ドコモ、Xperia 5ⅡやAQUOS sense4を発表 機種別キャンペーンやオンラインショップ限定... 楽天モバイル新キャンペーン!実質0円スマホ、事務手数料も無料化、SIMのみ高還元ポイントなど. 『arrows 5G F-51A』の特徴をピックアップ! まずはレビューの前にarrows 5Gの持つ特徴やメーカーが推している部分を確認していきましょう。 1:6.7インチの大画面で171g、厚さ7.4㎜のボディ構造. arrows 5Gは5Gスマホの中でも大画面さが特徴のスマホになっています。 ドコモの5G端末として登場した「arrows 5G(F-51A)(F-51A)」。久々の富士通のハイエンドモデルです。実機を入手したので使って良かったところ、イマイチに感じた部分をレビューで … 楽天モバイル新キャンペーン!実質0円スマホ、事務手数料も無料化、SIMのみ高還元... Rakuten UN-LIMIT Vキャンペーン開始!SIMのみ契約でも6,00... iPhone SEをY!mobile/UQモバイルで利用するメリットは、価格の安... 楽天モバイル、AQUOS sense3 liteとOPPO A5 2020が実質... OPPO A5 2020レビュー 1円や0円セールが多発する超低価格ミドルレンジ... OPPO Reno3 Aレビュー RenoA後継機種というよりはOPPO A5 ... 楽天モバイル、AQUOS sense3 liteとOPPO A5 2020を実質... AQUOS R5Gでゲームアプリが正しく動かない場合の対処法【荒野行動/第五人格... BIGLOBEの格安SIM、キャンペーン値引きやスマホの高額ポイント還元情報まとめ【11/4~】. Xperia 10Ⅱ(SO-41A/SOV43)レビュー スペックアップ&バッテリー持ち向上で使いやす... Mi 10 Lite 5G XIG01レビュー auにおける高性能格安スマホとしておすすめできる1台. Xperia 1Ⅱの写真・カメラをiPhone 11 ProやGalaxy S20、Xperia 1と... Galaxy S20レビュー カメラ性能の良さが目立ち、高性能で持ちやすく気持ちの良い体感ができる1台. 富士通 arrows 5G F-51A docomoの最安値を見つけよう!全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comならでは。製品レビューやクチコミもあります。 教えていただきたいのですが、カメラのパートで撮影されたハンバーグの上にアボガドが乗っかった(様に見える)料理は何でしょうか?美味しそうなので差し支えなければメニュー名をご教示いただけませんか?, 確かアボカドだったのでアボカドハンバーグ的な名前だったのを記憶しています。 楽天モバイルが11月4日から12月1日まで、新たなキャンペーンを行っています。 今回のキャンペーンにおいては 相変わらずのポイント高還元 いくつかのスマホで定価が下がった上にスマホセットに最大28,000ポイントの還元で実質価格が安い これ... arrows 5G F-51Aレビュー 軽量大画面なハイスペックだがarrowsらしい機能が少なくなって物足りなさを... arrows 5G F-51Aレビュー 軽量大画面なハイスペックだがarrowsらしい機能が少なくなって物足りなさを感じる1台. NTTドコモの「arrows 5G F-51A」(以下、arrows 5G)は、富士通のスマートフォン「arrows」シリーズとしては3年ぶりのハイエンドモデルだ。 Snapdragon/スナドラ 765G/730G/720G/665スマホのまとめ ベンチマーク、動作... OPPO A5 2020レビュー 1円や0円セールが多発する超低価格ミドルレンジスマホ, Redmi Note 9Sレビュー 2万円台でSnapdragon 720Gを搭載した驚異のコスパスマホ. 国内大手3キャリアと呼ばれる 「Docomo」「au」「Softbank」のうち、arrows 5Gを利用できるのはDocomoのみ となっています。 arrows 5G(F-51A)を購入するにあたって、どこのキャリアでは発売されるか重要ですね。 今のところ、arrows 5G(F-51A)のキャリアは次の通り。 Docomo . 正確な名前とかお店の名前は記憶してないのですが・・・、とりあえず町田のお店で撮ったやつですね。. 富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン、arrows 5G F-51Aの製品紹介ページです。【超速の一矢。5Gミリ波が放つ未体験のスピード。日本生まれの超速5Gスマートフォン。 NTTドコモから2020年7月30日に発売された富士通の5Gスマートフォン「arrows 5G」は、arrowsシリーズとしては約3年ぶりのハイエンドモデルとなる。今もファンの多い富士通製端末だが、かつての大文字「ARROWS」時代とは雰囲気の異なる製品となっていた。, NTTドコモの「arrows 5G F-51A」(以下、arrows 5G)は、富士通のスマートフォン「arrows」シリーズとしては3年ぶりのハイエンドモデルだ。