っ張ることもできず、立ち往生しています。 インク吸収体の代替品・製品の心当たりがあれば併せてお願いいたします。 で、純正カートリッジ(インク補充)を再セットしたところ、B200が表示されず、予備動作開始しました。 そこで、ネットで探して、隠しコマンド発見、プリンター復活が、1か月は順調に動作しました。 こちらを見ながら分解をし、インクの溜まりなどを洗って元に戻したところ、何とか復活して動くようになりました。 インク受けは上下する機構になっているのですが、ヘッドとの位置関係のセンサーに不具合があるのか、 それにしても、新しいプリンタってかなり安いんですね・・・。, 管理人様、返信遅れまして申し訳ありません。 仕方なく、中古品を購入して使っていましたが、また全く同じ症状で使えなくなってしまいました。