「ポケット保険」に加入します。, カード会社の保険なのでカードを持っている必要がありますが安く保険に入ることができます。, 法律上の賠償責任の額および訴訟費用等から免責金額5,000円を差し引いた額が支払れるようです。, 月額100円の場合1億円です。2億円だと月額110円、3億円だと月額120円です。この3つから選ぶことになります。差額は少ないので、3億円を選択しておくといいと思います。, ポケット保険には様々なコースが用意されていますが、必要最低限なものだけ契約できる「自由設計コース」で契約します。個人賠償責任はオプションなので「基本トレイ」+「オプション」で申込む必要があります。「基本トレイ」の最安は「傷害入院のみ補償」の1日当たり500円です。月額保険料は本人のみだと40円です。, これで月額160円で自転車の保険に入ることができます。 クレジットカードによっては個人賠償責任保険を追加オプションで申し込むことができ、しかも格安で契約することができます。, なので、小さなお子さんをお持ちの方にとって、自転車事故も補償してくれる個人賠償責任保険付きのクレジットカードは重宝するはずです。, また、「そもそも個人賠償責任保険がよくわからない…」こういった方もいるかもしれません。, ということで今回の記事では、個人賠償責任保険について解説しつつ、個人賠償責任保険に加入できるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。, 万が一のトラブルもしっかり補償してくれるカードを紹介していきますので、ぜひ最後まで内容をチェックしてみてください!, 個人賠償責任保険とは、他人にケガをさせたり損害を与えた場合に発生した損害賠償金を補償してくれる保険のことです。, 例えば下の図のように、個人賠償責任保険では日常で起こりうる様々な賠償責任を補償してくれます。, そして、上の図からもわかるように個人賠償責任保険では自転車事故も補償されるんです。個人賠償責任保険の中に自転車保険が含まれるイメージですね。, ただし、注意点として個人賠償責任保険は単体での加入ができません。基本的に自動車保険や火災保険、クレジットカードなどのオプションとして申し込むことになります。, ちなみにクレジットカードの中には、年会費無料でかつ個人賠償責任保険がオプションで申し込めるカードもあります。, 今回はそんなお得なクレジットカードを紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!, 基本的にクレジットカードで加入できる個人賠償責任保険は、普通に保険会社で個人賠償責任保険に加入するよりも安くなります。, 保険料が安くても補償額が充実しているカードはいくつもあります。そういったカードをまずは選ぶのがおすすめです。, 家族の分も手厚く補償された方が心強いですよね。なので補償額が充実していて家族の分も補償されるクレジットカード選ぶようにしましょう。, 示談交渉に対応しているクレジットカードなら、損害賠償が発生した際は保険会社が示談を代行してくれます。, 仮に自分だけで示談をするとなると、話がなかなかまとまらなかったり、あるいは適正な示談額なのかの判断ができないこともあるかもしれません。, と思うでしょうから、次では個人賠償責任保険に加入できるおすすめのクレジットカードをランキングで紹介していきます。, ここからは個人賠償責任保険に加入できるクレジットカードをランキングで紹介していきます。, カードを選ぶポイントとして紹介した「保険料」「補償額」「示談交渉」の3つのポイントを元におすすめカードをランキングで紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください!, エポスカードで加入できる個人賠償責任保険は保険料が安く、なおかつ補償額も充実しています。月額140円で1億円の補償を付けることができます。さらにうれしいのが、月額10円をプラスするごとに補償額を1億円ずつアップさせられるということ。月額160円で3億円の補償を付けることもできます。また、エポスカード自体の年会費も無料ということで、これなら負担額が抑えられて助かりますよね。カード審査も通りやすく発行がしやすいので、そういった点からもエポスカードはおすすめです。