価格.comの「スマートフォン・携帯電話」カテゴリーにおける人気ランキングは16位で、レビュー投稿数は18件、満足度は4.33ポイントと、低価格な製品が人気の中心を占める中では比較的善戦している(いずれも2020年8月16日時点の数値)。, そんな「arrows 5G」だが、実は富士通単独の設計ではなく、Snapdragonシリーズを製造する米・クアルコム社との協業によるリファレンスモデルが母体となっている。このリファレンスモデルは、5Gで使われる新しい周波数帯「ミリ波」エリアでの安定した通信を追求したもので、本機も5G通信では、Sub-6とミリ波の両方に対応している。, 「arrows 5G」のボディは、約76(幅)×164(高さ)×7.7(厚さ)mm、重量約171gという薄型・軽量設計だ。このボディに3,120×1,440のQHD+表示に対応した約6.7インチの有機ELディスプレイを搭載している。手にとって真っ先に感じるのはその薄さと軽さだ。従来の4G向けアンテナなどに加えて3基のミリ波用アンテナを搭載しながらこれだけコンパクトにまとめられているのはすごい。なお、このボディは、従来のarrowsシリーズで特徴的だったタフネス仕様ではないが、IPX5/8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様をクリアしている。また、家庭用の泡タイプのハンドソープまたは液体の食器用洗剤を使って洗うことも可能だ。これまでも「arrows Be」シリーズのように、低価格モデルでは洗剤で洗えるものはあったが、ハイエンドモデルでは珍しい。, ボディ前面はハイエンドモデルらしく、全面ディスプレイという感じの狭額縁設計。背面は樹脂製で複雑なグラデーションの塗装とパターンがプリントされている, 約7.7mmという薄型ボディが特徴。富士通では、ミリ波対応の5Gスマホとしては世界最薄であるとしている, ボディは石けんで洗うことができる。しかも耐洗浄性能は、3年間毎日石けんで洗うことを想定して設計されているという, 本機の有機ELディスプレイは大画面かつ解像度も高く、発色も良好だ。機能面でも、ディスプレイ指紋認証や、フロントカメラを収めたパンチホール、長辺がわずかに湾曲した曲面ディスプレイなど、ライバル機と比べても見劣りしない。ただ、パンチホールのサイズがかなり大きい。また、今期のハイエンドモデルでは対応している製品の多い、倍速駆動には対応していない。リフレッシュレートは60Hzのままなので、スクロールのなめらかさや残像感では見劣りを感じる面は否めず、この点はあとひとがんばりしてほしかったところだ。, パンチホールを備えた曲面ディスプレイを採用し、狭額縁設計と手になじみやすいデザインを実現している, 画面右上に大きくくりぬかれたパンチホールはかなり存在感がある。あとひと回り小さくできれば、よりハイエンドモデルらしい高級感が感じられただろう, ボディ下面にUSB Type-Cポートを搭載する。ヘッドホン端子は非搭載だが、USB Type-Cポート→ヘッドホン端子の変換アダプターが同梱される, そのほかの機能面では、FeliCaポートとNFCポートを搭載しているが、フルセグ・ワンセグのテレビチューナーは非搭載。虹彩認証機能や、指紋認証センサーを使って画面の拡大やスクロールが行える富士通独自の機能「エクスライダー(Exlider)」も搭載が見送られている。かつてのarrowsシリーズのハイエンドモデルと言えば、ライバルをしのぐ多機能が特徴だったが、本機は、クアルコムとの協業によるリファレンスモデルがベースであるため、ハードウェアはかなりシンプルだ。, そのいっぽう、新しい機能として、本機をファイルサーバーとして利用する「FASTシェア」や、「arrows Be4」にも搭載されていた指紋センサーを使ってアプリの起動を素早く行う「FAST フィンガーランチャー」 が搭載されている。「FASTシェア」は近隣のスマートフォンとのファイル共有のための機能だが、クライアント側のアプリとしてWebブラウザーを使い、認証にはQRコードを使うなど、誰でも簡単に扱えるように工夫されている。また、ゲーム最適化機能の「快適ゲーミング」も新搭載されている。, 「FASTシェア」は本機を一時的なファイルサーバーにし、外部端末からはWebブラウザーを使ってアクセスするというもの。QRコードを使うことで認証を簡略化させており、簡単にアクセスできる, 「arrows Be4」にも搭載されていた指紋認証とリンクしたアプリランチャー「FAST フィンガーランチャー」を搭載している, ゲーム最適化機能の「快適ゲーミング」が新たに搭載された。CPUの処理性能を最適化させる「CPUブースト」を搭載するほか、Android 10に実装されている「Wi-Fiローテイテンシー」機能をアクティブにする設定が行える。また、ボタンひとつでスクリーンショットを撮影する機能も搭載されている, 本機に搭載されるSoCは、最新世代のハイエンド向けSoC「Snapdragon 865」だ。このSoCは、サムスン「Galaxy S20」シリーズや、ソニーモバイル「Xperia 1 II」、シャープ「AQUOS R5G」などにも搭載されている、ハイエンド5Gスマホではおなじみのもの。このほか、メモリーは8GB、ストレージは128GB、最大1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSはAndroid 10だ。なお、SoCの冷却には、薄型のベイバーチャンバー冷却システムを搭載しており、効果的な冷却が行える。, 実際の処理性能を定番のベンチマークアプリ「AnTuTuベンチマーク」を使って計測したところ、総合スコアは468,137(内訳、CPU:131,675、GPU:186,769、MEM:78,828、UX:70,865)となった。このスコアを、SoCとメモリー容量が同じ「Xperia 1 II」の534,780(内訳、CPU:180,265、GPU:203,882、MEM:79,315、UX:71,818)と比較すると、明らかに数値が低いことがわかる。その理由は、本機は、発熱やバッテリー消費を抑えるためにSoCの処理性能にあえて制限がかけられているためだ。なお、この制限は、ゲーム最適化機能「快適ゲーミング」で解除できる。, 左がベイパーチャンバーのないもので、右があるもの。サーモグラフィで発熱の様子を比較すると、ベイパーチャンバーはSoCの熱をボディ全体に拡散させていることが分かる, 本機のAnTuTuベンチマークの計測結果。総合スコアは46万ポイント台となった。「Snapdragon 865」搭載機では60万ポイントに迫るものも少なくないが、本機の処理性能は初期状態ではあえて抑えられており、スコアはあまり伸びなかった, 本機のメインカメラは、約1,630万画素の超広角カメラ(焦点距離16mm)、標準カメラとなる約4,800万画素の広角カメラ(焦点距離25mm)、約800万画素の望遠カメラ(焦点距離約78mm)という組み合わせのトリプルカメラだ。超広角カメラを基準とした場合、約4.8倍の光学ズームが行える。なお、フロントカメラは約3,200万画素だ。本機のカメラはフォトレタッチアプリ「Adobe Photoshop Express」との連携機能が備わっており、同アプリを使った画質調整が自動で行えるのが特徴。また、AIを使ったシーン認識機能や、最適な一瞬をAIが判断する「AIオートショット」機能も備えている。, 以下に、本機のメインカメラを使った作例を掲載する。初期設定のままカメラ任せのオートモードまたは、「Photoshop Express」モードを使用している。, 超広角カメラで蓮池を撮影。周辺部分の画質が少し荒れており、空のハイライト部分が白飛びしかかっているものの、明るい日中のためノイズは抑えられている, 上と同じシーンを広角カメラに切り替えて撮影。構図手前の蓮の葉脈の解像感や花の色味も良好で、青空や雲の表現も自然だ, 左が補正なしのもの、右がPhotoshop Expressの補正をかけたもの。蓮の花の色彩を見ると違いがわかりやすいだろう。なお、Photoshop Expressモードは広角カメラのみで利用できる, 超広角カメラで夜景を手持ちで撮影。手ぶれは抑えられているがハイライト部分が一部白飛びしているほか地面にもノイズが現われ始めている。感度はISO1600だったが、これ以上の高感度になるとノイズが顕著になる, 上と同じシーンを広角カメラに切り替えて撮影。階調の表現力やディテールの再現度など、上の超広角カメラや下の望遠カメラより明らかにすぐれている。夜景を撮りたいならこちらのカメラを使いたい, 上記2枚と同じシーンを望遠カメラに切り替えて撮影。ノイズは少ないものの少しぼんやりとした印象だ。これ以上暗い構図になるとノイズが目立ってくる, ハイエンドスマートフォンでは、カメラの画質競争が年々激化している。本機は、富士通としては3年ぶりのハイエンドモデルとなるが、超広角、広角、望遠というトリプルカメラを搭載しており、スペックだけ見れば、ライバルに対して大きな見劣りはしない。ただし、高感度撮影機能などでは見劣りする部分も見られる。, 本機は4,070mAhのバッテリーを搭載する。スペックを見ると「電池持ち時間」は約110時間(5Gエリア)/約125時間(4Gエリア)となっており、競合モデルと比較してもほぼ同レベル。実際の電池持ちだが、今回の検証は7日間行い、1日3時間(ゲーム1時間を含む)程度利用したところ、48時間前後でバッテリーはゼロになった。丸1日は余裕で持ち、使い方によっては2日近く持つバッテリー性能と言えそうだ。, なお、NTTドコモで最高性能の充電器「ACアダプタ 07」を使ってもフル充電には約170分かかった。急速充電の性能はさほど高くないようだ。, クアルコムとの協業によるリファレンスモデルをベースとして3年ぶりにハイエンドモデルとして復活した「arrows 5G」。FeliCaポートは搭載するもののハードウェア的には比較的シンプルな内容で、その魅力は、薄さと軽さを両立したボディと、5Gのミリ波への最適化にある。ただし、NTTドコモのミリ波5Gサービスは今夏以降の開始予定で、まだ始まっていないため、その魅力をすぐに感じることはできないのが残念だ。, 気になった点としては、ベイバーチャンバー冷却システムを組み合わせたハイエンドSoCを搭載しているにもかかわらず、初期設定では処理性能に制限がかけられている点だ。また、カメラ機能も、年々レベルが上がる競合モデルと比較すると見劣りする感は否めない。石けんで洗えるものの、富士通のスマホとしては珍しくタフネスボディではない点にも注意が必要だろう。, 最後に価格だ。