全体的にバランスが取れたカードということで、エポスカードを1位にさせていただきました。, 三井住友VISAカードも個人賠償責任保険に加入できるクレジットカードとしておすすめです。補償内容については実はエポスカードと同じになっています。というのも保険会社が同じ三井住友海上火災保険だからです。補償内容が同じなので、違ってくるのはカード自体のスペック。三井住友VISAカードは条件付きの年会費無料なのに対し、エポスカードの年会費は完全無料です。年会費で差がつく分だけ、三井住友VISAカードは2位とさせていただきました。とは言え、信頼感やステータスで言えば三井住友VISAカードの方が上です。この辺は好みで選ぶといいかもしれませんね。, JCB CARD Wも安い保険料で充実の補償が付くカードとしておすすめです。月額保険料は150円ながら、個人賠償責任保険の補償額は1億円と手厚い補償になっています。ただし、JCB CARD Wは39歳以下限定のカードです。もし40歳以上であれば、JCB CARD Wと同じ補償内容で年会費無料のJCB EITカードを検討してみるといいかもしれません。JCB EITカードはリボ専用ですが、個人賠償責任保険用のサブカードとしても持つだけでもいいでしょう。もちろん39歳以下であればJCB CARD Wがおすすめなので、JCB CARD Wを検討してみてくださいね。, 楽天カード会員の方は「楽天カード超かんたん保険」に追加で申し込むことができます。9つの保険プランが用意されていますが、この中で個人賠償責任保険が付く最安プランは「自転車プラン」です。月額230円の保険料でありながら、補償額は1億円と手厚い補償となっています。また、楽天カードは使い勝手も非常にいいです。年会費無料で1%の高ポイント還元率。ポイントの使い道も豊富で、ポイントの消化も困らないでしょう。使い勝手で言えば上位で紹介したカードよりも優れているので、使い勝手も考慮して楽天カードを選んでもいいかもしれませんね。, セゾンカード会員には月額300円で入れる「Super Value Plus」という保険サービスが用意されています。Super Value Plusの中には様々なプランが用意されていますが、その中でおすすめなのが「ご迷惑安心プラン」です。このプランでは個人賠償責任を1億円まで補償してくれます。唯一のデメリットとしては示談交渉に対応していないということ。この点を考慮して5位という順位にしました。ただ、示談交渉以外は特にデメリットはありませんし、補償自体は優れています。セゾンカード自体の特典なども考慮してカード発行を検討してみてください。, 個人賠償責任保険に加入できるクレジットカードの中で最もおすすめしたいのがエポスカードです。, おすすめポイントはやはり手厚い補償内容。月額140円で1億円の補償が受けられる上に、月額プラス10円ごとに1億円の補償額がプラスできます。, ということで個人賠償責任保険が加入できるクレジットカードの中でエポスカードが最もおすすめなので、迷ったらエポスカードを検討してみてください。, ここまで個人賠償責任保険に加入できるクレジットカードを紹介してきましたが、そもそも個人賠償責任保険が自動付帯しているカードはないのでしょうか?, 結論を言うと、個人賠償責任保険が自動付帯のクレジットカードは存在します。以下のカードです。, 個人賠償責任保険が自動付帯ではありますが、保険料を安く抑えるという点では今紹介したカードはおすすめできません。, 中には単体での加入でもクレジットカード経由並みに月額保険料が安いものもありますが、別で追加料金が発生する可能性があります。, なのでクレジットカード経由で個人賠償責任保険に加入するのがいかにお得なのかがわかると思います。, この辺りは保険会社によって内容が異なる可能性があるので、各保険会社ごとに内容を確認してみてください。, ということでクレジットカード経由で加入する個人賠償責任保険は非常にお得なので、今回紹介したカードの中からあなたに合った1枚を見つけてみてください。. 個人賠償責任保険は、リーズナブルな保険料で日常生活における幅広い補償をカバーすることができるものです。, 火災保険や自動車保険などの特約として付帯されることが多いですが、クレジットカードに付帯することもできます。