本機はNTTドコモのWeb直販サイト「ドコモオンラインショップ」では、112,508円(税込、5G WELCOME割適用時の価格)となっており、本機と同じくミリ波対応のサムスン「Galaxy S20+ 5G」との差額は約3,000円となっている。「Galaxy S20+ 5G」は12GBのメモリーを備えるうえに、カメラの性能もかなり高い。いっぽう本機は、0.1mm違いではあるがボディが薄く軽い、そして衛生的に使えるという利点がある。あとはミリ波のつかみ具合だが、これはミリ波サービスが始まるまでのお預けといったところだ。, FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。 約3年ぶりに復活。石けんで洗えるハイエンドモデル. 富士通から発売されているarrows 5G F-51Aについてお借りすることができたのでそちらのレビューを行っていきます。, 過去のモデルの不評が結構尾を引いているarrowsシリーズですが、個人的にはarrows NX F-01K辺りからその機能性の豊富さといったところに強く魅力を感じており、評価として結構高いものを与えてきています。, 今回のモデルはそうした機能性の豊富さを継承しながら、かなり久しぶりにハイエンドモデルを投入してきたために、使いやすさと性能を両立させたバランスの良い機種といったものが出来上がったのではないかと期待されます。, 注目度は低めかもしれませんが、どれほどの機能や性能があるのかといったところを検証しているので、ぜひレビューを見ていってもらえればと思います。, Xperia 1Ⅱ(SO-51A/SOG01)レビュー 機能の追加で便利になったがバッテリー周りに不安あり | スマホ辞典, AQUOS R5G レビュー 万能スマホとして高いバランスの良さを見せる安心のハイエンドモデル | スマホ辞典, Galaxy S20レビュー カメラ性能の良さが目立ち、高性能で持ちやすく気持ちの良い体感ができる1台 | スマホ辞典, まずはレビューの前にarrows 5Gの持つ特徴やメーカーが推している部分を確認していきましょう。, arrows 5Gは5Gスマホの中でも大画面さが特徴のスマホになっています。6.7インチの有機ELでQuad HD+の解像度となっています。, こうした大画面モデルになると、スマホとして大きくて重たいものになってしまいがちですが、このarrows 5Gは使いやすさを維持した171gという重量と本体の厚みも7.4㎜という薄さを実現しており、サイズを考慮すれば十分に軽いスマホになっています。, 大画面でありながらある程度使いやすさを維持してくれる軽さと薄さといったものがあるのは一つの特徴です。, 他の5Gスマホ、Snapdragon 865搭載スマホの共通の問題としてあるのが発熱のしやすさ。, CPUや5Gモデムといったところが発熱がしやすいものになっているのか、結構な熱を持ってしまうのが多くの機種で見られます。, このarrows 5GではGalaxy Sシリーズの中でもプラスシリーズに搭載されているベイパーチャンバー機構を用意し、発熱を抑える工夫が施されています。, 具体的にこの機構がどれだけ効果を発揮しているか、といったところについては発熱の検証部分で用意しているので見てもらえればと思います。, arrows 5Gは久しぶりのハイエンドモデルとして登場することになるarrowsであり、ハイエンド向けの機能・性能といったところで初お披露目のものが多く用意されています。, 中でも今回はカメラがハイエンド向けに3眼仕様となり、デュアルフラッシュや独自のソフトウェアなど「富士通の本気のスマホカメラ」といったものを見ることができるようになっています。, さらにデフォルトのカメラアプリにPhotoshop expressを連携させており、撮影した写真をPhotoshopによって最初から自動修正させて綺麗にすることもできるようになっています。, これまでミドルレンジモデルを中心に展開していく中で動作の安定感や機能性の高さといったところが着実に評価されてきたわけですが、そうした中で満を持してのハイエンド向け市場に復帰をしてきています。, ハイエンド市場で要求される性能やカメラといったものがどれだけ進化しているのか、というのをこれからのレビューで見ていきます。, ボディの中間より少し下というところに位置しており、片手だと正直押しにくい部分にはあります。, 遠目には伝わりませんが、波状のテスクチャ-とグラデーションが高級感を感じさせるものになっています。, せっかく大画面で軽いスマホですが、ケースやカバーを付けてカメラの段差を解消しておきたいところです。, 性能に関するベンチマークについては最もポピュラーなAntutu Benchmarkアプリを利用し確認していきます。, こちらの数値を他のモデルと比較していくことで、arrows 5Gの実力がどの程度あるかというのを確かめてみます。, 基本的に数値としては20万点を超えるようになると普通の使い方なら体感での差は少なくなり、ゲームなど一部の重いアプリの挙動に差が見えるのみになってきます。, Snapdragon 865という最新の高性能CPUを搭載しているのがarrows 5Gですが、そのベンチスコアの数値は他の同一CPU採用機種と比べても1段低めです。, これはわりと衝撃的な結果かと思います。初期の頃は45万点前後で留まることも多く、Snapdragon 855相当のスコアしかでないことも珍しくありませんでした。, Snapdragon 865にしては低いこのスコアの意図はわかりませんが、クロックダウンをさせてバッテリー消費や発熱といったものを抑える意図があるのかもしれません。, ベンチスコアはゲームモードを適用させてCPUブーストをかけても高くはならないため、他社のスマホのような55万点前後という数字をだすのが難しいものになっています。, ベンチスコアはあくまでも参考程度の役割かと思いますが、それでもスコア差が大きいというのは気になる部分です。, 普段の操作やゲームとかの場面でも大きな操作性の違いはそもそもの性能的に少ないかと思いますが、せっかく現状最高スペックかつ高額なモデルを契約したにも関わらず性能が抑えられているような挙動を見せるというのは、今あえてハイエンドモデルを買う層にとっては納得しにくい仕様かと思います。, 性能は抑えられててもバッテリー性能や発熱への影響を少なくしながら動きの良いミドルレンジモデルが増えている中で、あえて最上位のCPUの性能を抑えているモデルにどれだけの価値や意味があるのか、というのは気になります。, バッテリー持ちについても複数の状況下で検証をしているので参考にしてもらえればと思います。, バッテリー性能に関しては特にCPUの制御を抑えた効果というのも見られず、他のSnapdragon 865スマホと同様かあるいはそれ以上・それ以下と感じられるところもあり不安定です。, 表示を何もさせない状態で放置していてもしっかりと減っていってしまうため、充電を忘れると2日目の使用というのが結構難しく感じます。, さらにAlways On Display的な機能をオンにした場合、電池消費が恐ろしいほどに激しくなってちょっと異常なほどに減っていきます。, 後述もしていますがAlways On Display的な機能は用意されてはいるものの、実用性といったものはないといえるでしょう。, ドコモ公式のスペックとして待ち受け時間はAQUOS R5Gより上であるとされていますが、, 100時間近くarrows 5Gが上の数値を残しているのが本当なのか疑わしいです。, 自分の使い方、検証の結果としてはAQUOS R5Gよりも特に待機中の電池持ちは減りやすいというのを感じられたため、利用の仕方によってはこの公式スペック通りの結果にはならない、という点には注意をしてください。, 後述している発熱が冷めやすいという特性があるゆえに、長時間の持続的なアプリ利用において熱によるダメージが抑えられている、のかもしれません。, 待機中の電池持ちは悪い一方でゲーム中の電池持ちは良いという少し不思議な挙動になっています。, 発熱に関してはAntutuを連続で起動し、Antutuアプリで観測した数値を確認していきます。, まず結果としては比較3機種の中では一番発熱が高いというものになっていますが、あくまでこれは瞬間的な発熱の高さというものということを補足しておきます。, 瞬間的には特にCPU温度の熱は高いようですが、arrows 5Gは放熱性能が高いために結構熱が引くのが早いです。, そのため今回の検証の数値よりも実際の運用においては発熱といったものの体感値は低くなります。, ゲームなんかの継続的な負荷のかかる操作においては、ベイパーチャンバーによる放熱性の高さが良い作用を働いているのか、よほど発熱を伴うアプリじゃない限りは発熱を気にしなくていい余裕を持った操作というのが出来ます。, 一応検証では発熱の高さというのが見られますが、そもそものバッテリー温度の安定感やCPUの熱の放熱性といったところが優秀なためにこの部分は評価できる部分となるでしょう。, 「荒野行動」「第五人格」などの操作においてなにか不満を感じるところ、というのはありません。, またゲームの高負荷なベンチマークとして最近利用している「フォートナイト」においては気になる挙動があります。, 一瞬ではあるものの操作をしていてカクついたり、画質の劣化といったものが他のSnapdragon 865スマホに比べると感じられました。, 基本的な操作に支障はないものの、ハイエンドモデルのスマホである、という見方をして操作をしているとところどころ「あれ?」と思わせる部分があるのは確かです。, これが先ほどのAntutuベンチマークスコアの低さと関係があるのかどうか気になりますが、超高負荷なゲームにおいて他のSDM865スマホに比べて気になる動きの質というのが見られるため、ゲーム向けとして選ぶ場合には若干の注意が必要になってくるでしょう。, arrowsのゲーミング機能としては「快適ゲーミング設定」といったものが用意されています。, CPUブーストをオンにしても特にベンチスコアが変わるということが無かったため、どれほどの効果があるのかは多少疑問もありますが、ゲーム向けかつ集中してプレイできる環境というのが作られています。, 続いてはarrows 5Gのカメラ性能についてを実際の写真と共に確認していこうと思います。, arrows 5Gのカメラ設定においてAIモードを用意していますが、こちらを適用するとHDRの常時適用ができません(ただしAI判定で必要と判断された場合にはHDRは都度適用される)。, 一方でHDRを常時オンにするとAIモード及び手ぶれ補正などのカメラ設定が有効化されません。