, しかし、自動付帯されているものは少なく、ほとんどの場合が別途保険料を支払って付帯することになります。, ここでは、個人賠償責任保険の具体的な補償内容や注意点を確認するとともに、付帯できるクレジットカードの選び方、具体例などをご紹介していきます。, 個人賠償責任保険とは、日常生活において偶然起こった事故により、他人にけがをさせてしまったり、他人のものを破損してしまったりしたときに、法律上損害を賠償しなくてはならない場合に補償を受けられる保険です。, 単独で加入するよりも、火災保険や自動車保険の特約として付帯したり、クレジットカードに付帯したりすることが多いです。, では、個人賠償責任保険は、具体的にどのようなケースで補償を受けることができるのか確認していきましょう。, このように、意図せず起きた偶発的な事故により、他人や他人のものに損害を与えてしまったケースが対象となります。, なお、個人賠償責任保険の補償の対象になるかどうかは、事故が発生した状況により判断されます。詳細については保険会社に問い合わせることをおすすめします。, 個人賠償責任保険の補償の対象となる人(対象範囲)は、本人だけでなくその家族も含まれます。, たとえば、大学生で一人暮らしをしている未婚の子どもも対象になりますし、仮に被保険者(本人)が単身赴任をした場合でも、「生計を一にする」家族であれば対象になるので安心です。, さらに、上記に該当する方が未成年者または責任無能力者(精神上の障害を持つ人など)の場合は、その方の親権者や監督義務者が対象となる場合もあります。, 日常生活での事故の補償を受けられる個人賠償責任保険ですが、加入する際には注意すべき点が3つあります。, いざという時に「こんなはずではなかった!」と後悔しないように、加入前にしっかり確認しておきましょう。, 個人賠償責任保険は、火災保険や自動車保険などの特約として付帯しているため、知らず知らずのうちに複数の特約を付けている可能性があります。, そのため、これから加入を検討している方は、現在加入中の保険ですでに特約として付帯されていないかを、一度確認しておくことをおすすめします。, たとえば、A保険とB保険のそれぞれに特約として1億円ずつ補償を付けていた場合、合計で2億円までの損害をカバーできることになります。, しかし、実際に損害を補償してもらうときには、5,000万円の損害の場合、A保険とB保険それぞれから2,500万円ずつを補償してもらうことになるため、手続きの手間が倍になってしまうのです。, 保険料のかけ損にならないためには、補償額無制限のものを一つ残して他は解約すると無駄になりません。, 他人にけがをさせたり他人のものを破損したりした場合、損害の補償だけでは済まず、弁護士に依頼するようなトラブルに発展するおそれがあります。, 最近では、自転車で他人を死傷させてしまう事故も起きており、訴訟に持ち込まれるケースも増加しています。, 弁護士費用は高額になることが多いため、全額を自己負担すると支払額は大きなものになります。, しかし、訴訟費用も保険金支払いの対象になっていれば、弁護士費用、訴訟にかかる費用、調停や和解などにかかる費用も補償されます。, 大きなトラブルになる可能性はゼロとは言い切れないため、もしもの場合に備えて訴訟費用も支払い対象となっているか確認しておきましょう。, 個人賠償責任保険は、国内の事故のみが対象になるタイプと、海外の事故も対象になるタイプがあります。, 海外に出向く機会のある方は、海外での事故にも対応している商品を選ぶことをおすすめします。, もちろん、海外旅行保険といった商品も販売されていますが、加入忘れや補償漏れになる可能性も否定できません。, 海外では、同じような事故でも国内よりも損害賠償額が高額になるケースが多いため、十分な備えが必要です。, 紹介したように、個人賠償責任保険は火災保険や自動車保険などの特約として付帯していることが多いですが、「クレジットカードには付いていないのか?」と疑問を持つ方もいると思います。, クレジットカードに個人賠償責任保険を付帯することはできますが、ほとんどの場合が別途保険料を支払って補償を付けることになります。, 高い年会費を支払わずとも、手頃な保険料で個人賠償責任保険を特約として付帯できるクレジットカードがいくつかあります。, ただし、クレジットカードを選ぶ際にはコツがあるので、その中でも大事な3点について紹介します。, 個人賠償責任保険の補償額は、3,000万円、5,000万円、1億円、3億円など、いくつかの補償額から選ぶことができます。, なぜなら、以前小学生が起こした自転車事故で、その母親に対して約9,500万円もの損害賠償命令が出されたことがあるためです。, もちろん家族構成にもよりますが、子供のいる家庭や認知症の高齢者がいる家庭などでは、1億円の補償額があると安心と言えます。, クレジットカードに付帯する個人賠償責任保険は、カードによって保険料の額も様々です。, 同じ補償額でもクレジットカードによって保険料が異なるというケースはたくさんあります。クレジットカードを選ぶ際はよく比較検討することをおすすめします。, 保険料自体は月々数百円のものが多いですが、支払は長期になるため、少しでもお得な保険を選びましょう。, 「示談交渉サービス」が付いているものであれば、損害を与えてしまった相手との示談交渉を保険会社が代わりに行ってくれます。, 示談交渉は場数を踏んでいるプロにお任せするのが一番です。示談交渉サービスの付いているものを選ぶようにしましょう。, 後述しますが、個人賠償責任保険が自動付帯されているクレジットカードはいくつかあります。しかし、高額な年会費が必要なものばかり。, ここからは、手頃な年会費と保険料で個人賠償責任保険を付帯できるおすすめのクレジットカードを5つ紹介します。, 個人賠償責任保険は、個人賠償プランのほかにも、「お買い物プラン」「ゴルファープラン」「旅行プラン」など豊富なラインナップから自由に選ぶことができます。, 申込方法は、楽天カード会員オンラインサービス「楽天e-NAVI」から手続きできます。, こちらもラインナップが豊富で、「スキー・スノボコース」「携行品重視コース」「スポーツコース」「レディースコース」などからニーズに合わせて選択することができます。, また、必要な補償だけを選べる「自由設計コース」は月々40円からとなっており、自分仕様にカスタマイズできます。, 三井住友カードの個人会員の方には、「ポケット保険(ポケホ)」があり、オプションで日常生活賠償補償を付帯することができます。, 「ランニングコース」「テニスコース」「マリンスポーツコース」「ケガコース」などさまざまなコースが用意されていますが、「自由設計コース」なら必要な補償だけを付けて自分だけのオリジナルな補償を得ることができます。, 「自転車プラン」「弁護士費用サポートプラン」「ケガプラン」などがありますが、「日常生活賠償プラン」は月額150円とリーズナブルな保険料で手厚い補償が受けられます。, 「自転車プラン」「携行品プラン」「キャンセル費用バックアッププラン」などがあり、合計3プランまで加入できますので、自分に必要な補償をチョイスして備えることができます。, では自動付帯されているクレジットカードはないのか気になるところですが、実は次の3つのクレジットカードは個人賠償責任保険が自動付帯されています。, いずれのクレジットカードでも、1事故につき最高1億円が補償され、本人だけでなくその家族も補償対象となっています。, 個人賠償責任保険があらかじめ自動付帯されていると一見お得ですが、そのようなカードは年会費が高額です。, クレジットカードに別途保険料を支払って特約を付ける場合、数百円の負担で済みますので、個人賠償責任保険のみを目的にこれらのカードに申し込むメリットは少ないと言えそうです。, また、ダイナースクラブ プレミアムカードは招待制のため、直接申し込みはできません。その他のカードもステータスが高く、高い申し込み基準をクリアしなければ保有することは難しいでしょう。, 加入している火災保険などで特約として付帯しているかどうか確認し、もし付帯していない場合は早めに加入することをおすすめします。, クレジットカードに自動付帯されているものは少ないですが、少額な保険料を支払えば簡単に特約として付帯することができるので、必要な補償内容を検討してみましょう。, 学生専用ライフカードは25歳以下の学生だけが作れるクレジットカードです。 もともとライフカードは比較的作りやすいカードとして知られています。学生が通常のライフカードを申し込んでも、審査に通る可能性は高いです。 