, この辺りAIによるシーン判定にかかる時間や自動補正としてのPhotoshopの存在を考慮しながら、自分に合った設定を決めるようにした方がarrows 5Gのカメラは使いやすくなるでしょう。ちなみにAI判定は正確さよりもシーンごとにユーザーに選んでもらう形を優先しており、比較的判定は早いです。, そのためHDRを手動でオンにしなくてもHDRをオンにされるAI設定での撮影というのが瞬時にできる可能性が高くなっているので個人的にはAI優先でいいかと思います。, サイトの容量の関係上、オリジナルファイルを圧縮してアップしていますがご了承ください。, 多少の白飛びなんかは逆光下において発生してしまいますが、写真として問題になるようなレベルではないためにある程度の実用性というのは高いかと思います。, 最初の2枚ぐらいの光量のある場面ならまだなんとかなるものの、光源が少ないシーンにおいてはかなりノイジーな写真に仕上がってしまいます。, 夜景モード自体はないものの一応AIモードで低照度向けの撮影は可能ですが、それにしても10万円を超える価格のスマホとしては夜景撮影能力が低いといわざるを得ません。, この暗い場面での撮影能力の高さというのは、他のスマホにおいては高価格帯のスマホを買う意味の一つとなっている中で、arrows 5Gの撮影能力の低さ・弱さというのはネガティブな評価となってくるポイントになります。, 最近のスマホのカメラ性能といったところは、各メーカーの画像修正ソフトウェアの性能に依存しているところがあるわけですが、富士通ではその独自のソフトウェア周りの写真修正といったものを自社で行うのではなく既存の外部アプリに任せるという方法を採用しています。, こちらのアプリ機能を使った撮影を行うと、「通常のカメラで撮影した写真」と「Photoshopで自動補正された写真」の2つが記録されます。, 自動で明るさや彩度といったところを補正して綺麗な写真にしてくれ、なおかつそれが気に入らなくても元の写真は残っているために、別の修正をかけることができます。, 左がPhotoshop Expressによる自動加工、右が同時に保存されたオリジナルの写真です。, 先ほどの通常カメラといくつか同じシーンでの撮影をしていますが、そちらと比べるとPhotoshop Expressでは大分加工がされていますし、オリジナルとして保存された画像といったところも通常カメラ撮影とまた異なるものになっているのがわかります。, 明るい場所では暖色強めの処理が行われ、オリジナルとされる写真も白飛びが感じられる点、さらに暗い場面での撮影においてどちらもノイズが激しく出てしまっているという点から、あえてPhotoshop Expressを使わずに通常のカメラで撮影するのが最適解かと個人的には感じます。, 画像の修正を外部のアプリに任せるという面白い試みでしたが、デフォルトのカメラ性能やアプリの性能といったところが足らない部分があったのか、イマイチな結果になってしまっています。, このPhotoshopモードでは撮影したその場で自動修正をかけるため、その修正処理が行われている間は次の写真が撮れないという注意点があります。, その場で連続して撮りたい場合や角度を変えて色々なパターンを撮りたい場合には、このモードだと不向き・時間がかかるというものになっています。, また超広角レンズに非対応で、ズームなども通常のカメラモードのようにワンタッチで切り替えができるようにはなっていないため、若干の使いづらさというのが上がってしまいます。, 動画撮影能力といったところも確認をしていますが、そちらについては後日アップ予定のYouTubeのレビュー動画の方に任せます。, 長時間撮る際にはそこまで気にはなりませんが、短時間の動画をいくつも撮りたいという場合にはストレスを感じる問題点になっています。, ここからは実際にarrows 5Gを触ってみて、感じたポジティブな・ネガティブなポイントといったところをレビューとしてまとめていきたいと思います。, ここ数年のarrowsシリーズの良さはソフトウェア面において充実した便利機能を用意している点です。, 性能面でミドルレンジモデルと呼ばれる機種を中心に展開していく中で、機能面を充実させたことによってファンが増えたのを感じています。, このarrows 5Gにおいても過去のarrowsに搭載された評判の良い機能が継承されているためにそこは評価できるポイントです。, 個人的には文字入力アプリでは最強と感じているのがこちらのアプリで、早く有料アプリとしてでもいいから他のスマホにも開放してもらいたいと感じている、arrowsシリーズ専用のIMEです。, こちらのATOK ULTIASは滑らかにフリック入力ができた上に、手書き入力の切り替えなんかもスムーズに行えて認識もよく、既存のATOK以上に使いやすい文字入力アプリになっています。, 可能であればこのアプリを全ての所有スマホに入れておきたいと思えるほどに使いやすい文字入力アプリなので、こちらが今回もarrowsシリーズに搭載されている点は高く評価できます。, ミドルレンジモデルで利用した時に感じるそのフリックの滑らかさと軽さというのは、流石にハイエンドモデルのarrows 5Gだと当たり前に感じられて相対的にインパクトは薄いですが、このarrowsだけが使えるATOK ULTIASの存在はarrows 5Gのポジティブなポイントに確実になるはずです。