しかし、学生専用ライフカードに, ETCカードはほぼ、クレジットカード会員がカード会社に発行してもらう付加アイテムです。 信頼のクレジットカードブランドであるアメックスの会員も、もちろんETCカードを持てます。 アメックスの場合、完全無料ではなく発行手数料が掛かります。手数, クレジットカードで決済する際、サインを求められたり暗証番号を求められたりしますよね。 「サインと暗証番号による決済は何が違うの?」と考えたことはないでしょうか? この記事では、そんな疑問を解決していきます。 カード決済時のサインや暗証番号, JCB CARD Rは、2018年に登場した、リボ払い専用のJCBプロパーカードです。 リボ手数料が発生したときは、なんとポイントが4倍に!類を見ないポイントの貯まりやすさです。 ただし、リボ払いは手数料が高いのがネックです。お得に使うには, コスモ・ザ・カード・オーパスは、コスモ石油でガソリンなどの燃料油が割引になる、年会費無料のクレジットカードです。 イオングループでポイントが優遇されたり、イオンシネマで映画チケットの割引を受けれたり、旅行やレジャーも優待価格でお得に楽しむこ, 年会費永年無料!ポイントは常に2倍。スマホ決済アプリにも対応、JAL・ANAマイルにも交換できるオールインワンのカードです。, 18歳から25歳まで限定のカード。年会費無料、ポイントは常時2倍、さらに今なら入会後3カ月間はポイント5倍!20%還元キャンペーン実施中でお得な1枚です。, 楽天市場でお買い物なら必須のカード!年会費永年無料で持ちやすい1枚。楽天Payなどキャッシュレスにも強く、使いやすいのがポイント。, dポイントならこのカード。年会費永年無料、d払い連携でポイントが2重取りできる。ドコモユーザーは絶対に欲しいところ。, 年会費無料でオールマイティに使える、とても持ちやすいカード。入会後半年間はポイント2倍!「ANA、JAL、楽天、Amazon」の人気ポイント以外にも、iTunesやGoogle Playとアプリ好きには頼もしい1枚。, 金融機関窓口や税理士事務所での勤務経験があり、FP1級とAFPの資格を所有しています。結婚退職後は、金融系・保険系ライターとして活動しています。また、専業主婦だった期間もあり、教育や節約などにも興味があります。役に立つ情報を分かりやすくお伝えしていきたいです。. そういうこと。自転車保険は自転車事故しか補償されないけど、個人賠償責任保険なら本当に幅広く補償されるから便利だよね。, 万が一のことが起きる可能性もあるから、やっぱり家族の分も手厚く補償される方がいいんだね。, この記事を読んでいる目的は、安い保険料でしっかり補償してくれるクレジットカードを探すことだと思います。, 単体での加入となると400円~1,000円程度の月額保険料がかかるので、やはりクレジットカード経由での申し込みはお得です。, 三井住友VISAカードは条件付きの年会費無料なのに対し、エポスカードの年会費は完全無料, 月額140円で1億円の補償が受けられる上に、月額プラス10円ごとに1億円の補償額がプラスできます。, 単体で個人賠償責任保険に加入するよりクレジットカード経由で加入した方がやっぱりお得?, ANA VISA Suicaカードの全まとめ!年会費やポイント還元率・審査方法も!, 三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersのメリットや活用方法全まとめ!. クレジットカードの個人賠償責任保険 ANAカードには個人賠償責任保険を付けられる!でも割高なので要注意 海外旅行好きに支持を得ているANAカードですが、海外旅行保険のように個人賠償責任保険 … 2 個人賠償責任保険はクレジットカードで任意加入するのがお得!…自動付帯のカードは年会費が高額; 3 個人賠償責任保険に加入できるおすすめクレジットカード厳選7枚比較! 4 おすすめ度順!個人賠償責任保険に加入できるクレジットカードtop7! 4.1 jcb card w Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. ※ANA SKY コインの積算は、【親介護保険・がん保険・傷害保険・定期見直し医療保険・一生続く医療保険・加入しやすい医療保険】の場合、お申し込み1件の年間保険料2,500円以上が対象となります。【海外旅行保険】の場合、1回のお申し込み保険 … 7.1 単体で個人賠償責任保険に加入するよりクレジットカード経由で加入した方がやっぱりお得? 個人賠償責任保険は、リーズナブルな保険料で日常生活における幅広い補償をカバーすることができるものです。 火災保険や自動車保険などの特約として付帯されることが多いですが、クレジットカードに付帯することもできます。 しかし、自動付帯されているも 自転車保険の加入を義務付ける自治体が増えてきているようです。加入しなくても罰則などはないようですが、条例で義務化されている地域では条例違反となってしまいます。なのでそろそろ加入をしておこうと思います。, ANA VISA ワイドゴールドカードのカード会社である三井住友VISAカードの 【ANA公式サイト】付帯保険・その他。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。 ANA VISA ワイドゴールドカードのカード会社である三井住友VISAカードの 「ポケット保険」に加入します。 ポケット保険の個人賠償責任オプションで自転車事故の補償を受けることができます。 カード会社の保険 … | カード付帯保険サービスのご案内(プラチナカード会員の方)。ana visa プラチナ プレミアムカードは人生において妥協することなく常に最高のものを求め続ける皆さまにふさわしいステイタス・国際性・先進性を備えた最上級のカードです。 ブログを報告する. anaマイレージクラブ会員限定 anaの保険「明日へのつばさ」傷害保険。anaのフライトや生活シーンでマイルが貯まる「anaマイレージクラブ(amc)」。航空券予約をはじめ、ボーナスマイルやキャンペーンなど簡単・便利・お得なサービス満載。 6 個人賠償責任保険が自動付帯のクレジットカードはないの? 7 クレジットカードの個人賠償責任保険についてのその他のq&a. 【ana公式サイト】anaカード一覧 数あるカードの中から絞り込み。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「anaマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどanaのマイルを貯めて使えるサービス満載。 年中無休(12/30~1/3休). 6 個人賠償責任保険が自動付帯のクレジットカードはないの?7 クレジットカードの個人賠償責任保険についてのその他のQ&A 7.1 単体で個人賠償責任保険に加入するよりクレジットカー … 日常生活賠償の中で第三者に損害を与えた場合に補償してくれるのが、個人賠償責任保険です。, この保険は火災保険・自動車保険などに特約などで付帯する場合が多いですが、一部クレジットカードで任意加入することもできます。, クレジットカードで加入する場合は、月額200円程度からと保険料をかなり抑えられて実はお得なことも!, 今回は個人賠償責任保険に加入できるおすすめクレジットカードや、個人賠償責任保険とはどんなものなのかについてご紹介します。, 個人賠償責任保険は日常生活賠償保険といった呼び方もされる、日常生活の中で損害賠償責任を負ってしまった場合の保険です。, あくまで意図せず起こしてしまった偶然の事故を補償するものなので、故意に人にケガを負わせたりモノを壊したりといった場合は適用されません。, 自転車事故は過去に9,500万円以上の高額な損害賠償命令が出たこともあり、現在では自転車保険への加入を義務付ける都道府県もあります。, 個人賠償責任保険であれば自転車保険の代用をすることができるので、別途で自転車保険に加入する必要はありません。, 保険によって多少違いはありますが、個人賠償責任保険の対象になるのは一般的には上のような範囲の家族。, なので例えば世帯主のお父さんが加入すれば、奥さん・同居の子供などは全員が保険適用されるということですね。, 多くの場合、火災保険・自動車保険などにオプションでつけるという形で加入することになります。, その代わりに個人賠償責任保険の保険料は安く抑えることができ、例えば都道府県民共済の場合、, とこのような感じでオプション扱いなので、もし今加入している保険に安価な保険料で追加できるならそちらで対応するのもアリです。