, ショートカットランチャーであるスライドインランチャー機能ももちろんハイエンドモデルでも継続しています。, 今回は今までと異なり左右2か所のスライドインスポットからショートカットランチャーを引き出せるものになっています。画面端で複数の選択肢があった過去の機能と比べると少し自由度は下がります。, 呼び出せるのはショートカットのみとなっており、4つのプリセットを用意しておくことができます。, アプリ上からわざわざホーム画面なんかに戻らずにお気に入りのアプリを呼び出せるので、よりスムーズな操作を行うことができるようになっていてかなり便利です。, キャプメモのようなスクショに書き込みを入れる機能や非常にコピペが楽になるなぞってコピーも継承しています。, 特に個人的にはなぞってコピーは利便性が高いために活用を積極的におすすめしていきたい機能になっています。, 画面を長押しすることなくなぞるだけで文章をコピーでき、その場で共有するアプリなんかにすぐに変遷することが出来ます。, 長押しが効かないアプリ・画面表示でもこのなぞってコピーを使えば文章をコピー出来るようになるので、arrows 5Gを使っていくならこの機能は文章コピーの際に積極的に利用する習慣を付けておくといいでしょう。, キャプメモはマーカーを簡単に付けられるというのが一つ利点でしょうか。共有したいポイントをチェックできるのは便利なポイントです。, 今回のarrows 5Gではショートカットに近い機能というのを充実させているのを感じます。, こちらは指紋認証でロック解除を行う際に、指定された指でのロック解除において特定のアプリを起動させることができる機能です。, このarrows 5Gでは5つの指紋を登録できて、その指紋がどの指によるものなのかまで設定できるのですが、それに加えて特定の指で指紋認証をした際にアプリ起動も同時に行う割り当て設定が可能です。, これによって即座に起動したいアプリ、特にキャッシュレス系のアプリなんかを割り当てることで、レジの前でアプリを探して起動する必要もなくすぐにアプリの利用が可能になります。, 中々使い道が難しいところではありますが、即時起動が求められるアプリを使っているということであればこの機能は面白い存在になってくれるでしょう。, 同じくショートカットに近い機能として、アプリを素早く起動できるFAST Appドライブという機能も用意されています。, こちらは登録をしたアプリを対象に、起動に時間をかけずに即座にアプリの利用が始められるという機能です。, こちらを利用してみて観測したところ、仕組みとしてはタスクキルが起きないようにアプリをロックして、常時バックグラウンドでスタンバイ状態にしておくもののようです。, そのためゲームアプリを一度終了させてもログアウトやネットワーク切断が起きないのですが、その分電池消費は激しくなってしまうので注意が必要です。, 最も効果的なのはやはりキャッシュレス系のアプリでしょう。読み込みなしに立ち上げることが出来ますし、先のFASTフィンガーランチャーと組み合わせれば指紋認証完了後すぐに支払い可能な状態にすることが出来ます。, 新しいものも含めて便利機能をこれまで通り数多く用意してきたarrows 5Gですが、一方で今まで便利に使えてきたいくつかの機能というのが無くなってしまっており、そちらは過去のarrowsを割と評価していた身には非常に残念なポイントです。, 本来であればハイエンドモデルに搭載されてしかるべき高機能性といったものがarrows 5Gでは省かれてしまっているのは非常に残念なポイントです。, 特に耐久性といったところはここ数年arrowsシリーズ全体で推していたポイントであったはずですが、それがハイエンドモデルになった途端になくなっているのは気になります。, ワンセグ・フルセグ、ワイヤレス充電といったところも過去に「全部入り」を標榜していたARROWSシリーズを見てきた身としてはやはり物足りなさを感じます。, 新機能の搭載は評価できますが、ここ数年のarrowsユーザーの慣れ親しんだ機能が使えなくなっているというのはかなりガッカリさせられるポイントになっています。, arrows 5Gは6.7インチのサイズ感でありながらも、そこまで重さはなくて厚みも少ないために扱いやすさは見た目以上にあります。, 大画面ゆえに横幅が犠牲になるのは仕方ありませんが、他の5Gスマホと比べても幅広であるために単純に長時間使っていくのに快適さはありません。, せっかく今回エッジディスプレイを採用したのですから、ベゼルやカーブぐらいを工夫してもう1mm2mmほど補足なれば持ちやすさといったところも兼ね備えた扱いやすさがあったのに、と勿体なさを感じさせます。, arrows 5Gのインカメラはノッチによる切り欠きスペースの生じないGalaxy的なパンチホールタイプになっており、こちら自体は個人的に没入感を高めてくれるために評価したかったのですが、実際に運用をしてみると表示周りでノッチ以上に気になるところが多いです。, パンチホールカメラの周縁部がかなり太くなってしまっており、その結果ノッチ以上に表示スペースを埋めてしまっています。, 特にステータスバーの表示といったところが特に広く表示されてしまうものになっており、表示範囲を小さくしても結構太いステータスバーが画面を占有してしまい、せっかくの6.7インチモデルの大画面表示の良さといったものが活かされないものになっています。