, ですが実は一部クレジットカードでは、別の保険に加入しなければならない、といった縛りがなく任意で個人賠償責任保険に加入することができます!, 火災保険・自動車保険などのオプションで個人賠償責任保険を付けない場合、クレジットカードで任意加入するのがお得です!, クレジットカードの個人賠償責任保険は多くが月額200円程度で手軽に加入ができます。, このあとおすすめカードをご紹介しますが、その中にもう持っているカードがあればそちらの個人賠償責任保険に加入もアリ。, それでは手軽に個人賠償責任保険に加入することができるクレジットカードについてご紹介します!, 上にカード自体の年会費が無料~安めで、かつ個人賠償責任保険の保険料が150~300円程度の安いものを7枚厳選してみました。, 補償の最高額は1億円のものが多く、示談交渉サービスもだいたい付帯しているので、もし上の表にあるカードを持っているならそのカードで入れる保険に入るのもアリ。, このあとは新しくカードを作って個人賠償責任保険に加入する人向けに、それぞれのカードをおすすめ度順に解説していきます!, それでは個人賠償責任保険に加入できるクレジットカードを、おすすめ度順にご紹介します。, このカードのJCBトッピング保険で日常生活賠償プランを選択すると、月額150円の保険料で個人賠償責任保険に加入することができます。, 契約者本人限定ですが交通事故による死亡・後遺障害で100万円の補償もあり、示談交渉対応もOKと保険の内容は必要十分です。, JCB CARD W自体は基本還元率1%と汎用性が高く、家族カード・ETCカードも年会費無料で持てるなど使いやすくおすすめ!, 個人賠償責任保険の内容・カードの使い勝手とも良好ですが、このカードは40歳以上になると申し込めないカード。, ただ逆にいえばそれ以外の部分は高水準なので、メインカードとして使っていくのにもおすすめです。, このカードは引受保険会社が三井住友海上で、ポケット保険に加入でき、傷害入院・通院の最安保険料月額40円に加えて、, で「日常生活賠償」を追加して月額10円足すごとに1億円ずつ最高補償額を追加することができます。示談交渉対応ももちろんOK。, 三井住友カード自体は日本でのVISAブランドのスタンダードでそれなりのステータスもあり、基本機能が充実しています。, ややネックなのは年会費が掛かることですが、以下の条件で割引してもらうことが可能です。, 初年度はネット申し込みで無料、2年目以降1,375円がWEB明細を利用するだけで825円にできるので、ぜひ利用しましょう!, 三井住友カードと同じく最高3億円の個人賠償責任保険に加入できるクレジットカードでエポスカードです!, このカードは三井住友カードと同じく三井住友海上が引受保険会社で、保険内容もほぼ同じエポラク傷害保険に加入することができ、傷害入院・通院(1日500円)の保険料月額40円にプラスして、, とこのような感じで「日常生活賠償」を追加することで3億円までの個人賠償責任保険を付けることができます。, 示談交渉への対応もOKと個人賠償責任保険の内容は必要十分で、その他にもレンタル品の補償・携行品損害への補償など細かいオプションをつけることで自由に保険内容をセッティング可能です。, またエポスカード自体の使い勝手も良好で、年会費永年無料で最高500万円が自動付帯するなど特典が豊富!, 基本還元率が0.5%と平凡な水準ですが、十分にメインカードとしても使っていけます。, JCB CARD Wと同じく個人賠償責任保険の保険料が月額150円と安いのが、三菱UFJニコス発行のVIASOカードです。, このカードは引受保険会社がJCB CARD Wと同じ損保ジャパンで、補償内容が似通っている感じ。, NICOSカード ハンディー保険の日常生活賠償プランを選択すると、最安で月額150円の保険料で最高1億円の個人賠償責任保険に加入することができます。, 契約者本人限定で交通事故による死亡・後遺障害で100万円の補償あり・示談交渉対応もOK。, VIASOカード自体の使い勝手は、年会費無料、家族カード・ETCカードも完全無料と良好なので、維持費が掛からず作って損はありません!, 基本還元率が0.5%なのは1%のJCB CARD Wと比べると落ちますが、自動キャッシュバック方式なのでポイントの有効期限を気にしなくていいのは利点です。, 楽天カードでは超かんたん保険でパッケージになっている個人賠償プランを選択することができ、月額280円(年払い3,120円)で最高1億円の個人賠償、契約者本人の死亡・後遺障害で最高423万円の補償内容で、示談交渉対応OK。, 年払いだと月額260円相当になり月払いよりも安いので、できれば年払いしたほうがいいでしょう。, また個人賠償プランは自転車事故を含めた日常生活での事故全般を補償しますが、自転車事故だけを補償する自転車プランを選ぶこともできます。, とこのような感じで、補償範囲を限定する代わりに入院・通院補償を付けることも可能です。, 楽天カード自体のスペックは基本還元率1%・年会費永年無料と汎用性がかなり高く、楽天市場での決済では常時3%以上の高還元率!, 上で紹介した4枚のカードに比べると保険料はちょっと高くなりますが、楽天ユーザーなら十分におすすめの個人賠償責任保険です。, イオンカードで個人賠償責任保険に加入するのに特におすすめなのはイオンカードセレクトです!, JCB CARD W・VIASOカードと同じ損保ジャパンが引受保険会社で、補償内容は似たような感じになっています。, 「ネットでかんたん保険」の日常生活賠償プランが個人賠償責任保険に相当する保険で、最安月額260円で最高1億円の個人賠償補償です。, とイオンカードで入れる個人賠償責任保険のほうが死亡・後遺障害の補償額が多い代わりに保険料が月額110円高くなっています。, イオンカードセレクト自体の使い勝手は、基本還元率0.5%ながら年会費永年無料で使いやすくなっています!, 特にイオンで使うと常時還元率1%、毎月20日・30日はイオンで使うと決済額の5%OFFになるため、イオンで使うのが最もお得なカードです。, クレディセゾンが発行するセゾンカード・インターナショナルは月額300円で個人賠償責任保険に加入することができます。, 「Super Value Plus」という保険サービスの中のご迷惑安心プラン[U]が個人賠償責任保険に相当するもので、最高1億円の補償が可能です。, ただ示談交渉の対応はなく、1事故につき1回30分の弁護士電話相談サービスが代わりに付いています。, セゾンカード・インターナショナル自体は即日発行もでき、主婦・学生でも作りやすいカードです。, 個人賠償責任保険は他の人に損害を与えた場合に備える保険で、契約者本人だけではなく家族も対象になります。, 特に子供が自転車で損害を与えるなどの可能性はありますし、過去には1億円近い損害賠償命令のケースもあるので備えておくに越したことはありません。, この保険は単独で加入するものではなく、基本的に火災保険などに特約などで付帯するほか、クレジットカードで加入することもできます。, 個人賠償責任保険が自動付帯されたカードはハイグレードな高額年会費のものばかりなので、年会費が無料~安いクレジットカードで任意加入するといいでしょう。, 今回ご紹介した中では、JCB CARD Wが新規でカードを作って個人賠償責任保険に加入するのにおすすめです!, いくら気をつけていても何かの拍子に損害を与えてしまうリスクはあるので、基本的にはどんな人でも加入して損はない保険だと言えるでしょう。, 保険の内容に関しては補償範囲などをオプションで追加しようと思えばいくらでも可能ですが、今回は個人賠償責任保険に限定してご紹介します。, 本サイトの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。 ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。 ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任でおいて行ってください。, 個人賠償責任保険は日常生活の中で第三者に損害を与えた場合に補償してくれる…自転車保険の代用も可能!, 個人賠償責任保険はクレジットカードで任意加入するのがお得!…自動付帯のカードは年会費が高額, 【簡単決済!】LINE Pay(ラインペイ)の使い方を登録手順から支払方法まで徹底解説!, ローソン・ファミマ・セブンイレブン・マクドナルドで常時ポイント5倍(2.5%)還元.