, また一部のゲームではデフォルトでは全画面表示がされずパンチホール部分に黒帯が表示されてしまうため、こちらもやはり大画面の良さを消してしまっています。, ハイエンドモデルにしてはあまりにも野暮ったさ、洗練されてなさを感じるパンチホール部の調整というのが気になるのは確かです。, arrows 5GのAlways On Display的な機能の弱点についてはバッテリーの検証項目で触れた通りで、ちょっとこれまでのスマホには見られないほどにバッテリー消費が激しいです。, 設定を変えればどうにかなるか、というものでもなくて設定項目がいじれないものになっており、Always On Display的な機能をオンにした時にこのバッテリー消費の激しさを改善することが出来ません。, 充電中の進行具合もパーセンテージが出てくれないためわかりにくい所があり、機能として用意されているのは助かるものの実用性はかなり低いものになってしまっています。, 他のスマホではそこまで大きな電池消費もなく、カスタマイズ性も高い中でarrows 5GのAlways On Display的な機能はあまりにも雑と言えます。, arrows 5Gに関しては便利機能が充実している点が評価できますが、一方でそれ以上の物足りなさも感じられてしまうスマホです。, 従来のスライドランチャー機能や今回登場してきた「ファスト」系の機能といったところでは、これまでのarrowsを踏襲した高機能性として評価することが出来ますが、一方で長くミドルレンジモデルで採用されてきた機能が消滅していたりと、従来のarrowsの良さというものが無くなってしまっていることには不満を感じます。, またそれだけでなく「arrows」や「国産」といったところに惹かれるユーザーが一定数求めるであろうワンセグ・フルセグといったところも用意されていないのが気になります。ワイヤレス充電にも非対応と、10万円を超える価格でありながらコストカット感が強い機能の削減というのを感じられてしまいます。, 久しぶりのハイエンドモデルゆえに、従来のarrowsの良さを引き継いだ高性能モデルとして確立して欲しかったわけですが、機能性が一部削がれておりベンチスコアも見る限りではクロックダウンさせているような数値になっているために「ハイエンドモデル」としての充実度は少な目と言わざるを得ません。, さらにカメラではPhotoshopによる画像修正という面白い取り組みを行っていますが、正直これに関しては失敗感が強いものになっています。, 修正後の画像自体あまりシーンに最適化されている感はないですし、同時に保存されるオリジナル画像といったところも通常撮影とはまた異なる色合いになっており、どちらも満足感が少なくて普通にPhotoshopモードをかまさずに撮影したほうが自然です。, 暗い場面でのノイズの多さや4K動画撮影開始時のカクつきなどもカメラでは気にあるポイントで、他の10万円を超えるモデルのカメラと比較した時に質の悪さというのを感じます。, 放熱性の高さや大画面に対しての薄さや軽さ、オリジナルな機能といったところに関しては評価することができるものの、従来のarrowsの使い勝手をハイエンドモデルでも求めていたという人や価格相応の性能やカメラを求めていた人にとっては、納得しにくい作りになってしまっています。, 単純な5Gスマホとしては十分に比較候補に入ってくるかと思いますが、「ようやくのハイエンドモデルarrows」として見た時に物足りなさというのは感じます。そこをどれだけ許容できるかが一つ選ぶ際に重要になってくるでしょう。, なぜオンラインショップを利用することをおすすめするのかというと以下の5つのメリットが用意されているからです。, 頭金と事務手数料は特にオンラインショップのメリットとなるポイントです。頭金は5,000円ほど、事務手数料は最低でも2,000円かかる支払いですが、そうした支払いがオンラインショップでは無料になるため、そこは本当に大きなメリットとなっています。, 他にもオンラインショップでは手続き全般がネット上で冗談ではなく2,3分で終わらせることが出来るようになっていて、時間的な浪費というのがかなり少なくなっています。どこからでも申し込み可能でありながら、時間が全くかからず契約できるのはオンラインの大きな魅力です。, さらに最近ではチャットサポートも実施することによって相談窓口というのも設置することが出来ており、オンライン契約の不安点であるプランや端末の疑問点が解決できない、という問題が解消しています。, オンラインショップではそのメリットとして頭金と事務手数料分お得に契約できるという特徴を持っています。そしてそれ以外にも時間をかけず(メンテナンス時間以外は)24時間いつでも申し込みをすることができる簡単さというのもありますし、サポートも充実しだしたという良さもあります。, こうした理由からオンラインショップは契約をするのにおすすめすることが出来るわけです。, 特に今回のarrows 5Gは価格の高さが目立つため、なるべく頭金などの無駄な支払いは避けて追加の値上げなく契約したいところですのでこちらのオンラインショップを利用するというのは賢い契約方法への第一歩になるでしょう。, いつも的確なスマホレビューを参考にさせていただいております。